敦煌 旅行記(ブログ) 一覧に戻る
8月27日。<br />午前の部~雅丹地貌~<br /><br />敦煌滞在活動の最終日だ。<br />明日は夜の便で烏魯木齊行きなので、日中は敦煌に居られる訳だが、<br />列車の切符の都合があるので、きっと丸1日柳園駅で釘付けになるだろう。<br /><br />…と言う事で、今日は早起きして、最後の楽しみとして、敦煌から西北へ<br />180km離れた雅丹地貌(ヤルダン)と100km手前の漢長城と玉門関へ向かう。<br />旅行ブログは、午前の部に雅丹地貌、午後の部に玉門関と分けての紹介。<br />午後の部は、敦煌ラストナイトの様子も盛り込んだ。<br /><br />まずは雅丹地貌から。<br />大自然の神秘、戈壁灘と砂漠の織り成す原始的な造形が、人を困惑させ且つ魅了する。<br />説明は要らない(するけど…)。まずはご覧あれ。<br /><br />(参考→http://4travel.jp/traveler/chinaart/album/10033637/:2005年、夏の雅丹地貌紀行)

新疆放浪の旅・其の13~敦煌最終日!!雅丹地貌、砂漠が極めた神秘の造形!?~

4いいね!

2006/08/19 - 2006/09/19

198位(同エリア383件中)

    64

    0

    8月27日。
    午前の部~雅丹地貌~

    敦煌滞在活動の最終日だ。
    明日は夜の便で烏魯木齊行きなので、日中は敦煌に居られる訳だが、
    列車の切符の都合があるので、きっと丸1日柳園駅で釘付けになるだろう。

    …と言う事で、今日は早起きして、最後の楽しみとして、敦煌から西北へ
    180km離れた雅丹地貌(ヤルダン)と100km手前の漢長城と玉門関へ向かう。
    旅行ブログは、午前の部に雅丹地貌、午後の部に玉門関と分けての紹介。
    午後の部は、敦煌ラストナイトの様子も盛り込んだ。

    まずは雅丹地貌から。
    大自然の神秘、戈壁灘と砂漠の織り成す原始的な造形が、人を困惑させ且つ魅了する。
    説明は要らない(するけど…)。まずはご覧あれ。

    (参考→http://4travel.jp/traveler/chinaart/album/10033637/:2005年、夏の雅丹地貌紀行)

    PR

    • 朝5時。<br />「&#20320;要起来的時間五点鍾!」<br />携帯の目覚まし音声に起こされてイヤイヤ目が覚めた。眉間にしわ寄せながら、出掛ける準備をしていると(・・と言っても殆ど短時間で可能)、外でクラクションが鳴った。<br />昨日爺ぃが頼んでいたタクシーのオヤジ、結構几帳面な性格らしく、既に到着していたようだ。<br /> <br />昨晩、カメラのCFカードをノートPCに差したまま忘れて仕舞い、急いで部屋へ取りに行っている間に、みんなは車でO友さんを迎えに行った。<br /><br />CFカードを回収し、ホテル前で肌寒い風に吹かれて2,3分待っていたら、みんながO友さんを乗せて葯業ホテルに戻ってきた。<br />そう、敦煌では、立秋を過ぎる頃から、朝晩は15度前後まで下がって仕舞う為、半袖で外に居ると結構寒いのだ。<br /><br />6時半の道では、車のライトが照らす所以外は何も見えない。。。<br />

      朝5時。
      「你要起来的時間五点鍾!」
      携帯の目覚まし音声に起こされてイヤイヤ目が覚めた。眉間にしわ寄せながら、出掛ける準備をしていると(・・と言っても殆ど短時間で可能)、外でクラクションが鳴った。
      昨日爺ぃが頼んでいたタクシーのオヤジ、結構几帳面な性格らしく、既に到着していたようだ。

      昨晩、カメラのCFカードをノートPCに差したまま忘れて仕舞い、急いで部屋へ取りに行っている間に、みんなは車でO友さんを迎えに行った。

      CFカードを回収し、ホテル前で肌寒い風に吹かれて2,3分待っていたら、みんながO友さんを乗せて葯業ホテルに戻ってきた。
      そう、敦煌では、立秋を過ぎる頃から、朝晩は15度前後まで下がって仕舞う為、半袖で外に居ると結構寒いのだ。

      6時半の道では、車のライトが照らす所以外は何も見えない。。。

    • 7時過ぎ頃になってやっと辺りが明るくなり、全てが肉眼で確認出来るようになった。<br /><br />だが、カメラにとってはまだ露出が「アンダー」。手ぶれは免れない明るさのようだ。<br />

      7時過ぎ頃になってやっと辺りが明るくなり、全てが肉眼で確認出来るようになった。

      だが、カメラにとってはまだ露出が「アンダー」。手ぶれは免れない明るさのようだ。

    • 町を抜け、10分程走れば、そこはもう戈壁灘のまん真ん中だった。<br /><br />ふとクニクニのほうを見ると、目の前に広がる見事なまでの「無限の平ら」な景色に、何かを感じているようだった。<br /><br />感想は?<br />そんなヤボは聞きはしない。<br />感動か、はたまた感嘆の思いなのか・・・<br />それら全てが一度に押し寄せ、感情表現の形容がしづらいこの360度全球型大自然で感じる事は、何よりこま自身それを知っているから。<br /><br />目がいつもよりも、でっかく開いているのが印象的。<br />

      町を抜け、10分程走れば、そこはもう戈壁灘のまん真ん中だった。

      ふとクニクニのほうを見ると、目の前に広がる見事なまでの「無限の平ら」な景色に、何かを感じているようだった。

      感想は?
      そんなヤボは聞きはしない。
      感動か、はたまた感嘆の思いなのか・・・
      それら全てが一度に押し寄せ、感情表現の形容がしづらいこの360度全球型大自然で感じる事は、何よりこま自身それを知っているから。

      目がいつもよりも、でっかく開いているのが印象的。

    • 昨日見付けた5速変速シャレードセダン。<br /><br />画像からは全体的に明るく見えるけど、この時間、まだ朝日は昇っていないのだ。<br />カメラにとっては結構暗いみたいだ。撮影はカメラを充分固定して行った。<br /><br />まだほんの少ししか走ってないが、やはりサンタナには勝てない事は既に体感出来た。<br />揺れやバウンドが多くて。。。でももう仕方がない。<br /><br />この時の費用は雅丹地貌往復だけで300元也。<br />でも殆ど夕方まで掛かるので、結構安いとも言える。<br /> <br />

      昨日見付けた5速変速シャレードセダン。

      画像からは全体的に明るく見えるけど、この時間、まだ朝日は昇っていないのだ。
      カメラにとっては結構暗いみたいだ。撮影はカメラを充分固定して行った。

      まだほんの少ししか走ってないが、やはりサンタナには勝てない事は既に体感出来た。
      揺れやバウンドが多くて。。。でももう仕方がない。

      この時の費用は雅丹地貌往復だけで300元也。
      でも殆ど夕方まで掛かるので、結構安いとも言える。

    • その数分後、朝日が登り始めた。<br /><br />しかし少し雲がかかっていて、太陽はすっきりと発光しなかった。<br /><br />丸い輪っかが出来ているのは、雲のせいで光の滲みが出ているからだ。<br />

      その数分後、朝日が登り始めた。

      しかし少し雲がかかっていて、太陽はすっきりと発光しなかった。

      丸い輪っかが出来ているのは、雲のせいで光の滲みが出ているからだ。

    • その朝日に照らされた戈壁灘は、夕日に照らされているように赤く染まっていた。<br /><br />走る我々の車の影。

      その朝日に照らされた戈壁灘は、夕日に照らされているように赤く染まっていた。

      走る我々の車の影。

    • 朝日が照らす曉の色が見られる時間は短い。<br />少しの間ショーを楽しんだ我々の目の前には、真っ直ぐ続く戈壁灘の道しかなかった。<br /><br />こんな道に見慣れて仕舞った贅沢なこま。<br />

      朝日が照らす曉の色が見られる時間は短い。
      少しの間ショーを楽しんだ我々の目の前には、真っ直ぐ続く戈壁灘の道しかなかった。

      こんな道に見慣れて仕舞った贅沢なこま。

    • 地貌になり損なった感じの塊。<br /><br />実際の雅丹地貌(ヤルダン)はこんなモンじゃない。<br />

      地貌になり損なった感じの塊。

      実際の雅丹地貌(ヤルダン)はこんなモンじゃない。

    • 後ろを見ると、蹴り上げた戈壁灘の砂煙が、朝日に眩しく溶けて行くのが見えた。<br />

      後ろを見ると、蹴り上げた戈壁灘の砂煙が、朝日に眩しく溶けて行くのが見えた。

    • 最初の料金所。まだ9時前なので、朝日に照らされて日がまどろんでいる感じだ。<br />ここは雅丹地貌の料金所ではなく「玉門関」のもの。<br />先の雅丹地貌へ行くだけの人でも、ここで玉門関の入場料と言うか通関料30元が必要。

      最初の料金所。まだ9時前なので、朝日に照らされて日がまどろんでいる感じだ。
      ここは雅丹地貌の料金所ではなく「玉門関」のもの。
      先の雅丹地貌へ行くだけの人でも、ここで玉門関の入場料と言うか通関料30元が必要。

    • 料金所を経て直ぐにある「玉門関」を過ぎてから、まだまだ続く戈壁灘の道。<br />玉門関までが80km、そこから更に100km先に雅丹地貌はある。<br /><br />理屈にけじめの無い中国。<br />お国は、「世界の仲間入り」なんて平気な顔して言うけれど、どの面下げてそんな事が言えるのだろう。その神経の太さにはほとほと参る。ヘソで珈琲を沸かして仕舞いそうなくらい可笑しいし、不合理な事が多い国。そう言った自分の国のマイナス面を判っていながら、あれだけの事が平気で言える国民性は、どう行った理由から養われるのだろう。

      料金所を経て直ぐにある「玉門関」を過ぎてから、まだまだ続く戈壁灘の道。
      玉門関までが80km、そこから更に100km先に雅丹地貌はある。

      理屈にけじめの無い中国。
      お国は、「世界の仲間入り」なんて平気な顔して言うけれど、どの面下げてそんな事が言えるのだろう。その神経の太さにはほとほと参る。ヘソで珈琲を沸かして仕舞いそうなくらい可笑しいし、不合理な事が多い国。そう言った自分の国のマイナス面を判っていながら、あれだけの事が平気で言える国民性は、どう行った理由から養われるのだろう。

    • ・・・実は、何にも理解していない「おこちゃま水準」なのかも知れない。<br />別に日本がそうでは無いとも言えないが、手前の落ち度を棚上げし、言動や要求に関して図々し過ぎる事が多い。犯罪にしても、公僕などのウラとの癒着が多過ぎて、肝心な部分が制圧出来ないで居る事が多いし・・・。

      ・・・実は、何にも理解していない「おこちゃま水準」なのかも知れない。
      別に日本がそうでは無いとも言えないが、手前の落ち度を棚上げし、言動や要求に関して図々し過ぎる事が多い。犯罪にしても、公僕などのウラとの癒着が多過ぎて、肝心な部分が制圧出来ないで居る事が多いし・・・。

    • どこまでも続く戈壁灘の道を駆け抜ける。<br /><br />この辺りには塩が吹き出しており、昔、海だった1つの理由になっている。<br />

      どこまでも続く戈壁灘の道を駆け抜ける。

      この辺りには塩が吹き出しており、昔、海だった1つの理由になっている。

    • その道をうたた寝したり、起きて写真を撮ったりしているウチに、50分程で、「敦煌雅丹・国家地質公園」に到着。<br /><br />

      その道をうたた寝したり、起きて写真を撮ったりしているウチに、50分程で、「敦煌雅丹・国家地質公園」に到着。

    • ここは料金所、1人60元。<br />雅丹地貌公園内の遊覧バスチケットが込みになっている。

      ここは料金所、1人60元。
      雅丹地貌公園内の遊覧バスチケットが込みになっている。

    • ゲートから300m程離れた所にある、雅丹地貌の管理所。<br /><br />レストランや資料館などがある建物だ。<br />

      ゲートから300m程離れた所にある、雅丹地貌の管理所。

      レストランや資料館などがある建物だ。

    • バスに乗る前に、いつものようにトイレ。<br />駐車場には、プレハブの簡易トイレが並んでいる。驚いた事に、今回はお金を取られた(1元)。昨年は無料だったが、取れる所からはドンドン取るのには呆れる。今はどこの国定公園も、個人への委託管理化が流行っているので、全てがその管理者の腹づもり次第で決まって行く。国の規定などは皆無なのだ。<br />

      バスに乗る前に、いつものようにトイレ。
      駐車場には、プレハブの簡易トイレが並んでいる。驚いた事に、今回はお金を取られた(1元)。昨年は無料だったが、取れる所からはドンドン取るのには呆れる。今はどこの国定公園も、個人への委託管理化が流行っているので、全てがその管理者の腹づもり次第で決まって行く。国の規定などは皆無なのだ。

    • 今回は、オンボロマイクロバスではなく、小型のオープン自動車だった。<br /><br />窓がないので大変だが、写真を撮るには、あの汚い硝子の窓が無くて最高に都合が良い。

      今回は、オンボロマイクロバスではなく、小型のオープン自動車だった。

      窓がないので大変だが、写真を撮るには、あの汚い硝子の窓が無くて最高に都合が良い。

    • 管理所を出て直ぐの所にある「派出所」。<br /><br />天然の地貌をくりぬいて作られているのだが、それが果たして良いのか悪いのか・・・<br />自然を紹介する(守る)所なのに、これでは本末転倒だ。しかも「公安」だし。<br /><br />何より、ここは『国家地質公園』だぜ。

      管理所を出て直ぐの所にある「派出所」。

      天然の地貌をくりぬいて作られているのだが、それが果たして良いのか悪いのか・・・
      自然を紹介する(守る)所なのに、これでは本末転倒だ。しかも「公安」だし。

      何より、ここは『国家地質公園』だぜ。

    • 中国の場合、基本は全てが権力支配。<br />営利目的の施設であっても、係わっている人間の「力」で全てが決まり、その人間がバカだった場合、とんでもない事を平気でしてしまう事も少なくない。<br />「制作側の観点」だけで全てが決まり、第三者から見れば、どう考えどう評価するのか・・と言う事を、まるで気にしない。故に「おこちゃま」だと言うのである。

      中国の場合、基本は全てが権力支配。
      営利目的の施設であっても、係わっている人間の「力」で全てが決まり、その人間がバカだった場合、とんでもない事を平気でしてしまう事も少なくない。
      「制作側の観点」だけで全てが決まり、第三者から見れば、どう考えどう評価するのか・・と言う事を、まるで気にしない。故に「おこちゃま」だと言うのである。

    • 人が手を付けた所は、兎に角文句が多くなるので困る。。。<br /><br />でも、一旦自然の懐に潜り込めば、そんなしがらみからは一時開放されるのだ。<br />

      人が手を付けた所は、兎に角文句が多くなるので困る。。。

      でも、一旦自然の懐に潜り込めば、そんなしがらみからは一時開放されるのだ。

    • ここからは画像で綴りたい。

      ここからは画像で綴りたい。

    • 金獅迎賓<br /><br />金の獅子が皆様をお出迎え。<br />

      金獅迎賓

      金の獅子が皆様をお出迎え。

    • 今回、こまはD100を準備した。<br />爺ぃも、ちょっとマシなのが欲しい(但し安い事!)と言うので、準備したPanasonic DMC-FZ10。<br /><br />何故かシルバー希望と言う事で苦労した。<br />持ってきてから「黒も良かった」・・・どっちやねん!?<br /><br />初めてのカメラでも、いっぱしのカメラ使いに見えてしまうこの姿。。。<br />本人、使い方を全然覚えてない(中文メニュー搭載!)。

      今回、こまはD100を準備した。
      爺ぃも、ちょっとマシなのが欲しい(但し安い事!)と言うので、準備したPanasonic DMC-FZ10。

      何故かシルバー希望と言う事で苦労した。
      持ってきてから「黒も良かった」・・・どっちやねん!?

      初めてのカメラでも、いっぱしのカメラ使いに見えてしまうこの姿。。。
      本人、使い方を全然覚えてない(中文メニュー搭載!)。

    • 今回乗せられた観光用ミニカート(軽自動車ぐらいの車)。<br /><br />朝早かった事と、観光客の少ない今年は、バスでの巡回は少ないそうだ。<br />

      今回乗せられた観光用ミニカート(軽自動車ぐらいの車)。

      朝早かった事と、観光客の少ない今年は、バスでの巡回は少ないそうだ。

    • 偉大なる砂漠の風化した土地、ヤルダンの藝術。<br /><br />暫くは色々な表情をご覧戴きたい。

      偉大なる砂漠の風化した土地、ヤルダンの藝術。

      暫くは色々な表情をご覧戴きたい。

    • 午前の鑑賞なので、地肌が赤く染まっている感じ。

      午前の鑑賞なので、地肌が赤く染まっている感じ。

    • 雄大な雅丹地貌は、背負っている真っ青な大空がとても合う。

      雄大な雅丹地貌は、背負っている真っ青な大空がとても合う。

    • 摩訶不思議な情景。

      摩訶不思議な情景。

    • 逆光に聳える姿も、心なしか石器時代の空気を感じる。

      逆光に聳える姿も、心なしか石器時代の空気を感じる。

    • 雅丹地貌観光の入り口。<br />こまは、「ウエルカムゲート」と名付けている。<br /><br />画像のように、道の両脇にゲート状の地貌が向かい合わせに立っている。

      雅丹地貌観光の入り口。
      こまは、「ウエルカムゲート」と名付けている。

      画像のように、道の両脇にゲート状の地貌が向かい合わせに立っている。

    • 獅身人面<br /><br />獅身人面とは、スフィンクスの事。<br />後にあるカタツムリとスフィンクスが合体したような塊がそれ。<br />

      獅身人面

      獅身人面とは、スフィンクスの事。
      後にあるカタツムリとスフィンクスが合体したような塊がそれ。

    • これは、車で少し離れた時に、偶然発見したもの。<br /><br />こっちの方が獅身人面に似ている気がした。

      これは、車で少し離れた時に、偶然発見したもの。

      こっちの方が獅身人面に似ている気がした。

    • 次の孔雀岩へ向かうまでの風景。<br />

      次の孔雀岩へ向かうまでの風景。

    • 風化せずに残った塊付近には、砂漠の痕跡があるものの、それ以外の部分は殆ど戈壁灘化しているので、そのまま歩いても問題がない程硬い土地だ。

      風化せずに残った塊付近には、砂漠の痕跡があるものの、それ以外の部分は殆ど戈壁灘化しているので、そのまま歩いても問題がない程硬い土地だ。

    • 雅丹地貌の間には、流れ出てしまいそうな砂が見える。

      雅丹地貌の間には、流れ出てしまいそうな砂が見える。

    • 北の方向は、どこまでも何もない。<br /><br />かまやつひろしの「何にもない大地」を、自然に口ずさんでいた。

      北の方向は、どこまでも何もない。

      かまやつひろしの「何にもない大地」を、自然に口ずさんでいた。

    • 孔雀岩に到着すると、いつもの駱駝屋さんがお出迎え。<br />おじさんが2匹の駱駝を引き連れてやってくるが、誰1人として乗ろうとしなかった。<br />こまは、ほかの2人には乗せて上げるつもりだったので、こっそり爺ぃに話しをすると、全ての客が孔雀岩に向かうのを見て、価格交渉を始めた。<br />

      孔雀岩に到着すると、いつもの駱駝屋さんがお出迎え。
      おじさんが2匹の駱駝を引き連れてやってくるが、誰1人として乗ろうとしなかった。
      こまは、ほかの2人には乗せて上げるつもりだったので、こっそり爺ぃに話しをすると、全ての客が孔雀岩に向かうのを見て、価格交渉を始めた。

    • 言い分はこうだ。<br />誰も乗せないで居たら無一文じゃろ?安くても乗せれば幾らか入る。どうする?<br /> <br />交渉成立。<br />彼等が言う30元を、「2人で40元」にしてしまった。(ーー;<br />

      言い分はこうだ。
      誰も乗せないで居たら無一文じゃろ?安くても乗せれば幾らか入る。どうする?

      交渉成立。
      彼等が言う30元を、「2人で40元」にしてしまった。(ーー;

    • 何にもない大地には、ほんの欠片の風すら吹いて居なかった。<br /><br /><br />♪何にもな〜い大地に、ただ風が吹いてた〜♪<br />かまやつひろしの歌の歌詞のようには行かない。。。<br /><br />

      何にもない大地には、ほんの欠片の風すら吹いて居なかった。


      ♪何にもな〜い大地に、ただ風が吹いてた〜♪
      かまやつひろしの歌の歌詞のようには行かない。。。

    • お客様ご案内〜。<br /><br />駱駝に乗っててもタバコを手放さないクニクニ。<br />中国語で「烟鬼」と呼ぶ。

      お客様ご案内〜。

      駱駝に乗っててもタバコを手放さないクニクニ。
      中国語で「烟鬼」と呼ぶ。

    • 交渉の功労者爺ぃは、のんびり写真を撮りながらついてきていた。<br />

      交渉の功労者爺ぃは、のんびり写真を撮りながらついてきていた。

    • 300mmで撮影。<br /><br />暗さは否めないが、結構面白いものが撮れる。

      300mmで撮影。

      暗さは否めないが、結構面白いものが撮れる。

    • 孔雀岩

      孔雀岩

    • ここの駱駝は、鳴沙山のと違って結構ハンサム。<br />しかもかなり大きい。<br />

      ここの駱駝は、鳴沙山のと違って結構ハンサム。
      しかもかなり大きい。

    • ここで問題発生。<br />2人を乗せた駱駝に、「降ろせ!」と言うが、おやじは「往復20元、降ろしたら5元追加」<br />と馬鹿な事を言い出した。<br /><br />爺ぃのメガトン級の爆弾が炸裂!!<br /><br />イヤイヤながらも、言い返せない駱駝引きのおやじは、文句を呟きながら、渋々2人を降ろして観光待ち。<br />

      ここで問題発生。
      2人を乗せた駱駝に、「降ろせ!」と言うが、おやじは「往復20元、降ろしたら5元追加」
      と馬鹿な事を言い出した。

      爺ぃのメガトン級の爆弾が炸裂!!

      イヤイヤながらも、言い返せない駱駝引きのおやじは、文句を呟きながら、渋々2人を降ろして観光待ち。

    • 爺ぃの爆弾には、必ず、<br /> <br /> 「そんな事だから、お前等の商売に未来はないんじゃ」<br /> <br />と一言入っている。<br />その言葉には、中国人の観点の弱さを悲観している事が含まれている。<br />こう言った人間が、13億には平均化して存在する。そんな国に「本当の」未来はあるのか・・・と。

      爺ぃの爆弾には、必ず、

       「そんな事だから、お前等の商売に未来はないんじゃ」

      と一言入っている。
      その言葉には、中国人の観点の弱さを悲観している事が含まれている。
      こう言った人間が、13億には平均化して存在する。そんな国に「本当の」未来はあるのか・・・と。

    • 孔雀岩の脇には、大きな地貌の塊がある。<br />その上に立って南方を見据える爺ぃとO友さん。<br />

      孔雀岩の脇には、大きな地貌の塊がある。
      その上に立って南方を見据える爺ぃとO友さん。

    • 3枚繋ぎの雅丹地貌パノラマ画像。<br /><br />まだ朝の10時半なので、日差しがまどろんでいる。(北京時間比較の実時間は9時頃)<br />

      3枚繋ぎの雅丹地貌パノラマ画像。

      まだ朝の10時半なので、日差しがまどろんでいる。(北京時間比較の実時間は9時頃)

    • 孔雀岩からさようなら。<br /><br />この後、待たせていた駱駝に乗ってカートまで戻る。<br />2人行きの駱駝を交代してみた。

      孔雀岩からさようなら。

      この後、待たせていた駱駝に乗ってカートまで戻る。
      2人行きの駱駝を交代してみた。

    • 2枚綴りのパノラマ風景。<br /><br />艦隊が勢揃いしているように見える。

      2枚綴りのパノラマ風景。

      艦隊が勢揃いしているように見える。

    • 大自然の中ではちっぽけな人間。

      大自然の中ではちっぽけな人間。

    • 艦隊出海<br /><br />やはり、艦隊出航の場所だった。<br />縦に長い雅丹地貌が、沢山横並びになって並んでいる光景が圧巻。<br />

      艦隊出海

      やはり、艦隊出航の場所だった。
      縦に長い雅丹地貌が、沢山横並びになって並んでいる光景が圧巻。

    • ここが観光の基本終点地。<br />実際は、カートやバスで廻る範囲の7,8倍はある。

      ここが観光の基本終点地。
      実際は、カートやバスで廻る範囲の7,8倍はある。

    • これが雅丹地貌の見取り図。<br /><br />いつも回るコースは、上の道路の半分だけだ。<br /><br />レンタサイクルもバイクもないこの場所。<br />コース設定されていない所は徒歩???<br />歩いて回る人って居るのだろうか・・・?

      これが雅丹地貌の見取り図。

      いつも回るコースは、上の道路の半分だけだ。

      レンタサイクルもバイクもないこの場所。
      コース設定されていない所は徒歩???
      歩いて回る人って居るのだろうか・・・?

    • 懸命に案内をしていたガイドの小姐。<br />ミラー越しに見る彼女の表情。<br /><br />彼女は毎日この光景を眺めていて何を感じるのだろう。

      懸命に案内をしていたガイドの小姐。
      ミラー越しに見る彼女の表情。

      彼女は毎日この光景を眺めていて何を感じるのだろう。

    • 引き返す途中、一旦ウエルカムゲートで車から降りて撮影タイム。

      引き返す途中、一旦ウエルカムゲートで車から降りて撮影タイム。

    • しかし、こまが写す被写体は、殆ど車上からだった。

      しかし、こまが写す被写体は、殆ど車上からだった。

    • 大型ケーキのような塊。

      大型ケーキのような塊。

    • 小さな雅丹地貌の集団。<br />5枚繋いだ超パノラマ画像。

      小さな雅丹地貌の集団。
      5枚繋いだ超パノラマ画像。

    • 引き返す頃には風がきつくなり始めた。<br /><br />クニクニの帽子に、爺ぃがフックでサングラスケースを、重し代わりに引っかけた。

      引き返す頃には風がきつくなり始めた。

      クニクニの帽子に、爺ぃがフックでサングラスケースを、重し代わりに引っかけた。

    • 天気も気候もマズマズで、大いに満足して戻って来た。<br /><br />時間が進むに連れ、秋晴れの如く空が青く冴え渡る。

      天気も気候もマズマズで、大いに満足して戻って来た。

      時間が進むに連れ、秋晴れの如く空が青く冴え渡る。

    • ここが昨年食事したレストランだが、今回は時間がまだなのでパスした。<br /><br />後になって、みんな朝食を採っていなかったので、何か食べておけば良かったと後悔。。。

      ここが昨年食事したレストランだが、今回は時間がまだなのでパスした。

      後になって、みんな朝食を採っていなかったので、何か食べておけば良かったと後悔。。。

    • この狸なおいちゃんが今回の司机。<br />(午後の部で車と一緒に紹介する)<br /><br />「記念に写真でもどう?」と聞いたら、照れながらもしっかり立ちを決めている。(^^;<br /><br />安全運転の上に物腰の柔らかい良い人だ。<br /><br /><br />午前の部はここで終了。<br />続いて午後の部は、車は漢の長城へ向かうべく、さっき来た戈壁灘の道を、ひたすら100km戻るのだった。<br /><br />では、引き続きお楽しみあれ。<br />(また同じく枚数が多いけど…(60枚オーバー…(--;))

      この狸なおいちゃんが今回の司机。
      (午後の部で車と一緒に紹介する)

      「記念に写真でもどう?」と聞いたら、照れながらもしっかり立ちを決めている。(^^;

      安全運転の上に物腰の柔らかい良い人だ。


      午前の部はここで終了。
      続いて午後の部は、車は漢の長城へ向かうべく、さっき来た戈壁灘の道を、ひたすら100km戻るのだった。

      では、引き続きお楽しみあれ。
      (また同じく枚数が多いけど…(60枚オーバー…(--;))

    この旅行記のタグ

      4いいね!

      利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

      ピックアップ特集

      中国で使うWi-Fiはレンタルしましたか?

      フォートラベル GLOBAL WiFiなら
      中国最安 490円/日~

      • 空港で受取・返却可能
      • お得なポイントがたまる

      中国の料金プランを見る

      フォートラベル公式LINE@

      おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
      QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

      \その他の公式SNSはこちら/

      敦煌(中国) で人気のタグ


      PAGE TOP

      ピックアップ特集