旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル
サンタ・エレナ・デ・ウアイレン×
旅行ガイド
観光
交通
旅行記
Wi-Fi

サンタ・エレナ・デ・ウアイレン 旅行 クチコミガイド

ピックアップ特集

サンタ・エレナ・デ・ウアイレン 旅行予約

最安値を比較♪ JTB HIS 阪急交通社…他

最安値

Wi-Fiレンタル

1日あたり1,360円〜

ツアー検索

観光 クチコミ人気ランキング1 件

  • ロライマ山 クチコミ6

    • 【ロライマ山・北壁の絶景...
    • 3月のロライマ山(ベネズエ...
サンタ・エレナ・デ・ウアイレン 観光

旅行記 9 件

  • クリスタル・ドラゴンが護る水晶谷☆サイバー攻撃で通信不能【ロライマ山Trek Day4-5】アラフィフ&アラ還のベネズエラ−6

    クリスタル・ドラゴンが護る水晶谷☆サイバー攻撃で通信不能【ロライマ山Trek Day4-5】アラフィフ&アラ還のベネズエラ−6

    • 同行者:カップル・夫婦
    • 関連タグ:

      • 旅行時期:2019/03/02 - 2019/03/17(約7ヶ月前)

      気が遠くなるほどの遠い昔。 地球の中の奥深くで生まれた小さな元素から、透き通った破片が生まれました。 破片は何万年という悠久の時間の中でゆっくりと成長し、クリスタル(水晶)へと変わりました。 やがて、地殻の変動と共に地中深く眠っていたクリスタルは、地球の大気の中へと顔を出しました。 真っ暗だった地中から出てきたクリスタルたちが見る、美しき大地の風景。 青い空と澄んだ空気。 その明るい光、煌めく星空の瞬きにクリスタルたちは、歓喜の声を上げました。 優しいお日様の光はクリスタルに反射し、結晶の表面には青い空の色が映り込み、クリスタルの谷は光り輝いていました。 剣の様に鋭い水晶の結晶はドラゴンの鱗の... もっと見る(写真62枚)

    • 消えたオタマジャクシ/ゴンドワナの秘密☆水溜まりの楽園は進化の坩堝【ロライマ山Trek Day3-PM 】アラフィフ&アラ還のベネズエラ−4

      想像もつかない程の遠い昔、人類が2億年と数える昔。  青く輝く地球に浮かぶ、たったひとつの巨大大陸の分裂が始まりました。 分裂し始めた大陸の名は、パンゲア。 地球の中心で揺蕩うマントルはパンゲア大陸の地表をゆっくりと時間をかけて引き裂き、熱せられたマグマが深い海底の裂け目から噴きだし、冷ややかな海を沸騰させ、火山から流れ出た溶岩は大地を焼きました。 分裂したパンゲア大陸の一部は、ゴンドワナ大陸と呼ばれる大きな陸地となりましたが、そのゴンドワナ大陸すらも巨大なパワーを持つマントルには逆らえずに次々と引きちぎられ、現在の五大陸が出来上がるトリガーとなったのです。 そして、地殻変動により生じた高熱や... もっと見る(写真62枚)

    • ぷりぷり惡魔の洗礼☆100kmトレッキングは 川渡りから【ロライマ山Trek Day1 クカナンC.】アラフィフ&アラ還のベネズエラ−2

      ぷりぷり惡魔の洗礼☆100kmトレッキングは 川渡りから【ロライマ山Trek Day1 クカナンC.】アラフィフ&アラ還のベネズエラ−2

      • 同行者:カップル・夫婦
      • 関連タグ:

        • 旅行時期:2019/03/03 - 2019/03/17(約7ヶ月前)

        今、世界から注目されている国ベネズエラ。 2019年3月のベネズエラ旅は旅の準備と現地での安全確保を念入りに整え、バックアップも出来る範囲では確保して臨みましたが、それでも現地で常に頭の片隅にあったのは、いざという時の自分の動き方。 自分が今いる国は世界の常識が常識ではない国。有事の際には命を守るためにどうすべきなのかの状況判断を絶えず考えていました。 その影響なのか帰国から一ヶ月間は、あまりの現地状況の波乱万丈さや記憶の強烈さ故の軽いPTSD状態だったようで、楽しかった旅の思い出を頭の中で反芻すると心拍数が上がってしまい、その記憶を文章として綴ることすらできませんでした。 帰国してから一ヶ月半が経過... もっと見る(写真61枚)

      • ベネズエラ、クリスマスツリ−

        ベネズエラ、クリスマスツリ−

        • 関連タグ:

          • 旅行時期:2016/12/02 - 2016/12/12(約3年前)

          不安いっぱいのベネズエラの旅でしたが宿泊ホテルや空港でのクリスマスツリ−に癒されました。 ベネズエラ国内の旅についてはどの旅行社に依頼しようか、ベネズエラ国内にある数社の旅行社とメ−ル送信を繰り返し料金的にも納得それに数々の問い合わせにも間髪入れずの明確な回答が貰えるプエルト・オルダスの旅行社VENE TRIPを選びました。 ホテルに関してはこちらの希望も入れて頂きました。 ベネズエラ旅行中はElioさん、深田さんの細やかなサポ−トで不安を感じる事無くロマイマ、カナイマを思い存分楽しむ事が出来ました。 一生思い出に残る素敵な旅となりました。 もっと見る(写真22枚)

        • ロライマ山トレッキング(5泊6日)

          ロライマ山トレッキング(5泊6日)

          • 同行者:一人旅
          • 関連タグ:

            • 旅行時期:2009/09/05 - 2009/09/10(約10年前)

            地球最後の秘境とも言われてるギアナ高地(in ベネズエラ)に行ってきました! ギアナ高地といえば、超切り立った台地(?)のような、あのテーブルマウンテンです。その一つのロライマ山(一応、現地では山という扱いのようです)に登れるトレッキングツアーがあるとなれば、もう行かないわけにはいきません! ただし、このテーブルマウンテン、TVとかで目にする機会はあってもスケール感がピンとこないかもしれません。なんと、標高で2700m、切り立った崖のようになってる麓からですら900mくらいの高さがあるので、全行程5泊6日というなかなかワイルドなトレッキングツアーとなるんです。 当然、電気なんて無い生活が続くので、素晴ら... もっと見る(写真20枚)

          サンタ・エレナ・デ・ウアイレン 旅行記

          旅行記を投稿してみよう!

          旅行記を投稿する

          Q&A掲示板 0

          サンタ・エレナ・デ・ウアイレンについて質問してみよう!

          行ったことのある皆さんに、一斉に質問することができます。

          • 2019年3月にロライマ山・トレッキングに挑戦しました。
            今回の旅の目的は、ロライマ山の上にある進化から取り残された太古の自然の景色を堪能してくることで、The Prowを目指し、軍艦型をしたロライマ山をタップリと歩いてきました。

            インターネット上にはロライマ山・トレッキング情報は様々ありますが、私が旅前に探せなかったのが、軍艦型をしたロライマ山の船首にあたるThe Prow(スペイン語:La Proa)への日本語でのトレッキング情報です。
            英語やスペイン語でのネット情報は少なからずありましたがその殆どが写真紹介で、The Prowへの詳しいルート情報は非常に少ない状態でした。
            そこで今回の口コミでは、これからロライマ山のThe Prowを目指す方の参考に少しでもなる様に、The Prow( La Proa)へのルート・アクセス情報、手配などについて紹介したいと思います。

            【The Prowへの手配】
            The Prowは、英語ではザ・プロゥ、スペイン語ではラ・プロアと発音(表記:La Proa)します。現地でThe Prowまで案内してくれるトレッキング・ガイドやポーターを探すにはスペイン語発音が容易に理解してもらえるかもしれません。
            The Prowはアクセスしにくい場所にあり、一般的な現地の既成ツアーでも取り扱いが少ない場所で、どうしてもThe Prowへ行きたい場合は、予め現地の旅行会社とコンタクトをとり手配をかけるのが確実に行ける方法だというのが私たちのガイドの話です。
            サンタアレナやサンフランシスコ・デ・ユルアニ等のロライマ山の麓の町でもThe Prowへのガイドやポーターの手配も出来ますが、需要が少ない場所の為、値段を吊り上げてくる可能性が高いそうです。
            参考までに、私たちは日本の手配会社経由で現地のAKANAN TRAVELにベネズエラでの滞在を全て込みで依頼しました。

            【The Prowを目指す場合の山頂滞在日数は、最低3泊4日】
            The Prowはロライマ山の北端にある岬で、日本の秘境系旅行会社が企画するロライマ山・トレッキングツアーではプランに含まれているのを見たことがありません。
            The Prowへのトレッキングの具体的なイメージとしては、ツアー案内で“体力のある方向けのOPプラン”として紹介されることの多い「トリプルポイント(三国国境地点)」や「水晶の谷」から更に12km北(ガイアナ側)方向へ向かいます。
            トリプルポイントからのThe Prowへの往復には6時間以上かかり、ツアーのOPに追加して歩ける距離ではなく、2泊3日の山頂滞在プランではThe Prowを目指すのは難しく、山頂3泊4日以上の滞在が必要となります。

            【The Prowを目指す場合の宿泊は、クワティ・ホテル(Coati Hotel)一択】
            最低山頂3泊が必要なThe Prowへのトレッキングですが、The Prowへのアクセスが一番近い山頂ホテル(山頂キャンプ場)はクワティ・ホテル(Coati Hotel)です。
            近いと言ってもクワティ・ホテルがあるのはThe Prowから10km離れたポイントで片道3時間の距離があり、The Prowへの前後泊のどちらかでクワティ・ホテルを利用します。
            私達は後泊でクワティ・ホテルを利用しました。
            具体的な山頂滞在日程では、山頂1泊目がカラカス・ホテル(Caracas Hotel)、2泊目がクワティ・ホテル、3泊目がプリンシパル・ホテル(Principal Hotel)を利用しました。
            この日程が一番The Prowへのアクセス日での歩行距離が短くなりますが、それでも1日33kmを歩くロング・トレックでした。

            【The Prowへのルート・所要時間】
            The Prowに到着するまでは大きな休憩はせずに歩き通して、炎天下を1日7時間(33km)は歩く、かなりハードな1日で、私たちのタイムスケジュールは↓でした。
            06:45 カラカス・ホテル出発
            09:20 トリプルポイント(三国国境)通過
            10:25 クワティ・ホテル到着 荷物をデポ
            12:30 The Prow到着
                コースタイムではクワティ・ホテル→The Prowは3時間です。
                私たちはかなりスピードアップして歩いたので2時間強で到着できました。
            13:20 The Prow出発
            15:20 クワティ・ホテル到着
            The Prowへの道は三国国境を超えたブラジル側が非常に興味深い場所でした。
            ベネズエラ側の山頂部分にも植物はそれなりになりましたが、ブラジル側へと入ると大きな森があり、小鳥の声が聞こえ、ベネズエラ・ガイアナ・ブラジル領のその景観の変化の違いに驚きました。
            また、The prowから眺める雲海に浮かぶギアナ高地のテプイの風景も此処だけでしか見られない貴重なモノでした。

            ツアーではなく、個人でのトレッキングを計画している旅人にはThe Prowはお勧めのポイントです。

          • 3月のロライマ山・トレッキング情報-その2(6泊7日トレッキング・ルート情報編)です。
            実質的には一番近い都市プエルトオルダスからはパライテプイ村迄往復2日間必要なのでベネズエラ入りした翌日から最低でも8泊9日の現地滞在が必要でした。
            写真の関係で3回に分けての紹介です。

            【トレッキング・ルート、宿泊キャンプ地情報】
            ・パライテプイを起点にトレッキング挑戦しました
            パライテプイまでの移動はプエルトオルダスから車で9時間です。


            ☆7日間の大まかなルート情報☆
            Day1:パライテプイ村→クカナン・キャンプ
            Day2:クカナン・キャンプ→ロライマ・ベースキャンプ
            Day3:ロライマ・ベースキャンプ→カラカス・キャンプ
            Day4:カラカス・キャンプ→The Prow→クワティ・キャンプ
            Day5:クワティ・キャンプ→プリンシパル・キャンプ
            Day6:プリンシパル・キャンプ→クカナン・キャンプ
            Day7:クカナン・キャンプ→パライテプイ村


            ☆ルート詳細情報☆
            ・1日目 登り1日目
            パライテプイ−クカナン・キャンプ 13km 5時間半(昼食休憩込)
            最初は緩い下りで、後半に少しだけ登り有、基本は平地を歩く
            渡渉:2か所、水位:腿下程度
            トレッキング中は、暑さが厳しい
            クカナン川やテク川付近では渡渉時、宿泊時にプリプリ(小さい吸血昆虫)に注意!
            刺されるとトレッキング終了時まで痒みが続く

            ・2日目 登り2日目
            クカナン・キャンプ−ロライマ・ベースキャンプ 9km 3時間半
            標高差:450m
            登りの連続でかなり暑いが、歩く時間は短い
            午後はのんびりとベースキャンプからロライマ山を眺めながら読書タイム
            歩いている間は暑いが、ロライマ山ベースキャンプは風が通り涼しい 
            朝晩は寒い

            ・3日目 登り3日目+山頂滞在
            ロライマ・ベースキャンプ−山頂のカラカス・キャンプ 7km 6時間半(テプイでの昼食休憩込)
            標高差:830m
            ロライマ山の壁を一気に登るので、山頂までの3時間はハード
            この登り下りで怪我をする人も多い
            山頂に着いてからは基本的にはフラットな道
            朝からフリース着用でOK

            トレッキング1〜3日目状況は↓で、写真付きで紹介しています
            【1】Lost Worldへ- 序章 https://4travel.jp/travelogue/11487969
            【2】カワイイが可愛くないプリプリ https://4travel.jp/travelogue/11491355
            【3】魔境の台地へFirst Step https://4travel.jp/travelogue/11524363

          • 3月のロライマ山・トレッキング情報-その1-(天候・装備・持ちもの・治安編)です。

            【天候】
            ・3月は乾季に分類されるが、乾季の末期。
            基本は晴れの日が多いが、シャワーのような豪雨が降ることある
            ・気温
             プエルトオルダス等の平地:20℃〜35℃
             ユルアニ村やパライテプイ村等のグランサバナ:10℃〜30℃
             ロライマ山の山頂付近:5℃〜30℃

            【服装】
            ・陽射しが強烈なので基本的には長袖+長ズボンで重ね着で体温調節
            ・速乾素材がベスト
            ・指も日焼けするので登山用の手袋もあると便利
            ・パライテプイ〜クカナンキャンプ:夏山トレッキング(長袖、長ズボンVer.)
            ・ロライマ・ベースキャンプ〜山頂滞在:夏用+フリース(または薄手のダウン)+冬用のズボン
            ・帽子

            【持ちもの】
            ・日焼け止め
            ・虫よけスプレー(ベネズエラでは買えませんでした)
            ・かゆみ止め(塗布して気持ち良いタイプではなく薬効の強いもの)
            ・つばの広い帽子
            ・女性の方は速乾素材の水着+速乾素材の大きめのタオル
             他人の目が気にならなければスポブラ+トランクス型パンツでも代用可能
            ・ヘッドランプ
            ・トイレットペーパー
            ・雨具上下
            ・トレッキングシューズ(スニーカーでは無理があります)
            ・渡渉靴
            ・夏から冬用のトレッキング用の衣類+下着1組程度
            ・水筒は1Lサイズ1本
            ・自然分解性の石鹸
            ・川歩き用の靴

            【治安】
            訪れたのは2019年3月で、けっして下界の治安が良い時期ではありませんでしたが、トレッキング中は自身の安全が気になる様な自体も無く、信頼の出来るポーターと共に安心して山を歩けました。
            ただ、注意すべきこともあります。
            それは、ポーターの質。
            ポーターは基本、ガイドさんがペモン族の村人の中から自分の信頼のおける人を使いますが、繁忙期だとポーターが出払って経験の少ないポーターとなる場合もあるようです。
            現地(ユルアニ村やサンタアレナの町)で現地の旅行会社が主催するルアーに参加するのが一番費用的には安価ですが、その場合はポーターの質に若干の問題がある場合もあるようです。
            私の場合は、日本の旅行会社を通じてベテランのトレッキングガイドさん+ガイドさんがいつも利用しているポーターさん達にお願いしました。
            ガイドさんとは英語を介して会話しますが、ポーターさん達との会話はスペイン語です。少しでもスペイン語が話せるとトレッキングが更に楽しくなります。

          • 乾季の終わりにパライテプイ村を起点とする6泊7日のロライマ山トレッキングに参加し、ロライマ山の山頂テプイで3泊を過ごしました。
            通常、日本発の団体ツアーでは山頂2泊のパターンが殆どですが、お勧めは山頂3泊滞在。
            トリプル・ポイント(三国国境地点)から先のブラジル側とガイアナのThe Prowへのルートは正に絶景の連続です。
            ロライマ山のベネズエラ側とブラジル側(ガイアナ側)では大地の形成や気温が異なり、植生や風景が違い、ブラジル側はThe LOST WORLD そのものの世界でした。
            さすがに映画みたく恐竜は居ませんが、原始のカエルや食虫植物、不思議な植物などパンゲア大陸の頃から現代に続く太古の世界そのものが広がっていました。

            今回のトレッキングで現地手配をお願いしたAkanan Travel & Adventureではベテラン・ガイドのFelixさん(会話:英語)を滞在中のスルーガイドとしてつけてくれ、安心してトレッキングに挑む事ができました。
            参考までに…ベネズエラにはカラカスInではなく、バルセロナから入国し、バルセロナからパライテプイ村までは陸路移動で1日半必要でした。

          • 乾季のロライマ山頂では晴天の日にはベンタ−ナからクケナン山の眺めを楽しむ事が出来ます。
            ただし晴天でも風がきついと崖から落下の心配があるので崖際に行くのは極めて危険。
            クケナン山は朝7時を過ぎると雲がかかり始めるのでなるべくなら7時までにベンタ−ナに到着してクケナン山の眺めを堪能するのがお勧めです。
            ロライマ山頂ホテルからベンタ−ナに到着するまでの辺りの景色は見応えがありますが足元は岩だらけなので歩き辛いです。

          サンタ・エレナ・デ・ウアイレン のクチコミ一覧(10)

          Wi-Fi割引300円OFF フォートラベル GLOBAL WiFi

          サンタ・エレナ・デ・ウアイレン 地図

          サンタ・エレナ・デ・ウアイレントラベラーランキング

          クチコミの多いトラベラー

          旅行記の多いトラベラー

          旅行会社に相談する

          サンタ・エレナ・デ・ウアイレンのことならおまかせください!

          旅行会社一覧

          4Tポイントを貯めよう

          チャンスは一日一回。
          エリアに隠された宝箱を探せ!お題はTOPページにて発表! 本日のお題はこちら!

          4Tポイントとは?


          おすすめの都市

          PAGE TOP