ルアンプラバン旅行記(ブログ) 一覧に戻る
四捨五入でなんと50歳になってしまいますが冒険したい気持ちはいつまでも~。<br /><br />今回人生3度目の一人旅にチャレンジしました。 人生1度めの旅はバンコク。2度目は上海。どちらも家族で行ったことがあり、知っている街だからこそ行けたのだろう・・・。今までは子供を夫にまかせ家に残していったので短期に限られていたんですが、今回は娘達は海外に留学に行ったので少し長めに、そして大胆にしよう! 旅費が高額になりすぎず、初めてだけど治安が良く、初めて行く国も含めてみたい。<br /><br />金沢で生まれ育った私には旅で大切に思っていることが3つあって、海、川、山。特に川はとても大事に思って(そして不思議なぐらい川と旅の思い出が結びついている。)いて、特に好きなのがバンコクチャオプラヤー川の水上バスだし、水上マーケット。何かこれに近い旅、もう少し川と密接に繋がった旅はないかと考えてメコン川はどうかな、と思った。その前にホノルルや、中国や、いろいろ検討したが、どうもビビビッとくるものがなかった。<br /><br />メコン川を旅してみたいと思ったことから探していたところタイからラオス、ルアンパバーンへ向かうリバークルーズというに方法があることを知った。ルアンパバーンからはエアアジアがドンムアンまで飛行機を飛ばすことになったとずいぶん前に知っていたしこれなら安く戻ってくることができる。<br /><br />タイチェンライから入って→チェンコーン→ラオスとの国境越え→メコン川クルーズ→ルアンパバーン→空路でドンムアン→セントレア。ロスがなく周遊してくることができることがわかり、もうこれはいくしかない!<br /><br />このメコン川をロングボートに乗り2日かけて行くプランは欧米のバックパッカーに相当人気らしい。日本人もちらほら出かけているみたいで検索するとブログがいくつかでてきた。しかしバックパッカーの旅が大部分だ。バックパッカーの乗る船はとても安いけれど舟のシートは木か、もしくはトラック?バス?のシートを外してつけたものと分かった。しかもちょっと国境を越えたりするのが面倒かも。<br /><br />さすがに短い休暇の旅、そしてもう歳をとり疲れた身体には難しいだろうと思い他のプランを探しました。トリップアドバイザーを頼りにいろいろ検索して、豪華すぎず高すぎず(豪華なラグジュアリークルーズは相当高い!)それでいてあまり身体に負担にならないクルーズ(国境越えのサポートや町からボートまでの送迎、ボートから宿泊地までの送迎などのサポートもしてくれる。)を見つけぽちり。<br />ルアンパバーンではお坊さんの托鉢を見ることができました。バックパッカーでなくても楽しめる面白い旅になりました。<br /><br />旅程<br />1日目(7/14)<br />セントレアからエアアジアを利用し(フラースルー)タイ北部の町チェンライへ。ナイトマーケット見学。<br />2日目(7/15)<br />チェンライ観光。青と白のお寺を見学。ローカルバスにてメコン川クルーズの拠点の町、チェンコーンへ。<br />3日目(7/16)<br />タイとラオスの国境越え。いよいよメコン川クルーズへ。途中カームー族の村を見学。中継地点のパークベンで一泊<br />4日目(7/17)←いまここ<br />ホテルから象の水浴びを見る。メコン川クルーズ再開。途中パークウー洞窟とラオラオビレッジ(ラオス焼酎の村)見学。ルアンパバーンへ。<br />5日目(7/18)<br />ルアンパバーン観光<br />6日目(7/29)<br />ルアンパバーン観光<br />7日目(7/20)<br />ルアンパバーン観光。エアアジアでバンコクへ。ドンムアン乗り継ぎ。<br />8日目(7/21)<br />セントレアへ。<br /><br />現地通貨は両替はせずにすべてATMでのキャッシングで調達しました。タイATM使用料220バーツ、ラオス20000キープ。<br />帰国後すぐに繰り上げ返済をしました。<br /><br />レート(キャッシング返済後計算)<br />タイバーツ3.45円<br />ラオスキープ 0.0119円。(安いか高いかよくわからないですが当日レートは0.0124円)<br /><br />今回はSIMを利用せずお店とホテルのWIFIだけで過ごしました。バックパッカーが多い街だからおそらく通信に問題はないだろうと考えましたが今回は正解でした。メコン川クルーズ、ルアンパバーンは雨季なので観光シーズンから抜けていたのでどこもとてもすいていてはなくゆっくりと過ごせました。<br /><br />4日目概要<br /><br />パークベンでは朝象の水浴びが見られます。<br />7時ぐらいから7時半ぐらいまで。<br />のんびり象の水浴びを見ていたらご飯を食べる時間が無くなりそうになってしまいました。<br />ボートの出発は8時だったので慌ててご飯を食べに行き、チェックアウトをしホテルのトゥクトゥクで船着き場まで送ってもらいました。ホテルから船着き場まで所要時間は2分。小さな村です。<br /><br />この日の予定は13時ごろPak Ou Cavesパックオー洞窟、14時半ごろLAO LAO Villageウイスキーの村への観光、16時半ごろルアンパバーンへ到着の予定。<br />この日からルアンプラバンでの3泊はVilla Maydou 宿泊。AGODAで予約しました。雨季で安い時期でしたので3泊2万とちょっと。朝食付き、ヘリテージルームという建物が世界遺産になっているホテルです。街の真ん中からは離れていますが自転車を無料で貸してくれるので観光には不自由しませんでした。

人生3度目の一人旅はタイ北部の町からメコン川を下りルアンパバーンへの周遊旅行~4日目ルアンパバーンへ到着~

15いいね!

2019/07/17 - 2019/07/17

654位(同エリア1705件中)

旅行記グループ メコン川クルーズ一人旅

0

63

たびねこちゃちゃ

たびねこちゃちゃさん

四捨五入でなんと50歳になってしまいますが冒険したい気持ちはいつまでも~。

今回人生3度目の一人旅にチャレンジしました。 人生1度めの旅はバンコク。2度目は上海。どちらも家族で行ったことがあり、知っている街だからこそ行けたのだろう・・・。今までは子供を夫にまかせ家に残していったので短期に限られていたんですが、今回は娘達は海外に留学に行ったので少し長めに、そして大胆にしよう! 旅費が高額になりすぎず、初めてだけど治安が良く、初めて行く国も含めてみたい。

金沢で生まれ育った私には旅で大切に思っていることが3つあって、海、川、山。特に川はとても大事に思って(そして不思議なぐらい川と旅の思い出が結びついている。)いて、特に好きなのがバンコクチャオプラヤー川の水上バスだし、水上マーケット。何かこれに近い旅、もう少し川と密接に繋がった旅はないかと考えてメコン川はどうかな、と思った。その前にホノルルや、中国や、いろいろ検討したが、どうもビビビッとくるものがなかった。

メコン川を旅してみたいと思ったことから探していたところタイからラオス、ルアンパバーンへ向かうリバークルーズというに方法があることを知った。ルアンパバーンからはエアアジアがドンムアンまで飛行機を飛ばすことになったとずいぶん前に知っていたしこれなら安く戻ってくることができる。

タイチェンライから入って→チェンコーン→ラオスとの国境越え→メコン川クルーズ→ルアンパバーン→空路でドンムアン→セントレア。ロスがなく周遊してくることができることがわかり、もうこれはいくしかない!

このメコン川をロングボートに乗り2日かけて行くプランは欧米のバックパッカーに相当人気らしい。日本人もちらほら出かけているみたいで検索するとブログがいくつかでてきた。しかしバックパッカーの旅が大部分だ。バックパッカーの乗る船はとても安いけれど舟のシートは木か、もしくはトラック?バス?のシートを外してつけたものと分かった。しかもちょっと国境を越えたりするのが面倒かも。

さすがに短い休暇の旅、そしてもう歳をとり疲れた身体には難しいだろうと思い他のプランを探しました。トリップアドバイザーを頼りにいろいろ検索して、豪華すぎず高すぎず(豪華なラグジュアリークルーズは相当高い!)それでいてあまり身体に負担にならないクルーズ(国境越えのサポートや町からボートまでの送迎、ボートから宿泊地までの送迎などのサポートもしてくれる。)を見つけぽちり。
ルアンパバーンではお坊さんの托鉢を見ることができました。バックパッカーでなくても楽しめる面白い旅になりました。

旅程
1日目(7/14)
セントレアからエアアジアを利用し(フラースルー)タイ北部の町チェンライへ。ナイトマーケット見学。
2日目(7/15)
チェンライ観光。青と白のお寺を見学。ローカルバスにてメコン川クルーズの拠点の町、チェンコーンへ。
3日目(7/16)
タイとラオスの国境越え。いよいよメコン川クルーズへ。途中カームー族の村を見学。中継地点のパークベンで一泊
4日目(7/17)←いまここ
ホテルから象の水浴びを見る。メコン川クルーズ再開。途中パークウー洞窟とラオラオビレッジ(ラオス焼酎の村)見学。ルアンパバーンへ。
5日目(7/18)
ルアンパバーン観光
6日目(7/29)
ルアンパバーン観光
7日目(7/20)
ルアンパバーン観光。エアアジアでバンコクへ。ドンムアン乗り継ぎ。
8日目(7/21)
セントレアへ。

現地通貨は両替はせずにすべてATMでのキャッシングで調達しました。タイATM使用料220バーツ、ラオス20000キープ。
帰国後すぐに繰り上げ返済をしました。

レート(キャッシング返済後計算)
タイバーツ3.45円
ラオスキープ 0.0119円。(安いか高いかよくわからないですが当日レートは0.0124円)

今回はSIMを利用せずお店とホテルのWIFIだけで過ごしました。バックパッカーが多い街だからおそらく通信に問題はないだろうと考えましたが今回は正解でした。メコン川クルーズ、ルアンパバーンは雨季なので観光シーズンから抜けていたのでどこもとてもすいていてはなくゆっくりと過ごせました。

4日目概要

パークベンでは朝象の水浴びが見られます。
7時ぐらいから7時半ぐらいまで。
のんびり象の水浴びを見ていたらご飯を食べる時間が無くなりそうになってしまいました。
ボートの出発は8時だったので慌ててご飯を食べに行き、チェックアウトをしホテルのトゥクトゥクで船着き場まで送ってもらいました。ホテルから船着き場まで所要時間は2分。小さな村です。

この日の予定は13時ごろPak Ou Cavesパックオー洞窟、14時半ごろLAO LAO Villageウイスキーの村への観光、16時半ごろルアンパバーンへ到着の予定。
この日からルアンプラバンでの3泊はVilla Maydou 宿泊。AGODAで予約しました。雨季で安い時期でしたので3泊2万とちょっと。朝食付き、ヘリテージルームという建物が世界遺産になっているホテルです。街の真ん中からは離れていますが自転車を無料で貸してくれるので観光には不自由しませんでした。

旅行の満足度
5.0
同行者
一人旅
一人あたり費用
10万円 - 15万円
交通手段
自転車 徒歩
航空会社
タイ・エアアジア
旅行の手配内容
個別手配
利用旅行会社
Agoda

PR

  • おはようございます。<br />蚊のプ~ンという音で朝早くに目覚めてしまいました。<br /><br />山から朝日が昇ってきます。

    おはようございます。
    蚊のプ~ンという音で朝早くに目覚めてしまいました。

    山から朝日が昇ってきます。

  • ずっとテラスで本を読みながら過ごしました。<br />蚊の音で目覚めたのにテラスに蚊はおらず‥。

    ずっとテラスで本を読みながら過ごしました。
    蚊の音で目覚めたのにテラスに蚊はおらず‥。

  • 象の水浴びの時間です。<br />7:00ごろから7:30ごろまででしたが6:50ごろにはパオーンという鳴き声がしていました。

    象の水浴びの時間です。
    7:00ごろから7:30ごろまででしたが6:50ごろにはパオーンという鳴き声がしていました。

  • 一番下のカテゴリーの部屋を予約しましたが雨季でお客さんが5,6組しかおらデラックスルームへずアップグレードしていただきました。

    一番下のカテゴリーの部屋を予約しましたが雨季でお客さんが5,6組しかおらデラックスルームへずアップグレードしていただきました。

  • 高原のホテルっぽい。

    高原のホテルっぽい。

  • ボートの出発が8:00で、7:50ごろまでにボートに来るように言われていましたが象をのんびり見ていたら7:20ごろになっており慌てて朝食を食べに行きました。

    ボートの出発が8:00で、7:50ごろまでにボートに来るように言われていましたが象をのんびり見ていたら7:20ごろになっており慌てて朝食を食べに行きました。

  • 朝ごはん。<br />自家製ジャムとおいしいカットフルーツ。

    朝ごはん。
    自家製ジャムとおいしいカットフルーツ。

  • オムレツ。

    オムレツ。

  • 朝食の後チェックアウト。伝票が挟まっています。<br />ラオス語かわいい。

    朝食の後チェックアウト。伝票が挟まっています。
    ラオス語かわいい。

  • 本当に気持ちがいい日です。

    本当に気持ちがいい日です。

  • ホテルのレセプション。彼がマネージャーだそう。

    ホテルのレセプション。彼がマネージャーだそう。

  • パークベンの朝の様子はこんな風。

    パークベンの朝の様子はこんな風。

  • ボートが待っていました。

    ボートが待っていました。

  • ちょっと坂を歩きます。

    ちょっと坂を歩きます。

  • 横に停まっていたパブリックボート。すごく安く行けますが、繁茂期は席の争奪戦とのことでしたがこの日はほとんどお客さんがいませんでした。

    横に停まっていたパブリックボート。すごく安く行けますが、繁茂期は席の争奪戦とのことでしたがこの日はほとんどお客さんがいませんでした。

  • 確かにネットで調べたときに書いてあったみたいに、バスの座席をそのまま使っているような感じです。<br /><br />この日のパブリックボートは木のベンチみたいなのではなかったです。<br />そういった椅子に座ることになったら、「まるで修行」って書いてあるものも見たような気がします。

    確かにネットで調べたときに書いてあったみたいに、バスの座席をそのまま使っているような感じです。

    この日のパブリックボートは木のベンチみたいなのではなかったです。
    そういった椅子に座ることになったら、「まるで修行」って書いてあるものも見たような気がします。

  • 船の最後尾にあるキッチンスペース。船長一家がここで調理などしてくれます。<br /><br />これはパブリックボートの最後尾ですが‥。

    船の最後尾にあるキッチンスペース。船長一家がここで調理などしてくれます。

    これはパブリックボートの最後尾ですが‥。

  • さあ、出発です。

    さあ、出発です。

  • おじさん漁をしている様子。

    おじさん漁をしている様子。

  • 住民の足としてのボートでしょうか?

    住民の足としてのボートでしょうか?

  • 所々で小さな集落が見えます。

    所々で小さな集落が見えます。

  • 牛の群れがのんびり水浴び。

    牛の群れがのんびり水浴び。

  • お坊さんは船から降りてお寺のような建物のほうに歩いていきます。

    お坊さんは船から降りてお寺のような建物のほうに歩いていきます。

  • これは砂金(金)をとっているところだそう。

    これは砂金(金)をとっているところだそう。

  • 何もしないでぼーっとしている間にお昼になってしまいました。<br /><br />今日のランチ。

    何もしないでぼーっとしている間にお昼になってしまいました。

    今日のランチ。

  • 2日とも本当においしかった。

    2日とも本当においしかった。

  • パックオー洞窟にそろそろつきます。

    パックオー洞窟にそろそろつきます。

    パクオウ(パークウー)洞窟 洞穴・鍾乳洞

    絶景! by たびねこちゃちゃさん
  • よくこんなところに洞窟があり、仏像が集まってきたな~。

    よくこんなところに洞窟があり、仏像が集まってきたな~。

    パクオウ(パークウー)洞窟 洞穴・鍾乳洞

    絶景! by たびねこちゃちゃさん
  • 何かお母さん作っています。

    何かお母さん作っています。

  • 今回は入場料込みでした。Shompoo Cruiseにはチケット代は含まれていました。

    今回は入場料込みでした。Shompoo Cruiseにはチケット代は含まれていました。

  • 歴史。

    歴史。

  • 優しいお顔。

    優しいお顔。

  • 仏像が好きなのでゆっくりお顔を眺めます。

    仏像が好きなのでゆっくりお顔を眺めます。

  • 狛犬の片割れかな?

    狛犬の片割れかな?

  • 首のうえがなくなっていました。

    首のうえがなくなっていました。

  • こんな風にたくさん置かれています。

    こんな風にたくさん置かれています。

  • パックオー洞窟は上の洞窟と下の洞窟があり、よりたくさん仏像があるのが下の洞窟です。<br />今から上の洞窟へ行きます。

    パックオー洞窟は上の洞窟と下の洞窟があり、よりたくさん仏像があるのが下の洞窟です。
    今から上の洞窟へ行きます。

  • さっきよりすごく暗くて少しだけ仏像があります。

    さっきよりすごく暗くて少しだけ仏像があります。

  • 洞窟の中から外を見る。

    洞窟の中から外を見る。

  • 見学が終わったのでボートに戻ります。

    見学が終わったのでボートに戻ります。

  • パックオー洞窟。物売りの子供がいっぱいいました。

    パックオー洞窟。物売りの子供がいっぱいいました。

  • 素晴らしい天気の中、出発です。

    素晴らしい天気の中、出発です。

  • 本当に気持ちがいい。

    本当に気持ちがいい。

  • のんびりと川下り。<br /><br />ホーキサイからルアンパバーンまで約300㎞の船旅。

    のんびりと川下り。

    ホーキサイからルアンパバーンまで約300㎞の船旅。

  • ルアンパバーン近づき、都会に近くなるとごみがいっぱい。<br /><br />上流にはほとんどごみはありませんでした。

    ルアンパバーン近づき、都会に近くなるとごみがいっぱい。

    上流にはほとんどごみはありませんでした。

  • ラオスウイスキーの村見学です。

    ラオスウイスキーの村見学です。

  • 作り方(蒸留の仕方)が書いてあります。

    作り方(蒸留の仕方)が書いてあります。

  • 原料。白米から透明なウイスキー。赤米から茶味がかったウヰスキーができます。<br /><br />試飲させていただきましたが沖縄の泡盛によく似ているような気がしました。

    原料。白米から透明なウイスキー。赤米から茶味がかったウヰスキーができます。

    試飲させていただきましたが沖縄の泡盛によく似ているような気がしました。

  • 蛇入り。

    蛇入り。

  • サソリ入り。<br /><br />ほかにもヤモリ入りなどがありましたがちょっとかわいそうで写真には撮れませんでした。<br />強壮作用があるそうです。

    サソリ入り。

    ほかにもヤモリ入りなどがありましたがちょっとかわいそうで写真には撮れませんでした。
    強壮作用があるそうです。

  • ラオスは織物がたくさん売られています。

    ラオスは織物がたくさん売られています。

  • で、あっという間にラオスにつきました。16:00.<br />クルーズ会社が手配してくれたバンに乗りホテルに向かいます。<br /><br />これが今回お世話になった部屋。<br />ホテル自体が世界遺産。<br />私の部屋も世界遺産の一部です。

    で、あっという間にラオスにつきました。16:00.
    クルーズ会社が手配してくれたバンに乗りホテルに向かいます。

    これが今回お世話になった部屋。
    ホテル自体が世界遺産。
    私の部屋も世界遺産の一部です。

    ヴィラ マイドウ ホテル

    世界遺産に泊まれる贅沢。 by たびねこちゃちゃさん
  • ちょっとだけプールでゆっくりします。

    ちょっとだけプールでゆっくりします。

  • 南国の小さなホテルのプール。

    南国の小さなホテルのプール。

  • ハッピーアワーでしたのでカクテルを一杯。

    ハッピーアワーでしたのでカクテルを一杯。

  • さあ街へ‥。どうやら間違った方向に進んでしまいました。本当はナイトマーケットに行きたかったのですが・。<br />この橋はカーン川にかかるオールドブリッジ。<br />鉄橋ですが床は木の板です!

    さあ街へ‥。どうやら間違った方向に進んでしまいました。本当はナイトマーケットに行きたかったのですが・。
    この橋はカーン川にかかるオールドブリッジ。
    鉄橋ですが床は木の板です!

  • めちゃんこ怖いです。<br />無料ですのでスリルを味わいたいのであればぜひ。<br />板がギシギシいって恐怖しかありません。

    めちゃんこ怖いです。
    無料ですのでスリルを味わいたいのであればぜひ。
    板がギシギシいって恐怖しかありません。

  • 橋の途中から。

    橋の途中から。

  • ちょっとわからんけど世界遺産のマーク。

    ちょっとわからんけど世界遺産のマーク。

  • ぶらぶらナイトマーケットを目指します。<br />歩いても歩いてもどこにも行けそうにありません。<br />ナイトマーケットの場所を聞いても会う人あう人全然違う場所を教えてくれます。<br />もう仕方がないので来た道を引き返します。

    ぶらぶらナイトマーケットを目指します。
    歩いても歩いてもどこにも行けそうにありません。
    ナイトマーケットの場所を聞いても会う人あう人全然違う場所を教えてくれます。
    もう仕方がないので来た道を引き返します。

  • 暗くなり元気もなくなったので地元民がいっぱいいるお店で夜ご飯を調達します。

    暗くなり元気もなくなったので地元民がいっぱいいるお店で夜ご飯を調達します。

  • たくさん並ぶおかず。

    たくさん並ぶおかず。

  • ホテルで食器を貸してもらいビールを飲みながら夕飯にしました。<br /><br />おいしかった。

    ホテルで食器を貸してもらいビールを飲みながら夕飯にしました。

    おいしかった。

15いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅行記グループ

メコン川クルーズ一人旅

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

ラオスで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ラオス最安 686円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ラオスの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集