小樽旅行記(ブログ) 一覧に戻る
ニセコをたって目指したのは余市のニッカウヰスキー蒸留所。車で1時間ほどだったが、ニッカウヰスキーの駐車場待ちで15分ほど待ったか。車を止めてからまずはランチ、でもここも8組の待ち客が。仕方なく名前を書いて順番が来るまでお土産屋に入るのだが、ここも大混雑。割高なウヰスキーがバカスカ売れていく。余市限定品もあり、かく言う私も3本をカゴに入れてレジ待ちの長&#12316;い列に並ぶ。買ったものを車にお気に行きレストランに戻ると丁度順番が回ってきた。ただ1番、2番人気のメニューは既に本日は品切れ。よって「スープカレーラムしゃぶ」を注文。わざわざここまできて食べるものなのかどうか迷いながら、ここでしか食べられないメニューだと思って完食。食後は近隣の余市川のほとりにある桜堤を散策。8分咲きの桜を見てから工場見学へ。車なので試飲はできなかったのが残念だったが、令和初日の良い思い出になった。<br />次は小樽へ向けて車を走らす。開業10周年のグランドパーク小樽へチェックイン。ここは以前ヒルトン小樽だったホテル。眼前にはハーバーが広がる日本海ビューの部屋。小樽の街まではJRで2駅、小樽築港から電車で小樽駅まで移動。旧手宮線の線路では鉄ちゃん鉄子がシャッターを切っている。小樽運河まで歩いていくと華奢な女性俥夫が引く人力車が客を乗せて走っていく。逞しいね&#12316;と思いながら運河に到着するやいなや別の威勢のいいにいちゃん俥夫から声がかかる。簡単な説明を受けてここまで来たし令和も今日からってことで30分9000円のコースをお願いした。ブラタモリのようなウンチクを語りながら引いてもらい、なかなか有意義な時間だった。夕飯はその俥夫さんオススメのイタリアン、小樽バインへ。ここも待ち時間が1時間と言われ、名前を書いて小樽堺町通りを散策。30分で戻ったら名前が消されていた。念の為確認すると席を作るからちょっと待てとのことで夕飯にありつくことができた。溢れスパークリングとチーズ、ポットパイ等を満喫し、それほどお高くはない。なかなか良い選択だった。夜になった小樽運河を散歩してホテルに帰る。このホテルは大浴場が無く内湯だったが、湯上り後のビールはしっかりといただく。翌朝の朝食はまたまたバイキング、しかも長蛇の列。だが、北海道の朝食バイキングはどこも美味しいので沢山食べ過ぎてしまうのが玉に瑕かな。

余市〜小樽 欲張り旅

19いいね!

2019/05/01 - 2019/05/02

480位(同エリア1764件中)

0

23

ニセコをたって目指したのは余市のニッカウヰスキー蒸留所。車で1時間ほどだったが、ニッカウヰスキーの駐車場待ちで15分ほど待ったか。車を止めてからまずはランチ、でもここも8組の待ち客が。仕方なく名前を書いて順番が来るまでお土産屋に入るのだが、ここも大混雑。割高なウヰスキーがバカスカ売れていく。余市限定品もあり、かく言う私も3本をカゴに入れてレジ待ちの長〜い列に並ぶ。買ったものを車にお気に行きレストランに戻ると丁度順番が回ってきた。ただ1番、2番人気のメニューは既に本日は品切れ。よって「スープカレーラムしゃぶ」を注文。わざわざここまできて食べるものなのかどうか迷いながら、ここでしか食べられないメニューだと思って完食。食後は近隣の余市川のほとりにある桜堤を散策。8分咲きの桜を見てから工場見学へ。車なので試飲はできなかったのが残念だったが、令和初日の良い思い出になった。
次は小樽へ向けて車を走らす。開業10周年のグランドパーク小樽へチェックイン。ここは以前ヒルトン小樽だったホテル。眼前にはハーバーが広がる日本海ビューの部屋。小樽の街まではJRで2駅、小樽築港から電車で小樽駅まで移動。旧手宮線の線路では鉄ちゃん鉄子がシャッターを切っている。小樽運河まで歩いていくと華奢な女性俥夫が引く人力車が客を乗せて走っていく。逞しいね〜と思いながら運河に到着するやいなや別の威勢のいいにいちゃん俥夫から声がかかる。簡単な説明を受けてここまで来たし令和も今日からってことで30分9000円のコースをお願いした。ブラタモリのようなウンチクを語りながら引いてもらい、なかなか有意義な時間だった。夕飯はその俥夫さんオススメのイタリアン、小樽バインへ。ここも待ち時間が1時間と言われ、名前を書いて小樽堺町通りを散策。30分で戻ったら名前が消されていた。念の為確認すると席を作るからちょっと待てとのことで夕飯にありつくことができた。溢れスパークリングとチーズ、ポットパイ等を満喫し、それほどお高くはない。なかなか良い選択だった。夜になった小樽運河を散歩してホテルに帰る。このホテルは大浴場が無く内湯だったが、湯上り後のビールはしっかりといただく。翌朝の朝食はまたまたバイキング、しかも長蛇の列。だが、北海道の朝食バイキングはどこも美味しいので沢山食べ過ぎてしまうのが玉に瑕かな。

同行者
カップル・夫婦
一人あたり費用
10万円 - 15万円
交通手段
JALグループ JR特急 自家用車 徒歩
利用旅行会社
個別手配
旅行の満足度
5.0
観光
5.0
ホテル
4.5
グルメ
4.5
ショッピング
4.5
交通
3.0

PR

19いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集