敦煌 旅行記(ブログ) 一覧に戻る
9月13日のその3。<br />鳴沙山の方から戻ってきて、「敦煌博物館」で降ろして貰いました。<br />なかなか見かけない人格の運転手に出会えて、これだけでも高い収穫です。<br />博物館で降りましたが、中がしょうもないのは知っているので、そこで駱駝のモニュメントを写した後、徒歩で沙州市場へ向かいました。<br /><br />まだ6時頃でしたが、司馬義おやじはもう出勤してて、抓飯(ポロ)の仕込みをしていました。<br />珍しく、お向かいの「ふとっちょ阿不代おやじ」も来ていたので、爺ぃと彼が何か話しをしていたのですが、すると爺ぃは、「ちょっと軽く何か食べよう」と言う事で、小吃広場の食堂街へと向かいました。その途中に「でぶっちょ阿不代おやじ」のカバブ店があるのですが、そこの商品棚に絵を描くと言い始めました。<br />マジックでしか描けませんが、爺ぃは前々からお向かい同士なのに、司馬義おやじにだけ色々してあげて、彼には何もしていないのが気になっていたんですって。<br />マジック書きで意思表示しておけば、何とか面子は保てると言います。中国での「面子」は、ホント面倒くさいもんですね。<br /><br />今度また来ると思うので、その時には木版に焼き付けて描いて上げるそうです。<br />本当に律儀なおっさんです。<br /><br />軽く食べちゃったら、北京組との食事はどうするの・・・?<br />まあ、その理由などは本編でお届けしましょう!

爺ぃのご両親のお墓を建てる為に莎車へ!其の12~夜の一条街!小吃広場、最後の晩餐!

6いいね!

2010/09/10 - 2010/10/16

158位(同エリア380件中)

    64

    9月13日のその3。
    鳴沙山の方から戻ってきて、「敦煌博物館」で降ろして貰いました。
    なかなか見かけない人格の運転手に出会えて、これだけでも高い収穫です。
    博物館で降りましたが、中がしょうもないのは知っているので、そこで駱駝のモニュメントを写した後、徒歩で沙州市場へ向かいました。

    まだ6時頃でしたが、司馬義おやじはもう出勤してて、抓飯(ポロ)の仕込みをしていました。
    珍しく、お向かいの「ふとっちょ阿不代おやじ」も来ていたので、爺ぃと彼が何か話しをしていたのですが、すると爺ぃは、「ちょっと軽く何か食べよう」と言う事で、小吃広場の食堂街へと向かいました。その途中に「でぶっちょ阿不代おやじ」のカバブ店があるのですが、そこの商品棚に絵を描くと言い始めました。
    マジックでしか描けませんが、爺ぃは前々からお向かい同士なのに、司馬義おやじにだけ色々してあげて、彼には何もしていないのが気になっていたんですって。
    マジック書きで意思表示しておけば、何とか面子は保てると言います。中国での「面子」は、ホント面倒くさいもんですね。

    今度また来ると思うので、その時には木版に焼き付けて描いて上げるそうです。
    本当に律儀なおっさんです。

    軽く食べちゃったら、北京組との食事はどうするの・・・?
    まあ、その理由などは本編でお届けしましょう!

    同行者
    友人
    一人あたり費用
    10万円 - 15万円
    利用旅行会社
    個別手配
    旅行の満足度
    5.0
    観光
    5.0
    ホテル
    5.0
    グルメ
    4.0
    ショッピング
    4.0
    交通
    5.0

    PR

    • 敦煌国際大酒店が見えましたので、もう鳴山路まで戻ってきたようですね。<br />約束の7時まではまだまだ時間がありますので、何処で降ろして貰おうか迷っていました。<br />このまま沙州市場まで向かって貰おうか、それとも何処か別の所で降ろして貰おうか・・・って感じで。

      敦煌国際大酒店が見えましたので、もう鳴山路まで戻ってきたようですね。
      約束の7時まではまだまだ時間がありますので、何処で降ろして貰おうか迷っていました。
      このまま沙州市場まで向かって貰おうか、それとも何処か別の所で降ろして貰おうか・・・って感じで。

    • 結局、突然思い付いた「敦煌博物館」に決めました。<br /><br />なので、鳴山路から一旦寧塞路を東へ向かって文昌南路を北上し、敦煌賓館のある陽関東路で、また西へ戻ります。これで丁度真正面に到着です。<br />初乗りが5元の敦煌なので、約束通りの往復で20元に10元足して支払うと、「20元で話しが着いてますから…」と良いながら断る運チャンを制して、「又連絡するからお願いしますよ!」と言ってお別れしました。<br /><br />ここが、余り充実してないのに、立地だけがとても良い敦煌博物館です。

      結局、突然思い付いた「敦煌博物館」に決めました。

      なので、鳴山路から一旦寧塞路を東へ向かって文昌南路を北上し、敦煌賓館のある陽関東路で、また西へ戻ります。これで丁度真正面に到着です。
      初乗りが5元の敦煌なので、約束通りの往復で20元に10元足して支払うと、「20元で話しが着いてますから…」と良いながら断る運チャンを制して、「又連絡するからお願いしますよ!」と言ってお別れしました。

      ここが、余り充実してないのに、立地だけがとても良い敦煌博物館です。

    • ここの駱駝は、2003年には有りませんでした。<br />http://4travel.jp/traveler/chinaart/pict/10542059/<br /><br />この空間は全部掘り返されてて、今の状態になる工事中だったようですね。翌年の2004年には出来ていましたから。<br />

      ここの駱駝は、2003年には有りませんでした。
      http://4travel.jp/traveler/chinaart/pict/10542059/

      この空間は全部掘り返されてて、今の状態になる工事中だったようですね。翌年の2004年には出来ていましたから。

    • 光の方向が良くなかったので、背景は無視して順光で取りました。

      光の方向が良くなかったので、背景は無視して順光で取りました。

    • 沙州市場の建物の端っこを背景に!<br /><br />目的地は直ぐそこですね。

      沙州市場の建物の端っこを背景に!

      目的地は直ぐそこですね。

    • パシャ!!

      パシャ!!

    • ・・っと、こんな写真を撮ったのですか?

      ・・っと、こんな写真を撮ったのですか?

    • 沙州市場(敦煌夜市)の正面です。<br />

      沙州市場(敦煌夜市)の正面です。

    • 文字が丁度夕日に反射して輝いていました。<br /><br />ここから中へ入ると、、、

      文字が丁度夕日に反射して輝いていました。

      ここから中へ入ると、、、

    • 入って右手に司馬義おやじが居ました!<br /><br />いつもこの時間には出てきてて、色々仕込みをしています。

      入って右手に司馬義おやじが居ました!

      いつもこの時間には出てきてて、色々仕込みをしています。

    • タマネギをきざむ司馬義おやじ。<br /><br />抓飯の下味ですね。<br />後で戴きますので、じっくり煮込んで下さいね。

      タマネギをきざむ司馬義おやじ。

      抓飯の下味ですね。
      後で戴きますので、じっくり煮込んで下さいね。

    • 夜にビアホールに変わる、小吃広場の中心にある飛天像。<br />噴水も出ます。

      夜にビアホールに変わる、小吃広場の中心にある飛天像。
      噴水も出ます。

    • お米を炊いている大鍋に羊肉を放り込み、一緒に煮込み始めます。<br /><br />傍に控えているのは「紅&#33821;卜(ニンジン)」です。

      お米を炊いている大鍋に羊肉を放り込み、一緒に煮込み始めます。

      傍に控えているのは「紅萝卜(ニンジン)」です。

    • その大鍋の中に、今きざんでいたタマネギを放り込みます。<br /><br />ん、結構大切りなんですね。<br />食べる時は何も見えない程になっていますので、こんなに大きいとは思いませんでした。

      その大鍋の中に、今きざんでいたタマネギを放り込みます。

      ん、結構大切りなんですね。
      食べる時は何も見えない程になっていますので、こんなに大きいとは思いませんでした。

    • 全てがハンドメイドの「料理道具」です。<br /><br />維吾爾人工作人は、トタン板をガンガン叩きながら、鍋や柄杓やポストまで作っちゃいます。<br />その様子は、南新疆へ出かけた時にでもご紹介出来ると思います。

      全てがハンドメイドの「料理道具」です。

      維吾爾人工作人は、トタン板をガンガン叩きながら、鍋や柄杓やポストまで作っちゃいます。
      その様子は、南新疆へ出かけた時にでもご紹介出来ると思います。

    • ニンジンは、その大鍋を覆い尽くすかの如く、最後に放り込みました。<br /><br />では、抓飯のレシピを・・・(*&#28780;☆)\バキッ!(←料理番組じゃないってば!)

      ニンジンは、その大鍋を覆い尽くすかの如く、最後に放り込みました。

      では、抓飯のレシピを・・・(*灬☆)\バキッ!(←料理番組じゃないってば!)

    • 混ぜ混ぜする司馬義おやじ。<br /><br />1ヶ月前よりスラッとしてて、昔イケメンだった片鱗がちょこっと見え隠れしてますね。(こま曰く「ギタリストの渡辺香津美似」)

      混ぜ混ぜする司馬義おやじ。

      1ヶ月前よりスラッとしてて、昔イケメンだった片鱗がちょこっと見え隠れしてますね。(こま曰く「ギタリストの渡辺香津美似」)

    • これ、2005年に爺ぃが送った、繁盛を招く魚の看板。<br />招き猫って知ってるけど、招き魚ってあったっけ〜(&#x27;&#28780;&#x27;b?<br /><br />5年の年季が感じられますね。<br />作った翌年に、偶然敦煌に来られたので、その時はまだ、身体の模様も文字もはっきりしていましたが、今はかなり薄くなってしまいましたね。

      これ、2005年に爺ぃが送った、繁盛を招く魚の看板。
      招き猫って知ってるけど、招き魚ってあったっけ〜('灬'b?

      5年の年季が感じられますね。
      作った翌年に、偶然敦煌に来られたので、その時はまだ、身体の模様も文字もはっきりしていましたが、今はかなり薄くなってしまいましたね。

    • このふとっちょさんは、お向かいで司馬義おやじと同じカバブ店を出している「阿不代(アプタイ)」さん。<br /><br />中がよいのかどうなのか、いつ見ても良く判りません。<br />司馬義おやじの弟が、阿不代おやじの店を手伝っていたことがあり、それに切れた兄貴の司馬義おやじは、中華包丁を鷲掴みにして斬り掛かろうとしたことがありました。<br />でも、アレは司馬義おやじの奥さんが良くなかったんですから、おとうさんはもっと冷静に考えて上げましょうね!<br />この様子では、今は問題なくお付き合いしている感じなので、少し安心しました。

      このふとっちょさんは、お向かいで司馬義おやじと同じカバブ店を出している「阿不代(アプタイ)」さん。

      中がよいのかどうなのか、いつ見ても良く判りません。
      司馬義おやじの弟が、阿不代おやじの店を手伝っていたことがあり、それに切れた兄貴の司馬義おやじは、中華包丁を鷲掴みにして斬り掛かろうとしたことがありました。
      でも、アレは司馬義おやじの奥さんが良くなかったんですから、おとうさんはもっと冷静に考えて上げましょうね!
      この様子では、今は問題なくお付き合いしている感じなので、少し安心しました。

    • 爺ぃが、阿不代おやじと話しをしていましたら、急に「ちょっと小腹を埋めに何か食べに行こう」と言い出します。<br />「北京組と飯喰うんだろ?」と訊ねると、「別に適当に併せていれば良いから、軽く喰っておこう」と言い通します。<br /><br />仕方なく、小吃広場の食堂街へ行こうとすると、その途中にある阿不代おやじの店で止まって、「阿不代にも絵を描いて上げるから」と言って、マジックしかムリですが、材料の硝子棚に向かって何か考え始めました。<br /><br />阿不代おやじに、「ここ、何かで綺麗に拭いてくれるかい?」と言い、早速ぞうきんで拭き始める阿不代おやじ。<br /><br />さああて、爺ぃはここに何描くんでしょ?

      爺ぃが、阿不代おやじと話しをしていましたら、急に「ちょっと小腹を埋めに何か食べに行こう」と言い出します。
      「北京組と飯喰うんだろ?」と訊ねると、「別に適当に併せていれば良いから、軽く喰っておこう」と言い通します。

      仕方なく、小吃広場の食堂街へ行こうとすると、その途中にある阿不代おやじの店で止まって、「阿不代にも絵を描いて上げるから」と言って、マジックしかムリですが、材料の硝子棚に向かって何か考え始めました。

      阿不代おやじに、「ここ、何かで綺麗に拭いてくれるかい?」と言い、早速ぞうきんで拭き始める阿不代おやじ。

      さああて、爺ぃはここに何描くんでしょ?

    1件目~20件目を表示(全64件中)

    この旅行記のタグ

      6いいね!

      利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

      ピックアップ特集

      中国で使うWi-Fiはレンタルしましたか?

      フォートラベル GLOBAL WiFiなら
      中国最安 201円/日~

      • 空港で受取・返却可能
      • お得なポイントがたまる

      中国の料金プランを見る

      フォートラベル公式LINE@

      おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
      QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

      \その他の公式SNSはこちら/

      敦煌(中国) で人気のタグ


      PAGE TOP

      ピックアップ特集