リガ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
1997年に猫撮りに目覚め、ひとり写真を見返して楽しんできましたが、<br />一念発起して、撮りためた猫たちを、2019年からお披露目しています。<br />しかしながら、猫の子1匹見かけなかった旅、見かけても写真が1枚も撮れなかった旅、<br />撮れてもしょぼい写真しかない旅についても、備忘録的に旅行記にしようと思います。<br /><br />まずは2017年8月のバルト2国+日帰りヘルシンキの旅です。<br />エストニアの首都タリンとラトビアの首都リガに3泊ずつ、ラトビアで数匹、<br />早足で歩き去る猫を数匹見かけたのみで何とも寂しい結果に。<br />特に不自由なことも嫌なこともなかったけれど、ローカルの人や旅人との絡みも<br />ほとんどなく、あまり刺激のない旅でもありました。<br />タリン、ヘルシンキ、リガと各都市ごとにまとめてみます。<br /><br />第3弾はラトビアの首都リガと日帰りユールマラ(4-6日目)。猫はリガで2匹、ユールマラで数匹、けどまともな写真は撮れませんでした。<br />猫撮り以外のリガでの二大テーマは、近代のロシア帝国、ナチスドイツ、旧ソ連によって支配された負の歴史とユーゲントシュティール(=アール・ヌーヴォ)建築に触れること。<br />リガのユーゲントシュティールの建築物は、1900年のパリ万博の翌年、1901年にリガで開催された博覧会会場の、アール・ヌーヴォ様式のパヴィリオンに触発され、人口増に対応するため新市街に続々と建てられたそうです。<br />実際、旧市街よりは新市街に多くのユーゲントシュティール建築が多かったです。<br />(参考URL) https://jugendstils.riga.lv/eng/JugendstilsRiga/<br /><br />▼2017バルト2国の旅程<br />1日目 地元空港09:50 ⇒ フランクフルト15:05<br />   フランクフルト20:50 ⇒ タリン 00:05 (+1 ) タリン空港近く 泊<br />2日目 旧市街 タリン 泊<br />3日目 ヘルシンキ日帰り タリン 泊<br />4日目 タリン11:30 ⇒ リガ16:15(バス)リガ 泊<br />   チケットはEurolinesで事前予約購入(15ユーロ)、2時間45分<br />   トイレ休憩なし。バス内にトイレあり、モニターなし。<br />5日目 旧市街 リガ 泊<br />6日目 旧市街+ユールマラ リガ空港近く 泊<br />7日目 リガ06:30 ⇒ フランクフルト07:45 フランクフルト13:40<br />8日目  ⇒ 地元空港08:20

◆猫撮れずの旅 第3弾(ラトビア・リガ編)

16いいね!

2017/08/04 - 2017/08/06

263位(同エリア735件中)

6

42

ちゅう。

ちゅう。さん

1997年に猫撮りに目覚め、ひとり写真を見返して楽しんできましたが、
一念発起して、撮りためた猫たちを、2019年からお披露目しています。
しかしながら、猫の子1匹見かけなかった旅、見かけても写真が1枚も撮れなかった旅、
撮れてもしょぼい写真しかない旅についても、備忘録的に旅行記にしようと思います。

まずは2017年8月のバルト2国+日帰りヘルシンキの旅です。
エストニアの首都タリンとラトビアの首都リガに3泊ずつ、ラトビアで数匹、
早足で歩き去る猫を数匹見かけたのみで何とも寂しい結果に。
特に不自由なことも嫌なこともなかったけれど、ローカルの人や旅人との絡みも
ほとんどなく、あまり刺激のない旅でもありました。
タリン、ヘルシンキ、リガと各都市ごとにまとめてみます。

第3弾はラトビアの首都リガと日帰りユールマラ(4-6日目)。猫はリガで2匹、ユールマラで数匹、けどまともな写真は撮れませんでした。
猫撮り以外のリガでの二大テーマは、近代のロシア帝国、ナチスドイツ、旧ソ連によって支配された負の歴史とユーゲントシュティール(=アール・ヌーヴォ)建築に触れること。
リガのユーゲントシュティールの建築物は、1900年のパリ万博の翌年、1901年にリガで開催された博覧会会場の、アール・ヌーヴォ様式のパヴィリオンに触発され、人口増に対応するため新市街に続々と建てられたそうです。
実際、旧市街よりは新市街に多くのユーゲントシュティール建築が多かったです。
(参考URL) https://jugendstils.riga.lv/eng/JugendstilsRiga/

▼2017バルト2国の旅程
1日目 地元空港09:50 ⇒ フランクフルト15:05
   フランクフルト20:50 ⇒ タリン 00:05 (+1 ) タリン空港近く 泊
2日目 旧市街 タリン 泊
3日目 ヘルシンキ日帰り タリン 泊
4日目 タリン11:30 ⇒ リガ16:15(バス)リガ 泊
   チケットはEurolinesで事前予約購入(15ユーロ)、2時間45分
   トイレ休憩なし。バス内にトイレあり、モニターなし。
5日目 旧市街 リガ 泊
6日目 旧市街+ユールマラ リガ空港近く 泊
7日目 リガ06:30 ⇒ フランクフルト07:45 フランクフルト13:40
8日目 ⇒ 地元空港08:20

旅行の満足度
4.0
観光
4.0
ホテル
4.0
グルメ
4.0
交通
4.0
同行者
一人旅
交通手段
鉄道 高速・路線バス 徒歩
航空会社
ルフトハンザドイツ航空
旅行の手配内容
個別手配

PR

16いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (6)

開く

閉じる

  • sanaboさん 2020/03/02 18:06:41
    猫撮れずでも素敵なリガ☆彡
    ちゅう。さん、こんにちは~

    「猫撮れずの…」というタイトルを拝見するたび
    ちゅう。さんらしくてフフッとしてしまいます。
    バルト三国は近い将来是非とも行きたい国、特にリガは
    アールヌーボー建築好きにはたまらないフォトジェニックな街ですね。
    ユーゲントシュティール博物館の螺旋階段のお写真、凄く素敵☆彡
    リーガ大聖堂のオルガンコンサートであのオルガンが奏でる音色を
    聞いてみたくなりました♪
    今度生まれてくるとき、人間のちゅう。さんと
    アルベルタ通りにお住いの猫ちゃんと、どっちがいいですか?(´艸`*)

    sanabo

    ちゅう。

    ちゅう。さん からの返信 2020/03/02 21:33:38
    答えはもちろん
    sanaboさん、こんばんは~

    人間は窮屈なので、アルベルタ通りの猫に変身します!
    猫飼いさんには怒られるかと思いますが、寝床とご飯の保証がある飼い猫かつ自由に外に出られる猫希望です(=^x^=) 
    猫から自由をとったら魅力半減ですから・・・
    犬も好きですが、ご飯も、散歩も、トイレも自由にならない、ご主人様に服従のワンコさんにはなれません。

    バルト三国は刺激はあまりありませんが、治安も良いし、物価も安いし、旅行しやすいと思います。タリンは欧州にありがちな可愛い町ですが、リガはユーゲントシュティール建築の宝庫でなかなか個性的です。

    博物館の玄関は、写真だけ撮って失礼してしまったので、インチキです。Kayoさんの旅行記を拝見すると素敵なインテリアも楽しめますよ。

    ちゅう。
  • 尚美さん 2020/03/01 15:51:41
    妄想の世界へ
    ちゅう。様。
    ちゅう。さんがリガに行かれる時に、リガにはアール・ヌーヴォーのアパートメントがいくつかあるのでそこに泊まるのが夢だとやりとりしたのを覚えています。旅行記を見せてもらって、またリガのアパートメントに泊まりたくてしかたがありません。昨日からAirbnbを検索したりして妄想の世界に浸っています。
    リガは新市街のユーゲントシュティール建築とその博物館も勿論ですが、教会や旧市街の街並みも素敵ですね。
    いいものを見せてもらいました。

    尚美

    ちゅう。

    ちゅう。さん からの返信 2020/03/01 17:37:07
    RE: 妄想の世界へ
    尚美様、
    いつもコメントありがとうございます。

    リガにはユーゲントシュティール建築の集合住宅がたくさんあるので、貸し出しているアパートメントも多そうですね。Airbnbは利用したことがありませんが、尚美さんはいつも素敵な宿に泊まっているので、どんな宿にされるのか、今から楽しみです。

    リガの旧市街は、13世紀末ごろの建物が多いそうで、曲線や斜めの道が多いので迷子になりがちですが、こじんまりとしていているので、適当に散策するのが楽しいと思います。

    Kayoさんの旅行記を拝見したら、旧市街にもユーゲントシュティール建築がたくさんあるようです。
    また、他の都市と違って味気ない新市街ではないので、新市街も楽しめるレアな都市とも思います。

    ちゅう。
  • kayoさん 2020/03/01 09:14:35
    同じ猫ちゃん?
    ちゅうさん、おはようございます!

    アルベルタ通りでのネコちゃん、私の旅行記を見直したところ、
    もしかして同じ猫ちゃん?私はちゅうさんの1年後の訪問でしたが、
    この辺りを縄張りにしているネコちゃんだと思います。
    https://4travel.jp/travelogue/11373865

    ユールマラへも行きましたがネコちゃんとの遭遇はなかったですね。
    リガではリドのセルフのレストランにお世話になりました。
    一人旅には色々食べれて有難かったです。

    kayo

    ちゅう。

    ちゅう。さん からの返信 2020/03/01 17:19:09
    きっと同じ猫ちゃんですね。
    Kayoさん、こんにちは!

    早速、コメントありがとうございます。
    遅ればせながら、Kayoさんのリガの旅行記3編、 拝見しました。

    旧市街にもたくさんアール・ヌーヴォ建築があったんですね。
    この旅行は大人の事情で気合が入らなくて、6泊したのに写真は180枚しかないんです。
    建築物は適当に目についた物を撮っていて、
    今回、旅行記にするために、建築物は調べ直した次第です。

    アルベルタ通りのネコちゃん、
    Kayoさんの方が、毛並みが綺麗ですけど
    シッポのシマと白足袋からしてきっと同じ猫さんですね。

    > リガではリドのセルフのレストランにお世話になりました。
    > 一人旅には色々食べれて有難かったです。

    私も2回、多分Kayoさんと同じリドのお世話になりなりました。
    量も調整できるし、ローカルの料理を気軽にいただけて良いですよね。

    ちゅう。

ちゅう。さんのトラベラーページ

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

ラトビアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ラトビア最安 600円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ラトビアの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集