小樽旅行記(ブログ) 一覧に戻る
泉佐野市へのふるさと納税でもらったピーチポイントをどう使おうかと考えていたところ、4月に小樽にスヌーピー茶屋がオープンしたという情報をゲット!<br />以前から札幌のライラック祭りにも行きたいなと思っていたこともあって、6月第一週の金土の1泊2日で小樽・札幌に行くことに決めました。<br /><br />主な日程は以下の通りです。<br />【6月1日(金)・1日目】<br />関西10:30--12:30新千歳/MM105<br />新千歳空港でレンタカーを借りて、小樽へ。<br />『スヌーピー茶屋・小樽店』で遅めのランチ~小樽市街地を散策~『ホテルノイシュロス小樽』泊<br />【6月2日(土)・2日目】<br />『小樽貴賓館・旧青山別邸』を拝観~川下公園(札幌市白石区)でライラック祭り~安平町菜の花祭り<br />新千歳18:55--21:05関西/MM110<br /><br />《その5》<br />旅行2日目の最初の目的地は、昨夜泊まった「ホテルノイシュロス小樽」で見かけたポスターにあった『にしん御殿・小樽貴賓館(旧青山別邸)』へ牡丹&芍薬を見に行きました。

にしん御殿・小樽貴賓館(旧青山別邸)で牡丹&芍薬鑑賞 ◆peachで行く小樽・札幌・安平町《その5》

13いいね!

2018/06/02 - 2018/06/02

844位(同エリア1919件中)

0

31

JOECOOL

JOECOOLさん

泉佐野市へのふるさと納税でもらったピーチポイントをどう使おうかと考えていたところ、4月に小樽にスヌーピー茶屋がオープンしたという情報をゲット!
以前から札幌のライラック祭りにも行きたいなと思っていたこともあって、6月第一週の金土の1泊2日で小樽・札幌に行くことに決めました。

主な日程は以下の通りです。
【6月1日(金)・1日目】
関西10:30--12:30新千歳/MM105
新千歳空港でレンタカーを借りて、小樽へ。
『スヌーピー茶屋・小樽店』で遅めのランチ~小樽市街地を散策~『ホテルノイシュロス小樽』泊
【6月2日(土)・2日目】
『小樽貴賓館・旧青山別邸』を拝観~川下公園(札幌市白石区)でライラック祭り~安平町菜の花祭り
新千歳18:55--21:05関西/MM110

《その5》
旅行2日目の最初の目的地は、昨夜泊まった「ホテルノイシュロス小樽」で見かけたポスターにあった『にしん御殿・小樽貴賓館(旧青山別邸)』へ牡丹&芍薬を見に行きました。

旅行の満足度
3.5
観光
3.5
同行者
カップル・夫婦
交通手段
レンタカー

PR

  • 「ホテルノイシュロス小樽」から小樽市街地へ向かう途中にある『にしん御殿・小樽貴賓館(旧青山別邸)』が最初の目的地です。

    「ホテルノイシュロス小樽」から小樽市街地へ向かう途中にある『にしん御殿・小樽貴賓館(旧青山別邸)』が最初の目的地です。

  • Photo by wife

    Photo by wife

  • 「にしん御殿」は小樽市祝津にあり、にしん漁で富を築いた青山家が当時の贅をつくして建てられた屋敷です。<br />それにしても長~い塀ですね。敷地の広さがうかがえます。

    「にしん御殿」は小樽市祝津にあり、にしん漁で富を築いた青山家が当時の贅をつくして建てられた屋敷です。
    それにしても長~い塀ですね。敷地の広さがうかがえます。

  • 立派な瓦ですね。<br /><br />Photo by wife

    立派な瓦ですね。

    Photo by wife

  • 早速、中に入ってみましょう。

    早速、中に入ってみましょう。

    にしん御殿小樽貴賓館(旧青山別邸) 名所・史跡

    6月初旬に訪れたら、牡丹の花がいっぱい咲いていました by JOECOOLさん
  • 「石狩挽歌記念碑」と書かれた碑がありました。

    「石狩挽歌記念碑」と書かれた碑がありました。

  • 「旧青山別邸」の周りにはたくさんの牡丹が咲いています。

    「旧青山別邸」の周りにはたくさんの牡丹が咲いています。

  • Photo by wife

    Photo by wife

  • 牡丹の花はたくさん咲いていますが、芍薬はまだでした(写真下のこんもりした緑の葉のところ)。

    牡丹の花はたくさん咲いていますが、芍薬はまだでした(写真下のこんもりした緑の葉のところ)。

  • Photo by wife

    Photo by wife

  • 「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花...」というフレーズがあるように、昔から牡丹の花は&quot;女性の清楚な様&quot;を表すと云われています。

    「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花...」というフレーズがあるように、昔から牡丹の花は"女性の清楚な様"を表すと云われています。

  • でも、赤いボタンは清楚というよりも妖艶な感じがします。

    でも、赤いボタンは清楚というよりも妖艶な感じがします。

  • Photo by wife

    Photo by wife

  • 白いボタンにはまさに清楚さを感じますね。

    白いボタンにはまさに清楚さを感じますね。

  • Photo by wife

    Photo by wife

  • Photo by wife

    Photo by wife

  • ピンクの牡丹には可愛さを感じます。

    ピンクの牡丹には可愛さを感じます。

  • Photo by wife

    Photo by wife

  • 黄色いボタンもありました。

    黄色いボタンもありました。

  • Photo by wife

    Photo by wife

  • Photo by wife

    Photo by wife

  • レトロな日本家屋には牡丹の花が似合っているかも...

    レトロな日本家屋には牡丹の花が似合っているかも...

  • Photo by wife

    Photo by wife

  • では、「小樽貴賓館」に入ってみましょう。

    では、「小樽貴賓館」に入ってみましょう。

  • 貴賓館1Fのホールには、北海道ゆかりの画家さんたちが描いた天井画見られます。<br />この部分は拝観料は必要ありません。

    貴賓館1Fのホールには、北海道ゆかりの画家さんたちが描いた天井画見られます。
    この部分は拝観料は必要ありません。

  • 様々な花が描かれていて、とても美しい!!

    様々な花が描かれていて、とても美しい!!

  • ホールの正面の壁には大きな絵画もありますね~。

    ホールの正面の壁には大きな絵画もありますね~。

  • Photo by wife

    Photo by wife

  • この天井画は多くの画家さんの合作なのですね~!<br /><br />Photo by wife

    この天井画は多くの画家さんの合作なのですね~!

    Photo by wife

  • こちらは、進藤尚郁作「四季花鳥図」。進藤尚郁は江戸時代初期に活躍した狩野派の絵師なのだそうです。<br /><br />この先のエリアは拝観料が1100円かかります。ちょっと高めなのと、その後の予定もあるのでパスしました。<br />

    こちらは、進藤尚郁作「四季花鳥図」。進藤尚郁は江戸時代初期に活躍した狩野派の絵師なのだそうです。

    この先のエリアは拝観料が1100円かかります。ちょっと高めなのと、その後の予定もあるのでパスしました。

  • では、小樽を後にして、ライラックを見るために札幌へと向かいましょう。<br /><br />&quot;to be continued&quot;

    では、小樽を後にして、ライラックを見るために札幌へと向かいましょう。

    "to be continued"

13いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったスポット

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

小樽の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集