旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル

プラハ 旅行記(ブログ) 一覧に戻る

プラハ人気旅行記ランキング105位(3203件中)

3度目のプラハをひとり旅(3) 彫刻好きにはたまらない「ラピダリウム(Lapidarium)」

旅行時期 2016/10/01 - 2016/10/01 (2017/05/06投稿

2016年9月30日-10月6日までぬいぐるみ「クマクマウーとチビチビフー」を連れ、プラハを一人旅してきました。以下、旅行の日程で、ここでは10月1日(後半)の様子をまとめました。<br /><br />9月30日 ウィーンから列車でチェコのプラハへ<br />10月1日 プラハ散策(レトナー公園、ミュシャ「スラヴ叙事詩展」、ラピダリウムなどを見学)<br />10月2日 プラハ散策(Hanavsky Pavilon、王宮庭園などを観光後、夜はヒベルニア劇場でバレエ鑑賞)<br />10月3日 プラハ散策(黒い聖母の家、ヴァーツラフ広場、ダンシングビル、射撃島などを観光)<br />10月4日 プラハ散策(インドジシュスカー塔、植物園、イラーセク橋、ペトシーン公園などを観光)<br />10月5日 プラハからエアフラ便で成田へ帰国

2016年9月30日-10月6日までぬいぐるみ「クマクマウーとチビチビフー」を連れ、プラハを一人旅してきました。以下、旅行の日程で、ここでは10月1日(後半)の様子をまとめました。

9月30日 ウィーンから列車でチェコのプラハへ
10月1日 プラハ散策(レトナー公園、ミュシャ「スラヴ叙事詩展」、ラピダリウムなどを見学)
10月2日 プラハ散策(Hanavsky Pavilon、王宮庭園などを観光後、夜はヒベルニア劇場でバレエ鑑賞)
10月3日 プラハ散策(黒い聖母の家、ヴァーツラフ広場、ダンシングビル、射撃島などを観光)
10月4日 プラハ散策(インドジシュスカー塔、植物園、イラーセク橋、ペトシーン公園などを観光)
10月5日 プラハからエアフラ便で成田へ帰国

写真 41枚

テーマ:
芸術・美術館・博物館
交通手段 : 
  • 現地移動 :  徒歩
エリア:
チェコ > プラハ
エリアの満足度:
4.5
  • 500_47569578

    撮影場所の地図

    ムハのスラブ叙事詩展。
    作品数はたった20点ですが、あっという間に2時間が過ぎていました。

    ああ、疲れた(´Д` ;)
    まだ15時だけれど、ホテルへ戻って休もうか。

    そう考えながら、外へ出ると、目の前のドゥケルスキーフ・フルディヌー(Dukelskych Hrdinu)通りの左方向に気になる建物を発見。

  • 500_47569579

    その建物が、これ。
    Ystaviste - Prague Exhibition Grounds (Vystaviste Praha Holesovice)というエキシビション センターです。

    19世紀に建てられたアールヌーヴォー様式の建物で、現在はイベントやコンサートが行われているそうです。

  • 500_47633168

    案内図に「4」と番号がふってあるのが、このエキシビション センター。

  • 500_47569459

    撮影場所の地図

    そして、「17番」とあるのが、石造建築物の博物館「ラピダリウム(Lapidarium)」。
    ボヘミア地方で11世紀から19世紀に作られた415点の彫像や記念建築物が所蔵されています。

  • 500_47569458

    入場料は、たったの50コルナ(約250円)。
    最近、料金変更があったのか、値段が手書きで書き換えられていました(^。^)

  • 500_47569457

    入館時、各部屋の作品に関する説明書きを借りられます。
    このプリントがよれよれで、手作り感いっぱい。
    さきほどのチケットといい、きりつめられた予算で運営しているのかも。
    このプリントも大事に扱わないと悪いなという気になりました(^^;)。

  • 500_47569581

    入口を入ってすぐ右手の部屋には、ロマネスクとゴシック初期の作品が展示されています。
    ここで最も古いものは、かつてプラハ城の聖ヴィート大聖堂(the former Basilica of St.Vitus)のクリプトを飾っていた柱です。

  • 500_47633171

    また、中世に描かれた天井画も見所のひとつです。

  • 500_47633169

    作品ひとつひとつだけでなく、展示室自体が美術品のようでした。

  • 500_47569582

    順路にそって進んでいくと、3番目の部屋にはルネッサンス時代の作品が展示されています。

  • 500_47569455

    1591年から96年にかけて作られた「Krocin Fountain」というこの噴水は、旧市街広場にあったもの。
    柱には、大地(ローマ神話の果物の女神ポモナ)、水(ネプチューン)、空気(おそらくヘラ)、火(鍛冶の神ウルカヌス)の姿も見えます。

  • 500_47569456

    近づいて見ると、かなりユニークな顔。

  • 500_47569584

    この大きな門は「熊の門(Bear gate)」と呼ばれ、プラハのスミチョフ地区にあったそうです。

    大きすぎて、広角を使っても入りきりません…。

  • 500_47569583

    また、バロック様式の作品が並ぶ4番目の部屋には、カレル橋の欄干に置かれていた聖人像のオリジナルも4体、展示されていました。

  • 500_47569587

    それから、7番目の部屋。
    18世紀から19世紀の記念建造物が展示されています。

    正面奥のグリフィンを中心に並ぶ彫像は、ヴァーツラフ広場にある国立博物館のキューポラの四隅を飾っていたそうです。

    他にも、ひとつひとつ説明を見ながら、あの場所にあったのかと自分が訪ねた場所に重ね合わせながら見ていくと、時間がいくらあっても足りなそうな感じでした。

  • 500_47569589

    ラピダリウムの見学後は、スラヴ叙事詩展が開催されていたヴェレトゥルジュニー宮殿の前を通って旧市街へ戻りました。
    その途中、ドゥケルスキーフ・フルディヌー(Dukelskych Hrdinu)通りとヘルシマノヴァ(Hermanova)通りの角で素敵な建物を発見。

  • 500_47569460

    「Potrefena husa」という名のレストランです。

  • 500_47633172

    ドゥケルスキーフ・フルディヌー通りには、他にも中世を感じさせる建物が目白押し。

  • 500_47569499

    そこからほど近いパン屋さん「Liberske Lahudky」にも立ち寄りました。
    プラハに10軒以上、支店があるそうです。

  • 500_47569498

    店内には、イートイン スペースもあります。

  • 500_47569462

    ケーキやドーナツは、16コルナ(約80円)という安さ。

  • 500_47569463

    サンドイッチや、かわいいマジパン細工も並んでいました。

  • 500_47633589

    Bramboraというお菓子を買いました。値段は16コルナ(約80円)。

  • 500_47633590

    外側は、サクッとしたマジパン。
    口に入れると、ほろほろっと崩れてしまいます。
    う~ん、絶妙な食感(*^^*)。

    その内側には、カステラやチョコクリーム。
    まわりにまぶしてあるのは、ほろ苦いココア。

    見た目は無骨だけれど、甘さのバランスがちょうど良くて、期待した以上のおいしさでした。

  • 500_47569501

    たまたま入ったけれど、このお店は意外と当たりかも(*^^*)
    他のお菓子も食べたくなって「Venecek(18コルナ。約90円)」も追加購入しました。

  • 500_47569502

    カスタードクリームは甘さ控えめ。
    でも、シュー生地にかかったアイシングが甘いので、ちょうどいい仕上がり。

    シュー生地は子供の頃に食べた昔懐かしさを感じさせる手作り感があり、これもおいしかったです。

  • 500_47569590

    18時、レトナー公園のメトロノーム(metronome)がある展望台まで戻ってくると、空にはたくさんの飛行機雲が見えました。

  • 500_48522327

    展望台そばでは、靴を投げて電線(?)に引っ掛けて遊ぶ人たち。

  • 500_48522328

    かなり難しそうで失敗する人が続出。
    そんな中、成功した人はやんやの喝采を受けていました。

  • 500_47569503

    眼下に目を移せば、マーネスーフ橋(Manesuv most)と、その向こうにカレル橋が見えます。

  • 500_47569504

    そして、そこから階段を下ると、

  • 500_47569520

    マーネスーフ橋のたもとに出ます。
    ここからからユダヤ人街を通ってホテルへと戻ることにしました。

  • 500_47569592

    撮影場所の地図

    結局、この日はトラムにも乗らず、ひたすら歩きました。
    そのほうが発見するものも多いので、私はひとり旅の時は極力、乗り物を使いません。

  • 500_47569521

    この日も、こんな美しい夕日が見れました。

  • 500_47633552

    それから、ユダヤ人街へ。
    18時30分を過ぎているので、あまり人通りはありません。それでも、危ない雰囲気はないので少しだけ観光することにしました。

  • 500_47569593

    撮影場所の地図

    燃えるような炎の形が特徴的なこの建物は、旧新シナゴーグ。
    1270年頃に建設され、ヨーロッパ最古のシナゴーグです。

  • 500_47569594

    その近くには、スペイン シナゴーグもあります。
    スペインのアルハンブラ宮殿に似ていることから、この名前が付けられたそうです。

  • 500_47569524

    また、ユダヤ人街をつらぬくパリ通りには洒落たお店が多いですが、こんなサイケな内装のレストランもありました。

  • 500_47569525

    そうして、ようやくホテル近くのウンゲルトまで戻ってきたのは、19時過ぎ。

  • 500_47569527

    撮影場所の地図

    この日も、旧市街広場の夜景を見て歩きたかったけれど、さすがに体力が尽きました…。

  • 500_47569528

    撮影場所の地図

    ホテルに戻ってカバンを開けると、ウーとフーもぐったりしていました…。


    ------------------------------
    この旅行のこれまでの様子は下記参照:

    (1)ウィーンからプラハへ列車移動、そしてカレル橋の夕景に感動
    http://4travel.jp/travelogue/11215660

    (2)「スラブ叙事詩」展にリベンジ
    http://4travel.jp/travelogue/11216140


プラハ人気旅行記ランキング105位(3203件中)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。問題のある投稿を連絡する

この旅行で利用したホテル

プラハ ホテル

この旅行で行った観光スポット

プラハ 観光スポットランキング

出発前のあなた!ネットの準備は大丈夫?

チェコ旅行前にWi-Fiルーターのレンタルはお済みですか?「フォートラベル GLOBAL WiFi」なら920円/日~の定額料金で、さらにマイルに交換できるポイントもたまります!

Wi-Fiについてもっと見る

フォートラベル GLOBAL WiFi

内容が近い旅行記

このエリアの旅行記一覧へ

このエリアのホテル

プラハ ホテル一覧へ

kiyoさん

kiyoさん 写真

海外20カ国渡航

国内13都道府県訪問

写真 | QA掲示板 | 行ってきます | 掲示板 | コミュニティ | 行きたい

この旅行記の地図

拡大する


ピックアップ特集

閉じる