ミュンヘン旅行記(ブログ) 一覧に戻る
ミュンヘンに行けばよくノイエ・ピナコテークに行っていました。<br />次第に、おもしろいと思える絵、画家ができてきて、そんな絵を探したりしました。展示する場所がかわったり、絵によっては他の絵と替えられることもあるようでした。

ミュンヘン: ミヒャエル教会の天使、ノイエ・ピナコテーク

9いいね!

2006/03/09 - 2013/07/29

1534位(同エリア2887件中)

0

22

偏西風さん

ミュンヘンに行けばよくノイエ・ピナコテークに行っていました。
次第に、おもしろいと思える絵、画家ができてきて、そんな絵を探したりしました。展示する場所がかわったり、絵によっては他の絵と替えられることもあるようでした。

旅行の満足度
5.0
交通手段
徒歩
航空会社
ルフトハンザドイツ航空
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • これではよく分かりませんが、ミュンヘンのメインストリート、ノイハウザー通りに面して建つミヒャエル教会です。<br />

    これではよく分かりませんが、ミュンヘンのメインストリート、ノイハウザー通りに面して建つミヒャエル教会です。

  • これでも、教会であることが分かりにくい。<br /><br />左右の黒いドアの取っ手がとてもよかったのです。

    これでも、教会であることが分かりにくい。

    左右の黒いドアの取っ手がとてもよかったのです。

  • 手を合わせて祈るの姿の天使。<br />ミヒャエル教会を訪れる人たちに握られて、丸みを帯び、金色に光っていました。

    手を合わせて祈るの姿の天使。
    ミヒャエル教会を訪れる人たちに握られて、丸みを帯び、金色に光っていました。

  • 『アントウェルペンの夜市』 1843年<br />ペトルス・ファン・シェンデル<br /><br />夜に市場が開かれることがあったんですね。ランプの光で浮かび上がる顔。<br />そして月を描かずに月光で月を感じさせる絵。

    『アントウェルペンの夜市』 1843年
    ペトルス・ファン・シェンデル

    夜に市場が開かれることがあったんですね。ランプの光で浮かび上がる顔。
    そして月を描かずに月光で月を感じさせる絵。

  • とくに、左側の建物の窓に反射する月の光が印象的でした。<br /><br />小品なのに気に入っています。

    とくに、左側の建物の窓に反射する月の光が印象的でした。

    小品なのに気に入っています。

  • 『訪問』1855年頃<br />モーリッツ・フォン・シュヴィント<br /><br />右側の女性がこの家の人で、地図を指さしている左側の女性が訪問客?<br />「この町とこの町を通って来たのよ」<br />それとも二人とも訪問客なのか。<br /><br />

    『訪問』1855年頃
    モーリッツ・フォン・シュヴィント

    右側の女性がこの家の人で、地図を指さしている左側の女性が訪問客?
    「この町とこの町を通って来たのよ」
    それとも二人とも訪問客なのか。

  • 『パルテンキルヒェンのにわか雨』 1838年<br />ハインリヒ・ビュルケル<br /><br />雨どいから流れ落ちる雨水がすごく、牛たちの混乱し、追いかける人の様子がおもしろく、よくこの絵を探していました。<br /><br />

    『パルテンキルヒェンのにわか雨』 1838年
    ハインリヒ・ビュルケル

    雨どいから流れ落ちる雨水がすごく、牛たちの混乱し、追いかける人の様子がおもしろく、よくこの絵を探していました。

  • 『牧草地の牛』1875年<br />アントン・マウフェ<br /><br />緑のなかの牛の白がいいなと思いました。<br />マウフェは、画家を志すゴッホに油彩画の手ほどきをした人だそうです。<br /><br /><br />

    『牧草地の牛』1875年
    アントン・マウフェ

    緑のなかの牛の白がいいなと思いました。
    マウフェは、画家を志すゴッホに油彩画の手ほどきをした人だそうです。


  • 『ミュンヘン近郊のイーザー川の風景』1819年<br />ヴィルヘルム・フォン・コーベル<br /><br />普通の風景画なのでしょうが、画面左に描かれている様子に気がついてからおもしろい絵になりました。

    『ミュンヘン近郊のイーザー川の風景』1819年
    ヴィルヘルム・フォン・コーベル

    普通の風景画なのでしょうが、画面左に描かれている様子に気がついてからおもしろい絵になりました。

  • まだわかりにくいのですが、引っ張ろうとする子どもと<br />踏ん張る子ヤギの引っ張りっこが可愛らしく、特別な絵になりました。

    まだわかりにくいのですが、引っ張ろうとする子どもと
    踏ん張る子ヤギの引っ張りっこが可愛らしく、特別な絵になりました。

  • 『落穂ひろいの人たち』 1889年<br />フリッツ・フォン・ウーデ<br /><br />ミレーの『落ち穂ひろい』とは関係なさそう。<br />

    『落穂ひろいの人たち』 1889年
    フリッツ・フォン・ウーデ

    ミレーの『落ち穂ひろい』とは関係なさそう。

  • 『苦しい旅(ベツレヘムへの道)』1890年<br />フリッツ・フォン・ウーデ<br /><br />ドイツの寒村を行く若い夫婦。妻はすでに疲労困憊している様子。<br />はじめて見た時は、いくら敬けんな信徒であっても、こんな状態でベツレヘムまで行けるわけがない、と思ったものです。<br /><br />ところがこの二人はヨゼフとマリアで、画家は時代と舞台を「現代」のドイツに移したということでした。<br />ただ、二人がヨゼフとマリアであることは、夫が左肩に担いでいるのが大工道具であることから分かるのだそうです。<br /><br /><br />

    『苦しい旅(ベツレヘムへの道)』1890年
    フリッツ・フォン・ウーデ

    ドイツの寒村を行く若い夫婦。妻はすでに疲労困憊している様子。
    はじめて見た時は、いくら敬けんな信徒であっても、こんな状態でベツレヘムまで行けるわけがない、と思ったものです。

    ところがこの二人はヨゼフとマリアで、画家は時代と舞台を「現代」のドイツに移したということでした。
    ただ、二人がヨゼフとマリアであることは、夫が左肩に担いでいるのが大工道具であることから分かるのだそうです。


  • 『耕作』1890年<br />セガンティーニ

    『耕作』1890年
    セガンティーニ

  • 『接ぎ木する農夫』1855年<br />ミレー

    『接ぎ木する農夫』1855年
    ミレー

  • 『木々の下の少女たち』1914年<br />アウグスト・マッケ

    『木々の下の少女たち』1914年
    アウグスト・マッケ

  • 『ミュンヘンのビヤガーデン』1884年<br />マックス・リーバーマン<br />

    『ミュンヘンのビヤガーデン』1884年
    マックス・リーバーマン

  • 4枚の大きな風景画だけを展示する小部屋がありました。<br />ヨハン・クリスチャン・ラインハルトという画家の作品。<br />『マルタ邸』から東西南北を描いたもの。1827~1835年

    4枚の大きな風景画だけを展示する小部屋がありました。
    ヨハン・クリスチャン・ラインハルトという画家の作品。
    『マルタ邸』から東西南北を描いたもの。1827~1835年

  • そのうちの一枚ですが、どちらの方向を描いたのか確かめていません。<br />

    そのうちの一枚ですが、どちらの方向を描いたのか確かめていません。

  • 『メンツェルの妹のいる居間』1847年<br />アドルフ・メンツェル、<br />ドイツ語ではBruderやSchwesterは年上か年下かを問題にしないようなので、「姉」かもしれませんが、たぶん妹。<br /><br />

    『メンツェルの妹のいる居間』1847年
    アドルフ・メンツェル、
    ドイツ語ではBruderやSchwesterは年上か年下かを問題にしないようなので、「姉」かもしれませんが、たぶん妹。

  • 『テルツ近くのイーザー川の川床で石灰岩を拾う女たち』1882年<br />ヨーゼフ・ヴェングライン 1883年<br /><br /><br />Kalksteinは辞書では「石灰岩」。集めてどれくらいの収入になるのか。

    『テルツ近くのイーザー川の川床で石灰岩を拾う女たち』1882年
    ヨーゼフ・ヴェングライン 1883年


    Kalksteinは辞書では「石灰岩」。集めてどれくらいの収入になるのか。

  • 『雪の中のトウヒの茂み』1828年<br />カスパー・ダーフィット・フリードリヒ<br />

    『雪の中のトウヒの茂み』1828年
    カスパー・ダーフィット・フリードリヒ

  • ミュンヘンと言えば、、、の一つ。カール広場の噴水。<br />冬もこんな風に噴水が見られるのでしょうか。

    ミュンヘンと言えば、、、の一つ。カール広場の噴水。
    冬もこんな風に噴水が見られるのでしょうか。

9いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

コメントを投稿する前に

十分に確認の上、ご投稿ください。 コメントの内容は攻撃的ではなく、相手の気持ちに寄り添ったものになっていますか?

サイト共通ガイドライン(利用上のお願い)

報道機関・マスメディアの方へ 画像提供などに関するお問い合わせは、専用のお問い合わせフォームからお願いいたします。

偏西風さんの関連旅行記

偏西風さんの旅行記一覧

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

ドイツで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ドイツ最安 317円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ドイツの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP