小樽旅行記(ブログ) 一覧に戻る
4年ぶりで小樽市を訪れました。実は今年の冬に計画を立てたのですが、結局都合がつかず、諦めました。小樽は歴史のある町ですが、少しづつ街の雰囲気も変わりました。最近はニトリの美術館が何棟も立ち、アートの町の側面も魅力の一つになりました。歴史系、芸術系は元々好きでニトリ芸術村は過去に一通り訪れましたが、今年の春にオープンした西洋美術館にも是非行きたいと考え、合わせて小樽の町の訪問したいスポットや普段食べられないここだけのスイーツもあるので、今回、思い切って小樽の1泊旅を決行しました。何せ、限られた時間ですので訪問場所は極力絞って楽しんできました。今回は前回②に続き最終の③として夕食後に散策した祝津パノラマ展望台、小樽運河、翌日の天狗山、オルゴール堂2号館、ルタオパトス、かま栄についての内容になります。よろしければ覗いてみてください。<br /><br />

アートでレトロな街 小樽散歩③

105いいね!

2022/06/13 - 2022/06/14

78位(同エリア2330件中)

8

74

taka

takaさん

4年ぶりで小樽市を訪れました。実は今年の冬に計画を立てたのですが、結局都合がつかず、諦めました。小樽は歴史のある町ですが、少しづつ街の雰囲気も変わりました。最近はニトリの美術館が何棟も立ち、アートの町の側面も魅力の一つになりました。歴史系、芸術系は元々好きでニトリ芸術村は過去に一通り訪れましたが、今年の春にオープンした西洋美術館にも是非行きたいと考え、合わせて小樽の町の訪問したいスポットや普段食べられないここだけのスイーツもあるので、今回、思い切って小樽の1泊旅を決行しました。何せ、限られた時間ですので訪問場所は極力絞って楽しんできました。今回は前回②に続き最終の③として夕食後に散策した祝津パノラマ展望台、小樽運河、翌日の天狗山、オルゴール堂2号館、ルタオパトス、かま栄についての内容になります。よろしければ覗いてみてください。

旅行の満足度
4.5
観光
4.5
ホテル
4.5
グルメ
4.5
ショッピング
4.5
一人あたり費用
3万円 - 5万円
交通手段
自家用車 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

105いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (8)

開く

閉じる

  • akikoさん 2022/08/06 10:22:02
    サンセットとスイーツに目が釘付け
    takaさん、おはようございます!

    小樽の続編拝見しました。
    祝津パノラマ展望台からご覧になったサンセット、
    水平線がオレンジ色に染まり海面に光の道ができていますね。
    期待を裏切らない美しさにうっとり☆彡
    ホテルからご覧になった、余韻が残るオレンジのラインも
    とても素敵です!

    天狗山は行きたくて行けなかったところで、山から見える
    俯瞰の景色に見入りました。
    テーブルや椅子があると、インスタスポットになりますね^ ^
    ロープウェイと小さく見える市街地の風景も素敵でした♪

    ルタオで召し上がられたフラッフィーフロマージュスフレの
    体験メニュー、TVで”雪崩グルメ” として紹介されていました。
    takaさんが召し上がられたのは”雪崩ケーキ”と呼ばれていて、
    大人気なんですってね。超絶美味でしたか?
    これは見つけたら必食ですね(^_-)-☆

    小樽も帯広も美味しそうなスイーツが目白押しで、
    スイーツ好きにはたまらない場所ですね。
    ご紹介ありがとうございました!

    akiko

    taka

    takaさん からの返信 2022/08/06 12:05:31
    RE: サンセットとスイーツに目が釘付け
    akikoさん、こんにちは。

    いつもありがとうございます。ホテルの食事が一番早い時間は17:30にできると言われたので、それならば祝津パノラマ展望台のサンセットが見られるかもと思い、たまたま出かけたときに偶然の写真がとれたのです。これは本当にラッキーでした。

    天狗山も前回は椅子、テーブルなんてありませんでした。今はあちこちで写真映えする工夫をしているんだなと思いました。

    ルタオの「ふわとろフロマージュスフレ」、TVで紹介されたのですか?全く知りませんでした。これ、恥ずかしいのでこっそり言いますが、今回の私の目玉の一つだったのです。下調べをしたときに今までのスイーツと違った斬新なメニューがあるぞ。ルタオのスイーツだから味は間違いない!と決めて出かけました。

    でも、仕上げが体験メニューになるということはそのときに知りました。お店で当日言われて、最初は不安でしたが、楽しかったです。私のような年寄りは普通はしないですが。

    生地、ソース、いちご、全てが美味しくて舌の肥えたakikoさんでもきっと満足すると思いますよ。いちごは果汁が粘るのできれいには仕上がりませんでしたが、帰ったばかりなのに別のバージョンもやってみたいなと今は思っています(懲りないんです)。ありがとうございました。

                                     taka
  • 電動自転車さん 2022/08/03 21:30:54
    素敵な小樽旅です
    とっても楽しく拝見しました。

    海の青も素晴らしいですが、サンセットのキラキラに加えて、赤く残る水平線は自然が生み出す素晴らしい芸術です。
    日没近くの運河も水に光が映りロマンチックです。

    綺麗な物好きなtakaさんの真骨頂はオルゴール。私もオルゴールは大好きです。
    手のひらに乗る小さなものから本当に家具にしか見えない物までたくさんありますね。
    楽しまれた様子が浮かんできます。

    忘れちゃいけない。
    自分で仕上げるスイーツ。
    写真拡大してじっくり観察。
    きめ細やかな生地だけでもおいしそう。
    パフェも充分美味しいはずですが笑
    そしてパンロールは他所で売ってないんです。
    有名なかまぼこ屋さんは全国あるのにパンロールはここだけ。長崎のハトシも似てるけどやっぱりパンロールは別。いいなぁ。

    体調も戻られた様子。
    また次回も楽しみにしております、

    電動自転車

    taka

    takaさん からの返信 2022/08/03 22:08:38
    RE: 素敵な小樽旅です
    電動自転車さん、こんばんは。

    お仕事お疲れのところ、本当にいつもありがとうございます。水平線の一直線の赤いラインは初めて見ました。たまたまめぐり合わせたものですが、ラッキーでした。

    オルゴールのアナログ、私が買えるような物はがたまらなく素朴で優しい音色ですね。ところがあのパイプオルガンのオルゴール、聞くと鳥肌が立ちましたよ。小さなオルゴールの音しか知らない者にとって、本当の楽器の音ではない、オーケストラの楽器の音でもない、それでいて音色の幅が広く部屋中に広がって響き渡る独特の音色、買えないけれど欲しくなりました。

    自分の仕上げるスイーツ、楽しかったです。いい年してバカみたいですが。パンロールは小樽だけなんですね。実は今回の小樽の店の向かいに、昔、別のかま栄のお店があってそこでおにぎりの中にかまぼこが挟まったおにぎりサンドがあったんですよ。もう10年位前でしょうか。駐車場が広げられてその店はなくなったんですけど、そのサンドが最高においしかったです。パンロール以上の味だったですね。

    体調は順調に戻っています。ありがとうございました。

                                   taka
  • pacorinさん 2022/08/03 14:50:39
    天狗山~!
    takaさん、こんにちは

    祝津展望台からの夕景は期待通りの美しさでした。そして天狗山!旅行記アップのタイミングまでかぶって興味津々で拝見しました。やっぱりお天気良い方が景色がさらにきれいですね☆シマリスさんがあんまり出てきてくれなかったのはちょっと残念でしたねが、きっとお腹がいっぱいだったんですね。わたしが訪れたときは5-6匹走り回っていたように思います。スヌーピー茶屋は買い物に立ち寄りましたが、2階のカフェも営業していたようです。7月から再開したのかもしれませんね。

    ルタオのカフェも行ってみたいし、次は美術館やカフェを中心に、雪景色の運河を楽しみつつ、インドアな小樽も良さそう♪なんて思いました。

    pacorin

    taka

    takaさん からの返信 2022/08/03 15:17:20
    RE: 天狗山?!
    pacorinさん、こんにちは。

    表紙の写真を見て、「凄い!」と「羨ましい!」の思いでした。天狗山にシマリスいたんですね。5〜6匹走り回っていたなんて本当ですか?信じられません。私の行ったときは全く気配もなく隈なくさがしてみてもピクッともしません。

    それで、檻から出て外から探しました。すると入口の反対側にずっと奥に見つけたんですよ。1匹だけ。そして目と目が合った瞬間、ササーッと走って行って巣穴らしきところに潜り込みました。

    親子連れの娘さんは運よく写せたようですが、それから15分くらい計30分以上そこにいたのですが、その後は気配もありません。ひょっとして、1匹しか放していなかったのではないのかなと思いました。

    pacorinさんの写真を見て、羨ましいの極致です。景色もきれいなのはもちろんですが、私がそこに行った一番の理由はシマリスの顔を見て癒されたいの一心です。ロープウェイ代がもったいなかったです。

    積丹ブルーソフトはいかにも観光地の造り物の味ですね。見た目に惹かれてみんな食べるから、一応、話のタネに食べておこうというものですね。

    ルタオパトスの2階カフェ。美味しいスイーツありますよ。HPには載っていませんが、ルタオの代表電話にかけると予約できます。予約席も広くて最高です。次回は是非どうぞ。お勧めです。

    次作も楽しみにしています。

                                   taka
  • ポテのお散歩さん 2022/08/03 01:16:25
    魅惑の小樽
    takaさん こんばんは。

    小樽の旅行記を、私も行った気になって拝見させて頂いています(^^)
    小樽には、10年間隔で2度ほど行った事があるのですが、ニトリ西洋美術館など
    ニトリの建物がまだ無い時に行っています。
    小樽の街も どんどん変化しているのですね。

    今回の旅行記も、うっとり 溜息をつきながら拝見しました。
    素適なオルゴールからのトロリと美味しそうなイチゴのケーキ♪
    極めつけは美しい夕日! そしてお話が進んで行くのですね~。

    小樽運河のガス灯、運河の水面に映されて揺らめき、優しい明かりが
    灯ってますね。 小樽らしい素敵な風景です。

    オルゴールのアンティークミュージアム。
    からくり人形が あんなに細かく物語を演じるなんて。
    takaさんの わかりやすい解説とお写真で、その繊細さに感心しました。

    その後のスイーツをはじめとするグルメの数々は、夜中に見た事を
    後悔しました(^▽^;)
    お腹が減って困ります。 仕方がないからチーズを食べちゃいます♪
    小樽の魅力が詰まった旅行記を拝見して、行きたくなりました(*^-^*)

      ポテ

    taka

    takaさん からの返信 2022/08/03 12:58:44
    RE: 魅惑の小樽
    ポテさん、こんにちは。

    いつもありがとうございます。なかなか地元から出られずに、今回やっとちょっとだけ遠くに出かけられたので綴ったものです。小樽も変わりましたね。本当に昔も今も変わらないのはレトロとロマンが溢れる町と言うこと。

    そして最近は今回も紹介したのですが、ニトリ芸術村。私もというよりも皆さん、こんな豪華な芸術品には見とれますよね。たっぷりと目の保養をしました。

    個人的にはオルゴールが大好きでレトロでアナログな音の響きを聞いているとじ〜んときて、何もかも忘れてしまうほど好きです。

    さらに2号館にはこの音に合わせて動くからくり人形があって以前見た時に感激しました。今は何でもデジタルの時代です。そんな中でからくりで動くおもちゃってもはや伝統芸術品じゃないかと思います。

    スイーツも自分で手を加えて作るものは初めてでしたが、値段が1800円?一番高いものだったのできっと美味しいと思い挑戦しました。年甲斐もなくワクワク、ウキウキの時間を過ごしました。またやってみたいと思っています。

    運河や岬の夜景も何とかとって見ましたが今一だったのでまた挑戦したいと思っています。ご丁寧なお便りに毎回励まされています。本当にありがとうございました。

                                         taka

takaさんのトラベラーページ

コメントを投稿する前に

十分に確認の上、ご投稿ください。 コメントの内容は攻撃的ではなく、相手の気持ちに寄り添ったものになっていますか?

サイト共通ガイドライン(利用上のお願い)

報道機関・マスメディアの方へ 画像提供などに関するお問い合わせは、専用のお問い合わせフォームからお願いいたします。

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

小樽の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集