シンガポール旅行記(ブログ) 一覧に戻る
2019年に気に入って2回も行ってしまったこのコース。<br />3回目は両親と一緒に行くことになりました。<br /><br />11月のシンガポールクルーズを終え<br />『年が明けた寒い時期に恒例の母とのグアムかな』<br />といつもの調子で検索を始めたころで<br />「もしかしたらシンガポール発着のクルーズなら父も行くかも?」<br />とふと思い声をかけてみることに。<br /><br />というのも旅好きの父なれど、ヘビースモーカーで機内禁煙になってから海外に行ったのは私の海外挙式のみ。<br />年を取り、最近では本数もかなり減ったというのでクルーズ船に乗ったことが無い父を「母のバースデークルーズ」という文句を使い誘ってみることにしたのでした。<br /><br />以前『タバコは我慢は出来るけど、吸えないと思うと嫌だ』と言う父に横浜発着のクルーズに行こうと声をかけたこともあるのですが「日本人ばかりの船には興味が無い」とワガママを言ったので、以後母だけを誘っていたのです。<br /><br />体は丈夫でも高齢者と呼ばれる域に入りつつある両親で、今後いつ体調を崩すかもわからず一緒に旅をするチャンスもそうそう無いと思い半ば強引に誘いをかけて即日申し込み。<br />残念ながら夫は仕事の都合がつかず一緒に行くことはできなかったけれども、久しぶりに両親とのプライスレスな時間を過ごすこととなりました。<br /><br />今回のクルーズは船会社はもちろんロイヤルカリビアン。<br />同じクルーズでもボイジャー、改装後ボイジャー、クァンタムとそれぞれ船もコースも少しずつ違うので新鮮な気持ちで楽しめそう!<br />残念ながら中国仕様のクァンタムなのでダイヤモンドラウンジは無くなってしまってるけれどもダイヤモンド会員の恩恵に期待を寄せて予約です。<br /><br />出発1週間前になってコロナウィルス関連でロイヤルカリビアン米国本社より突然のメール。<br />中国、香港、マカオ人、中国経由便利用者および15日以内に中国を訪れた人の乗船制限を実施するとのお知らせでした。<br />更にシンガポール政府が上記の入国制限をしたためクルーズ船の乗船率は50%でクルー以外はノーチャイニーズ。<br /><br />2月3日にダイヤモンドプリンセスがC19感染者が乗船していたために横浜に入港。<br />私達の出発直前の2月5日、船内での感染者を確認。<br /><br />この頃はまだC19感染者は中国国内がメインだったため、何も対策をしていない日本よりも入国制限をしているシンガポールの方が「むしろ安全」と思えるような状況でした。<br /><br />******************************************<br />2/6 羽田→シンガポール到着 グランドパシフィック泊<br />2/7 クァンタム・オブ・ザ・シーズ乗船 出港<br />2/8 ポートクラン入港(マレーシア)<br />2/9 ペナン島(マレーシア)ジョージタウン入港<br />2/10 終日クルーズ <br />2/11 シンガポール入港 シンガポール→<br />2/12 羽田着<br />*******************************************<br />クルーズの思い出は<br />クルーズ専門口コミサイト「Cruisemans」に掲載中!<br />https://cruisemans.com/@krn 

【シンガポール発着クルーズ】クァンタム・オブ・ザ・シーズ 両親と行く!親孝行クルーズ 1日目&2日目:前半

43いいね!

2020/02/06 - 2020/02/07

1347位(同エリア14158件中)

KRN

KRNさん

この旅行記スケジュールを元に

2019年に気に入って2回も行ってしまったこのコース。
3回目は両親と一緒に行くことになりました。

11月のシンガポールクルーズを終え
『年が明けた寒い時期に恒例の母とのグアムかな』
といつもの調子で検索を始めたころで
「もしかしたらシンガポール発着のクルーズなら父も行くかも?」
とふと思い声をかけてみることに。

というのも旅好きの父なれど、ヘビースモーカーで機内禁煙になってから海外に行ったのは私の海外挙式のみ。
年を取り、最近では本数もかなり減ったというのでクルーズ船に乗ったことが無い父を「母のバースデークルーズ」という文句を使い誘ってみることにしたのでした。

以前『タバコは我慢は出来るけど、吸えないと思うと嫌だ』と言う父に横浜発着のクルーズに行こうと声をかけたこともあるのですが「日本人ばかりの船には興味が無い」とワガママを言ったので、以後母だけを誘っていたのです。

体は丈夫でも高齢者と呼ばれる域に入りつつある両親で、今後いつ体調を崩すかもわからず一緒に旅をするチャンスもそうそう無いと思い半ば強引に誘いをかけて即日申し込み。
残念ながら夫は仕事の都合がつかず一緒に行くことはできなかったけれども、久しぶりに両親とのプライスレスな時間を過ごすこととなりました。

今回のクルーズは船会社はもちろんロイヤルカリビアン。
同じクルーズでもボイジャー、改装後ボイジャー、クァンタムとそれぞれ船もコースも少しずつ違うので新鮮な気持ちで楽しめそう!
残念ながら中国仕様のクァンタムなのでダイヤモンドラウンジは無くなってしまってるけれどもダイヤモンド会員の恩恵に期待を寄せて予約です。

出発1週間前になってコロナウィルス関連でロイヤルカリビアン米国本社より突然のメール。
中国、香港、マカオ人、中国経由便利用者および15日以内に中国を訪れた人の乗船制限を実施するとのお知らせでした。
更にシンガポール政府が上記の入国制限をしたためクルーズ船の乗船率は50%でクルー以外はノーチャイニーズ。

2月3日にダイヤモンドプリンセスがC19感染者が乗船していたために横浜に入港。
私達の出発直前の2月5日、船内での感染者を確認。

この頃はまだC19感染者は中国国内がメインだったため、何も対策をしていない日本よりも入国制限をしているシンガポールの方が「むしろ安全」と思えるような状況でした。

******************************************
2/6 羽田→シンガポール到着 グランドパシフィック泊
2/7 クァンタム・オブ・ザ・シーズ乗船 出港
2/8 ポートクラン入港(マレーシア)
2/9 ペナン島(マレーシア)ジョージタウン入港
2/10 終日クルーズ 
2/11 シンガポール入港 シンガポール→
2/12 羽田着
*******************************************
クルーズの思い出は
クルーズ専門口コミサイト「Cruisemans」に掲載中!
https://cruisemans.com/@krn 

旅行の満足度
5.0
同行者
家族旅行
一人あたり費用
10万円 - 15万円
交通手段
タクシー 徒歩
航空会社
シンガポール航空
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 両親とは羽田で待ち合わせ。<br />空港職員とキャビンクルー以外は日本人でもマスクをしている人はほとんど見かけず。<br />この頃はまだまだ平和。<br />C19は近くて遠いお隣の国での話という感覚でした。<br /><br />父は最後の一服をしてくると言ってなかなか戻らず。<br />タバコを空にすべく吸い溜めをしているのかな~と思ったら、実はもうひと箱スーツケースに忍ばせていたという・・・<br />シンガポールは1本から課税対象で、その手続きに煩わされるのが嫌なので「シンガポールには持ち込まないで」と言ったのに・・・

    両親とは羽田で待ち合わせ。
    空港職員とキャビンクルー以外は日本人でもマスクをしている人はほとんど見かけず。
    この頃はまだまだ平和。
    C19は近くて遠いお隣の国での話という感覚でした。

    父は最後の一服をしてくると言ってなかなか戻らず。
    タバコを空にすべく吸い溜めをしているのかな~と思ったら、実はもうひと箱スーツケースに忍ばせていたという・・・
    シンガポールは1本から課税対象で、その手続きに煩わされるのが嫌なので「シンガポールには持ち込まないで」と言ったのに・・・

  • 仕事を終えて夜便で出発です。<br />モニターのクルーは笑顔だけど、残念ながら今回はマスク&手袋でのサービスです。<br />美しい笑顔が拝めません。<br /><br />順調なフライトでシンガポールに到着。<br />入国は今回初めて『SG Arrival Card』を利用。<br />機内で配られる用紙を持っていなかったからか、並んでいると係員に用紙の記入を促されたけれども『SG Arrival Card』を登録していると話すとシンガポール国民の有人カウンターに進むよう促されました。<br />日本人だしシンガポールに住んでいないと伝えても大丈夫だとのこと。<br />恐る恐る進むと両親ともに別々のカウンターへ通されてしまいました。<br />案の定、色々聞かれたので状況を説明すると「シンガポール在住」と勘違いされたとのことでした。<br />シンガポールの審査場はそれぞれが近いので、私の対応をした係官が周りに声をかけてくれたお陰で両親もすんなりと終わることが出来ました・・・<br />いや、父は手荒れにより指紋がうまく取れずかなりてこずっての入国です。<br /> <br />入国審査後は税関です。<br />たばこ1箱のために初めてDeclareの方へ進むもだーれもおらず。<br />遠くにお喋りしてる職員がいたので声をかけると「タバコ?どれくらい?1箱?ノープロブレム!」と言われてしまいました。<br />うーん、良いのかなー。<br />ちょっと心配だけど良しとしましょう。

    仕事を終えて夜便で出発です。
    モニターのクルーは笑顔だけど、残念ながら今回はマスク&手袋でのサービスです。
    美しい笑顔が拝めません。

    順調なフライトでシンガポールに到着。
    入国は今回初めて『SG Arrival Card』を利用。
    機内で配られる用紙を持っていなかったからか、並んでいると係員に用紙の記入を促されたけれども『SG Arrival Card』を登録していると話すとシンガポール国民の有人カウンターに進むよう促されました。
    日本人だしシンガポールに住んでいないと伝えても大丈夫だとのこと。
    恐る恐る進むと両親ともに別々のカウンターへ通されてしまいました。
    案の定、色々聞かれたので状況を説明すると「シンガポール在住」と勘違いされたとのことでした。
    シンガポールの審査場はそれぞれが近いので、私の対応をした係官が周りに声をかけてくれたお陰で両親もすんなりと終わることが出来ました・・・
    いや、父は手荒れにより指紋がうまく取れずかなりてこずっての入国です。
     
    入国審査後は税関です。
    たばこ1箱のために初めてDeclareの方へ進むもだーれもおらず。
    遠くにお喋りしてる職員がいたので声をかけると「タバコ?どれくらい?1箱?ノープロブレム!」と言われてしまいました。
    うーん、良いのかなー。
    ちょっと心配だけど良しとしましょう。

  • 23時半到着だったので当初、ホテルは取らず空港の仮眠エリアなどを利用しつつ空港散策して過ごすつもりでした。<br />でもその話を友人にすると<br />「老人虐待」<br />と言われたのでホテルを取る事に。<br />両親にホテルを取ったことを伝えると<br />「寝るだけなのにわざわざもったいない」<br />「空港で過ごしてみたかった」<br />と言われ、<br />「あぁ、やっぱり私の両親だな」<br />と改めて感じる一幕も。<br /><br />そうは言ってもシャワーを浴びてベッドで寝れば深夜着とはいえリフレッシュ。<br />古いけれど、清潔感があり広々としていて良いホテルです。

    23時半到着だったので当初、ホテルは取らず空港の仮眠エリアなどを利用しつつ空港散策して過ごすつもりでした。
    でもその話を友人にすると
    「老人虐待」
    と言われたのでホテルを取る事に。
    両親にホテルを取ったことを伝えると
    「寝るだけなのにわざわざもったいない」
    「空港で過ごしてみたかった」
    と言われ、
    「あぁ、やっぱり私の両親だな」
    と改めて感じる一幕も。

    そうは言ってもシャワーを浴びてベッドで寝れば深夜着とはいえリフレッシュ。
    古いけれど、清潔感があり広々としていて良いホテルです。

    ホテル グランド パシフィック ホテル

  • バスタブはあるけど水回りはかなり古いかな。<br />まぁシャワーを浴びる程度なら十分です。

    バスタブはあるけど水回りはかなり古いかな。
    まぁシャワーを浴びる程度なら十分です。

  • 翌朝は徒歩観光から始まります。<br />まずはシンガポールスリングで有名なロングバー。

    翌朝は徒歩観光から始まります。
    まずはシンガポールスリングで有名なロングバー。

    ラッフルズ ホテル アーケード 専門店

  • ラッフルズホテルのアーケードを散策。

    ラッフルズホテルのアーケードを散策。

  • 天気も良く緑も生い茂って清々しい朝です。

    天気も良く緑も生い茂って清々しい朝です。

  • ロクな思い出が無いホテルだけど、雰囲気だけは好きなのよねー。

    ロクな思い出が無いホテルだけど、雰囲気だけは好きなのよねー。

  • 春節は終わったけれどもまだ春節モードのエントランス。

    春節は終わったけれどもまだ春節モードのエントランス。

  • 改装も終わって立派な佇まいでした。<br />サービスはカジュアルクラスのクルーズ船よりも劣ってたから私の中ではカジュアル船以下。

    改装も終わって立派な佇まいでした。
    サービスはカジュアルクラスのクルーズ船よりも劣ってたから私の中ではカジュアル船以下。

    ラッフルズ ホテル シンガポール ホテル

    お粗末。値段に見合うサービスではない。5星は名ばかり。 by KRNさん
  • 朝食は喜園珈琲店へ。

    朝食は喜園珈琲店へ。

    喜園珈琲店 カフェ

  • カウンターが混みあっていたので美味しいはず。

    カウンターが混みあっていたので美味しいはず。

  • 注文方法が良くわからなかったので前後の人に聞きながら注文。<br />みんなが頼んでいたものをちょっとずつ頼みました。

    注文方法が良くわからなかったので前後の人に聞きながら注文。
    みんなが頼んでいたものをちょっとずつ頼みました。

  • まずはカヤトーストと珈琲。<br />ふわふわの厚切りカヤトースト、美味しい!

    まずはカヤトーストと珈琲。
    ふわふわの厚切りカヤトースト、美味しい!

  • ビーフンは大人気。<br />厚揚げもみんな頼んでたので注文。<br />どれ食べてもしつこくなく素朴な味で美味しかったな~<br />どうやらビーフンは朝だけの人気メニューだそうです。<br />どおりでみんな頼むわけだ。<br />

    ビーフンは大人気。
    厚揚げもみんな頼んでたので注文。
    どれ食べてもしつこくなく素朴な味で美味しかったな~
    どうやらビーフンは朝だけの人気メニューだそうです。
    どおりでみんな頼むわけだ。

  • 食後はまたまた歩いて観光開始!<br />それにしても暑い!<br />日陰が無くて死にそう。

    食後はまたまた歩いて観光開始!
    それにしても暑い!
    日陰が無くて死にそう。

  • ナショナルギャラリーに初めて気ました。<br />ここだけ見るとヨーロッパ。

    イチオシ

    地図を見る

    ナショナルギャラリーに初めて気ました。
    ここだけ見るとヨーロッパ。

    ナショナル ギャラリー シンガポール 博物館・美術館・ギャラリー

  • ラッフルズ卿のモニュメント。<br />ちょうど日本人の団体客と一緒になりました。<br />私は初めて来たけど、もしかして定番なのかな?<br />

    ラッフルズ卿のモニュメント。
    ちょうど日本人の団体客と一緒になりました。
    私は初めて来たけど、もしかして定番なのかな?

    ラッフルズ上陸記念の地 史跡・遺跡

  • モニュメントからの眺めが最高でした。<br />

    イチオシ

    モニュメントからの眺めが最高でした。

  • 川沿いには猫の親子の彫刻もあったりして。

    川沿いには猫の親子の彫刻もあったりして。

  • フラトンホテルに到着。<br />こちらもまだまだ春節モード。<br />

    フラトンホテルに到着。
    こちらもまだまだ春節モード。

    ザ フラートン ホテル ホテル

  • 中は思いっきり中国式なのです。

    中は思いっきり中国式なのです。

  • 地下通路を抜けてワンフラトンへ。

    地下通路を抜けてワンフラトンへ。

  • マーライオンパークに到着。<br />シンガポールと言えばここ。<br />それにしても暑い!<br />シンガポールらしい暑さ。<br /><br />チェックアウトの時間が迫ってしまったため、帰りはホテルまでタクシーを利用することに。<br />ワンフラトンのタクシースタンドに行き、先頭にいたタクシーに乗ってホテルまでお願いすると「シンガポール初めて?」「これからどこに行くの?」「港まで送ってこうか?」なんて感じでどこにでもあるタクシー。<br />車はアルファードだけど、海外だとこんなのあるあるでしょう。<br /><br />でもホテルについたら「55ドルね」と。<br />「え?15ドル?」(せいぜい10じゃね?)<br />「55ドル」<br />「は?」<br />「リムジンタクシーだから」<br />「は?」(降りてホテルに入っていく両親。鍵は私が持っている)<br />「リムジンタクシーは55ドルがベースだから」<br />「聞いてないんだけど?」(両親よちょっと待て、娘はトラブってるぞ)<br />「じゃぁ初めてだあら20ドルオフで良いよ」<br />「は?高い」(娘が来ないことに気づきホテルから出てくる母)<br />「35ドルね」<br />「(ヤバイ、チェックアウトの時間が!しかも父が先行っちゃってるし!)30ね!」(渡して降りる)<br /><br />両親「どうかしたの?」<br />「ボラれた」<br />「え?」<br />「リムジンタクシーだから55ドルって」<br />「それっていくらくらい?」<br />「4500円くらい。せいぜい800円くらいの所なのに!」<br />「それで払ったの?」<br />「30ドルにしろって言って2400円くらい払った。悔しい。」<br />「値切ったの?」<br />「値切ったよ。もっと値切りたかったけど2人とも先行っちゃうから!!!」<br />両親「シンガポールでもそんなことあるんだねー!」(なぜか楽しそう・・・)<br /><br />両親と一緒じゃなかったらホテルマン呼んででももっと下げさせたけどね。<br />なんなら警察呼んでもOK。<br />でも今回は諦めました。<br />今までのシンガポールでは「これはリムジンタクシーだよ」と先に言われたり、そもそも乗り場が違っていたので避けてたのですが、まさかこんなことがあろうとは。<br /><br />ボッタクリタクシーめっ!<br />あぁでも悔しい!

    イチオシ

    地図を見る

    マーライオンパークに到着。
    シンガポールと言えばここ。
    それにしても暑い!
    シンガポールらしい暑さ。

    チェックアウトの時間が迫ってしまったため、帰りはホテルまでタクシーを利用することに。
    ワンフラトンのタクシースタンドに行き、先頭にいたタクシーに乗ってホテルまでお願いすると「シンガポール初めて?」「これからどこに行くの?」「港まで送ってこうか?」なんて感じでどこにでもあるタクシー。
    車はアルファードだけど、海外だとこんなのあるあるでしょう。

    でもホテルについたら「55ドルね」と。
    「え?15ドル?」(せいぜい10じゃね?)
    「55ドル」
    「は?」
    「リムジンタクシーだから」
    「は?」(降りてホテルに入っていく両親。鍵は私が持っている)
    「リムジンタクシーは55ドルがベースだから」
    「聞いてないんだけど?」(両親よちょっと待て、娘はトラブってるぞ)
    「じゃぁ初めてだあら20ドルオフで良いよ」
    「は?高い」(娘が来ないことに気づきホテルから出てくる母)
    「35ドルね」
    「(ヤバイ、チェックアウトの時間が!しかも父が先行っちゃってるし!)30ね!」(渡して降りる)

    両親「どうかしたの?」
    「ボラれた」
    「え?」
    「リムジンタクシーだから55ドルって」
    「それっていくらくらい?」
    「4500円くらい。せいぜい800円くらいの所なのに!」
    「それで払ったの?」
    「30ドルにしろって言って2400円くらい払った。悔しい。」
    「値切ったの?」
    「値切ったよ。もっと値切りたかったけど2人とも先行っちゃうから!!!」
    両親「シンガポールでもそんなことあるんだねー!」(なぜか楽しそう・・・)

    両親と一緒じゃなかったらホテルマン呼んででももっと下げさせたけどね。
    なんなら警察呼んでもOK。
    でも今回は諦めました。
    今までのシンガポールでは「これはリムジンタクシーだよ」と先に言われたり、そもそも乗り場が違っていたので避けてたのですが、まさかこんなことがあろうとは。

    ボッタクリタクシーめっ!
    あぁでも悔しい!

    マーライオン公園 広場・公園

43いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (6)

開く

閉じる

  • きゅういとせろりさん 2020/08/10 19:51:39
    家族旅行、楽しいですね。
    KRNさま
    連続3回目のシンガポールからのクルーズ、楽しく読んでいます。私も1年半で4回シンガポールに旅行に行ったことがあります。街と船の両方楽しめていいですね。
    私は10年前に本屋でロイヤルカリビアンの本を購入して、付録のバッグは旅行時のお土産運搬に重宝してるのにまだ船には乗っていないという。まあ、数年くらいあとには・・・。
    またまたシニアとの旅、いろいろありますね。私も今、両親と一緒の旅行の国内旅行記作成中ですが、両親とも体力は落ちたけど行動は活発。知識も豊富。メリハリの付け方うまい。あなどれません。気を抜けません。でも楽しい。いつまでもこうであってほしいですね。
    他の船の旅行記も順に見ています。コスタビクトリアも懐かしく、いつかは行きたいアラスカやアドリア海。夢をふくらませたいと思います。
    早く自由に旅行に行ける日がきますように。では、また。

    きゅういとせろり



    KRN

    KRNさん からの返信 2020/08/11 14:17:41
    Re: 家族旅行、楽しいですね。
    きゅういとせろりさん、こんにちは。
    1年半で4回のシンガポール!
    今度シンガポールに行くときはおススメ教えてくださいな。
    実は私、シンガポールの魅力をイマイチ知ることが出来ず、クルーズが無ければ旅先としての候補に全く上がらない所なのです。
    以前、期待外れの経験をした事もあり、今回もリムジンタクシーの罠にはまったお陰で益々不信感(笑)
    中国本土よりも不信感を抱いてる私はかなり珍しいタイプでしょう!

    このところ、夫以外は全てシニア旅ですが両親となるとまた一味違いました。
    好奇心旺盛で今までの船旅の話をすべて暗記しているような父なので間違い探しというか、答え合わせを船内で一人で楽しんでいるようでした。
    色々と思い出深い船旅となったこの旅行、まさにプライスレスです。

    過去の旅行記も読んでいただきありがとうございます。
    バルセロナ港で会ったプルマントゥールソブリン(旧ソブリンオブザシーズ)がスクラップ、そして私の初めてのコスタ船、コスタビクトリアもスクラップになるというニュースに何とも言えない気持ちになっています。
    コスタビクトリアで仲良くなったクルーからも連絡があり、4年間を共にした船なので大変落ち込んでいるそうです。

    クルーズ業界を様変わりさせてしまうほどのC19の影響。
    この先もまだまだ続きそうで一日も早い収束を願うばかりです。

    きゅういとせろり

    きゅういとせろりさん からの返信 2020/08/16 00:53:17
    RE: Re: 家族旅行、楽しいですね。
    KRNさま

    この週末、旅行記を読ましていただいてます。
    2014年、私たちはKRNさんの3日前に小樽・函館にいたようです。ダイヤモンド・プリンセスで。
    サンプリンセスもいい船だったようですね。地球岬はすばらしいとこですね。網走寄港びっくりです。体調が残念。

    > 1年半で4回のシンガポール!
    > 今度シンガポールに行くときはおススメ教えてくださいな。

    海外旅行は初心者なので1国でいろんな国の文化が味わえるのが楽しくて、という表向きの理由と、
    シンガポールの鉄道乗り潰しに4回分かかってしまった、という裏の理由があったのです。
    1カ国の鉄道完全制覇の気分はひとしおです。次々新線ができるので一瞬なんですが。
    ということで、お店や名所は現地駐在の友人や妹夫婦から聞いて行っている程度です。シンガポール 。

    > 以前、期待外れの経験をした事もあり、今回もリムジンタクシーの罠にはまったお陰で益々不信感(笑)
    > 中国本土よりも不信感を抱いてる私はかなり珍しいタイプでしょう!

    あの国は「明るい北朝鮮」ですから。たしかにちょっと不自由で優しくない国ですね。
    わたしも「電車の写真を撮るな」とかで数回つかまりました。
    物価も年々高くなるし。みなから「早くシンガポールは卒業しろ」と言われます。
    なので次はタイかマレーシアかベトナムになる予定です。

    あの国ではタクシーは、どこかの窓口に通報されたら運転手、失職になるそうなんで、通報しそうな内国人には誠実で、外国人旅行者限定でぼってくる、のだそうです。「名前は?」と言ってニラむと引き下がる、とか聞きました。
    タクシー4回くらいしか使ってないのでそのような場面には出くわしませんでした。

    にっぽん丸が運行の準備を始めたそうなので、最初はここにしよう、と妻と相談中です。
    どんな運行様式になるか、興味と心配はありますが、うまく進んでくれれば、と期待しています。

    きゅういとせろり

    KRN

    KRNさん からの返信 2020/08/16 10:48:11
    RE: RE: Re: 家族旅行、楽しいですね。
    きゅういとせろりさん、
    こんにちは。

    北海道でも同じ時期に同じような所を回ってたんですね!
    しかもダイヤモンドプリンセスとは!
    サンプリンセスはこじんまりしていてとても良い船でした。
    体調を崩してしまったため後半戦あまりじっくり回ることが出来なかったのが悔やまれます。

    きゅういとせろりさんは鉄道もお好きでしたか。
    シンガポールを制覇したということは一国の鉄道制覇ですね。
    東京でも制覇出来ていない私からしたら驚きです。

    > あの国は「明るい北朝鮮」ですから。

    な、なんと。
    意外です。
    中国でもあまり注意されることが無いのにシンガポールでは鉄道の写真でも注意されるんですか。
    明るい北朝鮮とは両極端で面白い表現でありながら妙にしっくりきます。

    > あの国ではタクシーは、どこかの窓口に通報されたら運転手、失職になるそうなんで、通報しそうな内国人には誠実で、外国人旅行者限定でぼってくる、のだそうです。

    そうだったんですね。
    UAEと同じですね。
    アブダビでは引き下がらなかったのに、今回は母だけではなく両親だったので切り上げてしまいました。
    あぁ、悔しい。

    にっぽん丸が準備開始とは嬉しいニュース。
    商船三井が関係ないのに注目されてしまっているので客船の方で明るいニュースを提供してほしいですね。
  • Mame Fさん 2020/07/11 18:28:19
    親孝行旅行、素晴らしいですね!
    KRNさん
    シンガポールクルーズ、ギリギリセーフのタイミングでしたね!!
    それに、ご両親のお世話も細かいことが色々と大変だったのでは、、、(私も去年両親とスペイン旅行した経験から、何となくわかります)でも、無事に帰っていらっしゃることができて良かったですね!お疲れ様でした!!!

    シンガポールクルーズ、割りとハードルが低そうで良さそうですね。KRNさんの旅行記を参考にして、落ち着いたら挑戦してみたいです!クアンタムは、広島にも時々来ていて、巨大な姿が遠くからも見えます・・・あれに乗られたとは、すごい。

    旅行記の続きも楽しみにしています。

    KRN

    KRNさん からの返信 2020/07/13 09:26:03
    Re: 親孝行旅行、素晴らしいですね!
    Mame Fさん、こんにちは。
    本当にギリギリセーフでした。
    この頃はまだ全然海外旅行もコロナも身近ではなく「武漢」がメインだったのでシンガポール&マレーシアは平和なもんでした。
    叔父叔母よりも「より楽しんで貰いたい!」という思いがあるのである意味では気を遣いましたが、好奇心旺盛で旅行が好き、食べるのも好きな2人なので案外楽チンでした。

    シンガポールクルーズは日本人にとっては嬉しいコースです。
    直行便、短期、食事も日本人の口に合うものが多く日本が寒い季節に行っても温暖、比較的波が穏やか(過去3回全てベタ凪)なので日本近海よりも個人的にはお薦めです。
    何といっても日本人コーディネーターが乗船しているのでもしもの時に頼りにできるのが良いですね。
    広島で会っていたクァンタムに次回は是非シンガポールで乗船しちゃってください。

    早く以前の様な日々が戻りますように。。。

KRNさんのトラベラーページ

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

シンガポールで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
シンガポール最安 470円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

シンガポールの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集