喀什 旅行記(ブログ) 一覧に戻る
10月9日。<br />東の郊外に済む、画家爺ぃさん兄弟の三男宅へ出掛けました。<br />いろいろあって、両親が残した家に住めなくなり、仕事を世話してくれたチェロキーのオヤジに用意された家だそうです。<br />住めなくなった理由は、極度におとなしい三男を良いことに、四男夫婦が家を他人に貸したため、自然に追い立てられるように出て行く羽目になったそうです。<br /><br />訳が判らない情況ですが、長男の爺ぃが口を挟むと、5番目の兄妹で長女(妹さん)のダンナ韓さんが文句を言われるので、どうしても口を挟めないんだそうです。<br />妹さんのダンナを始め、周りの人は酔い人が多いのですが、爺ぃの男兄妹と子供達は、非人道的な事を平気でして居る人が多いですよね。<br /><br />今日三男宅へ出掛けるのは、その充てがわれたアパートの他の住人が三男を苛めていると言う事だったので、無言の威圧を与えに行く事でした。<br /><br />爺ぃとの放浪では、時にドロドロな関係にも遭遇しますが、そう言う時は、言葉が判らない方が良かった‥と感じる事があります。<br /><br /><br />三男の庭(農地)には、彼らの母親が大好きだった喇叭花(朝顔)が、午後でも元気に沢山咲いていました。<br />(爺ぃ撮影:EOS 30D/中国の朝顔は、朝だけじゃなく夕方まで咲いています)

爺ぃのご両親のお墓を建てる為に莎車へ!其の67~ぶらり莎車・郊外村に住む三男宅へ!

9いいね!

2010/09/10 - 2010/10/16

90位(同エリア237件中)

    70

    0

    10月9日。
    東の郊外に済む、画家爺ぃさん兄弟の三男宅へ出掛けました。
    いろいろあって、両親が残した家に住めなくなり、仕事を世話してくれたチェロキーのオヤジに用意された家だそうです。
    住めなくなった理由は、極度におとなしい三男を良いことに、四男夫婦が家を他人に貸したため、自然に追い立てられるように出て行く羽目になったそうです。

    訳が判らない情況ですが、長男の爺ぃが口を挟むと、5番目の兄妹で長女(妹さん)のダンナ韓さんが文句を言われるので、どうしても口を挟めないんだそうです。
    妹さんのダンナを始め、周りの人は酔い人が多いのですが、爺ぃの男兄妹と子供達は、非人道的な事を平気でして居る人が多いですよね。

    今日三男宅へ出掛けるのは、その充てがわれたアパートの他の住人が三男を苛めていると言う事だったので、無言の威圧を与えに行く事でした。

    爺ぃとの放浪では、時にドロドロな関係にも遭遇しますが、そう言う時は、言葉が判らない方が良かった‥と感じる事があります。


    三男の庭(農地)には、彼らの母親が大好きだった喇叭花(朝顔)が、午後でも元気に沢山咲いていました。
    (爺ぃ撮影:EOS 30D/中国の朝顔は、朝だけじゃなく夕方まで咲いています)

    同行者
    友人
    利用旅行会社
    個別手配
    旅行の満足度
    5.0
    観光
    5.0

    PR

    • 朝は簡単に済ませて、爺ぃの四男の車(1.1の赤いQQ)で、三男宅へ向かいます。

      朝は簡単に済ませて、爺ぃの四男の車(1.1の赤いQQ)で、三男宅へ向かいます。

    • G315から東の土の道へ入り込み、暫く行くと集落があります。

      G315から東の土の道へ入り込み、暫く行くと集落があります。

    • そこから先は、各村々の目印も無いような、韓さんとした田舎部落を繋ぐ道をドンドン進みます。

      そこから先は、各村々の目印も無いような、韓さんとした田舎部落を繋ぐ道をドンドン進みます。

    • フルオートマチック驢馬車(オートクルーズ付き!)。

      フルオートマチック驢馬車(オートクルーズ付き!)。

    • 単車はドコでも良く見かけます。

      単車はドコでも良く見かけます。

    • 凄い迫力の白楊樹トンネル。

      凄い迫力の白楊樹トンネル。

    • 村があると、人も集まっていますね。

      村があると、人も集まっていますね。

    • 仄かに黄色く鳴り始めている白楊樹。<br /><br />あと10日ほどすれば、かなり綺麗に黄金化するかも知れませんね。<br />その時まで居たいのですが、3ヶ月のビザなので、10月20日頃に切れちゃうんです。<br />澳門に出て延長してきますが、その為にも広州へ戻らなければ鳴りません・・・。

      仄かに黄色く鳴り始めている白楊樹。

      あと10日ほどすれば、かなり綺麗に黄金化するかも知れませんね。
      その時まで居たいのですが、3ヶ月のビザなので、10月20日頃に切れちゃうんです。
      澳門に出て延長してきますが、その為にも広州へ戻らなければ鳴りません・・・。

    • 突然土の道に入ります。

      突然土の道に入ります。

    • 綿花畑を暫く行くと、、、

      綿花畑を暫く行くと、、、

    • 小さな部落(中国で集落を指す意味)の一角に、大掛かりな鉄の扉の中に、三男が住む掘っ立て小屋が在りました。<br />煩い犬が居て、いつまでも吠えていました。<br /><br />画像は、そこへ入って直ぐの空き地。<br />広がる土地は、彼らが任されている農地だそうです。

      小さな部落(中国で集落を指す意味)の一角に、大掛かりな鉄の扉の中に、三男が住む掘っ立て小屋が在りました。
      煩い犬が居て、いつまでも吠えていました。

      画像は、そこへ入って直ぐの空き地。
      広がる土地は、彼らが任されている農地だそうです。

    • 葡萄棚がありました。<br /><br />昔の莎車の家は、市内でもみんなこんな感じでしたね。

      葡萄棚がありました。

      昔の莎車の家は、市内でもみんなこんな感じでしたね。

    • その棚に寄りかかっていた沢山の喇叭花(朝顔)。<br /><br />小振りで真っ青な原生種ですね。

      その棚に寄りかかっていた沢山の喇叭花(朝顔)。

      小振りで真っ青な原生種ですね。

    • 放射状の5本のラインがかなり濃く出ていますが、日本で見かける観賞用に手を加えられた品種(若しくは西洋朝顔)とは、ちょっと違ったコントラストですね。<br /><br />撮る時、真ん中の白い部分にある蕊を残すのがちょっと困難です。

      放射状の5本のラインがかなり濃く出ていますが、日本で見かける観賞用に手を加えられた品種(若しくは西洋朝顔)とは、ちょっと違ったコントラストですね。

      撮る時、真ん中の白い部分にある蕊を残すのがちょっと困難です。

    • 紅系もありました。

      紅系もありました。

    • 独特のコントラスト。<br /><br />実物を眺めている時、真ん中の白が浮いて見えました。

      独特のコントラスト。

      実物を眺めている時、真ん中の白が浮いて見えました。

    • 小さな蜂が飛んできました。<br /><br /><br />爺ぃ撮影:EOS 30D

      小さな蜂が飛んできました。


      爺ぃ撮影:EOS 30D

    • 同じ青でも、こんなタイプもありました。<br /><br />今までのが、少し紫よりだったのに対し、こちらは真っ青な花びらに、内側から外へ入った5本の線が紫色です。

      同じ青でも、こんなタイプもありました。

      今までのが、少し紫よりだったのに対し、こちらは真っ青な花びらに、内側から外へ入った5本の線が紫色です。

    • 葡萄棚に撓わと実った葡萄。<br /><br />食べる分よりも、こうして朽ちる数の方が多いですよね。

      葡萄棚に撓わと実った葡萄。

      食べる分よりも、こうして朽ちる数の方が多いですよね。

    • それと、良く見ると判りますが、、、

      それと、良く見ると判りますが、、、

    • 蜂が集って食べています。

      蜂が集って食べています。

    • 皮ごと食べられる品種です。<br /><br />新疆の干し葡萄も、これらが材料となります。

      皮ごと食べられる品種です。

      新疆の干し葡萄も、これらが材料となります。

    • 向こうに車が見えていますね。

      向こうに車が見えていますね。

    • 広いなぁ。<br /><br />もっと有効に使って行けば、何か有意義なことが出来そうな土地です。

      広いなぁ。

      もっと有効に使って行けば、何か有意義なことが出来そうな土地です。

    • のんびりとくぐる葡萄棚がある庭って、或る意味贅沢な風情ではありませんか?

      のんびりとくぐる葡萄棚がある庭って、或る意味贅沢な風情ではありませんか?

    • こいつが吠えまくる煩いヤツ!

      こいつが吠えまくる煩いヤツ!

    • 爺ぃが撮った三男の家。<br />手前が入り口で、一部屋しか有りません。<br />トイレもシャワーも共同です。<br /><br /><br />爺ぃ撮影:EOS 30D

      爺ぃが撮った三男の家。
      手前が入り口で、一部屋しか有りません。
      トイレもシャワーも共同です。


      爺ぃ撮影:EOS 30D

    • 無性にもの悲しくなる爺ぃ。

      無性にもの悲しくなる爺ぃ。

    • 外はこんなに開放的なのに、人が住む家は、15?前後の一部屋。<br /><br />隣にも漢族が居るのですが、そいつ等が結託しているらしいんです。<br />しかし残念な事に、今日は全員居ませんでした。<br />ばれたのかな・・・?

      外はこんなに開放的なのに、人が住む家は、15?前後の一部屋。

      隣にも漢族が居るのですが、そいつ等が結託しているらしいんです。
      しかし残念な事に、今日は全員居ませんでした。
      ばれたのかな・・・?

    • 部屋の中を見ていると、余りにも忍びないので、直ぐに出てきてしまいました。

      部屋の中を見ていると、余りにも忍びないので、直ぐに出てきてしまいました。

    • これくらいの色の物が一番おいしいですが、半分くらいはズヤズヤになってますけどね。

      これくらいの色の物が一番おいしいですが、半分くらいはズヤズヤになってますけどね。

    • 色は青ですが、ちょっと違った形ですね。

      色は青ですが、ちょっと違った形ですね。

    • 別の所には、紅色系が沢山咲いていました。

      別の所には、紅色系が沢山咲いていました。

    • 朝顔の行列で、遠近感をあしらってみました♪

      朝顔の行列で、遠近感をあしらってみました♪

    • 紅色系は、綺麗に並んだ部分が見当たりませんでしたが、背景に綺麗な蒼空を配置してみました。

      紅色系は、綺麗に並んだ部分が見当たりませんでしたが、背景に綺麗な蒼空を配置してみました。

    • 届け母の元へ!!

      届け母の元へ!!

    • ・・・と言う事で、三男と一緒に町へ向かいます。<br /><br />家では、韓さん夫婦が昼食を段取りしています。

      ・・・と言う事で、三男と一緒に町へ向かいます。

      家では、韓さん夫婦が昼食を段取りしています。

    • 綿花畑と葡萄の世界。

      綿花畑と葡萄の世界。

    • 昼の陽差しで、吸い込むおいしい空気が暖かくなってきました。

      昼の陽差しで、吸い込むおいしい空気が暖かくなってきました。

    • 朝方は空一面雲で覆われていましたが、それも晴れてきましたね。

      朝方は空一面雲で覆われていましたが、それも晴れてきましたね。

    • タイムスリップしたような光景を進みます。

      タイムスリップしたような光景を進みます。

    • 前方の車のに台には、黒い驢馬が居ました。

      前方の車のに台には、黒い驢馬が居ました。

    • 今や、驢馬も車で移動するんですね。(*&#28780;☆)\バキッ!(偶然ヤロ!)

      今や、驢馬も車で移動するんですね。(*灬☆)\バキッ!(偶然ヤロ!)

    • 陽差しのお陰で、白楊樹並木の鮮やかさが増してきました。

      陽差しのお陰で、白楊樹並木の鮮やかさが増してきました。

    • 空の青さとコラボすると素敵です。

      空の青さとコラボすると素敵です。

    • 迫力有る並木、本当に見事ですね♪

      迫力有る並木、本当に見事ですね♪

    • 馬車や驢馬車は、AI(人工知能)オートクルーズ付きなので、余所見をしても平気です♪

      馬車や驢馬車は、AI(人工知能)オートクルーズ付きなので、余所見をしても平気です♪

    • すごい!

      すごい!

    • すご〜い!

      すご〜い!

    • 並木の密度も最高です。

      並木の密度も最高です。

    • 驢馬車を綺麗に撮るのが希望なのですが、車内からは難しいですよ・・・

      驢馬車を綺麗に撮るのが希望なのですが、車内からは難しいですよ・・・

    • チャリに跨がろうとしている髭爺さん。

      チャリに跨がろうとしている髭爺さん。

    • 来る時、最初に通った部落です。

      来る時、最初に通った部落です。

    • 標識のある交差点部分は、並木が途切れてて開放感がありますね。

      標識のある交差点部分は、並木が途切れてて開放感がありますね。

    • もの凄い量の金属が積まれていますね。<br /><br />重たそう!

      もの凄い量の金属が積まれていますね。

      重たそう!

    • 並木が開けてくると、そろそろ町に近付いていると思います。

      並木が開けてくると、そろそろ町に近付いていると思います。

    • 黒い精悍な馬が引く馬車。

      黒い精悍な馬が引く馬車。

    • はは。<br /><br />ここも莎車県なんですけどね。

      はは。

      ここも莎車県なんですけどね。

    • 道端でナンも売ってます。<br /><br />しっかり2,3枚買っちゃった爺ぃ。

      道端でナンも売ってます。

      しっかり2,3枚買っちゃった爺ぃ。

    • G315に入りました。

      G315に入りました。

    • そして直ぐに北上します。<br /><br />ここは、人民公園へ向かう前進路。

      そして直ぐに北上します。

      ここは、人民公園へ向かう前進路。

    • 体育路から団結路へ。

      体育路から団結路へ。

    • そのまま喀什&#23573;爾路へ向かって、待って居たみんなと、旺客隆超市横のレストランへ入りました。<br /><br />食事の画像はありませんが、食後の記念撮影はしました。

      そのまま喀什尕爾路へ向かって、待って居たみんなと、旺客隆超市横のレストランへ入りました。

      食事の画像はありませんが、食後の記念撮影はしました。

    • 食事は四男のセッティングだったそうで、レストランの前で、四何夫婦と娘は車で帰宅し、こま達は歩いて韓さんの家へ向かおうとしたところ、突然爺ぃが、<br /><br />「何も喰うもんなかったわい・・・腹減ったから仕切り直そう!」<br /><br />と言い出したので、こちらも帰る家の近所の、客運站にある「同路人快餐庁」へ向かいました。<br />古勒巴格路側の表からでは無く、超市からの裏道で、バスの並ぶ敷地から入りました。

      食事は四男のセッティングだったそうで、レストランの前で、四何夫婦と娘は車で帰宅し、こま達は歩いて韓さんの家へ向かおうとしたところ、突然爺ぃが、

      「何も喰うもんなかったわい・・・腹減ったから仕切り直そう!」

      と言い出したので、こちらも帰る家の近所の、客運站にある「同路人快餐庁」へ向かいました。
      古勒巴格路側の表からでは無く、超市からの裏道で、バスの並ぶ敷地から入りました。

    • そこから見えるレストランの内側玄関はこんな感じです。

      そこから見えるレストランの内側玄関はこんな感じです。

    • 料理に使う羊肉。<br /><br />蜂が沢山集っております。

      料理に使う羊肉。

      蜂が沢山集っております。

    • こんな蜂です。

      こんな蜂です。

    • 手際よく仕上げて貰ったのは、サッと戴ける炒面片。<br /><br />たった今昼食だったのに、その足で直ぐに別のメシを食べ化ければ鳴らないとは、何か、四男の奥さんが相当ケチのようですね。<br /><br />まあ、今まででも、爺ぃのお母さんの生前、爺ぃが「お母さん」に送った洋服やお金を、派手だの預かって置くだの、見え見えのウソを平気で言っては、所謂「着服」していた人間ですからねぇ・・・<br /><br />困った身内ですね。。。

      手際よく仕上げて貰ったのは、サッと戴ける炒面片。

      たった今昼食だったのに、その足で直ぐに別のメシを食べ化ければ鳴らないとは、何か、四男の奥さんが相当ケチのようですね。

      まあ、今まででも、爺ぃのお母さんの生前、爺ぃが「お母さん」に送った洋服やお金を、派手だの預かって置くだの、見え見えのウソを平気で言っては、所謂「着服」していた人間ですからねぇ・・・

      困った身内ですね。。。

    • さて、今日のルートはこんな感じでした。

      さて、今日のルートはこんな感じでした。

    • 雲が多かったので、気温が24度も達しなかったようですね。<br /><br />結構涼しかったので、そろそろ秋の気配が強くなり始めるのかも知れません。<br /><br /><br />明日は待望の「マシュラップ」見学と、出掛けたついでにまたまた大利貿易市場(米夏大利バザール)へ出掛けてきます。<br /><br />バザールに集まって犇めく暑苦しい老維鬚大叔(維吾爾人鬚オヤジ)たちを、懲りずにまだまだ撮りまくってきま〜す!<br />

      雲が多かったので、気温が24度も達しなかったようですね。

      結構涼しかったので、そろそろ秋の気配が強くなり始めるのかも知れません。


      明日は待望の「マシュラップ」見学と、出掛けたついでにまたまた大利貿易市場(米夏大利バザール)へ出掛けてきます。

      バザールに集まって犇めく暑苦しい老維鬚大叔(維吾爾人鬚オヤジ)たちを、懲りずにまだまだ撮りまくってきま〜す!

    この旅行記のタグ

      9いいね!

      利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

      ピックアップ特集

      中国で使うWi-Fiはレンタルしましたか?

      フォートラベル GLOBAL WiFiなら
      中国最安 490円/日~

      • 空港で受取・返却可能
      • お得なポイントがたまる

      中国の料金プランを見る

      フォートラベル公式LINE@

      おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
      QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

      \その他の公式SNSはこちら/

      喀什(中国) で人気のタグ

      この旅行記の地図

      拡大する


      PAGE TOP

      ピックアップ特集