ウィーン旅行記(ブログ) 一覧に戻る
今年のGWは10連休!普段長期休暇を取りづらいので、この機会に海外旅行にいくことに。行く先を悩みに悩んだ結果…、以前から憧れていたウィーンへ!せっかくならもう一カ国行きたいな~と思っていたところ、ウィーンからヴェネツィアまで夜行列車がでてることを知り、イタリアに決定♪どちらも初めましてな国です。<br /><br />歴史や芸術、絶景に触れた9日間の旅でした。<br /><br />◆スケジュール<br />1日目:関空から羽田を経由し、ウィーンへ<br />2日目:ウィーン着。日帰りでハルシュタットへ。<br />3日目:ウィーン観光(ザッハー、美術史美術館、国立図書館…)<br />4日目:ウィーン観光(シェーンブルン宮殿、ホーフブルク宮殿…)<br />    夜行列車でウィーンからヴェネツィアへ移動。<br />5日目:ヴェネツィア着。ヴェネツィア観光。<br />6日目:ヴェネツィアから列車でフィレンツェへ。<br />    フィレンツェ観光(ジョットの鐘楼…)<br />7日目:フィレンツェ観光(ウフィツィ美術館、ミケランジェロ広場…)<br />8日目:フィレンツェ空港へ<br />9日目:フィレンツェ→フランクフルト→羽田→伊丹<br /><br />◆飛行機<br />往路:NH100関空21:35→羽田22:50<br />   NH205羽田1:20→ウィーン6:00<br />復路:NH6094フィレンツェ18:10→フランクフルト19:45<br />   NH224フランクフルト20:45→羽田14:55<br />   NH35羽田17:00→伊丹18:05<br /><br />◆ホテル<br />ウィーン:HOTEL KAISERHOF WIEN(約1万1000円/人)<br />ヴェネツィア:Hotel Hesperia(約9000円/人)<br />フィレンツェ:B&amp;B Ⅱ Marzocco(約4500円/人)<br /><br />

GWオーストリア&イタリア旅行3-ウィーン観光、夜行列車でヴェネツィアへ-

18いいね!

2019/04/28 - 2019/05/06

1411位(同エリア5801件中)

yuki

yukiさん

今年のGWは10連休!普段長期休暇を取りづらいので、この機会に海外旅行にいくことに。行く先を悩みに悩んだ結果…、以前から憧れていたウィーンへ!せっかくならもう一カ国行きたいな~と思っていたところ、ウィーンからヴェネツィアまで夜行列車がでてることを知り、イタリアに決定♪どちらも初めましてな国です。

歴史や芸術、絶景に触れた9日間の旅でした。

◆スケジュール
1日目:関空から羽田を経由し、ウィーンへ
2日目:ウィーン着。日帰りでハルシュタットへ。
3日目:ウィーン観光(ザッハー、美術史美術館、国立図書館…)
4日目:ウィーン観光(シェーンブルン宮殿、ホーフブルク宮殿…)
    夜行列車でウィーンからヴェネツィアへ移動。
5日目:ヴェネツィア着。ヴェネツィア観光。
6日目:ヴェネツィアから列車でフィレンツェへ。
    フィレンツェ観光(ジョットの鐘楼…)
7日目:フィレンツェ観光(ウフィツィ美術館、ミケランジェロ広場…)
8日目:フィレンツェ空港へ
9日目:フィレンツェ→フランクフルト→羽田→伊丹

◆飛行機
往路:NH100関空21:35→羽田22:50
   NH205羽田1:20→ウィーン6:00
復路:NH6094フィレンツェ18:10→フランクフルト19:45
   NH224フランクフルト20:45→羽田14:55
   NH35羽田17:00→伊丹18:05

◆ホテル
ウィーン:HOTEL KAISERHOF WIEN(約1万1000円/人)
ヴェネツィア:Hotel Hesperia(約9000円/人)
フィレンツェ:B&B Ⅱ Marzocco(約4500円/人)

旅行の満足度
5.0
同行者
カップル・夫婦(シニア)
一人あたり費用
30万円 - 50万円
交通手段
鉄道 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 今日も朝からお腹いっぱい食べました!<br />本当に朝食が美味しいです。

    今日も朝からお腹いっぱい食べました!
    本当に朝食が美味しいです。

  • パンの種類も豊富ですし、なによりも美味しすぎる!<br />もう一回食べたい…。<br />

    パンの種類も豊富ですし、なによりも美味しすぎる!
    もう一回食べたい…。

  • シリアルやドライフルーツたち

    シリアルやドライフルーツたち

  • ホテルの中

    ホテルの中

  • 2泊3日ありがとうございました!<br />お土産にマンナーのウエハースを頂きました。<br />本当に居心地が良くて、また泊まりたいと思うホテルでした。

    2泊3日ありがとうございました!
    お土産にマンナーのウエハースを頂きました。
    本当に居心地が良くて、また泊まりたいと思うホテルでした。

  • 朝一番に向かったのは、シェーンブルン宮殿です。晴れて本当に良かったです。<br />Karlsplatz駅からSchenbrunn駅まで一本でいけます。Schenbrunn駅から10分~15ほど歩きます。みんな宮殿の方に向かうので、まず迷うことはありません(笑)<br /><br />シェーンブルン宮殿は17世紀末に夏の離宮として建てられたのが始まりで、18世紀にマリア・テレジアによって現在の姿に改築されたようです。宮殿内には部屋が全部で1400室あり、現在一般公開されているのはそのうちの40室です。賃貸として貸しているお部屋もあるみたいで、驚きです!<br /><br />朝の9時前に着きました。チケット売り場はさほど並んでおらす、10分も待たなかったと思います。宮殿の見学は、インペリアルツアー(一部見学)とグランドツアー(全室見学)があります。私はこの日にホーフブルク宮殿にもいく予定だったので、セットになっているシシィチケットを購入しました。こちらにはグランドツアーが入っていて、優先入場も出来るのでおすすめです。<br />ウィーンの観光名所では、他の場所と組み合わせたコンビチケットが多いです。自分の予定に合うものを選んだら良いかなと思います。

    朝一番に向かったのは、シェーンブルン宮殿です。晴れて本当に良かったです。
    Karlsplatz駅からSchenbrunn駅まで一本でいけます。Schenbrunn駅から10分~15ほど歩きます。みんな宮殿の方に向かうので、まず迷うことはありません(笑)

    シェーンブルン宮殿は17世紀末に夏の離宮として建てられたのが始まりで、18世紀にマリア・テレジアによって現在の姿に改築されたようです。宮殿内には部屋が全部で1400室あり、現在一般公開されているのはそのうちの40室です。賃貸として貸しているお部屋もあるみたいで、驚きです!

    朝の9時前に着きました。チケット売り場はさほど並んでおらす、10分も待たなかったと思います。宮殿の見学は、インペリアルツアー(一部見学)とグランドツアー(全室見学)があります。私はこの日にホーフブルク宮殿にもいく予定だったので、セットになっているシシィチケットを購入しました。こちらにはグランドツアーが入っていて、優先入場も出来るのでおすすめです。
    ウィーンの観光名所では、他の場所と組み合わせたコンビチケットが多いです。自分の予定に合うものを選んだら良いかなと思います。

  • 日本語オーディオガイド(無料だったと思います)を聞きながらゆっくりまわって、1時間ほどでした。宮殿内は写真撮影が禁止になっています。宮殿内は豪華絢爛で、数多くの展示品もあり、本当に楽しかったです!マリー・アントワネットが15歳までここで暮らしたのかと思うと、感慨深かったです。<br /><br />シェーンブルン宮殿に来たらゆっくりお庭をまわりたいと思っていました。お庭が本当に広いです!

    日本語オーディオガイド(無料だったと思います)を聞きながらゆっくりまわって、1時間ほどでした。宮殿内は写真撮影が禁止になっています。宮殿内は豪華絢爛で、数多くの展示品もあり、本当に楽しかったです!マリー・アントワネットが15歳までここで暮らしたのかと思うと、感慨深かったです。

    シェーンブルン宮殿に来たらゆっくりお庭をまわりたいと思っていました。お庭が本当に広いです!

  • お花もきれいに咲いていました。きちんと手入れされているのがわかります。

    お花もきれいに咲いていました。きちんと手入れされているのがわかります。

  • 遠くにあるグロリエッテ門に向かって、坂を歩き続けます。これがなかなかハードでした。本当に遠い・・・。これはもう目の前ぐらいに着いた時の写真です。

    遠くにあるグロリエッテ門に向かって、坂を歩き続けます。これがなかなかハードでした。本当に遠い・・・。これはもう目の前ぐらいに着いた時の写真です。

  • グロリエッテ門に着きました!振り返ってみると、宮殿があんなに遠くに!こんだけ歩いてきたんだな…、頑張った…。途中で日陰もないので、夏にくることはオススメしません(笑)<br /><br />ウィーンの街並みも見えますね。大変でしたが、時間に余裕がある方はぜひともグロリエッテ門まで歩いてみてください♪

    グロリエッテ門に着きました!振り返ってみると、宮殿があんなに遠くに!こんだけ歩いてきたんだな…、頑張った…。途中で日陰もないので、夏にくることはオススメしません(笑)

    ウィーンの街並みも見えますね。大変でしたが、時間に余裕がある方はぜひともグロリエッテ門まで歩いてみてください♪

  • この日は天気が良かったので、少し暑かったです。グロリエッテ門にある売店でオレンジジュースを買ったら、あまりの美味しさにびっくり!疲れていたからよりおいしく感じたのかも(笑)登り切ったら、ぜひ飲んでください!

    この日は天気が良かったので、少し暑かったです。グロリエッテ門にある売店でオレンジジュースを買ったら、あまりの美味しさにびっくり!疲れていたからよりおいしく感じたのかも(笑)登り切ったら、ぜひ飲んでください!

  • 12時前ぐらいにでると、チケット売り場には行列が!朝一番での観光をオススメします。

    12時前ぐらいにでると、チケット売り場には行列が!朝一番での観光をオススメします。

  • 13時からプラフッタ オペラ店でランチの予約をしていたので、ウィーン市内に戻ります。こちらもHPから予約しました。ウィーン市内に6店舗ありますが、オペラ店では予約はいらなかったかな?でも店内は混んでいました。本店は予約していった方が良いと思います。<br /><br />こちらのお店では、ウィーン名物であるターフェルシュピッツが味わえます!フランツ・ヨーゼフ1世が好んで食べた料理で、牛肉の煮込み料理です。食べ方は、ネットで予習していきました(笑)最初にスープを頂き、その後スープの中に入っているお肉をソースにつけていただきます。左のお鍋に入っているのは、付け合わせのポテトです。カリカリに炒めたもので、美味しかったです。お腹いっぱいになりました!

    13時からプラフッタ オペラ店でランチの予約をしていたので、ウィーン市内に戻ります。こちらもHPから予約しました。ウィーン市内に6店舗ありますが、オペラ店では予約はいらなかったかな?でも店内は混んでいました。本店は予約していった方が良いと思います。

    こちらのお店では、ウィーン名物であるターフェルシュピッツが味わえます!フランツ・ヨーゼフ1世が好んで食べた料理で、牛肉の煮込み料理です。食べ方は、ネットで予習していきました(笑)最初にスープを頂き、その後スープの中に入っているお肉をソースにつけていただきます。左のお鍋に入っているのは、付け合わせのポテトです。カリカリに炒めたもので、美味しかったです。お腹いっぱいになりました!

  • お腹いっぱいになった後向かったのは、ホーフブルク宮殿です。<br /><br />

    お腹いっぱいになった後向かったのは、ホーフブルク宮殿です。

  • このとき14時過ぎぐらいです。混んではいましたが、行列が出来ているほどではなかったです。

    このとき14時過ぎぐらいです。混んではいましたが、行列が出来ているほどではなかったです。

  • 銀器コレクションからみていきます。<br /><br />こちらの陶器も色鮮やかで、とてもきれいです。本当にたくさん展示されていて、見ていて飽きません。オーディオガイドも長いので、ひとつひとつ聞いていくと、本当に時間がかかると思います(笑)

    銀器コレクションからみていきます。

    こちらの陶器も色鮮やかで、とてもきれいです。本当にたくさん展示されていて、見ていて飽きません。オーディオガイドも長いので、ひとつひとつ聞いていくと、本当に時間がかかると思います(笑)

  • シシィミュージアムへ

    シシィミュージアムへ

  • フランツ・ヨーゼフ1世も使用していた、皇帝の階段です。この先がシシィミュージアムと皇帝の部屋になります。ここから残念ながら、撮影禁止になります。<br /><br />皇帝の部屋では、赤色と金色が印象深かったです。<br />シシィのドレスや宝飾品が素晴らしかったです。またプロモーションを保つために、運動器具を部屋に置いていたのは驚きでした。またシシィの等身大のマネキンが置いているのですが、ウエストの驚きの細さ…!女性はあれを見ると、必ず驚愕すると思います(笑)<br />波乱万丈な人生を歩んだシシィ。ですが、ミュージアムを見てるだけじゃいまいちシシィに共感出来なかったり。なんでこんなに人気なのかな?と。シシィについて書かれている本を読んでも、書き手によって印象が全然違うなと思います。まぁ身分も違いすぎる一庶民ではシシィの気持ちもわからなくて当たり前なのですが…(笑)<br /><br />最後にはお土産屋さんがありました。シシィの星のピンや、アクセサリーが売っていました。

    フランツ・ヨーゼフ1世も使用していた、皇帝の階段です。この先がシシィミュージアムと皇帝の部屋になります。ここから残念ながら、撮影禁止になります。

    皇帝の部屋では、赤色と金色が印象深かったです。
    シシィのドレスや宝飾品が素晴らしかったです。またプロモーションを保つために、運動器具を部屋に置いていたのは驚きでした。またシシィの等身大のマネキンが置いているのですが、ウエストの驚きの細さ…!女性はあれを見ると、必ず驚愕すると思います(笑)
    波乱万丈な人生を歩んだシシィ。ですが、ミュージアムを見てるだけじゃいまいちシシィに共感出来なかったり。なんでこんなに人気なのかな?と。シシィについて書かれている本を読んでも、書き手によって印象が全然違うなと思います。まぁ身分も違いすぎる一庶民ではシシィの気持ちもわからなくて当たり前なのですが…(笑)

    最後にはお土産屋さんがありました。シシィの星のピンや、アクセサリーが売っていました。

  • 街をぶらぶらお散歩してました。どこもきれいに手入れされています。

    街をぶらぶらお散歩してました。どこもきれいに手入れされています。

  • モーツアルト像

    モーツアルト像

  • 時間が余ったので、行きたかった自然史博物館へ!美術史美術館の目の前にあります。こちらも本当に広く、膨大な展示量でした。

    時間が余ったので、行きたかった自然史博物館へ!美術史美術館の目の前にあります。こちらも本当に広く、膨大な展示量でした。

  • 動物たちの剥製<br />絶滅危惧種や絶滅した動物も多かったです。今にも動き出しそうな感じでした。

    動物たちの剥製
    絶滅危惧種や絶滅した動物も多かったです。今にも動き出しそうな感じでした。

  • 鳥類の剥製

    鳥類の剥製

  • 鉱石のコレクション

    鉱石のコレクション

  • 恐竜の模型<br />後ろにいる恐竜は動いていて、それを見た子供たちが大興奮!可愛かったです♪<br /><br />入ってから閉館まで1時間ほどしかなかったので、最後は急ぎ足になってしまいました。美術史美術館より子供が多い印象でした。膨大な量の剥製を目の前にし、なんともいえない気分になりながらも、後世に残していく貴重な自然遺産でもあるのだなと思いました。時間があればもう少しゆっくりと見たかったです。美術史美術館だけ行く方も多いと思うので、時間があればぜひ訪れてほしいです。

    恐竜の模型
    後ろにいる恐竜は動いていて、それを見た子供たちが大興奮!可愛かったです♪

    入ってから閉館まで1時間ほどしかなかったので、最後は急ぎ足になってしまいました。美術史美術館より子供が多い印象でした。膨大な量の剥製を目の前にし、なんともいえない気分になりながらも、後世に残していく貴重な自然遺産でもあるのだなと思いました。時間があればもう少しゆっくりと見たかったです。美術史美術館だけ行く方も多いと思うので、時間があればぜひ訪れてほしいです。

  • 夜ごはんは駅の中のマクドナルドです。変わらない味!

    夜ごはんは駅の中のマクドナルドです。変わらない味!

  • 今日はヴェネツィアまでの夜行列車に乗ります!以前フランスからドイツに移動するときに夜行列車に乗ったので、海外での夜行列車は2回目です。<br /><br />予約はOBBの公式HPからしました。イタリアの鉄道会社のトレタニアでも予約できるようなのですが、予約時に個室が出てこなかったので、OBBを使いました。予約時にSleeper Cabinという、ベッド付きの個室で予約しました。他には普通の座席や、ベッドでも相部屋のものも選べます。相部屋では不安もあったので、今回はシャワー&トイレ付のDouble Deluxeを選びました。シャワー&トイレがない個室もあります。シャワー&トイレは共通で使えるものがありますが、わざわざ夜に部屋をでてトイレ行くのもイヤだなと思い、ついている部屋にしました。ちなみにシャワー&トイレが付いているこの部屋が一番高かったです。一人139.9ユーロでした。早割(キャンセル不可)でこの値段なので、定価で購入するともう少し高いです。<br />またこの線は人気の線らしいので、早めの予約をオススメします。

    今日はヴェネツィアまでの夜行列車に乗ります!以前フランスからドイツに移動するときに夜行列車に乗ったので、海外での夜行列車は2回目です。

    予約はOBBの公式HPからしました。イタリアの鉄道会社のトレタニアでも予約できるようなのですが、予約時に個室が出てこなかったので、OBBを使いました。予約時にSleeper Cabinという、ベッド付きの個室で予約しました。他には普通の座席や、ベッドでも相部屋のものも選べます。相部屋では不安もあったので、今回はシャワー&トイレ付のDouble Deluxeを選びました。シャワー&トイレがない個室もあります。シャワー&トイレは共通で使えるものがありますが、わざわざ夜に部屋をでてトイレ行くのもイヤだなと思い、ついている部屋にしました。ちなみにシャワー&トイレが付いているこの部屋が一番高かったです。一人139.9ユーロでした。早割(キャンセル不可)でこの値段なので、定価で購入するともう少し高いです。
    またこの線は人気の線らしいので、早めの予約をオススメします。

  • 出発15分前にホームに行くと、すでに電車が待っていました。<br />

    出発15分前にホームに行くと、すでに電車が待っていました。

  • ナイトジェットです。

    ナイトジェットです。

  • 狭い通路を歩いていきます。

    狭い通路を歩いていきます。

  • 部屋は左に二段ベッド(たたむとソファになります)、右側にシャワー&トイレです。上は荷物置き場になっています。

    部屋は左に二段ベッド(たたむとソファになります)、右側にシャワー&トイレです。上は荷物置き場になっています。

  • 奥の方にスーツケースを置けます。思っていたより狭かったので、少しショックでした(笑)

    奥の方にスーツケースを置けます。思っていたより狭かったので、少しショックでした(笑)

  • ボールペン、スナック菓子、スリッパ、耳栓、タオル、お水、写ってないですがゼリーやミニボトルのワインが置いていました。私たちはお酒をあまり飲まないので、ワインは母にお土産であげました。母曰く、美味しかったみたいです(*^^*)

    ボールペン、スナック菓子、スリッパ、耳栓、タオル、お水、写ってないですがゼリーやミニボトルのワインが置いていました。私たちはお酒をあまり飲まないので、ワインは母にお土産であげました。母曰く、美味しかったみたいです(*^^*)

  • 朝食のメニューが置いていますので、この中から6つ選びます。後から駅員さんが回収しに来るので、渡します。このときにパスポートも一旦回収されると他の方が書いていたのですが、パスポートの回収はありませんでした。

    朝食のメニューが置いていますので、この中から6つ選びます。後から駅員さんが回収しに来るので、渡します。このときにパスポートも一旦回収されると他の方が書いていたのですが、パスポートの回収はありませんでした。

  • 左側がシャワー、右側がトイレです。シャワーは水圧も十分にあり、ちゃんとお湯がでました。むしろ水圧が強くて、ちゃんとカーテンを閉めておかないと飛び散るほど(笑)途中1分ぐらい出てこないときがありましたが、すぐ出てきました。特に不便はありませんでした。<br /><br />ウィーン中央駅:21時27分発、サンタルチア駅:8時24分着の列車です。時間はほぼほぼ定刻通りでした。<br /><br />何度か駅に止まります。困ったことがひとつ、壁が薄い・・・。途中から隣の部屋の方が乗ってきたのですが、よく声が通り、それで起きてしまいました(&gt;_&lt;)普段からなかなか寝付けない私にとって、少し困りました。すぐ寝れる彼は熟睡でした(笑)寝たり、起きたりを何度か続け、夜を過ごしました。<br />壁が薄いことが難点でしたが、なかなか夜行列車に乗ることもないので、楽しかったです!<br /><br />明日はヴェネツィアです!

    左側がシャワー、右側がトイレです。シャワーは水圧も十分にあり、ちゃんとお湯がでました。むしろ水圧が強くて、ちゃんとカーテンを閉めておかないと飛び散るほど(笑)途中1分ぐらい出てこないときがありましたが、すぐ出てきました。特に不便はありませんでした。

    ウィーン中央駅:21時27分発、サンタルチア駅:8時24分着の列車です。時間はほぼほぼ定刻通りでした。

    何度か駅に止まります。困ったことがひとつ、壁が薄い・・・。途中から隣の部屋の方が乗ってきたのですが、よく声が通り、それで起きてしまいました(>_<)普段からなかなか寝付けない私にとって、少し困りました。すぐ寝れる彼は熟睡でした(笑)寝たり、起きたりを何度か続け、夜を過ごしました。
    壁が薄いことが難点でしたが、なかなか夜行列車に乗ることもないので、楽しかったです!

    明日はヴェネツィアです!

18いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅の計画・記録

「旅の計画」作成でもれなく300ポイント!

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

オーストリアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
オーストリア最安 440円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

オーストリアの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集