台北旅行記(ブログ) 一覧に戻る
台湾(台北)は2002、18、19年と3回目だが映画祭は初めて。<br />会期は 6月27日から 7月13日(上映は11日まで?)だが、<br />6月末はサミットでうるさいから7月に行くことに。<br />足と宿は上映スケジュールが分かってから取るつもりだったが<br />1か月前になっても発表がない (特に珍しくはないが…)。<br />ネットで情報を探しても、例えば『長いお別れ』や『岬の兄妹』が<br />上映されるとか、過去のオープニング式典の写真などばかりで、<br />会場がどこかすら分からない。<br />上映会場が分からないとホテルも探せないが、どうやら<br />西門の中山堂がメインらしいので西門なら映画街だし、<br />ついに、しびれを切らし1か月を切って足と宿を押さえた。<br />飛行機は(できればLCCは使いたくないが)<br />tigerair で KIX IT211(14:00) と TPE  IT220(18:30)。<br />LCC だが比較的いい時間帯でターミナル1 なのもありがたい。<br /><br />ホテルは中山堂に近い新驛旅店西門捷運店に3泊と、<br />(普通は宿は替えないが)4泊目が高かったので<br />最後の日は帰りに便利な台北駅に近い中源大飯店に1泊。<br />上映のメイン会場は西門の新光影城で、ほかには<br />中山堂と光點華山の3カ所のみ。 できる限り移動したくないので<br />光點華山はパス、あとの2つは徒歩圏なので動かなくて済む。<br />光點台北(台北之家) なら歩ける距離で便利なのだが、<br />キャパが小さいから光點華山の2スクリーンを使っている。<br />写真は新光影城のスケジュール表で全部で144コマある。<br />上映は1日 5回 (10月に行った釜山映画祭は 4回)

2019年 台北 1/4:初電影節参加だけど…心を入れ替えた。(でもダメだった??)

15いいね!

2019/07/02 - 2019/07/06

14774位(同エリア26764件中)

旅行記グループ 2019年 台北

0

65

milouchat

milouchatさん

台湾(台北)は2002、18、19年と3回目だが映画祭は初めて。
会期は 6月27日から 7月13日(上映は11日まで?)だが、
6月末はサミットでうるさいから7月に行くことに。
足と宿は上映スケジュールが分かってから取るつもりだったが
1か月前になっても発表がない (特に珍しくはないが…)。
ネットで情報を探しても、例えば『長いお別れ』や『岬の兄妹』が
上映されるとか、過去のオープニング式典の写真などばかりで、
会場がどこかすら分からない。
上映会場が分からないとホテルも探せないが、どうやら
西門の中山堂がメインらしいので西門なら映画街だし、
ついに、しびれを切らし1か月を切って足と宿を押さえた。
飛行機は(できればLCCは使いたくないが)
tigerair で KIX IT211(14:00) と TPE IT220(18:30)。
LCC だが比較的いい時間帯でターミナル1 なのもありがたい。

ホテルは中山堂に近い新驛旅店西門捷運店に3泊と、
(普通は宿は替えないが)4泊目が高かったので
最後の日は帰りに便利な台北駅に近い中源大飯店に1泊。
上映のメイン会場は西門の新光影城で、ほかには
中山堂と光點華山の3カ所のみ。 できる限り移動したくないので
光點華山はパス、あとの2つは徒歩圏なので動かなくて済む。
光點台北(台北之家) なら歩ける距離で便利なのだが、
キャパが小さいから光點華山の2スクリーンを使っている。
写真は新光影城のスケジュール表で全部で144コマある。
上映は1日 5回 (10月に行った釜山映画祭は 4回)

旅行の満足度
4.0
ホテル
4.5
同行者
一人旅
交通手段
徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 何度も使っている KIX で初めて気づいた<br />Repack area という場所。 よく空港で<br />床に大きなトランクを広げ荷物の詰め替えをしているが<br />そのため専門(?)のエリアで重量計もあるから詰め替えに<br />便利。(僕は重くて5キロぐらいの持ち込みだから無縁)

    何度も使っている KIX で初めて気づいた
    Repack area という場所。 よく空港で
    床に大きなトランクを広げ荷物の詰め替えをしているが
    そのため専門(?)のエリアで重量計もあるから詰め替えに
    便利。(僕は重くて5キロぐらいの持ち込みだから無縁)

  • LCCだから承知だが座席は狭い

    LCCだから承知だが座席は狭い

  • 1400円払って前から2番目、通路側 2C を<br />選んだが幸い3人席の隣2つが空席で窓側に座った。<br />(深夜便なら横になって寝られたのに残念?)

    1400円払って前から2番目、通路側 2C を
    選んだが幸い3人席の隣2つが空席で窓側に座った。
    (深夜便なら横になって寝られたのに残念?)

  • 持参の映画1本をタブレットで見たら到着。<br />(タブレットは機内とホテル内のみで持ち歩かない)

    持参の映画1本をタブレットで見たら到着。
    (タブレットは機内とホテル内のみで持ち歩かない)

  • よく見えないがサンリオ・デザインの機体。<br />僕が知ってるのはキティとキキ&amp;ララぐらいだが…

    よく見えないがサンリオ・デザインの機体。
    僕が知ってるのはキティとキキ&ララぐらいだが…

  • 空港内の ある場所で本格的に寝ている人がいる。<br />今まで経験はないし、やりたくもないが<br />空港泊をするのに最適な秘密の場所があった。<br />寝ているのはソファーです。<br />でも秘密だから差し当たり教えない…<br />(まあそのうち知られて混むだろうが…)<br /><br />

    空港内の ある場所で本格的に寝ている人がいる。
    今まで経験はないし、やりたくもないが
    空港泊をするのに最適な秘密の場所があった。
    寝ているのはソファーです。
    でも秘密だから差し当たり教えない…
    (まあそのうち知られて混むだろうが…)

  • 帰りの飛行機は沖止めで<br />バスに乗らなければならない

    帰りの飛行機は沖止めで
    バスに乗らなければならない

  • 向こうに見えるのがターミナルで<br />結構な時間バスに乗っていた

    向こうに見えるのがターミナルで
    結構な時間バスに乗っていた

  • 帰りの飛行機です

    帰りの飛行機です

  • 最初のホテル 新驛旅店西門捷運店は、とにかく場所がいい。<br />西門駅3番出口の目の前で道路を渡るだけ。<br />右端緑のラインはファミリー・マート

    最初のホテル 新驛旅店西門捷運店は、とにかく場所がいい。
    西門駅3番出口の目の前で道路を渡るだけ。
    右端緑のラインはファミリー・マート

  • ホテルを替えたので使ってないが台北駅までの無料の<br />シャトルバスも 30分おきにありホテル前に止まるようだ

    ホテルを替えたので使ってないが台北駅までの無料の
    シャトルバスも 30分おきにありホテル前に止まるようだ

  •  いわゆるデザイナーズ・ホテルでチェーン店が4つあり、<br />それぞれ別のデザイナーが担当、各部屋のデザインも違うらしい。<br />僕の部屋は2階の207でアメリカのデザインチーム<br />Love Tomorrow Today の担当らしい。<br />窓がないのは残念だが、その分安いし…<br />(窓がないと天候が分からないので毎朝 確かめに<br />外に出る必要がある。 ついでにタバコを吸うから問題ないが…)<br />もちろんシャワーのみだがウォッシュレットもあり<br />文句はない (アップグレードとかでベッドがキングサイズに)<br /><br />

    いわゆるデザイナーズ・ホテルでチェーン店が4つあり、
    それぞれ別のデザイナーが担当、各部屋のデザインも違うらしい。
    僕の部屋は2階の207でアメリカのデザインチーム
    Love Tomorrow Today の担当らしい。
    窓がないのは残念だが、その分安いし…
    (窓がないと天候が分からないので毎朝 確かめに
    外に出る必要がある。 ついでにタバコを吸うから問題ないが…)
    もちろんシャワーのみだがウォッシュレットもあり
    文句はない (アップグレードとかでベッドがキングサイズに)

  • 部屋に紅茶と緑茶はあるが、なぜかコーヒーがない。<br />しかし1階と地階にコーヒーメーカーがあるので、<br />朝と夜の2回コーヒーを取りに行った

    部屋に紅茶と緑茶はあるが、なぜかコーヒーがない。
    しかし1階と地階にコーヒーメーカーがあるので、
    朝と夜の2回コーヒーを取りに行った

  • 地階には洗衣房、調理吧、さらに交誼廳があり<br />PCも2台設置してある(すべて無料)

    地階には洗衣房、調理吧、さらに交誼廳があり
    PCも2台設置してある(すべて無料)

  • こちらが交誼廳スペース(もちろんテーブルはもっとある)

    こちらが交誼廳スペース(もちろんテーブルはもっとある)

  • キッチンと言っても電子レンジとトースターだけで<br />料理はムリ。 右はコーヒー・メーカー、お湯と水の給水器など

    キッチンと言っても電子レンジとトースターだけで
    料理はムリ。 右はコーヒー・メーカー、お湯と水の給水器など

  • 洗濯機は3台

    洗濯機は3台

  • さっそく映画祭のメイン会場新光影城に。<br />(3スクリーンのうち2つが映画祭用)<br />ホテルから徒歩 10分ほど。これはビル入り口の1つだが<br />映画館は4階にあり複数あるエスカレーターで上がるので、<br />映画館入り口とも言いがたい。こちらが正面(?)だが<br />通りに面していない

    さっそく映画祭のメイン会場新光影城に。
    (3スクリーンのうち2つが映画祭用)
    ホテルから徒歩 10分ほど。これはビル入り口の1つだが
    映画館は4階にあり複数あるエスカレーターで上がるので、
    映画館入り口とも言いがたい。こちらが正面(?)だが
    通りに面していない

  • 獅子林戯院? かってビル内に別の映画館か<br />劇場があったらしく切符売り場の案内まで<br />残っているが劇場は見当たらなかった

    獅子林戯院? かってビル内に別の映画館か
    劇場があったらしく切符売り場の案内まで
    残っているが劇場は見当たらなかった

  • かなりビル自体が老朽化していたが、<br />1階は全店がスマホ関連の店で100店以上はある。<br />ところが2階は礼服などの店が数軒だけ、3階も<br />ほとんどの店がシャッターを降ろし何もなく<br />ビルはゴーストタウン状態。 <br />ビルが建て替えられたら映画祭はどうなるのか…<br />

    かなりビル自体が老朽化していたが、
    1階は全店がスマホ関連の店で100店以上はある。
    ところが2階は礼服などの店が数軒だけ、3階も
    ほとんどの店がシャッターを降ろし何もなく
    ビルはゴーストタウン状態。
    ビルが建て替えられたら映画祭はどうなるのか…

  • 3スクリーンの1つは『スパイダーマン…』<br />などの一般映画上映中だが、階段には『甘い生活』<br />『大人は判ってくれない』『黒い罠』など<br />シネフィル向きのポスターが並ぶ。 つまり、<br />普段からその手の映画も上映する可能性大

    3スクリーンの1つは『スパイダーマン…』
    などの一般映画上映中だが、階段には『甘い生活』
    『大人は判ってくれない』『黒い罠』など
    シネフィル向きのポスターが並ぶ。 つまり、
    普段からその手の映画も上映する可能性大

  • 面白いのは遊園地のように1メートルのラインが<br />引いてあり、3歳以下と身長1メートル未満は入場不可とある

    面白いのは遊園地のように1メートルのラインが
    引いてあり、3歳以下と身長1メートル未満は入場不可とある

  • さて &quot;心を入れ替えた&quot; とは…<br />まず僕が外国に行くのは、日本では公開されないだろう<br />ヨーロッパ映画を見たいからだが、猫と2人暮らしになり<br />数日しか家を空けられずアジアにしか行けない。<br />(猫も留守番に慣れてきたので来年あたりヨーロッパに行けるかも…)<br />しかしアジアでは香港を除きヨーロッパ映画を見る機会は<br />ほとんどないため、国際映画祭目当てで行くようになった。<br />そして映画祭では毎日 4,5本の映画を見ている。 しかし…<br />過去の旅行記を見れば分かるが普通は多くても1日3本で<br />1本も見ない日も珍しくない。<br />台北電影節のHPには当然 英語がありチケットを取ろうと<br />したら、チケット類はすべて ibon というサイト経由で購入し<br />セブンイレブンの機械で発券する。<br />ところが ibon のサイトは中国語しかない! !<br />ネットに買い方の解説などはあるが面倒、さらに半額 (110NT$)の<br />シニア券のネット購入開始は、何と映画祭初日27日から!!<br />かなり気持ちが沈み映画祭への期待が薄れた。<br />行く会場は中山堂と西門の新光影城だけなので<br />徒歩移動も楽だし当日券が買えなくても周囲に映画館は<br />沢山あり困らない。だから今回は事前購入なしで、<br />取れなければ その時次第 (Pain and Glory? )…<br />旅行記も書き出したことだし今後は見る本数を減らし、<br />今回も映画は 14:30の回からの4本だけ(??)にして<br />午前中を自由時間に回し、いわゆる観光地に興味はないが<br />ブラブラ歩きの時間を増やそうと一大決心?! しかし…<br />どうも映画祭が低調なのか完売は極めて少なく、見れたら<br />見よう程度に思っていた13本全部が買えてしまった??<br />以下完売の作品。これは見たかったが帰国日の夜でムリ、<br />アルモドバルの新作。<br />(低調だと思われる理由の1つは、映画祭の無料パンフがなく<br />会場以外では映画祭の存在すら認知されにくい。 その代わり<br />HPで有料パンフ並みの資料がPDFでダウンロードできる)

    さて "心を入れ替えた" とは…
    まず僕が外国に行くのは、日本では公開されないだろう
    ヨーロッパ映画を見たいからだが、猫と2人暮らしになり
    数日しか家を空けられずアジアにしか行けない。
    (猫も留守番に慣れてきたので来年あたりヨーロッパに行けるかも…)
    しかしアジアでは香港を除きヨーロッパ映画を見る機会は
    ほとんどないため、国際映画祭目当てで行くようになった。
    そして映画祭では毎日 4,5本の映画を見ている。 しかし…
    過去の旅行記を見れば分かるが普通は多くても1日3本で
    1本も見ない日も珍しくない。
    台北電影節のHPには当然 英語がありチケットを取ろうと
    したら、チケット類はすべて ibon というサイト経由で購入し
    セブンイレブンの機械で発券する。
    ところが ibon のサイトは中国語しかない! !
    ネットに買い方の解説などはあるが面倒、さらに半額 (110NT$)の
    シニア券のネット購入開始は、何と映画祭初日27日から!!
    かなり気持ちが沈み映画祭への期待が薄れた。
    行く会場は中山堂と西門の新光影城だけなので
    徒歩移動も楽だし当日券が買えなくても周囲に映画館は
    沢山あり困らない。だから今回は事前購入なしで、
    取れなければ その時次第 (Pain and Glory? )…
    旅行記も書き出したことだし今後は見る本数を減らし、
    今回も映画は 14:30の回からの4本だけ(??)にして
    午前中を自由時間に回し、いわゆる観光地に興味はないが
    ブラブラ歩きの時間を増やそうと一大決心?! しかし…
    どうも映画祭が低調なのか完売は極めて少なく、見れたら
    見よう程度に思っていた13本全部が買えてしまった??
    以下完売の作品。これは見たかったが帰国日の夜でムリ、
    アルモドバルの新作。
    (低調だと思われる理由の1つは、映画祭の無料パンフがなく
    会場以外では映画祭の存在すら認知されにくい。 その代わり
    HPで有料パンフ並みの資料がPDFでダウンロードできる)

  • アニエス・ヴァルダ『5時から7時までのクレオ』、<br />今年3月29日にヴァルダが他界したので追悼の<br />特集があり7本上映された (そのうち3本を見た)

    アニエス・ヴァルダ『5時から7時までのクレオ』、
    今年3月29日にヴァルダが他界したので追悼の
    特集があり7本上映された (そのうち3本を見た)

  • 何か目玉でもあるのか、普通なら人気のないはずの<br />台湾の短編集が I だけでなく…

    何か目玉でもあるのか、普通なら人気のないはずの
    台湾の短編集が I だけでなく…

  • アニメ+短編集 II も完売

    アニメ+短編集 II も完売

  • イスラエル、仏、独の 「Synonyms」<br />(今年のフランス映画祭で上映している。<br />10月の釜山映画祭で見れた)

    イスラエル、仏、独の 「Synonyms」
    (今年のフランス映画祭で上映している。
    10月の釜山映画祭で見れた)

  • 『長いお別れ』は2回とも完売だった<br />(蒼井優の結婚が関係?)

    『長いお別れ』は2回とも完売だった
    (蒼井優の結婚が関係?)

  • ソウルの女性映画祭同様<br />Message Board があり、誰かが<br />余ったチケットを貼っていく。ちょうど<br />真ん中の1枚を取っていった人がいた。<br />いつもあるわけではないだろうが<br />タダで見たい人は要チェック

    ソウルの女性映画祭同様
    Message Board があり、誰かが
    余ったチケットを貼っていく。ちょうど
    真ん中の1枚を取っていった人がいた。
    いつもあるわけではないだろうが
    タダで見たい人は要チェック

  • 1本目に見たのは 19:40からの 「Fukuoka」。<br />福岡が舞台の韓国映画で監督の張律は中国国籍の朝鮮族。<br />インタビューは中国語だったが英語通訳が入らない!!<br />(スポットライトがあるのはいいが)

    1本目に見たのは 19:40からの 「Fukuoka」。
    福岡が舞台の韓国映画で監督の張律は中国国籍の朝鮮族。
    インタビューは中国語だったが英語通訳が入らない!!
    (スポットライトがあるのはいいが)

  • こちらは、4日中山堂でのオランダ映画<br />「Take Me Somewhere Nice」 の Kongkiat Khomsiri 監督で<br />当然 右の英語通訳が入ったが観客からの質問などは<br />英語にしないので文字通り半分(以下)しか分からない。<br />(この通訳、メモも持たず相当長い間しゃべらせた後で<br />通訳するスゴ腕。 語学力より記憶力がすごい?)

    こちらは、4日中山堂でのオランダ映画
    「Take Me Somewhere Nice」 の Kongkiat Khomsiri 監督で
    当然 右の英語通訳が入ったが観客からの質問などは
    英語にしないので文字通り半分(以下)しか分からない。
    (この通訳、メモも持たず相当長い間しゃべらせた後で
    通訳するスゴ腕。 語学力より記憶力がすごい?)

  • 2本目は 21:30からのイタリア映画<br />「The Disappearanece Of My Mother」。<br />Benedetta Barrese という、かって相当<br />有名なモデルだった母親を息子が追う<br />ドキュメンタリー。  80近い今の姿は<br />普通のおばあちゃんだが、ポーズを取ると<br />さすがに決まる。 ものすごいヘビー・スモーカー。<br />11時半頃に表に出ると歩けないほどの豪雨!!<br />天気予報では滞在中はずっと(雷)雨だったので<br />仕方なく初めて家から折りたたみ傘を持ってきたが<br />役に立たないほどの大雨で靴の中まで濡れた。<br />台湾各地で洪水が発生した模様

    2本目は 21:30からのイタリア映画
    「The Disappearanece Of My Mother」。
    Benedetta Barrese という、かって相当
    有名なモデルだった母親を息子が追う
    ドキュメンタリー。 80近い今の姿は
    普通のおばあちゃんだが、ポーズを取ると
    さすがに決まる。 ものすごいヘビー・スモーカー。
    11時半頃に表に出ると歩けないほどの豪雨!!
    天気予報では滞在中はずっと(雷)雨だったので
    仕方なく初めて家から折りたたみ傘を持ってきたが
    役に立たないほどの大雨で靴の中まで濡れた。
    台湾各地で洪水が発生した模様

  • 上からツララのように伸びて見えるのは落ちる雨。<br />台北にはポルティコ(?)のある道路が多いので、<br />少しの雨なら傘はなくても済むのだが…<br />幸い残りの日は一時小雨が降る程度だったが、<br />おかげで今回は荷物が増えた。つまり普通なら<br />夏だしサンダルだけなのに(靴下も要らない)<br />今回は雨用の靴と両方持参することに…

    上からツララのように伸びて見えるのは落ちる雨。
    台北にはポルティコ(?)のある道路が多いので、
    少しの雨なら傘はなくても済むのだが…
    幸い残りの日は一時小雨が降る程度だったが、
    おかげで今回は荷物が増えた。つまり普通なら
    夏だしサンダルだけなのに(靴下も要らない)
    今回は雨用の靴と両方持参することに…

  • 昨日は夜だし大雨でもあり気づかなかった<br />西門の入り口だが映画の大看板がゼロ!!<br />西門は映画街ではなくなったのか!?

    昨日は夜だし大雨でもあり気づかなかった
    西門の入り口だが映画の大看板がゼロ!!
    西門は映画街ではなくなったのか!?

  • ★参考までに、2002年の同じ場所 (上写真右の丸いビル)。<br />映画の巨大広告ばかりだったのに…

    ★参考までに、2002年の同じ場所 (上写真右の丸いビル)。
    映画の巨大広告ばかりだったのに…

  • 昨年は西門には来なかったので知らなかったが<br />最近(?)できたアート系のワンダフルな映画館<br />Wonderful Theatre (真善美劇院 )が<br />西門入り口にありホテルから1分ほど。<br />[調べると1996年オープンというから初めて台湾に来た<br />2002年にもあったはずだが知らなかった。<br />何回か改修しているらしいが…]<br />覗くと 「Les salopes ou le sucre naturel de la peau」<br /> (飢慾之膚) というフランス語題の映画をやっている。<br />(カナダ映画でメインは英語だったが) 映画祭は<br />14:30からなので、その前の 12:10の回を135ドルで見た。<br />中国語題からも想像できるように(?)AV顔負けに何度も<br />Sex 場面がある (もちろんボカシなし)。<br />既婚の女性化学者が Sex 前後の細胞の変化を研究するため<br />皮膚の細胞を収集するという Sex 場面に必然性(?)がある作品

    昨年は西門には来なかったので知らなかったが
    最近(?)できたアート系のワンダフルな映画館
    Wonderful Theatre (真善美劇院 )が
    西門入り口にありホテルから1分ほど。
    [調べると1996年オープンというから初めて台湾に来た
    2002年にもあったはずだが知らなかった。
    何回か改修しているらしいが…]
    覗くと 「Les salopes ou le sucre naturel de la peau」
    (飢慾之膚) というフランス語題の映画をやっている。
    (カナダ映画でメインは英語だったが) 映画祭は
    14:30からなので、その前の 12:10の回を135ドルで見た。
    中国語題からも想像できるように(?)AV顔負けに何度も
    Sex 場面がある (もちろんボカシなし)。
    既婚の女性化学者が Sex 前後の細胞の変化を研究するため
    皮膚の細胞を収集するという Sex 場面に必然性(?)がある作品

  • ほかには今回の映画祭でも上映される<br />フランス映画 「Varda by Agnès 」も公開間近<br />

    ほかには今回の映画祭でも上映される
    フランス映画 「Varda by Agnès 」も公開間近

  • これは韓国映画の 「Parasite (寄生上流)」で<br />5日10:20に喜満客絶色影城で見た(130ドル)。<br />『寄生獣』みたいなホラー系かなと思ったら<br />上流階級に寄生して乗っ取る家族の<br />ややコミカルな話で 意外と面白かった。<br />PS:<br />これ今年のカンヌのパルムドールだったんですね、<br />知らなかった。 確かに面白かったけど、ウーン…<br />[2020年1月『パラサイト 半地下の家族』として公開予定]<br />アカデミー賞も4冠! 大大ヒット、まあいいけど…

    これは韓国映画の 「Parasite (寄生上流)」で
    5日10:20に喜満客絶色影城で見た(130ドル)。
    『寄生獣』みたいなホラー系かなと思ったら
    上流階級に寄生して乗っ取る家族の
    ややコミカルな話で 意外と面白かった。
    PS:
    これ今年のカンヌのパルムドールだったんですね、
    知らなかった。 確かに面白かったけど、ウーン…
    [2020年1月『パラサイト 半地下の家族』として公開予定]
    アカデミー賞も4冠! 大大ヒット、まあいいけど…

  • ドヌーヴの新作 「Claire Darling」 も上映中。<br />映画祭がなければ確実に見ている<br />●2020年4が24日 『アンティークの祝祭』として公開される

    ドヌーヴの新作 「Claire Darling」 も上映中。
    映画祭がなければ確実に見ている
    ●2020年4が24日 『アンティークの祝祭』として公開される

  • 台北では その 「Claire Darling」を<br />真善美戯院、光點華山、誠品電影院、喜楽時代と<br />4つもの映画館で上映する。<br />今回は事前には台北之家しか上映作品のチェックを<br />しなかったが (時間が合わず行かず)、<br />台北でもヨーロッパ映画が見られるんだ!<br />日本で公開される可能性は 20%ぐらいだと思うが<br />東京ですら、せいぜい2館ぐらいでの公開だろう。<br />また楽しみが増えたが、台北の映画事情は<br />進んでいるのか遅れているのか…<br />●予想通り東京ではシネスイッチ銀座と<br />kino cinema 立川高島屋 S.C.館の2館のみで公開。<br />関東まで広げても kino cinema 横浜みなとみらい1館。<br />そして配給がキノフィルム、つまり自社系列を除けば<br />関東で1館! 今のところ全国で 10館で公開。<br />まあ日本でヨーロッパ映画が公開されるのはありがたいが…<br />

    台北では その 「Claire Darling」を
    真善美戯院、光點華山、誠品電影院、喜楽時代と
    4つもの映画館で上映する。
    今回は事前には台北之家しか上映作品のチェックを
    しなかったが (時間が合わず行かず)、
    台北でもヨーロッパ映画が見られるんだ!
    日本で公開される可能性は 20%ぐらいだと思うが
    東京ですら、せいぜい2館ぐらいでの公開だろう。
    また楽しみが増えたが、台北の映画事情は
    進んでいるのか遅れているのか…
    ●予想通り東京ではシネスイッチ銀座と
    kino cinema 立川高島屋 S.C.館の2館のみで公開。
    関東まで広げても kino cinema 横浜みなとみらい1館。
    そして配給がキノフィルム、つまり自社系列を除けば
    関東で1館! 今のところ全国で 10館で公開。
    まあ日本でヨーロッパ映画が公開されるのはありがたいが…

  • こちらが 「寄生上流」 を見た喜満客絶色影城。<br />ここで見るのは 2002年の『メン・イン・ブラック2』以来。<br />コナンやライオンキングの看板が見える

    こちらが 「寄生上流」 を見た喜満客絶色影城。
    ここで見るのは 2002年の『メン・イン・ブラック2』以来。
    コナンやライオンキングの看板が見える

  • 同じく絶色影城の上映時間表だが背景(?)に<br />日本映画『キングダム』があるという珍しいパターン

    同じく絶色影城の上映時間表だが背景(?)に
    日本映画『キングダム』があるという珍しいパターン

  • ビルは小さいのに 8Fから 11Fまでで 9スクリーンもある。<br /> 覚えていないが昔は2スクリーンぐらいだったような気が…

    ビルは小さいのに 8Fから 11Fまでで 9スクリーンもある。
    覚えていないが昔は2スクリーンぐらいだったような気が…

  • 朝だし相変わらず観客は少ない。<br />(映画祭でも 10人足らずの回もあった)

    朝だし相変わらず観客は少ない。
    (映画祭でも 10人足らずの回もあった)

  • そして相変わらずエンド・クレジット中に<br />客電が点灯され観客はいなくなり掃除開始…<br />ちなみに写真でも分かるが、このスクリーンは<br />部屋の形が変則的で座席の配置が変わっている

    そして相変わらずエンド・クレジット中に
    客電が点灯され観客はいなくなり掃除開始…
    ちなみに写真でも分かるが、このスクリーンは
    部屋の形が変則的で座席の配置が変わっている

  • これは5日に見たトルコ映画の 「Anons」 (政變麥来亂)。<br />日本では数年前から、(僕は大嫌いだが)メイン以外の<br />言語の字幕は<>で囲み外国語であることを示すのが一般的になった。<br />外国では(滅多にないが)この例のように英中とも (ドイツ語) と<br /> “注” で示している。 (やるならその方が親切)<br />面白いのは医者がドイツ語で &quot;口を開いて&quot;と言い<br />ナースがトルコ語で言い直すので Open your mouth という<br />簡単な文なのに、わざわざ2回も出る(英中で4回)。 <br />(日本では普通、前は字幕なしの1回)<br />たまには脚注(?)まで入り、例えば郷土料理などの場合<br />ボルシチ (シチュー)のように注釈が入る [実例ではないです]。<br />日本語字幕でルビがあるように字幕は &quot;書き言葉&quot; なのです<br /><br />

    これは5日に見たトルコ映画の 「Anons」 (政變麥来亂)。
    日本では数年前から、(僕は大嫌いだが)メイン以外の
    言語の字幕は<>で囲み外国語であることを示すのが一般的になった。
    外国では(滅多にないが)この例のように英中とも (ドイツ語) と
    “注” で示している。 (やるならその方が親切)
    面白いのは医者がドイツ語で "口を開いて"と言い
    ナースがトルコ語で言い直すので Open your mouth という
    簡単な文なのに、わざわざ2回も出る(英中で4回)。
    (日本では普通、前は字幕なしの1回)
    たまには脚注(?)まで入り、例えば郷土料理などの場合
    ボルシチ (シチュー)のように注釈が入る [実例ではないです]。
    日本語字幕でルビがあるように字幕は "書き言葉" なのです

  • これは上映前の CMだがスマホの入力に台湾人なら<br />誰でも知っている注音符号を使っている。<br />街中の看板などで注音符号を見ることはないが…<br />確かに漢字圏では例えば偏や旁を使っても<br />組み合わせが無数にあり入力には適さない。<br />そう考えると日本は平仮名、カタカナ、ABC とあり便利。<br />(中国ではピンインを使うようだ)

    これは上映前の CMだがスマホの入力に台湾人なら
    誰でも知っている注音符号を使っている。
    街中の看板などで注音符号を見ることはないが…
    確かに漢字圏では例えば偏や旁を使っても
    組み合わせが無数にあり入力には適さない。
    そう考えると日本は平仮名、カタカナ、ABC とあり便利。
    (中国ではピンインを使うようだ)

  • ところで第 21屆台北電影節のポスター、<br />意識したかは分からないが文字がハングルに見え<br /> 21は NI、 台など完全に NING と読める。<br />さすがに ほかの字は読めないが…<br /><br />まあ そんなわけで、見る映画の本数を減らすつもり<br />だったのに、結局 映画祭で 13本、一般映画館で 3本<br />(最終日に「Yesterday」)と 16本も見てしまった…<br />ある人に依存症だと言われたが、言い得て妙。<br />はっきり言って1年に何百という映画を見ても<br />面白いと思えるのは数えるほどしかない。<br />それでも &quot;やめられない&quot; &quot;抜けられない&quot; まさに<br />酒やタバコ、ドラッグ、賭け事、女(?)同様の中毒症状ですね…

    ところで第 21屆台北電影節のポスター、
    意識したかは分からないが文字がハングルに見え
    21は NI、 台など完全に NING と読める。
    さすがに ほかの字は読めないが…

    まあ そんなわけで、見る映画の本数を減らすつもり
    だったのに、結局 映画祭で 13本、一般映画館で 3本
    (最終日に「Yesterday」)と 16本も見てしまった…
    ある人に依存症だと言われたが、言い得て妙。
    はっきり言って1年に何百という映画を見ても
    面白いと思えるのは数えるほどしかない。
    それでも "やめられない" "抜けられない" まさに
    酒やタバコ、ドラッグ、賭け事、女(?)同様の中毒症状ですね…

  • もう1つの会場はオープニングやクロージングの<br />式典も行われる中山堂 (今回ここでは3本見ただけ)。<br />ガイドブックには余り載っていないようだが<br />天皇ヒロヒト即位を祝って 1935年に完成した、<br />井出薫設計の公会堂。 映画が上映されるのは<br />1,2階合わせ 2,056席もある集会所の中正廰

    もう1つの会場はオープニングやクロージングの
    式典も行われる中山堂 (今回ここでは3本見ただけ)。
    ガイドブックには余り載っていないようだが
    天皇ヒロヒト即位を祝って 1935年に完成した、
    井出薫設計の公会堂。 映画が上映されるのは
    1,2階合わせ 2,056席もある集会所の中正廰

  • 中山堂全景

    中山堂全景

  • 建物前には Ford の宣伝で、こんな展示があり映画祭らしい雰囲気が

    建物前には Ford の宣伝で、こんな展示があり映画祭らしい雰囲気が

  • 映画祭チケット売り場。 この会場の難点は 20分前まで<br />会場に入れないので外の熱気に耐えながら待たなければならない。<br />せっかく素晴らしい(?)ロビーがあるのだから配置を考えて欲しい…

    映画祭チケット売り場。 この会場の難点は 20分前まで
    会場に入れないので外の熱気に耐えながら待たなければならない。
    せっかく素晴らしい(?)ロビーがあるのだから配置を考えて欲しい…

  • 中山堂ロビー

    中山堂ロビー

  • 数は少ないが廊下にUSBの充電ソケットまであった

    数は少ないが廊下にUSBの充電ソケットまであった

  • キャパは大きいが古い公会堂なのでシネコンに比べると座席が良くない。<br />特に座り心地が悪くはなかったが…<br />スクリーンもキャパに比べて小さめ。 本来映画館じゃないしね

    キャパは大きいが古い公会堂なのでシネコンに比べると座席が良くない。
    特に座り心地が悪くはなかったが…
    スクリーンもキャパに比べて小さめ。 本来映画館じゃないしね

  • 照明も映画館の照明ではない。主に演劇やコンサート会場らしい…

    照明も映画館の照明ではない。主に演劇やコンサート会場らしい…

  • 2階席もある。 そうそう今回の映画祭では<br />すべて座席指定でシネコンのように<br />自分で座席を指定できるので<br />僕はすべて前から2列目を取った。<br />もちろん混んではいないので<br />好きな場所に座っていいが…

    2階席もある。 そうそう今回の映画祭では
    すべて座席指定でシネコンのように
    自分で座席を指定できるので
    僕はすべて前から2列目を取った。
    もちろん混んではいないので
    好きな場所に座っていいが…

  • これは上映作品と無関係に登場して何か挨拶していたが、<br />もしかしたら有名スターかもしれない

    これは上映作品と無関係に登場して何か挨拶していたが、
    もしかしたら有名スターかもしれない

  • 今回見た映画のチケット(一部)、座席はすべて前から2列目右側。<br />下の3枚は一般映画館で、左から真善美戯院 (135ドル)、<br />喜満客絶色影城 (130ドル)、そして、またしても行った<br />台北站直結、 Qsquare 内の京站威秀影城 (165ドル)。<br />映画祭はすべて 110ドルと、一番高いもので<br />1本 587円! 日本の半額以下だ (シニア料金)

    今回見た映画のチケット(一部)、座席はすべて前から2列目右側。
    下の3枚は一般映画館で、左から真善美戯院 (135ドル)、
    喜満客絶色影城 (130ドル)、そして、またしても行った
    台北站直結、 Qsquare 内の京站威秀影城 (165ドル)。
    映画祭はすべて 110ドルと、一番高いもので
    1本 587円! 日本の半額以下だ (シニア料金)

  • ついでなので、外観だけだが西門のシネコンを紹介。<br />これは 楽声影城 (LUX Cinema)

    ついでなので、外観だけだが西門のシネコンを紹介。
    これは 楽声影城 (LUX Cinema)

  • 夜の LUX Cinema 。 ここは 24時間営業 !<br />ホテル代わりにどうぞ(入替制だけどトイレに潜んで?)

    夜の LUX Cinema 。 ここは 24時間営業 !
    ホテル代わりにどうぞ(入替制だけどトイレに潜んで?)

  • in 89 豪華數位影城 (in 89 Digital Cinemax)

    in 89 豪華數位影城 (in 89 Digital Cinemax)

  • 日新威秀影城 (VIESHOW CINEMAS)

    日新威秀影城 (VIESHOW CINEMAS)

  • U2 電影館。<br />ちなみに、多くの映画館のHPは中国語だけしかない

    U2 電影館。
    ちなみに、多くの映画館のHPは中国語だけしかない

  • 台湾でもドリンクなどの売り場でチケットを買う映画館が多い。<br />だから座席表が見えているが、もちろん混雑状況を示すためで<br />自分が買う画面ではなく、数秒ごとに画面が変わる。<br />この例は 23:15からのアニメらしくガラ空き

    台湾でもドリンクなどの売り場でチケットを買う映画館が多い。
    だから座席表が見えているが、もちろん混雑状況を示すためで
    自分が買う画面ではなく、数秒ごとに画面が変わる。
    この例は 23:15からのアニメらしくガラ空き

15いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

台湾で使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
台湾最安 160円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

台湾の料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集