サンフランシスコ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
サンフランシスコ市内にお出かけした日<br /><br />SFMOMAからバス45番でFillmore streetやらへ行こうと、乗ってみた。<br /><br />大量のカントニーズを話す人たちが降りるチャイナタウンを通り越して、リトルイタリーに。<br />今までのごちゃごちゃした風景を通り越すと視界がひらけ、ワシントン公園と教会が目に入る。<br />バスのアナウンスで、Coit Towerと言ったのを聞いて、反射的に降りた。<br /><br />電池が切れそうになるスマホを握りしめ、ざっくり右手に見えるのがCoit Towerに違いないと目星をつけて歩き出す。<br /><br />噂にきいていたけどかなりの階段。。。<br /><br />最後にキツい買い出し登ったのはいつだっけ?あの山寺の半分くらいはありそう。<br /><br />頂上まで登って風景を満喫して満足した後、また45番のバス停に戻り(反対方向に降りてもよかったが、また別の路線をググると電池なくなりそうで)、Fillmore Streetまで。<br /><br />バスを降りて目的のFillmore stへは、南に下る、、と地図で見た覚えていたのとは予想を裏切り、’下る’ではなく、ひたすら’登る’サンフランシスコの坂道だった。<br /><br />そういえば前回来た時もこのあたりを通ってとんでもな坂道だ、、と思った記憶が今更よみがえる。<br /><br />

息子を訪ねてアメリカへのその2の④ ひたすら登る日 サンフランシスコ市内

2いいね!

2022/09/19 - 2022/09/19

1944位(同エリア2664件中)

UPUPさん

この旅行記のスケジュール

この旅行記スケジュールを元に

サンフランシスコ市内にお出かけした日

SFMOMAからバス45番でFillmore streetやらへ行こうと、乗ってみた。

大量のカントニーズを話す人たちが降りるチャイナタウンを通り越して、リトルイタリーに。
今までのごちゃごちゃした風景を通り越すと視界がひらけ、ワシントン公園と教会が目に入る。
バスのアナウンスで、Coit Towerと言ったのを聞いて、反射的に降りた。

電池が切れそうになるスマホを握りしめ、ざっくり右手に見えるのがCoit Towerに違いないと目星をつけて歩き出す。

噂にきいていたけどかなりの階段。。。

最後にキツい買い出し登ったのはいつだっけ?あの山寺の半分くらいはありそう。

頂上まで登って風景を満喫して満足した後、また45番のバス停に戻り(反対方向に降りてもよかったが、また別の路線をググると電池なくなりそうで)、Fillmore Streetまで。

バスを降りて目的のFillmore stへは、南に下る、、と地図で見た覚えていたのとは予想を裏切り、’下る’ではなく、ひたすら’登る’サンフランシスコの坂道だった。

そういえば前回来た時もこのあたりを通ってとんでもな坂道だ、、と思った記憶が今更よみがえる。

PR

  • サンフランシスコ近代美術館。SFMOMAの方がわかりやすい。<br />

    サンフランシスコ近代美術館。SFMOMAの方がわかりやすい。

  • 市内中心部にあるため、縦長の構造。<br />七階まである。<br />エレベーターもあるが、ベビーカーや車椅子利用率高いので、階段を上がることになる。

    市内中心部にあるため、縦長の構造。
    七階まである。
    エレベーターもあるが、ベビーカーや車椅子利用率高いので、階段を上がることになる。

  • なんということもないが、登るのに気持ちのいい階段だった。<br />白木の感触と、微妙に幅が斜めになってる。

    なんということもないが、登るのに気持ちのいい階段だった。
    白木の感触と、微妙に幅が斜めになってる。

  • 5階のカフェテラスで、休憩。<br /><br />そのあと7階まで見てから、一階に戻る<br /><br />

    5階のカフェテラスで、休憩。

    そのあと7階まで見てから、一階に戻る

  • フィルモアストリートに行きたかったので一本で行けるバスを探した。<br />バス停から目的のお店まで700メートルと出た。<br />まあ、歩ける距離!とバスに乗る。<br /><br />巨大なチャイナタウンに突入するバス、道の両側は繁体字の看板で溢れる。<br /><br />そこを通り越すと、今度はイタリアンな色合いの濃い地区に。<br />そこを通り越すと、視界が開ける。<br />あー、ここがワシントン公園ね。<br /><br />と、バスのアナウンスから、コイトタワーはここで降りてください、と聞こえたので、反射的に降りる。<br /><br />マークしていたけど、ここだったのね。<br /><br />

    フィルモアストリートに行きたかったので一本で行けるバスを探した。
    バス停から目的のお店まで700メートルと出た。
    まあ、歩ける距離!とバスに乗る。

    巨大なチャイナタウンに突入するバス、道の両側は繁体字の看板で溢れる。

    そこを通り越すと、今度はイタリアンな色合いの濃い地区に。
    そこを通り越すと、視界が開ける。
    あー、ここがワシントン公園ね。

    と、バスのアナウンスから、コイトタワーはここで降りてください、と聞こえたので、反射的に降りる。

    マークしていたけど、ここだったのね。

  • とにかくスマホの充電も切れそうになっているので、カンだけで、坂道を上に上にと歩き始める。<br />途中にCoit Towerと看板もあるが、方向的にそれは違うなー?と考えていると、小さく、コイトタワーへの階段の印が。

    とにかくスマホの充電も切れそうになっているので、カンだけで、坂道を上に上にと歩き始める。
    途中にCoit Towerと看板もあるが、方向的にそれは違うなー?と考えていると、小さく、コイトタワーへの階段の印が。

  • 途中の民家はこのあたりはもう階段でしか入れない。<br /><br />ひたすら上に登る、登る。<br /><br />去年行った山寺を思い出す。

    途中の民家はこのあたりはもう階段でしか入れない。

    ひたすら上に登る、登る。

    去年行った山寺を思い出す。

  • はーい、上まで来ました。<br />これがタワーね。

    はーい、上まで来ました。
    これがタワーね。

  • 橋も見える。対岸はオークランドかな

    橋も見える。対岸はオークランドかな

  • アルカトラスも見える

    アルカトラスも見える

  • 上には駐車場もあるし、なんなら路線バスの停留所もあった。

    上には駐車場もあるし、なんなら路線バスの停留所もあった。

  • 今度は来た道を下る。<br />もう街路樹が少し色づき始めている

    今度は来た道を下る。
    もう街路樹が少し色づき始めている

  • Fillmore street の北側から上がる。<br /><br />この辺はまだ舗装された坂道。

    Fillmore street の北側から上がる。

    この辺はまだ舗装された坂道。

  • 途中から階段になる。<br /><br />頂上はまだ遠い。

    途中から階段になる。

    頂上はまだ遠い。

  • 頂上の道はBroadwayというシャラけた名前がついている。<br /><br />ヒーヒー言って来た道を振り返ると、眺めの良い景色が開けていた。<br />

    頂上の道はBroadwayというシャラけた名前がついている。

    ヒーヒー言って来た道を振り返ると、眺めの良い景色が開けていた。

  • 山を越えて、降りたところ。<br /><br />ここからやっとバスに乗ってBartの駅に戻る。<br /><br />

    山を越えて、降りたところ。

    ここからやっとバスに乗ってBartの駅に戻る。

  • 結局Powell st から乗ったBartだが、MillbraeでCaltrainに乗り換える。<br /><br />ここでホーム移動の為、この日最後の階段を上がった。<br />

    結局Powell st から乗ったBartだが、MillbraeでCaltrainに乗り換える。

    ここでホーム移動の為、この日最後の階段を上がった。

2いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

コメントを投稿する前に

十分に確認の上、ご投稿ください。 コメントの内容は攻撃的ではなく、相手の気持ちに寄り添ったものになっていますか?

サイト共通ガイドライン(利用上のお願い)

報道機関・マスメディアの方へ 画像提供などに関するお問い合わせは、専用のお問い合わせフォームからお願いいたします。

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

アメリカで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
アメリカ最安 597円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

アメリカの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

タグから海外旅行記(ブログ)を探す

PAGE TOP

ピックアップ特集