旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル

kskspiyoさんのトラベラーページ

kskspiyoさんへのコメント一覧全19件

kskspiyoさんの掲示板にコメントを書く

  • 「台湾 屏東」で検索していて・・・

    kskspiyoさま

    初めまして。
    タイトルの通り、検索していてこちらの旅行記にたどりつきました。

    亡くなった祖父が(いま生きていたら103歳くらい)戦前に台湾に住んでいて、第3子の父は戦後日本で生まれましたが、父の兄と姉は台湾で生まれたそうです。製糖工場から屏東小学校の教員になったそうです。
    父は、自分は行ったことがないのですが、父親から台湾の話をよく聞いていて、祖父の教え子が来日したり、年賀状のやりとりをしていたりということも、きょうだいのなかではいちばん祖父からいろいろなことを聞いてきたそうです。

    このたび私の息子、父にとっては孫息子が、あるプログラムで台湾に行くかもしれないということで、私もいろいろ知りたくなりました。父がよく覚えているのは「屏東小学校」という名前だそうです。父の兄がもしかしたら20年前に亡くなった祖父の遺品(父が言うにはトランクいっぱいに台湾の思い出があったそう)を持っているかもしれないので、もしそれを見せてもらえたら、祖父の台湾での生活を父とふりかえってみたい、もしできるなら父親を連れて台湾を訪れてみたいと思っています。

    父親と一緒に、kskspiyoさんの旅行記を拝読しようと思います。
    それにしても、こちらのコメント欄に、ご家族が台湾にゆかりのある方が多く、長い時代の流れを感じます。私も人生を折り返したころですので(たぶん)、これから子から孫へ何が残せるのかなと思いながら生活したいなと思います。

    このメッセージ、読んでくださるとうれしいです。
    2019年06月02日21時58分返信する
  • 質問

    私の祖父が屏東出身であるため興味深く拝読しました。ライターが岐阜出身の粟田さまのご関係者ではないかと祖父が関心を持っているため、ご連絡とれたら有難いです。因みに祖父は終戦後甲府市に引き揚げ、警察官を定年まで勤め、現在95歳です。記憶がしっかりしていて、子供時代の屏東に纏わることを知りたがっていますので、少しでも情報を頂けたら助かります。よろしくお願い致します。

    2018年11月27日09時13分返信する 関連旅行記
  • 湾生回家

    昨年『祖父の足跡を訪ねて1高雄』を拝見しLCC等の格安航空の利用もあり高雄に行かなければと思い立ちました。1回目は父の生まれ故郷である高雄卒業した高雄中学を中心に。2回目は父の卒業した台南の台南高等工業学校(成功大学)を訪問。そして今年8月写真を掲載されていた高雄警察を訪問し感激しました。

    祖父は1892年(明治25年生まれ)1917年(大正6年)台湾総督府 巡査を拝命(勤務地不明)1927年高雄巡査部長拝命 1940年高雄税関勤務 1946年終戦・残務処理退官後引き揚げ
    これ以上の事は解りませんがこの建物には祖父は来たことがあるのではと思いました。

    父、兄弟姉妹は湾生です。望郷の念を私が果たしたのかとも思っています。
    旅行記がきっかけとなりましたので改めて御礼申し上げます。
    2016年11月29日23時27分返信する 関連旅行記
  • お願いがあります

    KSKSPIYO 様

    こんにちは、初めまして。
    台湾からのMIJANと申します〜
    私達は高雄鳳山の建築家と文学歴史の学者。
    KSKSPIYOさんの文章を拝見しまして、
    ご祖父は元台湾の警察官を知られます。
    鳳山昔の町、建築写真も見ました。
    この資料は私達にとって、凄く大事なんです、
    もし他の資料があれば、教えてくれませんか?
    以前、日本は台湾を統治すること
    あのときの写真、起こったこと、資料など、
    、文字だけでもかまいません、提供してもらえますか?
    お願い致します。

    返事はここでも、
    メールでもOK~
    starmijan@gmail.com

    お返事を待ってます。


    MIJAN
    2014年07月08日11時49分返信する 関連旅行記

    RE: お願いがあります

    すみません。このサイトを見なかったので、お返事が遅れました。
    資料は全て差し上げるので、おってご連絡します。

    読んでくださってありがとう。


    > KSKSPIYO 様
    >
    > こんにちは、初めまして。
    > 台湾からのMIJANと申します〜
    > 私達は高雄鳳山の建築家と文学歴史の学者。
    > KSKSPIYOさんの文章を拝見しまして、
    > ご祖父は元台湾の警察官を知られます。
    > 鳳山昔の町、建築写真も見ました。
    > この資料は私達にとって、凄く大事なんです、
    > もし他の資料があれば、教えてくれませんか?
    > 以前、日本は台湾を統治すること
    > あのときの写真、起こったこと、資料など、
    > 、文字だけでもかまいません、提供してもらえますか?
    > お願い致します。
    >
    > 返事はここでも、
    > メールでもOK~
    > starmijan@gmail.com
    >
    > お返事を待ってます。
    >
    >
    > MIJAN
    >
    2014年09月08日16時53分 返信する

    RE: お願いがあります

    お返事ありがとうございます
    承知しております。
    またお願い致します。


    > KSKSPIYO 様
    >
    > こんにちは、初めまして。
    > 台湾からのMIJANと申します〜
    > 私達は高雄鳳山の建築家と文学歴史の学者。
    > KSKSPIYOさんの文章を拝見しまして、
    > ご祖父は元台湾の警察官を知られます。
    > 鳳山昔の町、建築写真も見ました。
    > この資料は私達にとって、凄く大事なんです、
    > もし他の資料があれば、教えてくれませんか?
    > 以前、日本は台湾を統治すること
    > あのときの写真、起こったこと、資料など、
    > 、文字だけでもかまいません、提供してもらえますか?
    > お願い致します。
    >
    > 返事はここでも、
    > メールでもOK~
    > starmijan@gmail.com
    >
    > お返事を待ってます。
    >
    >
    > MIJAN
    >
    2014年09月09日10時58分 返信する
  • 感動しました。

    kskspiyoさま

    こんにちは、はじめまして。
    台湾旅行記を大変興味深く拝見いたしました。
    根気よく丁寧におじいさまの歩みを辿られる旅は、、
    事実は明るみに出ようとする力があるのかと最後の最後で嗚咽してしまいました。
    おじいさまのお姿を集合写真で探して見つけたりするうちに、
    台湾に渡られた多くの志高き日本男児を代表してらっしゃるように思えてきて、
    魂がゆさぶられました。

    ほんとうに、ありがとうございます。
    カスピ海
    2013年12月21日16時12分返信する 関連旅行記
  • 心にしみる旅ですね

    初めまして、captainfutureさん経由でおゃまじいたしました。

    ふしぎな旅ですね。
    名所旧跡ではなく、日本建築のあとを写真を頼りに歩く旅。

    最後にお父さんの記憶の場所にたどり着けてよかったですね。
    親孝行も、お祖父さん孝行もされてなによりでした。

    最後に掲載されたご自身とお祖父様の写真が味わい深いですね。。。
    2012年04月24日18時12分返信する 関連旅行記

    RE: 心にしみる旅ですね

    > 初めまして、captainfutureさん経由でおゃまじいたしました。

    captianfutureさんのブログは大好きです。尊敬しています。

    書き込みと御投票をありがとうございました。

    不思議な旅ですけど、面白かったです。
    自分に関係がある場所に行くというのは、感慨深いものがありました。

    そういう意味で、祖父と父に感謝しております。

    kskspiyo
    2012年04月26日22時24分 返信する
  • ドキュメンタリードラマですね。

    はじめまして。アナログと申します。

    偶然におじゃましました。そして一気読みしてしまいました!

    御祖父様の隠された過去を、まさかのチャラ孫が解明しながら辿る旅行記に驚きと感動!そして動機となった環境に羨ましさを感じました。
    今後、このような旅行記を読む機会は少ないと思います!

    記事を読み進むうちに、タイムスリップしてしまい自分自身が警察官に優しくされた感じ!で涙がじわりと・・・。
    そして随処に、ローカルで美味しい料理の写真がテンポ良く続々と紹介されのには参りました。

    私が未体験の台湾地方都市情報をありがとうございます!

    本当に楽しく拝見させて戴き、参考にさせて頂きたいと思います。

    内容のうすくて拙い私の旅行記にも、遊びに来てください。

    アナログ拝。





    2012年02月09日00時43分返信する 関連旅行記

    RE: ドキュメンタリードラマですね。

    アナログ様

    ご訪問と書き込み、さらに投票!をありがとうございました。特に、書き込みは本当に嬉しいです。

    わたしも昨年まで、自分の身近にこんなドラマチックな話が転がっているとは夢にも思いませんでした。

    さらに、その調査の過程で、数々の人との貴重な出会いがありました。
    台湾協会を始め、屏東会や、元台湾警察官の会など台湾出身者の方々、各地の図書館や、役所関係、研究者の方々。みんな、とても親切にしてくださいました。

    旅行の後でも、ブログを通じて、多くの方との出会いがあるのは、ほんとうにありがたいことだと思っています。

    人の縁とは不思議ですね。

    > 内容のうすくて拙い私の旅行記にも、遊びに来てください。

    いえいえ、アナログ様の旅行記は、各地の名店や美味しいもの、日本人が知らない情報が満載で、まさに「通」の旅行記だと思いました。

    これからも参考にさせていただきます。

    kskspiyo
    2012年02月09日08時39分 返信する
  • ドキュメンタリータッチの素晴らしい旅行記

    kskspiyoさん

    こんにちは。お祖父さまの足跡をたどる台湾旅行記、たいへん興味深く拝見しております。

    現在の写真とかつての写真が交互に登場して、まるでドキュメンタリーのような素敵な旅行記ですね!

    わたしはまだ台湾には行ったことがないのですが、日本とのつながりを考えながら旅をすると一味も二味も違った魅力が見えてくるのだと思います。

    また続きも読ませていただきます!
    2011年10月08日12時16分返信する 関連旅行記

    RE: ドキュメンタリータッチの素晴らしい旅行記

    エンリケ様

    書き込みをありがとうございました。旅行中で、今まで気付きませんでした。返事が遅れて、申し訳ありません。

    祖父のいた場所を親戚一同で訪れる、というのは、かなり面白い体験でした。自分のルーツについて、思わぬ発見があって、勉強になりました。

    エンリケさんの旅行記も、興味深くて参考にさせていただいております。

    これからもよろしくお願いいたします。

    kskspiyo


    2011年10月22日00時52分 返信する
  • kskspiyoさん こんにちは

    このたびは訪問に投票にありがとうございました

    屏東は私は紙の蓋の瓶羊乳や牛乳で好きになったんですが
    いろいろな思いの方がいらっしゃることに初めて気がつきました!

    妹の嫁ぎ先の親(故人)の関係者に
    台湾総督府の気象庁長官?がいたとかきいたことあります!

    ときどき遊びに来させて頂きます!enn8801
    2011年10月07日15時36分返信する

    RE: kskspiyoさん こんにちは

    enn8801さん、書き込みありがとうございます。

    > 屏東は私は紙の蓋の瓶羊乳や牛乳で好きになったんですが
    > いろいろな思いの方がいらっしゃることに初めて気がつきました!

    enn8801さんの旅行記も、ユニークでとても面白いです。羊のミルクの市販って、珍しいですよね。羊乳のチーズは食べたことがありますが、ミルクはないです。わたしも次回は是非挑戦してみます。

    > ときどき遊びに来させて頂きます!enn8801

    こちらこそよろしくお願いします。

    kskspiyo
    2011年10月07日18時40分 返信する
  • 凛々しいお祖父さま

    kskspiyoさま

    はじめまして、こんばんは。
    ご訪問をありがとうございました。

    総督府警察練習所の旅行記を拝見しました。
    当時のことを何も語られなかったお祖父さまの足跡を辿られたのですね?
    読んでいて、私も義父(五年前に他界)のことを思い出しました。
    義父は職業軍人で大連にいたそうです。
    私が一昨年大連旅行をするとき、主人が「父は昔、大連に・・・」とはなしてくれたのです。
    義父もkskspiyoさんのお祖父さま同様、当時のことは全く語りませんでした。
    とても優しい義父で、今幸せに暮らせているのも義父のおかげであると言っても過言ではないほどです。
    私も義父の歴史を辿ってみたいと思ったことはありますが、実父ではないし、多分何も資料が残ってはいないだろうと思って試みもしませんでした。

    足跡を辿られたkskspiyoさんの旅行記は、とても興味深かったです。
    義父がだぶりました。

    私の父は18才で終戦を迎えたので、戦地のことは知りません。
    だからか、戦争の話は私が小さいころよくしていました。
    戦地に行ったことのある人は、話さないんですね。
    その気持ちが、うっすらとわかるような気もします。




    2011年09月22日20時47分返信する 関連旅行記

    RE: 凛々しいお祖父さま

    ホーミン様

    書き込みと御投票をありがとうございました。

    ご指摘の通り、わたしが祖父の足跡を辿ることに殊更に情熱を抱くのは、祖父がほぼすべてを秘匿して亡くなったからです。戦争中に、何を体験して、何を考えていたのだろうか。恐ろしいこともあるでしょうが、知りたくてたまりません。

    > 読んでいて、私も義父(五年前に他界)のことを思い出しました。
    > 義父は職業軍人で大連にいたそうです。
    > 私が一昨年大連旅行をするとき、主人が「父は昔、大連に・・・」とはなしてくれたのです。
    > 義父もkskspiyoさんのお祖父さま同様、当時のことは全く語りませんでした。
    > とても優しい義父で、今幸せに暮らせているのも義父のおかげであると言っても過言ではないほどです。
    > 私も義父の歴史を辿ってみたいと思ったことはありますが、実父ではないし、多分何も資料が残ってはいないだろうと思って試みもしませんでした。

    職業軍人でしたら、厚生労働省に軍歴開示依頼をすれば、かなり簡単に何をなさっていたかがわかると思います。
    また、日本占領時代の地図である、外邦図というのが、国会図書館などで閲覧できますので、それも参考になると思います。

    今回、台湾時代のことを調べていて、祖父の人生が父を通じて、いかに自分に影響を与えていたのかが実感できました。

    ホーミンさんの大連旅行記も素晴らしかったですが、またその視点で再訪されるとまた深い体験ができると思います。

    2011年09月22日23時45分 返信する

    RE: RE: 凛々しいお祖父さま

    お返事ありがとうございます。
    厚生労働省の軍歴開示依頼ですね。
    今まで全くかかわったことのない部署で、ちょっと緊張します。
    情報をありがとうございました。
    2011年09月23日09時29分 返信する

kskspiyoさん

kskspiyoさん 写真

10国・地域渡航

0都道府県訪問

写真 | QA掲示板 | 行ってきます | 掲示板 | コミュニティ | 行きたい

kskspiyoさんにとって旅行とは

若いころは自分探しの要素もあったけれど、今は興味のある遺跡や博物館・美術館に行く、というより、旦那の興味のある場所に連れて行かれる、旅です。

けっこう事前に調べていく方ですが、それでも現地で意外なことはあるし、失敗もあります。そこで自分の限界を知るのが、旅の醍醐味だと思います。

旅行記を書くとき注意しているのは、具体的な情報と失敗談を書くこと。成功談より失敗談のほうが、人のためになるので。

自分を客観的にみた第一印象

大好きな場所

台湾南部の下淡水渓デルタが好きです。

大好きな理由

青々としたサトウキビやパイナップル畑が延々と続く風景。癒されます。

行ってみたい場所

死ぬまでにヒマラヤ、エジプト、アフリカ、南米に行ってみたい。

現在10の国と地域に訪問しています

現在0都道府県に訪問しています