サマルカンド 旅行記(ブログ) 一覧に戻る

チムール廟の入り口横の土産物屋、10年前と変わらず。当時、店番をしていた少女は既に大人、聞いてみたところ姉妹だからどちらかだろうとのこと。1996年の写真(http://uz.iio.org.uk/samarkand.htm)<br /><br />写真はSUZANI、ウズベキスタンの家庭で作られている手作りの壁掛け、嫁入り道具の一つにもなっている。地方により特色があるようだ。最近は、土産用に増産され観光地で見かける。<br /><br />廟の階段が10年前は横から降りる階段だったが、正面から降りる階段に変わっていた。それでも階段横にあった土産物屋は当時と同じだ。

10年ぶりのウズベキスタン、サマルカンドその4、チムール廟の土産物屋

0いいね!

2007/03/11 - 2007/03/11

365位(同エリア379件中)

    6

    チムール廟の入り口横の土産物屋、10年前と変わらず。当時、店番をしていた少女は既に大人、聞いてみたところ姉妹だからどちらかだろうとのこと。1996年の写真(http://uz.iio.org.uk/samarkand.htm

    写真はSUZANI、ウズベキスタンの家庭で作られている手作りの壁掛け、嫁入り道具の一つにもなっている。地方により特色があるようだ。最近は、土産用に増産され観光地で見かける。

    廟の階段が10年前は横から降りる階段だったが、正面から降りる階段に変わっていた。それでも階段横にあった土産物屋は当時と同じだ。

    PR

    • チムール廟階段横の土産物屋、既得権益なのだろう、今もって一つのお店、場所も変わらず。

      チムール廟階段横の土産物屋、既得権益なのだろう、今もって一つのお店、場所も変わらず。

    • 民芸品+Tシャツ。Tシャツが目新しい、以前はなかったからだ。階段を利用して商品を並べている。下に敷いてあるのがスザニ、これも工芸品。

      民芸品+Tシャツ。Tシャツが目新しい、以前はなかったからだ。階段を利用して商品を並べている。下に敷いてあるのがスザニ、これも工芸品。

    • 品数も増えたような印象、観光客も増えたのだろうか。床に並べられている毛は帽子。こんな毛の長い帽子、かぶっている人いたかな。

      品数も増えたような印象、観光客も増えたのだろうか。床に並べられている毛は帽子。こんな毛の長い帽子、かぶっている人いたかな。

    • 先ほどの宝石箱もそうだが、ウズベキスタンのどこへ行っても同じ工芸品を売っている。この陶器の皿はブハラでも見かけた。

      先ほどの宝石箱もそうだが、ウズベキスタンのどこへ行っても同じ工芸品を売っている。この陶器の皿はブハラでも見かけた。

    • 日曜日の午前、ウズベキスタンの家族連れがやってきた。

      日曜日の午前、ウズベキスタンの家族連れがやってきた。

    • 宝石入れ、別の店で箱の裏をみたらプラスチックだったことがあった。購入する場合はよく吟味するように。

      宝石入れ、別の店で箱の裏をみたらプラスチックだったことがあった。購入する場合はよく吟味するように。

    1件目~6件目を表示(全6件中)

    この旅行記のタグ

      0いいね!

      利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

      この旅行記へのコメント

      ピックアップ特集

      サマルカンド(ウズベキスタン) で人気のタグ


      PAGE TOP

      ピックアップ特集