マドリード旅行記(ブログ) 一覧に戻る
今回もやってしまいました歩き倒しの旅。<br />そろそろ年も年なんで、あくせくせず、のんびり滞在してゆったり観光しよう!と思ってバルセロナに10泊もするという計画を立てたのに、気が付けば北へ南へ東へ西へと、とにかく歩き倒してしまうという、旺盛な好奇心とたぐいまれな貧乏性のわたし。またしても相方から「歩きすぎだ」「強欲だ」「苦行だ」と罵倒されてしまいました。でも治りませんよ、私のあっちもこっちも行きたい病。<br />この旅行記は、そんなわたしの訪れたあっちやこっちを、備忘メモ程度にまとめておこうというものです。<br /><br />その6回目はバルセロナからトレドへの2泊3日の小旅行の最終日、バルセロナへの帰路とその途中で立ち寄ったマドリードの様子です。<br />この日は移動日ですから、歩数は少なめの数16,206歩。この旅行の最少歩数です(笑)<br />マドリードの乗り換え時間に、王宮やらプエルタ・デ・ソルやらを回る予定にしていたのですが、旅行も折り返し地点ってことで、少々疲れも溜まってきたので、予定変更、駅前の「ソフィア王妃芸術センター」での美術鑑賞だけにしてバルセロナに戻りました。<br />以前の私からは考えられない「予定変更」。相方に感化されたのか、寄る年波なのか。。。<br />でも、少し抑え目の日も必要ですよね。<br /><br />ということで、今回はトレドからバルセロナへの移動日の1日の記録です。<br /><br />ちなみに、今回のバルセロナ訪問の大きな目的は、スペインのアール・ヌーヴォー=モデルニズモ建築巡りでしたので、その様子は先に旅行記全9篇で公開しております。<br />バルセロナのモデルニスモ建築巡りの様子が気になる方は、下記旅行記を覗いてください。<br />(1)サグラダファミリア&グエル公園<br />  https://4travel.jp/travelogue/11568448<br />(2)カサ・ミラ&カサ・バトリョ<br />  https://4travel.jp/travelogue/11622978<br />(3)カサ・ビセンス&グエル邸<br />  https://4travel.jp/travelogue/11623386<br />(4)グエル別邸とその他のガウディ作品たち<br />  https://4travel.jp/travelogue/11624946<br />(5)サン・パウ病院(モンタネール作)<br />  https://4travel.jp/travelogue/11625773<br />(6)カタルーニャ音楽堂とその他のモンタネール作品<br />  https://4travel.jp/travelogue/11626592<br />(7)カサ・アマトリェールとその他のプッチ作品たち<br />  https://4travel.jp/travelogue/11627998 <br />(8)モデルニスモ建築三大巨匠以外の作品たち 前編<br />  https://4travel.jp/travelogue/11629209<br />(9)モデルニスモ建築三大巨匠以外の作品たち 後編<br />  https://4travel.jp/travelogue/11629670<br /><br />【旅ログ】<br /> 10/27 13:45 羽田発 AFにてパリ経由でバルセロナ 同日22:55着<br /> 10/28 カタルーニャ音楽堂、スペイン広場、蛾の館、ゴシック地区<br /> 10/29 モンジェイックの丘、サグラダファミリア、グエル公園、カサ・パトリョ(みゅうミキ・ツーリストの日本語現地ツアーに参加しました)<br /> 10/30 モヌメンタル闘牛場、逆さだファミリア、サン・パウ病院、カサ・ミラ<br /> 10/31 バルセロナサンツ駅→マドリード乗換→トレド<br /> 11/1 トレド<br /> 11/2 トレド→マドリード→バルセロナサンツ駅 <br /> 11/3 カサ・カルベ、バルセロナ歴史博物館、バルセロナ海洋博物館、ゴシック地区、ランブラス通り、サグラダ・ファミリア夜景 <br /> 11/4 グラシア通り建物外観、アントニ・タピエス美術館、カサ・ビセンス、クアドロ男爵邸、カサ・コマラット、カサ・フステル、ラス・プン シャス集合住宅、カサ・アマトリエール、グエル別邸<br /> 11/5 グエル邸、ボケリア市場、マリーナ地区  <br /> 11/6 12:45 バルセロナ発 AFにてパリ経由<br /> 11/7 12:25 羽田着

またやってしまいました歩き倒しの旅 バルセロナ&トレド&ちょこっとマドリード11日間の足跡 【旅日記編 7日目】

8いいね!

2019/10/27 - 2019/11/07

1362位(同エリア2618件中)

0

45

mirilin

mirilinさん

今回もやってしまいました歩き倒しの旅。
そろそろ年も年なんで、あくせくせず、のんびり滞在してゆったり観光しよう!と思ってバルセロナに10泊もするという計画を立てたのに、気が付けば北へ南へ東へ西へと、とにかく歩き倒してしまうという、旺盛な好奇心とたぐいまれな貧乏性のわたし。またしても相方から「歩きすぎだ」「強欲だ」「苦行だ」と罵倒されてしまいました。でも治りませんよ、私のあっちもこっちも行きたい病。
この旅行記は、そんなわたしの訪れたあっちやこっちを、備忘メモ程度にまとめておこうというものです。

その6回目はバルセロナからトレドへの2泊3日の小旅行の最終日、バルセロナへの帰路とその途中で立ち寄ったマドリードの様子です。
この日は移動日ですから、歩数は少なめの数16,206歩。この旅行の最少歩数です(笑)
マドリードの乗り換え時間に、王宮やらプエルタ・デ・ソルやらを回る予定にしていたのですが、旅行も折り返し地点ってことで、少々疲れも溜まってきたので、予定変更、駅前の「ソフィア王妃芸術センター」での美術鑑賞だけにしてバルセロナに戻りました。
以前の私からは考えられない「予定変更」。相方に感化されたのか、寄る年波なのか。。。
でも、少し抑え目の日も必要ですよね。

ということで、今回はトレドからバルセロナへの移動日の1日の記録です。

ちなみに、今回のバルセロナ訪問の大きな目的は、スペインのアール・ヌーヴォー=モデルニズモ建築巡りでしたので、その様子は先に旅行記全9篇で公開しております。
バルセロナのモデルニスモ建築巡りの様子が気になる方は、下記旅行記を覗いてください。
(1)サグラダファミリア&グエル公園
  https://4travel.jp/travelogue/11568448
(2)カサ・ミラ&カサ・バトリョ
  https://4travel.jp/travelogue/11622978
(3)カサ・ビセンス&グエル邸
  https://4travel.jp/travelogue/11623386
(4)グエル別邸とその他のガウディ作品たち
  https://4travel.jp/travelogue/11624946
(5)サン・パウ病院(モンタネール作)
  https://4travel.jp/travelogue/11625773
(6)カタルーニャ音楽堂とその他のモンタネール作品
  https://4travel.jp/travelogue/11626592
(7)カサ・アマトリェールとその他のプッチ作品たち
  https://4travel.jp/travelogue/11627998 
(8)モデルニスモ建築三大巨匠以外の作品たち 前編
  https://4travel.jp/travelogue/11629209
(9)モデルニスモ建築三大巨匠以外の作品たち 後編
  https://4travel.jp/travelogue/11629670

【旅ログ】
 10/27 13:45 羽田発 AFにてパリ経由でバルセロナ 同日22:55着
 10/28 カタルーニャ音楽堂、スペイン広場、蛾の館、ゴシック地区
 10/29 モンジェイックの丘、サグラダファミリア、グエル公園、カサ・パトリョ(みゅうミキ・ツーリストの日本語現地ツアーに参加しました)
 10/30 モヌメンタル闘牛場、逆さだファミリア、サン・パウ病院、カサ・ミラ
 10/31 バルセロナサンツ駅→マドリード乗換→トレド
 11/1 トレド
 11/2 トレド→マドリード→バルセロナサンツ駅 
 11/3 カサ・カルベ、バルセロナ歴史博物館、バルセロナ海洋博物館、ゴシック地区、ランブラス通り、サグラダ・ファミリア夜景 
 11/4 グラシア通り建物外観、アントニ・タピエス美術館、カサ・ビセンス、クアドロ男爵邸、カサ・コマラット、カサ・フステル、ラス・プン シャス集合住宅、カサ・アマトリエール、グエル別邸
 11/5 グエル邸、ボケリア市場、マリーナ地区  
 11/6 12:45 バルセロナ発 AFにてパリ経由
 11/7 12:25 羽田着

旅行の満足度
5.0
同行者
カップル・夫婦(シニア)
交通手段
鉄道 タクシー 徒歩

PR

  • おはようございま~す。<br />トレドの最終日が始まりました。朝トレドを発つので、トレド最終日というよりも所謂移動日ですね。<br />今朝もホテル地下の趣あるバンケットルームで、楽しいバイキングです。<br /><br />

    おはようございま~す。
    トレドの最終日が始まりました。朝トレドを発つので、トレド最終日というよりも所謂移動日ですね。
    今朝もホテル地下の趣あるバンケットルームで、楽しいバイキングです。

    ホテル アルフォンソ ビ ホテル

    中性の雰囲気漂う便利なホテル(道に迷いません!) by mirilinさん
  • そしてこちらが私のチョイス。<br />スイカてんこ盛り。<br />日本じゃ絶対食べない生ハムは、スペインでは定番の品になるから不思議です。<br />スペインで食べる生ハムは、本当に美味しいです。<br />懲りもせず、ヨーグルトにまたスイカ入れてます。今日はパイナップルも入れてみました。

    そしてこちらが私のチョイス。
    スイカてんこ盛り。
    日本じゃ絶対食べない生ハムは、スペインでは定番の品になるから不思議です。
    スペインで食べる生ハムは、本当に美味しいです。
    懲りもせず、ヨーグルトにまたスイカ入れてます。今日はパイナップルも入れてみました。

  • ホテルのエレベーターには、天気予報が掲示されています。<br />今日のトレドはお昼から天気が下り坂みたいですが、私は朝しかいないので問題ありません。<br />スペインに来てまだ一度も傘をさしていませんよ!

    ホテルのエレベーターには、天気予報が掲示されています。
    今日のトレドはお昼から天気が下り坂みたいですが、私は朝しかいないので問題ありません。
    スペインに来てまだ一度も傘をさしていませんよ!

  • 朝食後、部屋に戻って外を見たら、とても静かな雰囲気だったので、朝のお散歩に出てみました。<br /><br />ホテル前の広場は、黄色いポストが可愛いアクセントになっています。

    朝食後、部屋に戻って外を見たら、とても静かな雰囲気だったので、朝のお散歩に出てみました。

    ホテル前の広場は、黄色いポストが可愛いアクセントになっています。

  • 「アルカサル」とホテルの間の道を少し下ると広々とした広場になっています。<br />誰もいない古都の石畳を歩くのって、気持ちいいですね。

    イチオシ

    「アルカサル」とホテルの間の道を少し下ると広々とした広場になっています。
    誰もいない古都の石畳を歩くのって、気持ちいいですね。

  • 「アルカサル」は、部屋のまん前にあったのに、ちゃんと写真を撮っていなかったことに気がつき、坂を下りた広場から全景を撮ってみました。<br /><br />「アルカサル」は、元は3世紀にローマ帝国の宮殿があった場所に、11世紀にイスラムの支配からトレドを奪還した「アルフォンソ6世」が要塞に改築したもので、この町で最も高い標高548mの丘にたっています。どこからも良く見えて、いい目印になってくれました。<br /><br />古代ローマ時代、ウマイヤ朝、中世カスティーリャ王国の時代に要塞としても機能した宮殿ですが、残念ながら、火事や戦争で何度も破壊され、今の建物は1961年に再建されたものだそうで、東のファサードが中世、西がルネサンス様式、北がプラテレスコ様式、南がチュリゲーラ様式と、それぞれ異なった様式と時代のものになっているそうです。確かに壁面ごとに雰囲気違ってますね。<br /><br />今は、スペインで起こった過去の戦争に関する展示物がメインに展示される「軍事博物館」になっています。スペイン近代史に興味のある方は、是非。<br />わたしは…パス!

    「アルカサル」は、部屋のまん前にあったのに、ちゃんと写真を撮っていなかったことに気がつき、坂を下りた広場から全景を撮ってみました。

    「アルカサル」は、元は3世紀にローマ帝国の宮殿があった場所に、11世紀にイスラムの支配からトレドを奪還した「アルフォンソ6世」が要塞に改築したもので、この町で最も高い標高548mの丘にたっています。どこからも良く見えて、いい目印になってくれました。

    古代ローマ時代、ウマイヤ朝、中世カスティーリャ王国の時代に要塞としても機能した宮殿ですが、残念ながら、火事や戦争で何度も破壊され、今の建物は1961年に再建されたものだそうで、東のファサードが中世、西がルネサンス様式、北がプラテレスコ様式、南がチュリゲーラ様式と、それぞれ異なった様式と時代のものになっているそうです。確かに壁面ごとに雰囲気違ってますね。

    今は、スペインで起こった過去の戦争に関する展示物がメインに展示される「軍事博物館」になっています。スペイン近代史に興味のある方は、是非。
    わたしは…パス!

    アルカサル / 軍事博物館 (トレド) 城・宮殿

  • 「アルカサル」の前の広場は展望台のようになっていて、綺麗な景色を眺めることができます。<br />

    「アルカサル」の前の広場は展望台のようになっていて、綺麗な景色を眺めることができます。

  • 広場の片隅にある「サンミゲル教会」。とても古い歴史あるカトリック教会らしいです。

    広場の片隅にある「サンミゲル教会」。とても古い歴史あるカトリック教会らしいです。

  • 公園にはワンちゃんも朝のお散歩に来ていました。<br />飼い主さんとボール遊び中で、超ご機嫌。<br />うちの犬もボール遊び大好きだったなぁ。

    公園にはワンちゃんも朝のお散歩に来ていました。
    飼い主さんとボール遊び中で、超ご機嫌。
    うちの犬もボール遊び大好きだったなぁ。

  • 名残はつきませんが、8:40ホテル出発です。<br />ホテルから1分ほど坂道を下ったところにあるタクシー乗り場から、タクシーで駅に向かいます。

    名残はつきませんが、8:40ホテル出発です。
    ホテルから1分ほど坂道を下ったところにあるタクシー乗り場から、タクシーで駅に向かいます。

  • タクシーで5分ほどでトレド駅到着。<br />世界でも屈指の美しい駅の一つとして知られているトレド駅。<br />2日前にトレドに着いた時は、先を急いでゆっくり見学しなかったので、列車の時間より少々早めに来て見学することにしました。

    イチオシ

    地図を見る

    タクシーで5分ほどでトレド駅到着。
    世界でも屈指の美しい駅の一つとして知られているトレド駅。
    2日前にトレドに着いた時は、先を急いでゆっくり見学しなかったので、列車の時間より少々早めに来て見学することにしました。

    トレド駅

  • ネオムデハル様式の建築家「ナルシソ・クラベリア・パラシオス」によって設計されたそうで、もともとは違うデザインだったそうですが、1919年に古都トレドにふさわしい形に建て直されたそうです。<br />建て直されたといっても100年以上前ですし、十分歴史ある建物ですよね。

    イチオシ

    ネオムデハル様式の建築家「ナルシソ・クラベリア・パラシオス」によって設計されたそうで、もともとは違うデザインだったそうですが、1919年に古都トレドにふさわしい形に建て直されたそうです。
    建て直されたといっても100年以上前ですし、十分歴史ある建物ですよね。

  • 駅ですよと言われなければ、教会かと思っちゃいます。

    駅ですよと言われなければ、教会かと思っちゃいます。

  • あちこちディテールが気になる私。<br />ムデハル様式の特徴がてんこ盛り。トレドの街で見てきたいろいろな建物を思い出します。

    あちこちディテールが気になる私。
    ムデハル様式の特徴がてんこ盛り。トレドの街で見てきたいろいろな建物を思い出します。

  • 駅舎の中は、まさに教会のよう。<br />着いた時は人が溢れていましたが、今はほとんど人影がないので、さらに雰囲気がいいですね。早く来て良かった~

    駅舎の中は、まさに教会のよう。
    着いた時は人が溢れていましたが、今はほとんど人影がないので、さらに雰囲気がいいですね。早く来て良かった~

  • 窓には美しいステンドグラスがズラーっと並び、駅舎内を彩っています。<br />照明器具もレトロで素敵です。

    イチオシ

    窓には美しいステンドグラスがズラーっと並び、駅舎内を彩っています。
    照明器具もレトロで素敵です。

  • ボケちゃったのが残念ですが、天井はイスラム様式の木組みの幾何学模様の天井です。

    ボケちゃったのが残念ですが、天井はイスラム様式の木組みの幾何学模様の天井です。

  • そして美しいタイルの壁にはめ込まれたこの黄色いもの。たぶんポストだと思いますが、タイルで縁どられているのが洒落てますよね。<br />みどりの窓口のようなチケット売り場の中で見つけました。

    イチオシ

    そして美しいタイルの壁にはめ込まれたこの黄色いもの。たぶんポストだと思いますが、タイルで縁どられているのが洒落てますよね。
    みどりの窓口のようなチケット売り場の中で見つけました。

  • 中世の雰囲気に溢れる駅ですが、ホームに出れば、しっかりチケットを確認するブースがあります。

    中世の雰囲気に溢れる駅ですが、ホームに出れば、しっかりチケットを確認するブースがあります。

  • ホームから見る駅舎も素敵ですが…

    ホームから見る駅舎も素敵ですが…

  • しっかりセキュリティチェックもあります。<br />なんか不釣り合いですが…<br />憎むべきはテロですね。

    しっかりセキュリティチェックもあります。
    なんか不釣り合いですが…
    憎むべきはテロですね。

  • 9:25発マドリード行きのAVENTに乗って、マドリードに向け出発です。

    9:25発マドリード行きのAVENTに乗って、マドリードに向け出発です。

  • で、30分あまりでマドリード。プエルタ・デ・アトーチャ駅に到着です。<br />3時間後のバルセロナ行きで帰ることにし、その時間に「ソフィア王妃芸術センター」でピカソの「ゲルニカ」を見に行くことにしました。<br /><br />まずは荷物をコインロッカーに預けるのですが、ロッカールームは、あの植物園のようなコンコースの奥にあるエスカレーターの裏にあります。<br />「CONSIGNAS」と奥に見えてますね?そこです。

    で、30分あまりでマドリード。プエルタ・デ・アトーチャ駅に到着です。
    3時間後のバルセロナ行きで帰ることにし、その時間に「ソフィア王妃芸術センター」でピカソの「ゲルニカ」を見に行くことにしました。

    まずは荷物をコインロッカーに預けるのですが、ロッカールームは、あの植物園のようなコンコースの奥にあるエスカレーターの裏にあります。
    「CONSIGNAS」と奥に見えてますね?そこです。

    マドリード プエルタ デ アトーチャ駅 (AVE)

  • ロッカールームの中に入るには、預ける荷物のセキュリティチェックがあります。徹底してますね。<br />そして、自分の荷物の入るロッカーの大きさを確認したら、自動販売機(写真左)でチケットを買います。そして、そのチケットをロッカーにかざして扉を開閉する方式です。<br />操作は案ずるより産むが易し。使用方法も英語で書かれていますし、簡単です。写真付きの説明なので、私の英語力でも大丈夫でした(笑)<br />入口にはセキュリティチェック係の人がいますし、盗難の心配もほぼないと思います。

    ロッカールームの中に入るには、預ける荷物のセキュリティチェックがあります。徹底してますね。
    そして、自分の荷物の入るロッカーの大きさを確認したら、自動販売機(写真左)でチケットを買います。そして、そのチケットをロッカーにかざして扉を開閉する方式です。
    操作は案ずるより産むが易し。使用方法も英語で書かれていますし、簡単です。写真付きの説明なので、私の英語力でも大丈夫でした(笑)
    入口にはセキュリティチェック係の人がいますし、盗難の心配もほぼないと思います。

  • さぁ、身軽になりました。<br />本来は、王宮やプエルタ・デ・ソルあたりを見に行って、5時間ぐらい後の列車でバルセロナへ戻る予定にしていたのですが、ちょっと疲れも溜まってきているので、無理せず駅近の「ソフィア王妃芸術センター」だけ見学することにしました。<br /><br />アトーチャ駅は、いかにも駅って感じがしますね。<br />この駅前、広々として明るいのですが、スリが多いところらしいので、気持ちは引き締めます。なんせ古都トレドでのんびりしちゃってましたから…。

    さぁ、身軽になりました。
    本来は、王宮やプエルタ・デ・ソルあたりを見に行って、5時間ぐらい後の列車でバルセロナへ戻る予定にしていたのですが、ちょっと疲れも溜まってきているので、無理せず駅近の「ソフィア王妃芸術センター」だけ見学することにしました。

    アトーチャ駅は、いかにも駅って感じがしますね。
    この駅前、広々として明るいのですが、スリが多いところらしいので、気持ちは引き締めます。なんせ古都トレドでのんびりしちゃってましたから…。

  • 駅から歩いて3分ほど、大きな駅前交差点を渡った先にある「ソフィア王妃芸術センター」は、「フアン・カルロス1世」の王妃「ソフィア」にちなんで名付けられた美術館です。中世の作品を所蔵している有名なプラド美術館と違い、20世紀の近現代美術を中心に展示されています。<br /><br />美術館の建物は、建築家「エルモシラ」と「サバティーニに」よって19世紀初頭に建設された総合病院を改装したもので、2つの大きなエレベーターが両サイドに設置されているのが目印です。<br />オープンしたばかりの時間でしたが、写真を撮ったりしていたら、どんどん行列ができてきたので、慌てて入館しました。

    駅から歩いて3分ほど、大きな駅前交差点を渡った先にある「ソフィア王妃芸術センター」は、「フアン・カルロス1世」の王妃「ソフィア」にちなんで名付けられた美術館です。中世の作品を所蔵している有名なプラド美術館と違い、20世紀の近現代美術を中心に展示されています。

    美術館の建物は、建築家「エルモシラ」と「サバティーニに」よって19世紀初頭に建設された総合病院を改装したもので、2つの大きなエレベーターが両サイドに設置されているのが目印です。
    オープンしたばかりの時間でしたが、写真を撮ったりしていたら、どんどん行列ができてきたので、慌てて入館しました。

    ソフィア王妃芸術センター 博物館・美術館・ギャラリー

  • この美術館は、「パブロ・ピカソ」の「ゲルニカ」が展示されていることで有名ですが、残念ながら「ゲルニカ」だけは写真撮影禁止です。目に焼き付けましょう。<br /><br />これは、その代わりと言ってはなんですが、同じく「パブロ・ピカソ」の青の時代の代表的な作品「青衣の女」です。

    この美術館は、「パブロ・ピカソ」の「ゲルニカ」が展示されていることで有名ですが、残念ながら「ゲルニカ」だけは写真撮影禁止です。目に焼き付けましょう。

    これは、その代わりと言ってはなんですが、同じく「パブロ・ピカソ」の青の時代の代表的な作品「青衣の女」です。

  • もちろん、ピカソらしい作品だってあります。<br />こちらは「死んだ鳥」という作品<br />私のような素養のないものには何が何だかわかりませんが、色合いが好きです(笑)

    もちろん、ピカソらしい作品だってあります。
    こちらは「死んだ鳥」という作品
    私のような素養のないものには何が何だかわかりませんが、色合いが好きです(笑)

  • こちらは「サルバドール・ダリ」の「窓辺の少女」という作品。<br />ダリが彼の妹「アンナ・マリア」を描いた絵画です。ダリの家があったカダケスで描かれたそうです。<br />ダリといえば、シュールレアリスムの代表的な芸術家で、時計が溶けたような絵とかが有名ですが、こんな素敵な絵も描いていたんですね。

    こちらは「サルバドール・ダリ」の「窓辺の少女」という作品。
    ダリが彼の妹「アンナ・マリア」を描いた絵画です。ダリの家があったカダケスで描かれたそうです。
    ダリといえば、シュールレアリスムの代表的な芸術家で、時計が溶けたような絵とかが有名ですが、こんな素敵な絵も描いていたんですね。

  • こちらもダリの作品「後ろ向きに座る女」<br />色っぽいですし、どんな顔をしているんだろうと想像力をかきたてられますね。<br />こんな絵を描く人が、どうして時計が溶けちゃったんでしょう?<br />でも、時計が溶けちゃっているような絵、実は好きです私。

    こちらもダリの作品「後ろ向きに座る女」
    色っぽいですし、どんな顔をしているんだろうと想像力をかきたてられますね。
    こんな絵を描く人が、どうして時計が溶けちゃったんでしょう?
    でも、時計が溶けちゃっているような絵、実は好きです私。

  • いかにもスペインの近代美術というか、シュールレアリスムな作品で気になったのがこちら。<br />「アンヘレス・サントス」の「ワールド」という作品です。<br />サントスは、スペイン人のシュールレアリスム画家として有名な人だそうです。

    いかにもスペインの近代美術というか、シュールレアリスムな作品で気になったのがこちら。
    「アンヘレス・サントス」の「ワールド」という作品です。
    サントスは、スペイン人のシュールレアリスム画家として有名な人だそうです。

  • かつては総合病院だったということで、館内はとても広く、同じような部屋が並んでいて、案内図を見ながら回らないと、お目当てにたどり着けなかったり、無駄に歩くことにもなりますので要注意です。

    かつては総合病院だったということで、館内はとても広く、同じような部屋が並んでいて、案内図を見ながら回らないと、お目当てにたどり着けなかったり、無駄に歩くことにもなりますので要注意です。

  • 展示室の移動の時に、ふと外を見たら、長蛇の列が出来ていました。入館して1時間後、11:30頃で既にこの行列です。土曜日ではありましたが…。

    展示室の移動の時に、ふと外を見たら、長蛇の列が出来ていました。入館して1時間後、11:30頃で既にこの行列です。土曜日ではありましたが…。

  • 中庭は緑に溢れ、とても癒される雰囲気です。見学に疲れたら、ここで休憩するのもいいかもしれません。

    中庭は緑に溢れ、とても癒される雰囲気です。見学に疲れたら、ここで休憩するのもいいかもしれません。

  • 「ソフィア王妃芸術センター」前の広場には、不思議なオブジェがちょこちょこあります。<br /><br />これはとても背の高いオブジェですが、何なんでしょうか?

    「ソフィア王妃芸術センター」前の広場には、不思議なオブジェがちょこちょこあります。

    これはとても背の高いオブジェですが、何なんでしょうか?

  • これは、ベラスケスのマルガリータ王女のパロディかなと思いますが…<br />スカートの柄がよく見ると気持ちわるいんですよね(笑)

    これは、ベラスケスのマルガリータ王女のパロディかなと思いますが…
    スカートの柄がよく見ると気持ちわるいんですよね(笑)

  • 「ソフィア王妃芸術センター」で、お目当ての作品も見ることができたので、スペイン国旗たなびくアトーチャ駅に戻ります。<br /><br />この中央のグレーの部分は、ガラス張りになっている部分で、駅舎内から見ると…

    「ソフィア王妃芸術センター」で、お目当ての作品も見ることができたので、スペイン国旗たなびくアトーチャ駅に戻ります。

    この中央のグレーの部分は、ガラス張りになっている部分で、駅舎内から見ると…

    マドリード プエルタ デ アトーチャ駅 (AVE)

  • こんな感じです。<br />外側についている時計の影が出来ていますね。

    こんな感じです。
    外側についている時計の影が出来ていますね。

  • さて、ロッカーから荷物をピックアップし、またまたセキュリティチェックを受けて列車のホームに向かいます。<br />さすがに、列車のセキュリティチェックにも慣れてきました。

    さて、ロッカーから荷物をピックアップし、またまたセキュリティチェックを受けて列車のホームに向かいます。
    さすがに、列車のセキュリティチェックにも慣れてきました。

  • 12:30発バルセロナ・サンツ駅は、2番線のようですね。

    12:30発バルセロナ・サンツ駅は、2番線のようですね。

  • 2番線の入口には、チケットチェックのおじさんが待っています。<br />まるでホテルのフロントのようですよね(笑)

    2番線の入口には、チケットチェックのおじさんが待っています。
    まるでホテルのフロントのようですよね(笑)

  • 入口の2階から、列車が止まっている1階まで、動く歩道型のエスカレーターで降りていきます。ベルトコンベアーに乗ってる感じ?

    入口の2階から、列車が止まっている1階まで、動く歩道型のエスカレーターで降りていきます。ベルトコンベアーに乗ってる感じ?

  • で、無事バルセロナに到着。<br />夕食は、もはや常連になってきたホテル近くのタパス店「チャペラ(Txapela )」へ。<br />安定の美味しさです。

    で、無事バルセロナに到着。
    夕食は、もはや常連になってきたホテル近くのタパス店「チャペラ(Txapela )」へ。
    安定の美味しさです。

  • お気に入りはこのタコ。<br />日本でも食べられるだろ?って思いますよね。<br />そうなんですが、美味しいには違いないんです。

    お気に入りはこのタコ。
    日本でも食べられるだろ?って思いますよね。
    そうなんですが、美味しいには違いないんです。

  • 1日の締めくくりは…これがお酒だとかっこいいんですが、ガス入りの水です(笑)でも、ボトルがかっこいいんで、締めの写真に採用です。<br /><br />さて、明日からはまたバルセロナの歩き倒しです。<br />色々と予定変更しましたが、気ままな個人旅行の醍醐味ですから、それもまたよし。さてさてどんな日だったかな?

    1日の締めくくりは…これがお酒だとかっこいいんですが、ガス入りの水です(笑)でも、ボトルがかっこいいんで、締めの写真に採用です。

    さて、明日からはまたバルセロナの歩き倒しです。
    色々と予定変更しましたが、気ままな個人旅行の醍醐味ですから、それもまたよし。さてさてどんな日だったかな?

8いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

mirilinさんの関連旅行記

mirilinさんの旅行記一覧

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

スペインで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
スペイン最安 450円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

スペインの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集