1. ホーム
  2. 海外旅行
  3. アジア
  4. シンガポール
  5. シンガポール
  6. シンガポール 観光
  7. シンガポール切手博物館
シンガポール×
旅行ガイド
観光
グルメ
ショッピング
交通
ホテル
ツアー
旅行記
Q&A

シンガポール切手博物館 Singapore Philatelic Museum

博物館・美術館・ギャラリー

シンガポール

観光の所要時間:
1-2時間

このスポットの情報をシェアする

シンガポール切手博物館 https://4travel.jp/os_shisetsu/10319225

クリップを編集する

ラベルを選ぶ

  • ラベルはまだありません

公開設定

施設情報

施設名
シンガポール切手博物館
英名
Singapore Philatelic Museum
住所
  • 23B Coleman Street, Singapore 179807
営業時間
9:30~19:00 (月曜日 13:00~、最終入場 18:30)
休業日
無休
予算
大人 6ドル
学生 (13~16歳)、60歳以上 5ドル
子ども (3~12歳) 4ドル
支払い方法
20ドル以上購入の場合のみカード利用可
公式ページ
詳細情報
カテゴリ
  1. 観光
  2. 文化・芸術・歴史
  3. 博物館・美術館・ギャラリー
  1. 観光
  2. 建造物
  1. 観光
  2. 文化・芸術・歴史
  3. 史跡・遺跡

※施設情報については、時間の経過による変化などにより、必ずしも正確でない情報が当サイトに掲載されている可能性があります。

クチコミ(13件)

シンガポール 観光 満足度ランキング 151位
3.31
アクセス:
3.83
コストパフォーマンス:
3.92
人混みの少なさ:
4.46
開館時間(9:30頃)は空いています by Peco3さん
展示内容:
4.13
シンガポール郵便の発展歴史が分かります by AandMさん
  • コンパクトなシンガポール切手博物館

    • 3.0
    • 旅行時期:2018/04(約3年前)
    • 0

    プラナカン博物館と中央消防署の間にある小さな博物館です。アルメニア教会の道路向かいです。表示が出ているので容易に見つけられ...  続きを読むると思います。
    文字通りシンガポールの郵便の歴史が展示されています。切手類展示も充実していますので、マニアには興味深い博物館だろうと思います。
    この博物館の開館は1995年8月ですので、新しい博物館です。建物は1906年に建設され、アングロチャイニーズ学校として使用されていましたが、その後、現在のシンガポール切手博物館になっています。英国植民地時代に建てられたもので、英国風建築です。  閉じる

    投稿日:2018/05/16

  • 今はメール全盛で、手紙や絵葉書を出すことも少なくなりましたが、切手や郵便に興味のある方はこの博物館に行ってみるといいですよ...  続きを読む
    最寄りのMRTシティ・ホール駅からだと約10分。
    コールマン・ストリートに面したシンガポール切手博物館は、その可愛い外観ですぐ見つかります。

    今は切手博物館になっている建物は、1907年に英国系中国人の学校として建てられたもの。
    別クチコミでご紹介したジュビリー・ウォークの見どころの一つにもなっています。

    チケットは6シンガポール・ドルですが、シンガポールのPRを取得している方はIC提示で無料になります。
    内部には英国統治時代~現在までのシンガポールで使われてきた切手のほか、世界各国の珍しい切手紹介、切手や郵便絡みの企画展(この時にはエルヴィス・プレスリー)もあって楽しめます。
    部屋ごとにテーマが決まっていて、中には郵便ポストの変遷を模型で展示していたり、切手に描かれたシンガポールの文物を再現している部屋もありました。
    1階にある世界の使用済み切手などの販売コーナーでお土産を探してみるのもいいかも。  閉じる

    投稿日:2016/03/23

  • 郵便に関する博物館

    • 3.0
    • 旅行時期:2015/07(約6年前)
    • 0

    世界各国の切手を数百万種、収集している博物館。
    歴史的な価値がある建築物自体も見ものです。
    館内にはシンガポールの郵便...  続きを読むに関する歴史の紹介や
    切手の製造過程の紹介といったコーナーが設けられて学ぶこともできる施設です。
      閉じる

    投稿日:2015/07/24

  • 切手でシンガポールの歴史を学ぶ

    • 4.0
    • 旅行時期:2015/04(約6年前)
    • 0

    切手収集の趣味がある私は、ここに来るのが楽しみでした。
    シンガポールの歴史を、イギリス統治時代も含めて、切手の図案を通じ...  続きを読むて紹介しています。また、私は興味がありませんでしたが、切手の製造過程も紹介しています。かわいらしい建物です。
    地下鉄のシティホール駅から10分もかかったのが残念でした。  閉じる

    投稿日:2015/10/31

  • 1月1日は無料でした

    • 3.5
    • 旅行時期:2015/01(約6年前)
    • 0

    年末年始の4泊6日の個人手配旅行で、1月1日は博物館が無料になるところが多いと聞いていたので行ってみました。珍しい切手の他...  続きを読むにも、昔からのポストなども展示されています。正直料金を支払ってまではの入園はおすすめしませんが、無料で入館できるのでしたら入ってみるのもいいと思いました。それほど大きくはありませんが、建物がとても可愛らしいです。  閉じる

    投稿日:2015/01/13

  • イギリスの植民地時代、第2次世界大戦中の日本による占領時代、マレーシア連邦時代、独立国になったシンガポール共和国の切手があ...  続きを読むり、展示してある切手から歴史が見えます。特に、第2次世界大戦中の日本による占領時代はイギリスの植民地時代の切手に「大日本郵便」という印が押された切手を見ると日本がシンガポールを占領させていたことを再認識させられました。  閉じる

    投稿日:2015/06/26

  • 切手購入。

    • 4.0
    • 旅行時期:2014/11(約6年前)
    • 0

    シンガポール切手博物館にやって来ました。
    このシンガポール切手博物館では、切手の購入が可能でした。
    1階のチケットカウ...  続きを読むンターで、日本まではがきを送りたいとスタッフさんに伝えたら、
    切手を販売していただきました。  閉じる

    投稿日:2015/03/01

  • 切手と共にシンガポールの歴史が分かります

    • 4.0
    • 旅行時期:2014/05(約7年前)
    • 3

    フォートカンニングパークの近くに位置しており、西洋風の建物で1907年に建造された歴史ある建物に切手博物館があります。
    ...  続きを読む館内にはテーマごとにブースが設けられており、その時代に反映した切手が展示されています。
    建物自体は大きくはありませんが見ごたえ十分です。  閉じる

    投稿日:2014/06/29

  • 「ペニンシュラ エクセルシオール ホテル」に宿泊していたので、朝の散歩で前を通りかかりました。

    この建物は、元々は1...  続きを読む907年に英国系中国人の学校として建てられた館だそうで、小さくてかわいらしい。

    この博物館には、英国統治時代〜独立〜現代の、シンガポールで使われてきた切手や世界各国の切手が展示されているそうです。小さな博物館ながら、折々の企画展などで楽しめそうです。

    ただ、営業時間は、(月)13:00−19:00、(火−日)9:00−19:00とのことで、開館前でしたので、観賞はかないませんでした。  閉じる

    投稿日:2014/05/20

  • 切手のデザインのメモパットはお土産に最適

    • 4.0
    • 旅行時期:2013/10(約8年前)
    • 0

    近くのプラナカン博物館の開館時間までの空き時間を過ごすため立ち寄った博物館でしたが、切手からみたシンガポールの歴史を垣間見...  続きを読むたり、世界各国の素敵なデザインの切手の展示があったり、切手の絵柄に採用された衣装や日用品の展示があったりして、思った以上に楽しいひとときを過ごしました。切手のコレクターの方でしたらなおさら楽しく過ごすことができるのではないでしょうか。

    個人的には1階のお土産販売コーナー(入場料の支払いは不要です)で販売されていた切手のデザインのメモパッドは沢山の方へ配るための土産としてお手頃でお薦めです(1冊あたり2シンガポールドル)。  閉じる

    投稿日:2013/11/04

  • お土産用の切手を探すだけでも是非!

    • 4.5
    • 旅行時期:2013/10(約8年前)
    • 0

    ここは私のような切手収集が趣味の方には是非訪れて頂きたい場所ですが、アドミッションは6シンガポールドルかかりますので、正直...  続きを読む、切手に興味がない方は展示まで見る必要はないかと思います。但し、入口のミュージアムショップのエリアでは、販売されている切手の充実度がなかなかのもので、ここだけですと無料で見られますし、売られている切手もそれ程高くもないので(勿論高いのもありますが)、是非、お土産に切手を探すだけ、という方も足を運んでみて下さい。  閉じる

    投稿日:2013/10/03

  • 子どもも楽しめる博物館

    • 4.0
    • 旅行時期:2011/04(約10年前)
    • 0

    Singapore Philatelic Museum(シンガポール切手博物館)

    切手収集に関する博物館です。
    ...  続きを読む
    ■時期ごとの展示もあるようで私が行ったときは、「SIGAPORE TAKES FLIGHT: A HUNDRED YEARS」というのをやっていて、シンガポール航空とマレーシア航空の歴史やチャンギ空港の歴史を知ることができて旅好きとしては大変有意義な時間でした。

    ■この博物館自体は遊び心いっぱいな作りになっている(展示物を開けたり閉めたりなど)ので子どもには特にいいと思います。
    地元小学生も課外授業に来ていました。  閉じる

    投稿日:2011/10/30

  • 地味です

    • 3.5
    • 旅行時期:2009/02(約12年前)
    • 0

    どこの国でも切手博物館は地味でひっそりとした感じがあります。
    ここシンガポールもそんな感じ。入場料は2ドルくらいでいいの...  続きを読むではないかと個人的には思います。
    これまでの切手の展示と郵便配達員が使っていたベスパなど興味深い展示もありました。  閉じる

    投稿日:2013/10/23

1件目~13件目を表示(全13件中)

このスポットに関するQ&A(0件)

シンガポール切手博物館について質問してみよう!

シンガポールに行ったことがあるトラベラーのみなさんに、いっせいに質問できます。

  • AandMさん

    AandMさん

  • SUR SHANGHAIさん

    SUR SHANGHAIさん

  • だるまっこさん

    だるまっこさん

  • umaro64さん

    umaro64さん

  • ユカリンピックさん

    ユカリンピックさん

  • ルパン四世さん

    ルパン四世さん

  • …他

このスポットで旅の計画を作ってみませんか?

行きたいスポットを追加して、しおりのように自分だけの「旅の計画」が作れます。
クリップ したスポットから、まとめて登録も!

PAGE TOP