久米島旅行記(ブログ) 一覧に戻る
いよいよ旅も終盤。<br />あっという間です。<br /><br />久米島は渡名喜島に比べると大都会に感じますが、十分のどかでのんびりした離島です。<br />那覇から飛行機で気軽に行けて、絶景がたくさんあるのでもっとお客さん多くても良さそうですが。<br /><br />どこも観光地はほとんど人が居ないのが驚きです。<br /><br />【今回の旅のスケジュール】<br />1日目 羽田空港⇒那覇空港   那覇泊<br />2日目 那覇泊港~渡名喜島 渡名喜島泊<br />3日目 渡名喜島~久米島   久米島泊<br />★4日目久米島滞在      久米島泊<br />5日目 久米島⇒那覇⇒羽田空港<br /><br />

梅雨明けの沖縄・離島旅~渡名喜島(となきじま)から久米島(くめじま)へ④~

10いいね!

2023/07/07 - 2023/07/11

467位(同エリア858件中)

King.jack

King.jackさん

この旅行記のスケジュール

この旅行記スケジュールを元に

いよいよ旅も終盤。
あっという間です。

久米島は渡名喜島に比べると大都会に感じますが、十分のどかでのんびりした離島です。
那覇から飛行機で気軽に行けて、絶景がたくさんあるのでもっとお客さん多くても良さそうですが。

どこも観光地はほとんど人が居ないのが驚きです。

【今回の旅のスケジュール】
1日目 羽田空港⇒那覇空港   那覇泊
2日目 那覇泊港~渡名喜島 渡名喜島泊
3日目 渡名喜島~久米島   久米島泊
★4日目久米島滞在      久米島泊
5日目 久米島⇒那覇⇒羽田空港

旅行の満足度
4.0
観光
4.0
ホテル
3.5
グルメ
3.0
ショッピング
3.5
交通
3.0
同行者
友人
一人あたり費用
10万円 - 15万円
交通手段
レンタカー JALグループ 徒歩
旅行の手配内容
個別手配
利用旅行会社
JTB

PR

  • 泊((とまり)フィッシャリーナ<br /><br />7時起床<br />本日は「はての浜ツアー」に参加します。<br />ホテルまでお出迎えもありますが、終わった後そのまま観光に出かけたかったので、集合場所のマリーナまでレンタカーで移動することにしました。<br /><br />8時15分<br />ホテル出発<br /><br />8時35分<br />マリーナ到着。<br />飲み物買ったり、着替えをしたりします。<br />トイレやシャワーが完備されており、軽く食事もできます。

    泊((とまり)フィッシャリーナ

    7時起床
    本日は「はての浜ツアー」に参加します。
    ホテルまでお出迎えもありますが、終わった後そのまま観光に出かけたかったので、集合場所のマリーナまでレンタカーで移動することにしました。

    8時15分
    ホテル出発

    8時35分
    マリーナ到着。
    飲み物買ったり、着替えをしたりします。
    トイレやシャワーが完備されており、軽く食事もできます。

  • 泊フィッシャリーナ<br /><br />しばらくするとツアーのスタッフさんが来て受付をします。<br />マリーナにはツアーの事務所が無いので青空受付です。<br /><br />マリーナ周辺のホテルの人は送迎車が便利ですが、サイプレスは島の外れにあるので、この点も不便なポイントです。<br />レンタカーもマリーナに無料で停めておけるので便利です。<br />

    泊フィッシャリーナ

    しばらくするとツアーのスタッフさんが来て受付をします。
    マリーナにはツアーの事務所が無いので青空受付です。

    マリーナ周辺のホテルの人は送迎車が便利ですが、サイプレスは島の外れにあるので、この点も不便なポイントです。
    レンタカーもマリーナに無料で停めておけるので便利です。

  • はての浜ツアーに出発!<br /><br />今回申し込んだのは「バードアイランド」社のツアー。<br />はての浜ツアーは、浜へ上陸するだけのものから、シュノーケリングがセットのものまで様々です。<br /><br />今回のツアーは、シュノーケリング後、はての浜に1時間ほど立ち寄るツアーでした。<br />更に延長して、そのままずっと浜に滞在する人も居るみたいです。<br /><br />屋根の無い船で出発です。<br />雨が降ったりすると荷物が濡れるので防水バッグがあった方が良いです。<br />あと、飲み物やタオルの貸出もありませんでした。<br />

    はての浜ツアーに出発!

    今回申し込んだのは「バードアイランド」社のツアー。
    はての浜ツアーは、浜へ上陸するだけのものから、シュノーケリングがセットのものまで様々です。

    今回のツアーは、シュノーケリング後、はての浜に1時間ほど立ち寄るツアーでした。
    更に延長して、そのままずっと浜に滞在する人も居るみたいです。

    屋根の無い船で出発です。
    雨が降ったりすると荷物が濡れるので防水バッグがあった方が良いです。
    あと、飲み物やタオルの貸出もありませんでした。

  • はての浜ツアー<br /><br />最初はかなり浅瀬を行きます。<br />昨日僕たちが散策したシールガチ橋の辺りでしょうか。<br />かなり浅いのでゆっくり進みます。<br /><br />何でこのルートを通るのかと思ったら、亀さんの通り道だからのようです。<br />移動中に三匹ほど亀さんに遭遇しました。

    はての浜ツアー

    最初はかなり浅瀬を行きます。
    昨日僕たちが散策したシールガチ橋の辺りでしょうか。
    かなり浅いのでゆっくり進みます。

    何でこのルートを通るのかと思ったら、亀さんの通り道だからのようです。
    移動中に三匹ほど亀さんに遭遇しました。

  • はての浜ツアー<br /><br />早速、はての浜が見えました!<br />はての浜ってほんの一部分だけの砂州か何かだと思っていたのですが、かなり広い!<br /><br />しかも干満関係なく常に露出しているもんなんですね~。<br />しかもしかも、1か所だけではなく複数個所あることにも驚きです。

    はての浜ツアー

    早速、はての浜が見えました!
    はての浜ってほんの一部分だけの砂州か何かだと思っていたのですが、かなり広い!

    しかも干満関係なく常に露出しているもんなんですね~。
    しかもしかも、1か所だけではなく複数個所あることにも驚きです。

  • はての浜ツアー<br /><br />9時20分<br />シュノーケリングポイントに到着。<br />40分程ボートからドボンでシュノーケリングです。<br /><br />大きい珊瑚の回りにたくさんの魚が居ましたが、小魚が多く、あんんまり大物は居ませんでした。<br />麩で餌付けしているので、ウジャウジャしててちょっと気持ち悪い…。<br /><br />そうそうにあがって日向ぼっこを楽しみました。

    はての浜ツアー

    9時20分
    シュノーケリングポイントに到着。
    40分程ボートからドボンでシュノーケリングです。

    大きい珊瑚の回りにたくさんの魚が居ましたが、小魚が多く、あんんまり大物は居ませんでした。
    麩で餌付けしているので、ウジャウジャしててちょっと気持ち悪い…。

    そうそうにあがって日向ぼっこを楽しみました。

  • はての浜ツアー<br /><br />かなり浅瀬になっている部分もあるので珊瑚を踏んづけたりしないよう注意。<br />昨年、一昨年と続けて携帯を水没させるという悲しい事件を連発してしまったので、防水ケースは信じないことにしました。<br /><br />海の中の写真は一切ありません。

    はての浜ツアー

    かなり浅瀬になっている部分もあるので珊瑚を踏んづけたりしないよう注意。
    昨年、一昨年と続けて携帯を水没させるという悲しい事件を連発してしまったので、防水ケースは信じないことにしました。

    海の中の写真は一切ありません。

  • はての浜ツアー<br /><br />透き通るブルーがキレイです。<br />海に入っているより上から見た方が綺麗です。

    はての浜ツアー

    透き通るブルーがキレイです。
    海に入っているより上から見た方が綺麗です。

  • はての浜ツアー<br /><br />10時10分<br />いよいよ「はての浜」へ向けて出発!!<br /><br />10時20分<br />10分ほどで到着です。<br /><br />上陸後、色んな注意事項を聞き、1時間ほど自由時間です。<br /><br />浜には業者さんが居て、パラソルレンタルや飲み物の販売をしています。<br />簡易トイレもあります。<br /><br />のんびり1日居ても飽きないのかな…。<br />僕はすぐに飽きちゃいましたが。

    はての浜ツアー

    10時10分
    いよいよ「はての浜」へ向けて出発!!

    10時20分
    10分ほどで到着です。

    上陸後、色んな注意事項を聞き、1時間ほど自由時間です。

    浜には業者さんが居て、パラソルレンタルや飲み物の販売をしています。
    簡易トイレもあります。

    のんびり1日居ても飽きないのかな…。
    僕はすぐに飽きちゃいましたが。

  • はての浜<br /><br />ででん!<br />白砂の浜と青い海のコントラストが何とも言えません。<br /><br />西表のバラス島は珊瑚と石で痛いのですが、こちらはサラサラの砂浜。<br />裸足で歩くと気持ちいいです!<br /><br />はての浜ってGoogleマップで見ていると4つくらいあるようです。<br />僕たちが行ったのはその中でも「中の浜」という場所になるのかな。<br /><br />地図だと小さめのサイズですが、それでも端から端まで歩いたらかなりの距離があります。<br />歩いてないですが端まで歩いたら30分位かかりそうです。

    はての浜

    ででん!
    白砂の浜と青い海のコントラストが何とも言えません。

    西表のバラス島は珊瑚と石で痛いのですが、こちらはサラサラの砂浜。
    裸足で歩くと気持ちいいです!

    はての浜ってGoogleマップで見ていると4つくらいあるようです。
    僕たちが行ったのはその中でも「中の浜」という場所になるのかな。

    地図だと小さめのサイズですが、それでも端から端まで歩いたらかなりの距離があります。
    歩いてないですが端まで歩いたら30分位かかりそうです。

  • はての浜<br /><br />はての浜は遊泳できる場所が限られています。<br />ライフジャケットの着用も必要です。<br /><br />どちらかというと泳ぐっていうよりのんびり海を眺める場所って感じです。

    はての浜

    はての浜は遊泳できる場所が限られています。
    ライフジャケットの着用も必要です。

    どちらかというと泳ぐっていうよりのんびり海を眺める場所って感じです。

  • はての浜<br /><br />キラキラしています。<br />海の向こうに巨大なクルーズ船が。<br /><br />目を凝らしてみると黄色いファンネルが!<br />コスタクルーズですね。<br /><br />1日目那覇で見た船が、宮古か石垣に行って那覇に戻っていくようです。

    はての浜

    キラキラしています。
    海の向こうに巨大なクルーズ船が。

    目を凝らしてみると黄色いファンネルが!
    コスタクルーズですね。

    1日目那覇で見た船が、宮古か石垣に行って那覇に戻っていくようです。

  • はての浜<br /><br />上陸しているのは軽く50~60人は居るはずなのですが、かなり広いので混雑しているようには一切感じません。<br /><br />写真も誰も映り込むことは無いので、SNS命!みたいな若者にはおすすめですね。

    はての浜

    上陸しているのは軽く50~60人は居るはずなのですが、かなり広いので混雑しているようには一切感じません。

    写真も誰も映り込むことは無いので、SNS命!みたいな若者にはおすすめですね。

  • はての浜<br /><br />11時30分<br />きっちり1時間滞在し、マリーナに戻ります。<br />まだまだ滞在したい人も居たようですが、僕はお腹いっぱい。<br /><br />もういいかな~。<br />という感想でした。

    はての浜

    11時30分
    きっちり1時間滞在し、マリーナに戻ります。
    まだまだ滞在したい人も居たようですが、僕はお腹いっぱい。

    もういいかな~。
    という感想でした。

  • はての浜クルーズ<br /><br />昨日通った新奥武橋が見えます。<br />この辺りは本当に言葉では表せない海の色が広がります。

    はての浜クルーズ

    昨日通った新奥武橋が見えます。
    この辺りは本当に言葉では表せない海の色が広がります。

  • 無人島オーハ島を望む<br /><br />11時45分<br />マリーナに到着。<br />しばらく休憩し、次の観光スポットへ向かいます。<br /><br />新奥武橋を渡り、再び奥武島へ。<br />島の奥にやってきました。<br />奥武島の奥にはオーハ島という無人島があります。<br />(現在は1組だけ家族が住み着いているようです)<br /><br />小さい子供が居るらしく、毎朝船で送り迎えしているのだとか。<br />(まさか写真のカヤックでじゃないよね…)

    無人島オーハ島を望む

    11時45分
    マリーナに到着。
    しばらく休憩し、次の観光スポットへ向かいます。

    新奥武橋を渡り、再び奥武島へ。
    島の奥にやってきました。
    奥武島の奥にはオーハ島という無人島があります。
    (現在は1組だけ家族が住み着いているようです)

    小さい子供が居るらしく、毎朝船で送り迎えしているのだとか。
    (まさか写真のカヤックでじゃないよね…)

  • 海の中の電柱<br /><br />オーハ島への電柱は海の中に建っています。<br />干潮時には歩いて渡れる程度まで潮が引くようです。<br />どうせなら海の中の電柱が見たくて、満潮時間に合わせてやって来ました。<br /><br />対岸のオーハ島はあの殺人犯が潜伏した島。<br />彼が潜伏していた時には、一人だけ島に住民が居たようです。<br /><br />相手が逃亡犯何て知る由もなく、時折町へ一緒に飲みに行ったりもしていたそうです。<br /><br />こんなに美しい海と空。<br />優しい人に触れ合い、何を感じていたのでしょうか…。

    海の中の電柱

    オーハ島への電柱は海の中に建っています。
    干潮時には歩いて渡れる程度まで潮が引くようです。
    どうせなら海の中の電柱が見たくて、満潮時間に合わせてやって来ました。

    対岸のオーハ島はあの殺人犯が潜伏した島。
    彼が潜伏していた時には、一人だけ島に住民が居たようです。

    相手が逃亡犯何て知る由もなく、時折町へ一緒に飲みに行ったりもしていたそうです。

    こんなに美しい海と空。
    優しい人に触れ合い、何を感じていたのでしょうか…。

  • 新奥武橋からの絶景<br /><br />再び橋を渡って久米島へ戻ります。

    イチオシ

    地図を見る

    新奥武橋からの絶景

    再び橋を渡って久米島へ戻ります。

  • 新奥武橋からの絶景<br /><br />久米島一番の絶景はこの新奥武橋(しんおうばし)だと思います。<br />本当に海の色が最高です!!

    新奥武橋からの絶景

    久米島一番の絶景はこの新奥武橋(しんおうばし)だと思います。
    本当に海の色が最高です!!

  • お食事処はなくめ<br /><br />12時30分<br />イーフビーチすぐ近くの食事処にやって来ました。<br /><br />この辺りが島で一番栄えているのでしょうか。<br />食事場所もたくさんあり、コンビニもありました。<br /><br />ホテル選びを間違えた…。<br /><br />昼食は久米島そばを注文。<br />友人は車エビフライ定食。<br /><br />実は車エビフライを食べたかったのですが、昨日の泡盛がまだ居の中で暴れまわっています。<br />揚げ物はちょっと…。<br /><br />ということで友人の海老ちゃんを1匹だけつまみました。<br />甘くて美味しかったです。<br /><br />僕は沖縄そばをチョイス。<br />あっさりしてて美味しかったです。

    お食事処はなくめ

    12時30分
    イーフビーチすぐ近くの食事処にやって来ました。

    この辺りが島で一番栄えているのでしょうか。
    食事場所もたくさんあり、コンビニもありました。

    ホテル選びを間違えた…。

    昼食は久米島そばを注文。
    友人は車エビフライ定食。

    実は車エビフライを食べたかったのですが、昨日の泡盛がまだ居の中で暴れまわっています。
    揚げ物はちょっと…。

    ということで友人の海老ちゃんを1匹だけつまみました。
    甘くて美味しかったです。

    僕は沖縄そばをチョイス。
    あっさりしてて美味しかったです。

    御食事処 はなくめ グルメ・レストラン

  • お食事処はなくめ<br /><br />飲み物は麦茶やお水はもちろん、アイスコーヒーも無料です。<br />レジには飴も置いてありました。<br />サービス精神たっぷりのお店です。<br /><br />店内は座敷の他に椅子テーブル席もあり、みんさー織?の椅子が素敵でした。

    お食事処はなくめ

    飲み物は麦茶やお水はもちろん、アイスコーヒーも無料です。
    レジには飴も置いてありました。
    サービス精神たっぷりのお店です。

    店内は座敷の他に椅子テーブル席もあり、みんさー織?の椅子が素敵でした。

    御食事処 はなくめ グルメ・レストラン

  • イーフビーチ<br /><br />13時30分<br />久米島で一番有名なビーチにやって来ました。<br /><br />サラッサラの白砂が続く絶景ビーチで、「日本の渚100選」にも選ばれています。<br /><br />この景色を見るだけで走り出したくなる絶景です!

    イチオシ

    地図を見る

    イーフビーチ

    13時30分
    久米島で一番有名なビーチにやって来ました。

    サラッサラの白砂が続く絶景ビーチで、「日本の渚100選」にも選ばれています。

    この景色を見るだけで走り出したくなる絶景です!

    イーフビーチ ビーチ

  • イーフビーチ<br /><br />が、、、、<br />誰も居ません!<br />ただの一人も泳いだりしている人が居ない。

    イーフビーチ

    が、、、、
    誰も居ません!
    ただの一人も泳いだりしている人が居ない。

    イーフビーチ ビーチ

  • イーフビーチ<br /><br />しかも折からの暴風。<br />とてもじゃないですが泳ぐという雰囲気ではありません。<br /><br />ためしにちょっと潜ってみましたが濁っていて全然視界もありません。

    イーフビーチ

    しかも折からの暴風。
    とてもじゃないですが泳ぐという雰囲気ではありません。

    ためしにちょっと潜ってみましたが濁っていて全然視界もありません。

    イーフビーチ ビーチ

  • イーフビーチ<br /><br />ちょうど満潮近かったせいもあるのでしょうか。<br />仕方なく波打ち際を歩いていると、<br /><br />あ。<br />亀さん。<br /><br />砂浜ぎりぎりまでやってきています。<br /><br />亀と一緒に泳ごう!<br />と思いましたが、やっぱり視界ゼロなので、海の中は全く見えません。

    イーフビーチ

    ちょうど満潮近かったせいもあるのでしょうか。
    仕方なく波打ち際を歩いていると、

    あ。
    亀さん。

    砂浜ぎりぎりまでやってきています。

    亀と一緒に泳ごう!
    と思いましたが、やっぱり視界ゼロなので、海の中は全く見えません。

    イーフビーチ ビーチ

  • イーフビーチ<br /><br />あまりに誰も居なくて寂しいのと、風も強かったのでシュノーケリングは諦めます。<br /><br />ビーチには無料のシャワーがあります。<br /><br />14時45分<br />シャワーを浴びてお着換え。<br />次の目的地に向かいます。<br /><br />それにしてもイーフビーチの駐車場にはたくさんの車が停まっています。<br />お客さんたくさんいるのかな~と思ったのですが、地元の人が停めているのでしょうか…。

    イチオシ

    地図を見る

    イーフビーチ

    あまりに誰も居なくて寂しいのと、風も強かったのでシュノーケリングは諦めます。

    ビーチには無料のシャワーがあります。

    14時45分
    シャワーを浴びてお着換え。
    次の目的地に向かいます。

    それにしてもイーフビーチの駐車場にはたくさんの車が停まっています。
    お客さんたくさんいるのかな~と思ったのですが、地元の人が停めているのでしょうか…。

    イーフビーチ ビーチ

  • 久米島紬の里 ユイマール館<br /><br />久米島紬(くめじまつむぎ)を紹介する施設にやって来ました!<br />奄美大島の大島紬は有名ですが、久米島でも生産されているんですね。<br /><br />館内の写真は撮れませんでしたが、久米島紬について学習しました。<br />こちらは入館料もお買い物も電子クーポンが利用できました♪<br /><br />余らせても仕方が無いのと、カードケースが欲しかったので久米島紬のカードケースを購入♪<br />良いお土産ができました。

    久米島紬の里 ユイマール館

    久米島紬(くめじまつむぎ)を紹介する施設にやって来ました!
    奄美大島の大島紬は有名ですが、久米島でも生産されているんですね。

    館内の写真は撮れませんでしたが、久米島紬について学習しました。
    こちらは入館料もお買い物も電子クーポンが利用できました♪

    余らせても仕方が無いのと、カードケースが欲しかったので久米島紬のカードケースを購入♪
    良いお土産ができました。

    久米島紬ユイマール館 美術館・博物館

  • 仲里間切蔵元跡<br />(なかざとまぎりくらもとあと)<br /><br />ユイマール館周辺は真謝(まじゃ)と言われる集落。<br />立派な家屋が立ち並び、琉球時代の史跡もいくつか残っています。<br /><br />こちらは1700年代半ばに完成した、琉球時代の役所跡だそうです。<br />立派な石垣が残されています。<br />

    仲里間切蔵元跡
    (なかざとまぎりくらもとあと)

    ユイマール館周辺は真謝(まじゃ)と言われる集落。
    立派な家屋が立ち並び、琉球時代の史跡もいくつか残っています。

    こちらは1700年代半ばに完成した、琉球時代の役所跡だそうです。
    立派な石垣が残されています。

    旧仲里間切蔵元跡石牆 名所・史跡

  • 天后宮<br /><br />琉球王朝時代、中国からの使節団が嵐に遭遇、久米島の人が助けたお礼に建てられたお堂だそうです。<br />堂内の仏壇には中国の航海の女神である媽祖(まそ)を祀っていす。<br /><br />媽祖は海の守り神ですね。<br />シンガポール、マカオでも祀られていました。<br /><br />媽祖を祀る「媽閣廟」の前で、マカオを訪れたポルトガル人が地元の人に「ここの地名は?」と、たずねたところ、「媽閣(マーコウ)!」と答えたそうです。<br /><br />これを地名と勘違いしたポルトガル人がこの地を「マカオ」と名付けたという逸話がありますね。<br />

    天后宮

    琉球王朝時代、中国からの使節団が嵐に遭遇、久米島の人が助けたお礼に建てられたお堂だそうです。
    堂内の仏壇には中国の航海の女神である媽祖(まそ)を祀っていす。

    媽祖は海の守り神ですね。
    シンガポール、マカオでも祀られていました。

    媽祖を祀る「媽閣廟」の前で、マカオを訪れたポルトガル人が地元の人に「ここの地名は?」と、たずねたところ、「媽閣(マーコウ)!」と答えたそうです。

    これを地名と勘違いしたポルトガル人がこの地を「マカオ」と名付けたという逸話がありますね。

    天后宮 寺・神社・教会

  • 真謝集落の民家<br /><br />とても立派な民家があります。<br />この辺りはとっても大きなお屋敷がたくさんありました。<br />

    真謝集落の民家

    とても立派な民家があります。
    この辺りはとっても大きなお屋敷がたくさんありました。

  • 真謝集落の民家

    真謝集落の民家

  • 真謝集落の民家<br /><br />赤瓦ではなく、グレーぽい色の瓦屋根も結構ありました。<br /><br />16時<br />一通り散策を終え、最後の見学地へ向かいます。

    真謝集落の民家

    赤瓦ではなく、グレーぽい色の瓦屋根も結構ありました。

    16時
    一通り散策を終え、最後の見学地へ向かいます。

  • 比屋定(ひやじょう)バンタ<br /><br />16時10分<br />お手洗いに展望台に立ち寄ります。<br />久米島では有名な観光地です。<br /><br />眼下にはサトウキビ畑、海、車エビ養殖場が広がる絶景スポットです。

    比屋定(ひやじょう)バンタ

    16時10分
    お手洗いに展望台に立ち寄ります。
    久米島では有名な観光地です。

    眼下にはサトウキビ畑、海、車エビ養殖場が広がる絶景スポットです。

    比屋定バンタ展望台 名所・史跡

  • 比屋定(ひやじょう)バンタ<br /><br />雨柱が見えます。<br />極地雨ですね。<br />夏らしい景色です。<br /><br />「バンタ」とは、断崖絶壁と言う意味だそうです。<br />文字通り断崖の上に建つ展望台です。

    比屋定(ひやじょう)バンタ

    雨柱が見えます。
    極地雨ですね。
    夏らしい景色です。

    「バンタ」とは、断崖絶壁と言う意味だそうです。
    文字通り断崖の上に建つ展望台です。

    比屋定バンタ展望台 名所・史跡

  • こてつ主任<br /><br />展望台にはバンタドライブインという車エビ屋さん?<br />があります。<br />車エビ以外にも飲み物やお肉を売っていました。<br /><br />バンタドライブインの主任・こてつさんが暇そうに寝ていました。<br />手を出したら相手をしてくれました。<br /><br />かなり大人しいワンコです。

    こてつ主任

    展望台にはバンタドライブインという車エビ屋さん?
    があります。
    車エビ以外にも飲み物やお肉を売っていました。

    バンタドライブインの主任・こてつさんが暇そうに寝ていました。
    手を出したら相手をしてくれました。

    かなり大人しいワンコです。

    比屋定バンタ展望台 名所・史跡

  • こてつ主任<br /><br />めちゃめちゃ大人しい・こてつ主任。<br />繋がれていないので、本当に賢いんですね~。<br /><br />明日もここに来る予定でしたので、再会の挨拶をして先に進みます。

    こてつ主任

    めちゃめちゃ大人しい・こてつ主任。
    繋がれていないので、本当に賢いんですね~。

    明日もここに来る予定でしたので、再会の挨拶をして先に進みます。

    比屋定バンタ展望台 名所・史跡

  • 熱帯魚の家<br /><br />比屋定集落から海に向かって下りて、展望台から見えるサトウキビ畑を<br />進みます。<br /><br />16時20分<br />海にできた自然のプール(潮だまり)・熱帯魚の家にやってきました。<br />自然の魚がたくさん居るそうです。

    熱帯魚の家

    比屋定集落から海に向かって下りて、展望台から見えるサトウキビ畑を
    進みます。

    16時20分
    海にできた自然のプール(潮だまり)・熱帯魚の家にやってきました。
    自然の魚がたくさん居るそうです。

    熱帯魚の家 動物園・水族館

  • 熱帯魚の家<br /><br />チョウチョウウオやスズメダイ、ベラの仲間など、<br />干潮時と満潮時で見られる魚が違うようです。<br />海には入れないので(入りたいとも思いませんが)、上から覗くだけです。<br /><br />確かに魚はウヨウヨいます。<br />ウミヘビも居ました。(気持ち悪い…)<br /><br />ただ、あんまり綺麗な魚は居ませんでした。

    熱帯魚の家

    チョウチョウウオやスズメダイ、ベラの仲間など、
    干潮時と満潮時で見られる魚が違うようです。
    海には入れないので(入りたいとも思いませんが)、上から覗くだけです。

    確かに魚はウヨウヨいます。
    ウミヘビも居ました。(気持ち悪い…)

    ただ、あんまり綺麗な魚は居ませんでした。

    熱帯魚の家 動物園・水族館

  • 熱帯魚の家<br /><br />水は透き通っているので魚はよく見えます。<br />泳げない人や、小さい子供には楽しそうですね。<br /><br />16時40分<br />一通り見て回りましたが、あんまり「映える魚」は居ないので、早々に引き上げることにします。<br /><br />

    熱帯魚の家

    水は透き通っているので魚はよく見えます。
    泳げない人や、小さい子供には楽しそうですね。

    16時40分
    一通り見て回りましたが、あんまり「映える魚」は居ないので、早々に引き上げることにします。

    熱帯魚の家 動物園・水族館

  • サイプレスホテルのインフィニティプール<br /><br />17時05分<br />ホテルの写真を撮っていなかったので撮影。<br />小さめのプールですが、目の前のシンリ浜が「あれ」なので結構人気でした。

    サイプレスホテルのインフィニティプール

    17時05分
    ホテルの写真を撮っていなかったので撮影。
    小さめのプールですが、目の前のシンリ浜が「あれ」なので結構人気でした。

    サイプレスリゾート久米島 <久米島> 宿・ホテル

  • サイプレスホテル<br /><br />外観は結構お洒落なんですけどね。<br />館内はかなり古めなのと、とにかくレストランと売店の営業時間が不便です。<br /><br />本日の夕食はイーフビーチの方まで行くことにしました。<br />丁度時間も合ったので、往路は路線バスで行くことにします。<br /><br />それまでシャワータイム。<br /><br />18時30分<br />ホテル目の前から路線バスは出ているので便利です。<br />写真を撮り忘れたのですが、久米島の路線バスはあの宮崎駿がデザイン監修したそうです。<br /><br />贅沢ですな…。<br />ウミガメと地球が描かれた可愛いデザインのバスです。

    サイプレスホテル

    外観は結構お洒落なんですけどね。
    館内はかなり古めなのと、とにかくレストランと売店の営業時間が不便です。

    本日の夕食はイーフビーチの方まで行くことにしました。
    丁度時間も合ったので、往路は路線バスで行くことにします。

    それまでシャワータイム。

    18時30分
    ホテル目の前から路線バスは出ているので便利です。
    写真を撮り忘れたのですが、久米島の路線バスはあの宮崎駿がデザイン監修したそうです。

    贅沢ですな…。
    ウミガメと地球が描かれた可愛いデザインのバスです。

    サイプレスリゾート久米島 <久米島> 宿・ホテル

  • 居酒屋 波路<br /><br />19時<br />バスで20~30分程で到着。<br /><br />やっぱり予約をして行って良かったです。<br />満席でした。<br /><br />周辺にもお店はたくさんあるのですが、営業していなかったり、時間も短いお店が多いです…。

    居酒屋 波路

    19時
    バスで20~30分程で到着。

    やっぱり予約をして行って良かったです。
    満席でした。

    周辺にもお店はたくさんあるのですが、営業していなかったり、時間も短いお店が多いです…。

    波路 グルメ・レストラン

  • 居酒屋 波路<br /><br />ででん!<br />車エビ塩焼き。<br /><br />昨日は刺身だったので、今日は塩焼きにチャレンジ♪<br />甘くて美味しいです。

    居酒屋 波路

    ででん!
    車エビ塩焼き。

    昨日は刺身だったので、今日は塩焼きにチャレンジ♪
    甘くて美味しいです。

    波路 グルメ・レストラン

  • 居酒屋 波路<br /><br />でででん!<br />車エビ天ぷら。<br /><br />お次は天ぷら。<br />頭から尻尾まで全部食べられます。<br />泡盛が進む進む。<br /><br />その他、色んなメニューにチャレンジ。<br />いつの間にか最後のお客さんになっちゃいました。<br /><br />21時50分<br />タクシーを呼んでもらって帰ります。<br />タクシーの運転手さんに「え?サイプレス!?」って驚かれます。<br /><br />サイプレスに泊まる人はここまでは夕食に来ないようです。

    居酒屋 波路

    でででん!
    車エビ天ぷら。

    お次は天ぷら。
    頭から尻尾まで全部食べられます。
    泡盛が進む進む。

    その他、色んなメニューにチャレンジ。
    いつの間にか最後のお客さんになっちゃいました。

    21時50分
    タクシーを呼んでもらって帰ります。
    タクシーの運転手さんに「え?サイプレス!?」って驚かれます。

    サイプレスに泊まる人はここまでは夕食に来ないようです。

    波路 グルメ・レストラン

  • サイプレスホテル<br /><br />ホテルまでの20分間色んなお話を運転手さんがしてくれます。<br /><br />ウミガメは最近久米島のウミガメ館が子亀が放流しているとのこと。<br />「漁師さんには迷惑な話だよ~」<br />とのことでした。<br /><br />小さい亀が多かった理由が何となくわかりました。<br /><br />22時10分<br />星空を求めて、ホテルの敷地内をさまよいます。<br /><br />ビックリした!!<br />パンダ山羊さんです。<br /><br />どうやらホテルで飼われているようです。<br />夜行性なのか、近くに行ったら寄って来てくれました。

    サイプレスホテル

    ホテルまでの20分間色んなお話を運転手さんがしてくれます。

    ウミガメは最近久米島のウミガメ館が子亀が放流しているとのこと。
    「漁師さんには迷惑な話だよ~」
    とのことでした。

    小さい亀が多かった理由が何となくわかりました。

    22時10分
    星空を求めて、ホテルの敷地内をさまよいます。

    ビックリした!!
    パンダ山羊さんです。

    どうやらホテルで飼われているようです。
    夜行性なのか、近くに行ったら寄って来てくれました。

    サイプレスリゾート久米島 <久米島> 宿・ホテル

  • サイプレスホテル・夜のプール<br /><br />いよいよ明日でこの旅も終了。<br />あっという間です。<br /><br />24時就寝。

    サイプレスホテル・夜のプール

    いよいよ明日でこの旅も終了。
    あっという間です。

    24時就寝。

    サイプレスリゾート久米島 <久米島> 宿・ホテル

10いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

コメントを投稿する前に

十分に確認の上、ご投稿ください。 コメントの内容は攻撃的ではなく、相手の気持ちに寄り添ったものになっていますか?

サイト共通ガイドライン(利用上のお願い)

報道機関・マスメディアの方へ 画像提供などに関するお問い合わせは、専用のお問い合わせフォームからお願いいたします。

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

タグから国内旅行記(ブログ)を探す

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP