ブリエンツ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
ヨーロッパ未踏破国は残り4カ国(スイス、リヒテンシュタイン、ラトビア、リトアニア)となりました。実は敢えて残していた国、それが今回訪問するスイスです。鉄道が発達し、観光立国としても世界に知れ渡っているので比較的回り易く、年を重ねてから訪れるのも可能との判断もありその計画を温めつつ「いつかはスイス」と考えてきました。ということでヨーロッパ踏破のラストを飾るべく残していたのですが、思ったよりも早く踏破が進んだことと、冬場よりもハイキングしやすい時期を逃すのも勿体ないので、遂に行くことにしました。本来街歩きが好きな私ですが、雄大な自然の中に身を置いて山歩きをし、好きな鉄道に乗って車窓からの眺めを堪能するなど、予想を遥かに上回る素晴らしい旅行となりました。<br /><br />日程は以下の通りです。<br /><br />1日目(9/12)羽田 ⇒ 北京 <br />2日目(9/13)北京 ⇒ ワルシャワ ⇒ ジュネーブ市内観光、ベルン移動<br />3日目(9/14)ベルン市内観光、登山鉄道乗車、グリンデルワルト移動<br />4日目(9/15)ユングフラウヨッホ観光、ハイキング<br />5日目(9/16)ハイキング、ツェルマット移動<br />6日目(9/17)ゴルナーグラート観光、ハイキング、※MHGP観光<br />7日目(9/18)ハイキング、氷河急行ライン、サンモリッツ移動<br />8日目(9/19)ベルニナ線乗車、ハイキング、沿線観光<br />9日目(9/20)リヒテンシュタイン観光、チューリッヒ移動<br />10日目(9/21)チューリッヒ市内観光、チューリッヒ ⇒ フランクフルト ⇒ 北京<br />11日目(9/22)北京散策、北京 ⇒ 羽田<br />   ※ MHGP=マッターホルングレッシャーパラダイス<br /><br />今回は3日目⑧です。<br />

絶景が広がるアルプスの山歩きと鉄道の旅:スイス、リヒテンシュタイン旅行【13】(2019年秋 3日目⑧ 碧の絶景!ブリエンツ湖)

53いいね!

2019/09/14 - 2019/09/14

4位(同エリア87件中)

0

25

とーり

とーりさん

ヨーロッパ未踏破国は残り4カ国(スイス、リヒテンシュタイン、ラトビア、リトアニア)となりました。実は敢えて残していた国、それが今回訪問するスイスです。鉄道が発達し、観光立国としても世界に知れ渡っているので比較的回り易く、年を重ねてから訪れるのも可能との判断もありその計画を温めつつ「いつかはスイス」と考えてきました。ということでヨーロッパ踏破のラストを飾るべく残していたのですが、思ったよりも早く踏破が進んだことと、冬場よりもハイキングしやすい時期を逃すのも勿体ないので、遂に行くことにしました。本来街歩きが好きな私ですが、雄大な自然の中に身を置いて山歩きをし、好きな鉄道に乗って車窓からの眺めを堪能するなど、予想を遥かに上回る素晴らしい旅行となりました。

日程は以下の通りです。

1日目(9/12)羽田 ⇒ 北京
2日目(9/13)北京 ⇒ ワルシャワ ⇒ ジュネーブ市内観光、ベルン移動
3日目(9/14)ベルン市内観光、登山鉄道乗車、グリンデルワルト移動
4日目(9/15)ユングフラウヨッホ観光、ハイキング
5日目(9/16)ハイキング、ツェルマット移動
6日目(9/17)ゴルナーグラート観光、ハイキング、※MHGP観光
7日目(9/18)ハイキング、氷河急行ライン、サンモリッツ移動
8日目(9/19)ベルニナ線乗車、ハイキング、沿線観光
9日目(9/20)リヒテンシュタイン観光、チューリッヒ移動
10日目(9/21)チューリッヒ市内観光、チューリッヒ ⇒ フランクフルト ⇒ 北京
11日目(9/22)北京散策、北京 ⇒ 羽田
   ※ MHGP=マッターホルングレッシャーパラダイス

今回は3日目⑧です。

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
交通
5.0
同行者
一人旅
交通手段
鉄道
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • プランアルプ駅を出たあたりから風景が変わり、行く手にはこのような眺めが広がります。何となく木曽駒ケ岳の千畳敷カールを思い起こす眺めです。<br />(ブリエンツ14:58 ⇒ 15:57ロートホルンクルム)

    プランアルプ駅を出たあたりから風景が変わり、行く手にはこのような眺めが広がります。何となく木曽駒ケ岳の千畳敷カールを思い起こす眺めです。
    (ブリエンツ14:58 ⇒ 15:57ロートホルンクルム)

  • 木曽駒ケ岳はゴンドラで一気に登って行きますが、こちらは地に足を付け急勾配を蛇行しながら登って行きます。

    木曽駒ケ岳はゴンドラで一気に登って行きますが、こちらは地に足を付け急勾配を蛇行しながら登って行きます。

  • 途中、放牧された牛がこちらを見ています。彼にとっては珍しいことではなく、これが日常なのでしょう。

    途中、放牧された牛がこちらを見ています。彼にとっては珍しいことではなく、これが日常なのでしょう。

  • ディーゼル機関車は客車を力強く押し上げて行きます。

    ディーゼル機関車は客車を力強く押し上げて行きます。

  • 続行運転している蒸気機関車編成が見えます。また大分差が付いてきました。

    続行運転している蒸気機関車編成が見えます。また大分差が付いてきました。

  • 谷の低い部分を縫うように線路が引かれ、SL列車はそこをゆっくり登っています。

    谷の低い部分を縫うように線路が引かれ、SL列車はそこをゆっくり登っています。

  • 拡大するとこんな感じ。おもちゃの列車のようです。

    拡大するとこんな感じ。おもちゃの列車のようです。

  • 乗るときは「何だよ、ディーゼルの方かよ」と思ったのですが、先発して風景の中の蒸気機関車編成を見ることができたのは、思いもかけずラッキーでした。

    乗るときは「何だよ、ディーゼルの方かよ」と思ったのですが、先発して風景の中の蒸気機関車編成を見ることができたのは、思いもかけずラッキーでした。

  • 最後の交換ポイント、オーバーシュタフェル信号場を通過します。

    最後の交換ポイント、オーバーシュタフェル信号場を通過します。

  • 行き違った下り列車は蒸気機関車編成が2列車。日本では考えられませんが、踵を接して停車しています。

    行き違った下り列車は蒸気機関車編成が2列車。日本では考えられませんが、踵を接して停車しています。

  • 見上げればゆく手遥かにはスノーシェッドらしき構造物が見え、さらに稜線上には駅らしき建物も見えます。時刻表によればあと10分少々であそこまで登って行くことになります。

    見上げればゆく手遥かにはスノーシェッドらしき構造物が見え、さらに稜線上には駅らしき建物も見えます。時刻表によればあと10分少々であそこまで登って行くことになります。

  • 下を見ると岩山部を蛇行しながら線路が引かれていることがわかります。

    下を見ると岩山部を蛇行しながら線路が引かれていることがわかります。

  • そんな中を蒸気機関車がゆっくり登っています。大自然の中では人間の作ったものなどはごく小さく見えます。

    そんな中を蒸気機関車がゆっくり登っています。大自然の中では人間の作ったものなどはごく小さく見えます。

  • アップしてみます。小さな機関車が、ゆっくりとアクセクしながら登っているのはとても愛らしいです。

    アップしてみます。小さな機関車が、ゆっくりとアクセクしながら登っているのはとても愛らしいです。

  • 左から右に回りさらに左へ回り高度を稼ぎながらここまで来ました。かなりの高低差です。

    左から右に回りさらに左へ回り高度を稼ぎながらここまで来ました。かなりの高低差です。

  • ようやく坂を登り切り、ほぼ1時間で終点ロートホルンクルム駅に到着しました。

    ようやく坂を登り切り、ほぼ1時間で終点ロートホルンクルム駅に到着しました。

  • 駅は石造りの立派な建物です。<br />(ロートホルンクルム15:57~16:28)

    駅は石造りの立派な建物です。
    (ロートホルンクルム15:57~16:28)

  • こちらはここまで押し上げてくれたディーゼル機関車と客車。急勾配対応なのでしょう、蒸気機関車同様小型でつんのめる感じの造りです。

    こちらはここまで押し上げてくれたディーゼル機関車と客車。急勾配対応なのでしょう、蒸気機関車同様小型でつんのめる感じの造りです。

  • 駅には誇らしげに2,245mと標高が書いてありますが実際は2,244mのようです。路線延長僅か7.5kmですが、標高差1,678mを1時間かけて登って来ました。

    駅には誇らしげに2,245mと標高が書いてありますが実際は2,244mのようです。路線延長僅か7.5kmですが、標高差1,678mを1時間かけて登って来ました。

  • その急勾配を登れる秘密かこれ、ラックレールです。通常の二本のレールの真ん中にギザギザの歯車のようなものがあり、これと車両に取り付けられた歯車を噛み合わせることにより勾配を滑らず上り下りできます。日本では静岡の大井川鐡道井川線の一部区間がこれを採用しています。

    その急勾配を登れる秘密かこれ、ラックレールです。通常の二本のレールの真ん中にギザギザの歯車のようなものがあり、これと車両に取り付けられた歯車を噛み合わせることにより勾配を滑らず上り下りできます。日本では静岡の大井川鐡道井川線の一部区間がこれを採用しています。

  • さてロートホルンクルム駅に着いたらとりあえず人の流れに従って山頂方向へ歩いて行くとレストランがありました、しかし他に遊戯施設等は無さそうです。

    さてロートホルンクルム駅に着いたらとりあえず人の流れに従って山頂方向へ歩いて行くとレストランがありました、しかし他に遊戯施設等は無さそうです。

  • レストランのオープンテラスはまさにスイスといった絶景を見下ろす雄大な造りです。

    レストランのオープンテラスはまさにスイスといった絶景を見下ろす雄大な造りです。

  • ここからのブリエンツ湖は天気の良さも相俟って神々しいまでの眺めです。ロートホルン鉄道の線路が蛇行しながら通っているのがよくわかります。

    イチオシ

    地図を見る

    ここからのブリエンツ湖は天気の良さも相俟って神々しいまでの眺めです。ロートホルン鉄道の線路が蛇行しながら通っているのがよくわかります。

  • 別の方角を見ても凄い眺めです。

    別の方角を見ても凄い眺めです。

  • ところでロートホルンクルム滞在は僅か30分程度しかありません。帰りの列車は混むでしょうし、今度は蒸気機関車編成に乗りたいので早めに列車に戻り陣取ります。

    ところでロートホルンクルム滞在は僅か30分程度しかありません。帰りの列車は混むでしょうし、今度は蒸気機関車編成に乗りたいので早めに列車に戻り陣取ります。

53いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

とーりさんの関連旅行記

とーりさんの旅行記一覧

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

スイスで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
スイス最安 600円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

スイスの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集