ルーヴェン旅行記(ブログ) 一覧に戻る
リエージュからハッセルトを訪れた次の日は、ルーヴェンを訪問します。<br /><br />ルーヴェンはベルギーのフラームス=ブラバント州の州都。リエージュから列車で30分、首都ブリュッセルからならわずか20分のロケーションにある絵本のような家並みが魅力の古都です。<br />11世紀~14世紀にかけて商業の最重要拠点となり、13世紀に毛織物産業で繁栄。14世紀には衰えを見せたものの、寂れた毛織物マーケットの跡地に大学が創設され、18世紀には以前からのビール産業で活気が復活し、現在は宗教と学生とビールの町として人気を誇っています。<br /><br />見所は何といってもレースのような彫刻装飾で覆われた市庁舎。向かいの聖ペテロ教会や大学図書館も見所の一つで、広場で繰り広げられるクリスマスマーケットを楽しみにして訪れたのですが・・・<br /><br />☆&#39;.・*.・:★&#39;.・*.・:☆&#39;.・*.・:★&#39;.・*.・:☆&#39;.・*.・:★&#39;.・*.・:☆&#39;.・*.・:★&#39;.・*.・:☆&#39;.・*.・:★<br /><br />【スケジュール】<br /><br />12月2日(月)関空発<br />12月3日(火)ドバイ→ブリュッセル→ブルージュ(ブルージュ泊)<br />12月4日(水)ブルージュ市内観光(ブルージュ泊)<br />12月5日(木)ブルージュ市内観光(ブルージュ泊)<br />12月6日(金)ブルージュ→リエージュ(リエージュ泊)<br />12月7日(土)ハッセルト訪問(リエージュ泊)<br />12月8日(日)ルーヴェン訪問(リエージュ泊)<br />12月9日(月)リエージュ→アントワープ(アントワープ泊)<br />12月10日(火)アントワープ市内観光(アントワープ泊)<br />12月11日(水)メッヘレン&リール訪問(アントワープ泊)<br />12月12日(木)アントワープ→ヘント(ヘント泊)<br />12月13日(金)ヘント市内観光(ヘント泊)<br />12月14日(土)ヘント→ブリュッセル(ブリュッセル泊)<br />12月15日(日)ブリューッセル市内観光(ブリュッセル泊)<br />12月16日(月)ディナン訪問(ブリュッセル泊)<br />12月17日(火)ブリュッセル空港→ドバイ着<br />12月18日(水)ドバイ空港→関空着

2019年ベルギーのX’sマーケット巡り【26】学生とビールの町「ルーヴェン」1

33いいね!

2019/12/08 - 2019/12/08

5位(同エリア45件中)

0

91

デコ

デコさん

リエージュからハッセルトを訪れた次の日は、ルーヴェンを訪問します。

ルーヴェンはベルギーのフラームス=ブラバント州の州都。リエージュから列車で30分、首都ブリュッセルからならわずか20分のロケーションにある絵本のような家並みが魅力の古都です。
11世紀~14世紀にかけて商業の最重要拠点となり、13世紀に毛織物産業で繁栄。14世紀には衰えを見せたものの、寂れた毛織物マーケットの跡地に大学が創設され、18世紀には以前からのビール産業で活気が復活し、現在は宗教と学生とビールの町として人気を誇っています。

見所は何といってもレースのような彫刻装飾で覆われた市庁舎。向かいの聖ペテロ教会や大学図書館も見所の一つで、広場で繰り広げられるクリスマスマーケットを楽しみにして訪れたのですが・・・

☆'.・*.・:★'.・*.・:☆'.・*.・:★'.・*.・:☆'.・*.・:★'.・*.・:☆'.・*.・:★'.・*.・:☆'.・*.・:★

【スケジュール】

12月2日(月)関空発
12月3日(火)ドバイ→ブリュッセル→ブルージュ(ブルージュ泊)
12月4日(水)ブルージュ市内観光(ブルージュ泊)
12月5日(木)ブルージュ市内観光(ブルージュ泊)
12月6日(金)ブルージュ→リエージュ(リエージュ泊)
12月7日(土)ハッセルト訪問(リエージュ泊)
12月8日(日)ルーヴェン訪問(リエージュ泊)
12月9日(月)リエージュ→アントワープ(アントワープ泊)
12月10日(火)アントワープ市内観光(アントワープ泊)
12月11日(水)メッヘレン&リール訪問(アントワープ泊)
12月12日(木)アントワープ→ヘント(ヘント泊)
12月13日(金)ヘント市内観光(ヘント泊)
12月14日(土)ヘント→ブリュッセル(ブリュッセル泊)
12月15日(日)ブリューッセル市内観光(ブリュッセル泊)
12月16日(月)ディナン訪問(ブリュッセル泊)
12月17日(火)ブリュッセル空港→ドバイ着
12月18日(水)ドバイ空港→関空着

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
同行者
一人旅
交通手段
鉄道 徒歩
航空会社
エミレーツ航空
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • ホテル・ドゥ・ラ・クーロンヌの朝食は7:00~10:00なのですが、日曜日だけは8:00からとチェックイン時に告げられていたしエレベーター内にもそう掲示してあったのですが。<br /><br />8:00からと思って朝食ルームに入るとすでに満席近い人たちの姿・・・7:00からやっていたみたい。それならそうといっておいてくれたら、1時間もお部屋でぼんやりしていることはなかったのに~~~

    ホテル・ドゥ・ラ・クーロンヌの朝食は7:00~10:00なのですが、日曜日だけは8:00からとチェックイン時に告げられていたしエレベーター内にもそう掲示してあったのですが。

    8:00からと思って朝食ルームに入るとすでに満席近い人たちの姿・・・7:00からやっていたみたい。それならそうといっておいてくれたら、1時間もお部屋でぼんやりしていることはなかったのに~~~

    ホテル ドゥ ラ クーロンヌ リエージュ ホテル

  • ホテル・ドゥ・ラ・クーロンヌの朝食<br /><br />やっと空席を見つけて座れました。

    ホテル・ドゥ・ラ・クーロンヌの朝食

    やっと空席を見つけて座れました。

  • 朝食後駅へ向かいルーヴェン行きの切符を購入<br /><br />週末に限り往復切符が割安になるとのことで21.6ユーロのところ、12ユーロで購入できました。

    朝食後駅へ向かいルーヴェン行きの切符を購入

    週末に限り往復切符が割安になるとのことで21.6ユーロのところ、12ユーロで購入できました。

    リエージュ ギマン駅 現代・近代建築

    リエージュの主要駅で近代的な建物です。 by デコさん
  • この列車でルーヴェンへ向かいます。

    この列車でルーヴェンへ向かいます。

  • 30分ほどでルーヴェンに到着

    30分ほどでルーヴェンに到着

  • ルーヴェンの駅舎はシンプルなデザイン

    ルーヴェンの駅舎はシンプルなデザイン

  • ルーヴェン駅前は工事中、しかも雨がぽつぽつ<br />

    ルーヴェン駅前は工事中、しかも雨がぽつぽつ

  • 工事中の敷地内に建つオベリスク

    工事中の敷地内に建つオベリスク

  • オベリスク前からまっすぐ延びる通りへ

    オベリスク前からまっすぐ延びる通りへ

  • 駅前のマルテラーレン広場に面した建物はホテルの入る立派な造りです。

    駅前のマルテラーレン広場に面した建物はホテルの入る立派な造りです。

    ホテル ラ ロイヤル ホテル

  • マルテラーレン広場に面した建物<br /><br />こちらにもホテルが入っているようです。

    マルテラーレン広場に面した建物

    こちらにもホテルが入っているようです。

    Hotel Mille Colonnes ホテル

  • 旧市街への入り口となる所にはクリスマス用の飾り付けが施され、夜になると美しい眺めが広がります。

    旧市街への入り口となる所にはクリスマス用の飾り付けが施され、夜になると美しい眺めが広がります。

  • マルテラーレン広場の一角にはたくさんの自転車が停められていました。

    マルテラーレン広場の一角にはたくさんの自転車が停められていました。

  • マルテラーレン広場に面した建物

    マルテラーレン広場に面した建物

  • マルテラーレン広場に面した建物

    マルテラーレン広場に面した建物

  • マルテラーレン広場から西へまっすぐ延びる旧市街へ続く通りはボントゲンオーテンラーン通り<br /><br />学生の町らしく古書店も威厳があります。

    マルテラーレン広場から西へまっすぐ延びる旧市街へ続く通りはボントゲンオーテンラーン通り

    学生の町らしく古書店も威厳があります。

  • ボントゲンオーテンラーン通り沿い<br />

    ボントゲンオーテンラーン通り沿い

  • ボントゲンオーテンラーン通り沿い

    ボントゲンオーテンラーン通り沿い

  • ボントゲンオーテンラーン通り沿い<br /><br />途中の大学へも分かれ道の所に彫像が建っています。

    ボントゲンオーテンラーン通り沿い

    途中の大学へも分かれ道の所に彫像が建っています。

  • このコーニング・レオポルト通りの先に大学図書館の建物があります。

    このコーニング・レオポルト通りの先に大学図書館の建物があります。

  • その三叉路の中央に建つのはStatue Of Justus Lipsiusという彫像です。

    その三叉路の中央に建つのはStatue Of Justus Lipsiusという彫像です。

  • ボントゲンオーテンラーン通り沿い<br /><br />

    ボントゲンオーテンラーン通り沿い

  • ボントゲンオーテンラーン通りから見る駅方面

    ボントゲンオーテンラーン通りから見る駅方面

  • ボントゲンオーテンラーン通りから見る市庁舎方面

    ボントゲンオーテンラーン通りから見る市庁舎方面

  • ボントゲンオーテンラーン通りで

    ボントゲンオーテンラーン通りで

  • ボントゲンオーテンラーン通りからヤン・スタス通りへ

    ボントゲンオーテンラーン通りからヤン・スタス通りへ

  • ヤン・スタス通りを進んで大学図書館の建物が見えてきました。

    ヤン・スタス通りを進んで大学図書館の建物が見えてきました。

  • 大学図書館の建物を見上げて

    大学図書館の建物を見上げて

  • 建物内の通路は美しい天井が続いていました。

    建物内の通路は美しい天井が続いていました。

  • 大学図書館内の見学ができそうだったけれど、もう少しお天気が良くなってから塔に上りたいと思ったので、この時は素通り状態です。

    大学図書館内の見学ができそうだったけれど、もう少しお天気が良くなってから塔に上りたいと思ったので、この時は素通り状態です。

  • この図書館は世界最古であるカトリック大学「ルーヴェン・カトリック大学」の一部。1425年に法王マルティウス5世が設立し、たくさんの著名人を輩出し、世界各国の有名な人達が教鞭をとった名門大学です。現在ベルギー最大の総合大学だそうですす。

    この図書館は世界最古であるカトリック大学「ルーヴェン・カトリック大学」の一部。1425年に法王マルティウス5世が設立し、たくさんの著名人を輩出し、世界各国の有名な人達が教鞭をとった名門大学です。現在ベルギー最大の総合大学だそうですす。

  • ルーヴェンのクリスマスマーケットが開かれていると思ったのですが・・・<br /><br />お店は閉まったまま<br /><br />

    ルーヴェンのクリスマスマーケットが開かれていると思ったのですが・・・

    お店は閉まったまま

  • 仕方なく

    仕方なく

  • レオポルト・ファンデルケレン通りを進んで

    レオポルト・ファンデルケレン通りを進んで

  • 途中のギリシア神殿風の博物館 M Leuvenという建物前を通って

    途中のギリシア神殿風の博物館 M Leuvenという建物前を通って

  • ポントゲンオ・テンラーン通りから細い路地へ入ると先にお城のような建物が見えてきました。ここにもホテルが入っています。

    ポントゲンオ・テンラーン通りから細い路地へ入ると先にお城のような建物が見えてきました。ここにもホテルが入っています。

    ザ フォース ターフェルロンド ホテル

  • 奥に聖ペテロ教会、手前にFonske (statue)という彫像がある所に出ました。

    奥に聖ペテロ教会、手前にFonske (statue)という彫像がある所に出ました。

  • Fonske (statue)の奥左に見えるのが市庁舎、右が聖ペテロ教会

    Fonske (statue)の奥左に見えるのが市庁舎、右が聖ペテロ教会

  • Fonske (statue)<br /><br />これは読書をしながらグラスからビールに見立てた水を頭に流す姿を現した彫像。大学とビールを象徴する「知恵の泉」の中央に建っており、ルーヴェン・カトリック大学の設立550年を記念して1975年に市に寄贈されたそうです。

    Fonske (statue)

    これは読書をしながらグラスからビールに見立てた水を頭に流す姿を現した彫像。大学とビールを象徴する「知恵の泉」の中央に建っており、ルーヴェン・カトリック大学の設立550年を記念して1975年に市に寄贈されたそうです。

  • 奥の聖ペテロ教会

    奥の聖ペテロ教会

    聖ペテロ教会 寺院・教会

    市庁舎前に聳える堂々たる聖ペテロ教会 by デコさん
  • グローテ・マルクトに面して建つフランボワイヤン・ゴシック様式の市庁舎

    グローテ・マルクトに面して建つフランボワイヤン・ゴシック様式の市庁舎

    市庁舎 建造物

    まるでレースを纏ったよう!彫刻装飾が壮麗な市庁舎 by デコさん
  • 「石のレース」と例えられる彫刻装飾が美しい市庁舎です。

    「石のレース」と例えられる彫刻装飾が美しい市庁舎です。

    市庁舎 建造物

    まるでレースを纏ったよう!彫刻装飾が壮麗な市庁舎 by デコさん
  • まだ明るいのでライトの色がはっきりしませんが、少しずつ色合いの変わるライトアップが始まっています。

    まだ明るいのでライトの色がはっきりしませんが、少しずつ色合いの変わるライトアップが始まっています。

    市庁舎 建造物

    まるでレースを纏ったよう!彫刻装飾が壮麗な市庁舎 by デコさん
  • 市庁舎手前のメルヘンチックなミニレストラン

    市庁舎手前のメルヘンチックなミニレストラン

  • まるでお菓子の家のようなミニレストランです。

    まるでお菓子の家のようなミニレストランです。

  • この市庁舎はヨーロッパでも指折りの美しさを誇っており、ルーヴェンのシンボル的存在、15世紀建造です。

    この市庁舎はヨーロッパでも指折りの美しさを誇っており、ルーヴェンのシンボル的存在、15世紀建造です。

  • 外壁は繊細な彫刻と236体もの彫像たちで埋め尽くされ、レースのような壮麗さに目を瞠るばかり。

    外壁は繊細な彫刻と236体もの彫像たちで埋め尽くされ、レースのような壮麗さに目を瞠るばかり。

  • 市庁舎の彫像と旗をアップで

    市庁舎の彫像と旗をアップで

  • 市庁舎のお向かいに建つのは聖ペテロ教会<br /><br />1000年の歴史をもつ聖ペテロ教会。高さ91メートルを超えるブラバント・ゴシック建築の教会です。<br />

    市庁舎のお向かいに建つのは聖ペテロ教会

    1000年の歴史をもつ聖ペテロ教会。高さ91メートルを超えるブラバント・ゴシック建築の教会です。

    聖ペテロ教会 寺院・教会

    市庁舎前に聳える堂々たる聖ペテロ教会 by デコさん
  • 聖ペテロ教会内へ

    聖ペテロ教会内へ

    聖ペテロ教会 寺院・教会

    市庁舎前に聳える堂々たる聖ペテロ教会 by デコさん
  • 聖ペテロ教会内<br /><br />教会内には優れた芸術作品が目白押しです。<br />

    聖ペテロ教会内

    教会内には優れた芸術作品が目白押しです。

  • 聖ペテロ教会内

    聖ペテロ教会内

  • 聖ペテロ教会内

    聖ペテロ教会内

  • 聖ペテロ教会内

    聖ペテロ教会内

  • 聖ペテロ教会内の説教壇

    聖ペテロ教会内の説教壇

  • 樫の木で造られた説教壇は等身大の聖ノーバートが落馬する様子が刻み込まれています。

    樫の木で造られた説教壇は等身大の聖ノーバートが落馬する様子が刻み込まれています。

  • 聖ペテロ教会内

    聖ペテロ教会内

  • 聖ペテロ教会内

    聖ペテロ教会内

  • 聖ペテロ教会内

    聖ペテロ教会内

  • 聖ペテロ教会内

    聖ペテロ教会内

  • 聖ペテロ教会内

    聖ペテロ教会内

  • 聖ペテロ教会内

    聖ペテロ教会内

  • 聖ペテロ教会内

    聖ペテロ教会内

  • 聖ペテロ教会内

    聖ペテロ教会内

  • 聖ペテロ教会内

    聖ペテロ教会内

  • 聖ペテロ教会内

    聖ペテロ教会内

  • 聖ペテロ教会内

    聖ペテロ教会内

  • 聖ペテロ教会内

    聖ペテロ教会内

  • 聖ペテロ教会内

    聖ペテロ教会内

  • 聖ペテロ教会内

    聖ペテロ教会内

  • 聖ペテロ教会内<br /><br />ディルク・バウツの「最後の晩餐」を見たかったのですが、修復中のようでこのような垂れ幕にして掲げられていました。

    聖ペテロ教会内

    ディルク・バウツの「最後の晩餐」を見たかったのですが、修復中のようでこのような垂れ幕にして掲げられていました。

  • 聖ペテロ教会内

    聖ペテロ教会内

  • 聖ペテロ教会内<br /><br />本物が見たかったなぁ・・・

    聖ペテロ教会内

    本物が見たかったなぁ・・・

  • 聖ペテロ教会内<br /><br />こちらは修復工事か何かで立ち入ることのできない空間になっていました。

    聖ペテロ教会内

    こちらは修復工事か何かで立ち入ることのできない空間になっていました。

  • 聖ペテロ教会内

    聖ペテロ教会内

  • 聖ペテロ教会内

    聖ペテロ教会内

  • 聖ペテロ教会内<br /><br />彫刻や絵画からすると、こちらのパイプオルガンはシンプル!

    聖ペテロ教会内

    彫刻や絵画からすると、こちらのパイプオルガンはシンプル!

  • 聖ペテロ教会内<br /><br />こちらのパイプオルガンは少しだけ装飾が施されていました。

    聖ペテロ教会内

    こちらのパイプオルガンは少しだけ装飾が施されていました。

  • 聖ペテロ教会内<br /><br />素晴らしい絵画や彫刻が飾られた祭壇がいくつも並び美術館さながらの眺めです。

    聖ペテロ教会内

    素晴らしい絵画や彫刻が飾られた祭壇がいくつも並び美術館さながらの眺めです。

  • 聖ペテロ教会内

    聖ペテロ教会内

  • 聖ペテロ教会内<br /><br />アーチとアーチの間をつなぐ壁面装飾も緻密で美しい。

    聖ペテロ教会内

    アーチとアーチの間をつなぐ壁面装飾も緻密で美しい。

  • 聖ペテロ教会の正面<br /><br />聖ペテロ教会は1176年に焼失したロマネスク様式の教会跡に、1425年から1497年にかけて建てられたものです。予定では正面に3つの塔が建つはずだったようですが、地盤が弱かったために現在のこのアンバランスな姿となっているんだとのことです。

    聖ペテロ教会の正面

    聖ペテロ教会は1176年に焼失したロマネスク様式の教会跡に、1425年から1497年にかけて建てられたものです。予定では正面に3つの塔が建つはずだったようですが、地盤が弱かったために現在のこのアンバランスな姿となっているんだとのことです。

  • 聖ペテロ教会周辺の建物はお城のような造り

    聖ペテロ教会周辺の建物はお城のような造り

  • お伽の世界のような建物が多いです。

    お伽の世界のような建物が多いです。

  • こちらもお城のような造り

    こちらもお城のような造り

  • 聖ペテロ教会内前の広場はマテュー・デ・ライェンス広場というようです。

    聖ペテロ教会内前の広場はマテュー・デ・ライェンス広場というようです。

  • マテュー・デ・ライェンス広場も石畳で覆われ広々としています。

    マテュー・デ・ライェンス広場も石畳で覆われ広々としています。

  • 聖ペテロ教会正面入り口

    聖ペテロ教会正面入り口

  • マテュー・デ・ライェンス広場からグローテ・マルクト方面を見て

    マテュー・デ・ライェンス広場からグローテ・マルクト方面を見て

  • グローテ・マルクトに面して建つ建物も素敵

    グローテ・マルクトに面して建つ建物も素敵

  • 市庁舎を再び見上げて<br /><br />市庁舎が面するグローテ・マルクトにはもっとクリスマスマーケットの屋台が多いのかと思っていたのですが1軒だけで期待外れでした。

    市庁舎を再び見上げて

    市庁舎が面するグローテ・マルクトにはもっとクリスマスマーケットの屋台が多いのかと思っていたのですが1軒だけで期待外れでした。

    市庁舎 建造物

    まるでレースを纏ったよう!彫刻装飾が壮麗な市庁舎 by デコさん
33いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

デコさんの関連旅行記

デコさんの旅行記一覧

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

ベルギーで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ベルギー最安 600円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ベルギーの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集