ルアンプラバン旅行記(ブログ) 一覧に戻る
ルアンパバーンだけの滞在に絞り、4泊6日で行って来ました。<br />旅工房のベトナム航空ビジネスクラスで、4つ星ホテル4泊のフリープランのツアーが手頃な価格(個人手配の航空券代より少し安い)が出ていたのでそれを利用しました。<br />ただ、本来のツアーの指定ホテルは満室で、こちらの希望した立地のいいホテルに変更です。<br />現地ツアーは現地の旅行社で手配しました。<br /><br />3月5日 関西空港10:30=VN331=13:35ハノイ19:10=VN2905=20:30ルアンパバーン空港~送迎~ホテル<br />    ホテル~ナイトマーケット~夕食~ホテル<br />3月6日 ホテル~托鉢参加~朝市~ホテル(朝食)~旅行社~国立博物館~ホテル~市内観光(ワット・シェントーン、ワット・セーン、バンブーブリッジ)~ホテル~プーシー~夕食~ホテル<br />3月7日 ホテル~托鉢見学~現地ツアー(象乗り、クアンシーの滝)~夕食~マッサージ~ホテル<br />3月8日 ホテル~現地ツアー(メコン川クルーズ、バークウー洞窟)~市内観光(ワット・ヴィスンナラート、メコン川の夕日他)<br />3月9日 ホテル~托鉢見学 ホテル~フェリー乗り場=フェリー=対岸(シェンメン村)~ホテル~市内観光(スーパー、寺院巡り、マッサージ他)~ホテル~送迎~ルアンパバーン空港19:15=VN930=20:15ハノイ<br />3月10日 ハノイ0:45=VN330=6:40関西空港<br /><br />4日目 ホテル~現地ツアー(メコン川クルーズ、バークウー洞窟)~街歩き(ワット・ヴィスンナラート、メコン川の夕陽他)<br />

個人で行く、のんびりルアンパバーン 4. メコン川クルーズ行くパークウー洞窟現地ツアーと街歩き

47いいね!

2019/03/05 - 2019/03/10

96位(同エリア1705件中)

旅行記グループ のんびり ルアンパバーン

0

144

Kuwaチャン

Kuwaチャンさん

ルアンパバーンだけの滞在に絞り、4泊6日で行って来ました。
旅工房のベトナム航空ビジネスクラスで、4つ星ホテル4泊のフリープランのツアーが手頃な価格(個人手配の航空券代より少し安い)が出ていたのでそれを利用しました。
ただ、本来のツアーの指定ホテルは満室で、こちらの希望した立地のいいホテルに変更です。
現地ツアーは現地の旅行社で手配しました。

3月5日 関西空港10:30=VN331=13:35ハノイ19:10=VN2905=20:30ルアンパバーン空港~送迎~ホテル
    ホテル~ナイトマーケット~夕食~ホテル
3月6日 ホテル~托鉢参加~朝市~ホテル(朝食)~旅行社~国立博物館~ホテル~市内観光(ワット・シェントーン、ワット・セーン、バンブーブリッジ)~ホテル~プーシー~夕食~ホテル
3月7日 ホテル~托鉢見学~現地ツアー(象乗り、クアンシーの滝)~夕食~マッサージ~ホテル
3月8日 ホテル~現地ツアー(メコン川クルーズ、バークウー洞窟)~市内観光(ワット・ヴィスンナラート、メコン川の夕日他)
3月9日 ホテル~托鉢見学 ホテル~フェリー乗り場=フェリー=対岸(シェンメン村)~ホテル~市内観光(スーパー、寺院巡り、マッサージ他)~ホテル~送迎~ルアンパバーン空港19:15=VN930=20:15ハノイ
3月10日 ハノイ0:45=VN330=6:40関西空港

4日目 ホテル~現地ツアー(メコン川クルーズ、バークウー洞窟)~街歩き(ワット・ヴィスンナラート、メコン川の夕陽他)

旅行の満足度
5.0
同行者
カップル・夫婦(シニア)
一人あたり費用
20万円 - 25万円
交通手段
タクシー 徒歩
旅行の手配内容
ツアー(添乗員同行なし)

PR

  • 4日目の朝です。今日はゆっくり起きて、托鉢見物はパスしました。<br />今から、ホテルのテラスで朝食です。

    4日目の朝です。今日はゆっくり起きて、托鉢見物はパスしました。
    今から、ホテルのテラスで朝食です。

  • メニューの中から、サラダ、ポーチドエッグとベーコンをオーダーして頂きました。

    メニューの中から、サラダ、ポーチドエッグとベーコンをオーダーして頂きました。

  • 今日はヌードルを頂きます。

    今日はヌードルを頂きます。

  • デザートは今日もフルーツ入りヨーグルトです。

    デザートは今日もフルーツ入りヨーグルトです。

  • 部屋へ上がる階段で記念撮影<br />今から、現地ツアー(メコン川クルーズ、パークウー洞窟)の集合場所のツアー会社へ行きます。

    部屋へ上がる階段で記念撮影
    今から、現地ツアー(メコン川クルーズ、パークウー洞窟)の集合場所のツアー会社へ行きます。

  • ツアー会社に着きました。<br />ここで、しばらく待たされました。

    ツアー会社に着きました。
    ここで、しばらく待たされました。

  • ツアー会社からトゥクトゥクに乗って船乗り場へ行きます。

    ツアー会社からトゥクトゥクに乗って船乗り場へ行きます。

  • 船乗り場に着きました。

    船乗り場に着きました。

  • 乗って来た、トゥクトゥクです。<br />実は、この船乗り場、ホテルから歩いてもすぐの所にありました。<br />トゥクトゥク代が10,000キープになるのかな。<br />今回、これしかトゥクトゥクに乗っていないので、体験乗車賃みたいな感じですね。

    乗って来た、トゥクトゥクです。
    実は、この船乗り場、ホテルから歩いてもすぐの所にありました。
    トゥクトゥク代が10,000キープになるのかな。
    今回、これしかトゥクトゥクに乗っていないので、体験乗車賃みたいな感じですね。

  • 今から、船に乗り込みます。

    今から、船に乗り込みます。

  • 今から、船内へ<br />メコン川クルーズ、出航です。

    今から、船内へ
    メコン川クルーズ、出航です。

  • 船内は外観に比べて、かなり綺麗です。<br />掃除も行き届いていました。(床もピカピカ)<br /><br />このツアーも参加者8名で、そのうち、日本人が私達を入れて6名いました。<br />昨日も今日も、現地英語ツアーにも関わらず、日本人率が高かったですね。<br />

    船内は外観に比べて、かなり綺麗です。
    掃除も行き届いていました。(床もピカピカ)

    このツアーも参加者8名で、そのうち、日本人が私達を入れて6名いました。
    昨日も今日も、現地英語ツアーにも関わらず、日本人率が高かったですね。

  • シートも新しいです。。

    シートも新しいです。。

  • テーブルもあり、意外とデラックスですね。<br />ちなみに、トイレも水洗、洋式で非常に綺麗でした。

    テーブルもあり、意外とデラックスですね。
    ちなみに、トイレも水洗、洋式で非常に綺麗でした。

  • 今から、出航です。

    今から、出航です。

  • メコン川をゆっくり進みます。<br />川の風が気持ちいいです。<br /><br />

    メコン川をゆっくり進みます。
    川の風が気持ちいいです。

  • たくさんの船が行き交います。

    たくさんの船が行き交います。

  • 漁もしています。

    漁もしています。

  • メコン川クルーズ

    メコン川クルーズ

  • この奥(カーテンがあるところ)がこの船のオーナーの家のようです。

    この奥(カーテンがあるところ)がこの船のオーナーの家のようです。

  • 途中、ここで給油しました。

    途中、ここで給油しました。

  • この船はマーケットのようです。

    この船はマーケットのようです。

  • また、船が出航します。

    また、船が出航します。

  • メコン川クルーズ

    メコン川クルーズ

  • しばらく、船が進むと、橋梁の工事が

    しばらく、船が進むと、橋梁の工事が

  • 中国が行っている、鉄道の橋梁の工事です。この鉄道は中国国内からビエンチャンまで結ばれ、さらにタイまで結ぶようです。<br />

    中国が行っている、鉄道の橋梁の工事です。この鉄道は中国国内からビエンチャンまで結ばれ、さらにタイまで結ぶようです。

  • 岸辺には牛が放し飼いしていますね。

    岸辺には牛が放し飼いしていますね。

  • まもなく、サンハイ村に着きます。

    まもなく、サンハイ村に着きます。

  • 船が到着です。上陸します。

    船が到着です。上陸します。

  • サンハイ村へはこの道を上がって行きます。

    サンハイ村へはこの道を上がって行きます。

  • サンハイ村では、お酒つくりの村で有名です。<br />ラオス焼酎”ラオラーオ”です。

    サンハイ村では、お酒つくりの村で有名です。
    ラオス焼酎”ラオラーオ”です。

  • これは、トカゲやサソリなどのゲテモノをラオラーオで漬けたお酒です。

    これは、トカゲやサソリなどのゲテモノをラオラーオで漬けたお酒です。

  • 主な原料はお米ですが、赤米で作ったものや、イモから作ったものなど、数種類あるそうです。ここで、試飲販売もしていました。

    主な原料はお米ですが、赤米で作ったものや、イモから作ったものなど、数種類あるそうです。ここで、試飲販売もしていました。

  • サンハイ村ではラオラーオの製造だけでなく、伝統的な手織物も有名だそうです。

    サンハイ村ではラオラーオの製造だけでなく、伝統的な手織物も有名だそうです。

  • 地元の人々が軒先で機織りをしていいます。

    地元の人々が軒先で機織りをしていいます。

  • サンハイ村

    サンハイ村

  • カラフルなストールやバッグ等も販売しています。

    カラフルなストールやバッグ等も販売しています。

  • サンハイ村

    サンハイ村

  • 村を少し散策します。

    村を少し散策します。

  • 先には比較的新しい寺院がありました。

    先には比較的新しい寺院がありました。

  • 田舎にあるにも係わらず、立派なお寺ですね。

    田舎にあるにも係わらず、立派なお寺ですね。

  • サンハイ村

    サンハイ村

  • サンハイ村

    サンハイ村

  • サンハイ村

    サンハイ村

  • サンハイ村

    サンハイ村

  • サンハイ村

    サンハイ村

  • 船に乗るためもどります。

    船に乗るためもどります。

  • また、この船に乗ります。

    また、この船に乗ります。

  • かわいい子供たちがお見送りしてくれます。

    かわいい子供たちがお見送りしてくれます。

  • みんな、素朴でかわいいです。<br />ポーズをとってくれました。

    みんな、素朴でかわいいです。
    ポーズをとってくれました。

  • 又、カメラに笑顔を向けてくれました。

    イチオシ

    又、カメラに笑顔を向けてくれました。

  • サンハイ村を後にしてパークウー洞窟へ向かいます。

    サンハイ村を後にしてパークウー洞窟へ向かいます。

  • メコン川クルーズ

    メコン川クルーズ

  • メコン川の風が気持ちいいです。

    メコン川の風が気持ちいいです。

  • 対岸に象が見えて来ました。

    対岸に象が見えて来ました。

  • 昨日に行った所のあたりでしょうか?

    昨日に行った所のあたりでしょうか?

  • パークウー洞窟の桟橋に到着しました。

    パークウー洞窟の桟橋に到着しました。

    パクオウ(パークウー)洞窟 洞穴・鍾乳洞

  • 船がたくさん停泊してるので、乗って来た船をチェックしておきます。

    船がたくさん停泊してるので、乗って来た船をチェックしておきます。

  • パークウー洞窟が見えてきました。<br />この洞窟は、タム・ティンとさらに上部にあるタム・プンの2つからなります。<br />入場料は別料金で20,000キープでした。

    パークウー洞窟が見えてきました。
    この洞窟は、タム・ティンとさらに上部にあるタム・プンの2つからなります。
    入場料は別料金で20,000キープでした。

  • こちらの洞窟はタム・ティンといわれ、川に面した切り立った崖をくり抜いたような洞窟です。

    こちらの洞窟はタム・ティンといわれ、川に面した切り立った崖をくり抜いたような洞窟です。

  • 内部は、新旧さまざまの、約4000体以上もの仏像が、このような複雑に洞内並べられています。<br />

    イチオシ

    内部は、新旧さまざまの、約4000体以上もの仏像が、このような複雑に洞内並べられています。

  • タム・ティン

    タム・ティン

  • タム・ティン

    タム・ティン

  • タム・ティン

    タム・ティン

  • 洞内から見降ろしたメコン川です。

    洞内から見降ろしたメコン川です。

  • パークウー洞窟から見た対岸です。

    パークウー洞窟から見た対岸です。

  • 象の周り多くの人がいますね。<br />これでは、全員乗れなさそうです。

    象の周り多くの人がいますね。
    これでは、全員乗れなさそうです。

  • タム・ティンを出て、タム・プンへはこの階段上って行きます。

    タム・ティンを出て、タム・プンへはこの階段上って行きます。

  • こちらがタム・プン洞窟です。

    こちらがタム・プン洞窟です。

  • この入口から入場します。

    この入口から入場します。

  • この洞窟は横穴になっています。<br />

    この洞窟は横穴になっています。

  • 真っ暗な内部に仏像が点在しています。<br />奥は真っ暗なので、懐中電灯が必要です。(私達は自前で用意していました。)<br /><br />これからの写真はフラッシュが使えないので、懐中電灯を照らして撮影しました。

    真っ暗な内部に仏像が点在しています。
    奥は真っ暗なので、懐中電灯が必要です。(私達は自前で用意していました。)

    これからの写真はフラッシュが使えないので、懐中電灯を照らして撮影しました。

  • 懐中電灯だけの照明の方が、神秘的に映りますね。

    懐中電灯だけの照明の方が、神秘的に映りますね。

  • タム・プン洞窟

    タム・プン洞窟

  • タム・プン洞窟

    タム・プン洞窟

  • タム・プン洞窟

    イチオシ

    タム・プン洞窟

  • 洞窟内の雰囲気です。

    洞窟内の雰囲気です。

  • タム・プン洞窟

    タム・プン洞窟

  • 洞窟を後にして、桟橋まで下ります。

    洞窟を後にして、桟橋まで下ります。

  • 船は、直ぐにわかりました。<br />今から、乗ります。

    船は、直ぐにわかりました。
    今から、乗ります。

  • パークウー洞窟をあとにして、ルアンパバーンに戻ります。

    イチオシ

    パークウー洞窟をあとにして、ルアンパバーンに戻ります。

  • 帰りは川下りのようです。

    帰りは川下りのようです。

  • メコン川クルーズ

    メコン川クルーズ

  • ルアンパバーンの船乗り場に着きました。(桟橋みたいなものは無いですね)<br />往路は2時間位、復路は1時間程で着きました。

    ルアンパバーンの船乗り場に着きました。(桟橋みたいなものは無いですね)
    往路は2時間位、復路は1時間程で着きました。

  • 船着場からホテルまですぐだったので、一旦戻って休憩です。

    船着場からホテルまですぐだったので、一旦戻って休憩です。

  • ランチを食べに出かけました。<br />王宮の裏手にあったレストランです。<br />ひなびた、ローカルレストランという感じですね。

    ランチを食べに出かけました。
    王宮の裏手にあったレストランです。
    ひなびた、ローカルレストランという感じですね。

  • TouTou Restaurantという名前でした。<br />ここで、ランチにしました。

    TouTou Restaurantという名前でした。
    ここで、ランチにしました。

  • まず、ビアラオですね。

    まず、ビアラオですね。

  • ラープ、ライスです。

    ラープ、ライスです。

  • 野菜たっぷりのヌードルです。<br /><br />ここのレストランは安価でした。<br /><br />

    野菜たっぷりのヌードルです。

    ここのレストランは安価でした。

  • ランチを終え、街歩きに出発です。<br /><br />ホテルの隣にあるワット・マイに来ました。<br />今回、やっと入場します。<br /><br />正式名称は「ワット・マイ・スワンナプーム・アハーム」。<br />「美しい黄金の新しい寺院」という意味だそうです。

    ランチを終え、街歩きに出発です。

    ホテルの隣にあるワット・マイに来ました。
    今回、やっと入場します。

    正式名称は「ワット・マイ・スワンナプーム・アハーム」。
    「美しい黄金の新しい寺院」という意味だそうです。

    ワット マイ スワナプーマハム 建造物

  • ワット・マイ

    ワット・マイ

  • 装飾を含め建物はかなり豪華です。

    装飾を含め建物はかなり豪華です。

  • ワット・マイ内部の仏像様たち

    ワット・マイ内部の仏像様たち

  • ワット・マイ

    ワット・マイ

  • ワット・マイ

    ワット・マイ

  • 屋根の形が五重になっています。ワット・シェントーンとは形が違います。

    イチオシ

    屋根の形が五重になっています。ワット・シェントーンとは形が違います。

  • 敷地内にある塔。

    敷地内にある塔。

  • ワット・マイを後にして、また街歩きです。

    イチオシ

    ワット・マイを後にして、また街歩きです。

  • タラート・ダラーという市場に来ました。

    タラート・ダラーという市場に来ました。

  • この市場は、中国やタイの日用雑貨を扱うテナントが多く入居する、インドアのマーケットです。

    この市場は、中国やタイの日用雑貨を扱うテナントが多く入居する、インドアのマーケットです。

  • この時間、客もほとんどいなく、従業員やる気なしでした。

    この時間、客もほとんどいなく、従業員やる気なしでした。

  • まるで、ゴーストマーケットみたいです。

    まるで、ゴーストマーケットみたいです。

  • 市場を出たら、看板がありました。<br />50m先にスーパーマーケットあるようです。<br />今日は街歩きなので、明日にでもまた来ることにします。

    市場を出たら、看板がありました。
    50m先にスーパーマーケットあるようです。
    今日は街歩きなので、明日にでもまた来ることにします。

  • 今から、ワット ビスンナラート というお寺を目指します。

    今から、ワット ビスンナラート というお寺を目指します。

  • こんな感じの路地裏を歩いて行きます。

    こんな感じの路地裏を歩いて行きます。

  • 広い道よりこのような道の方がいいですね。

    広い道よりこのような道の方がいいですね。

  • ワット・ビスンナラートに来ました。<br />ワット・ビスンナラートは、ラーンサーン王朝のビスンナラート王の時代の1512年頃に創建され、ルアンパバーンに現存する寺院の中では最も古い歴史を持っています。<br />この写真は今の本堂です。1896年から1898年にかけて再建されました。本堂の大部分は木造に代わりレンガと漆喰で建てられた簡素な外観です。<br />

    イチオシ

    地図を見る

    ワット・ビスンナラートに来ました。
    ワット・ビスンナラートは、ラーンサーン王朝のビスンナラート王の時代の1512年頃に創建され、ルアンパバーンに現存する寺院の中では最も古い歴史を持っています。
    この写真は今の本堂です。1896年から1898年にかけて再建されました。本堂の大部分は木造に代わりレンガと漆喰で建てられた簡素な外観です。

    ワット ヴィスンナラート (すいか寺) 建造物

  • 寺院は通称スイカ寺とも呼ばれています。

    イチオシ

    寺院は通称スイカ寺とも呼ばれています。

  • 本堂内部に入るには、20,000キープ必要です。<br /><br />本堂に入ると中央には、大きな黄金仏が祀られ、その周りには大小様々な多くの仏像が安置されています。<br />

    本堂内部に入るには、20,000キープ必要です。

    本堂に入ると中央には、大きな黄金仏が祀られ、その周りには大小様々な多くの仏像が安置されています。

  • ワット・ビスンナラート

    ワット・ビスンナラート

  • 様々な時代の仏像や石像彫刻など貴重な仏教芸術作品が保管されています。

    様々な時代の仏像や石像彫刻など貴重な仏教芸術作品が保管されています。

  • ワット・ビスンナラート

    ワット・ビスンナラート

  • ワット・ビスンナラート

    ワット・ビスンナラート

  • ワット・ビスンナラート

    ワット・ビスンナラート

  • 隣にあるお寺に来ました。<br />ワット・アハームというお寺です。<br />ここからの後のお寺は無料でした。

    隣にあるお寺に来ました。
    ワット・アハームというお寺です。
    ここからの後のお寺は無料でした。

  • ワット・アハームの本堂と境内に建つ仏塔です。<br /><br />現在の本堂の建物は、16世紀に建てられた寺院があった場所に1818年にルアンパバーン様式で再建されたものです。

    ワット・アハームの本堂と境内に建つ仏塔です。

    現在の本堂の建物は、16世紀に建てられた寺院があった場所に1818年にルアンパバーン様式で再建されたものです。

  • ワット・アハーム

    ワット・アハーム

  • しばらく歩いて、ワット・ホーシアンに来ました。<br />

    イチオシ

    地図を見る

    しばらく歩いて、ワット・ホーシアンに来ました。

    ワット ホーシアン 寺院・教会

  • ワット・ホーシアン

    ワット・ホーシアン

  • 本堂正面です。

    本堂正面です。

  • 本堂には壁画がたくさん書かれていました。

    本堂には壁画がたくさん書かれていました。

  • ワット・ホーシアンの隣あるワット・マハタートです。<br />境内がつながっていました

    ワット・ホーシアンの隣あるワット・マハタートです。
    境内がつながっていました

  • 釈迦の遺体・遺骨を祀る仏舎利塔です。

    釈迦の遺体・遺骨を祀る仏舎利塔です。

  • 横から見た本堂です。<br />本堂の屋根の重なりは二重でです。

    横から見た本堂です。
    本堂の屋根の重なりは二重でです。

  • お寺へは裏から入ったようで、正面からはこのような階段を上って行くようです。

    お寺へは裏から入ったようで、正面からはこのような階段を上って行くようです。

  • 入口にはワットマハータートの看板がありました。

    入口にはワットマハータートの看板がありました。

  • お寺を後にして、夕日を見にメコン川の川べりに来ました。<br />ただ、陽の下に雲が広がっています。<br />夕日はこれ以上無理っぽいですね。

    イチオシ

    お寺を後にして、夕日を見にメコン川の川べりに来ました。
    ただ、陽の下に雲が広がっています。
    夕日はこれ以上無理っぽいですね。

  • 川べりを歩きます。

    川べりを歩きます。

  • 雲が少し取れて来たような

    雲が少し取れて来たような

  • 薄っすらとして夕日が見られました。

    薄っすらとして夕日が見られました。

  • メコン川に浮かぶ船と夕日

    メコン川に浮かぶ船と夕日

  • なんか、いい感じの写真ですね。

    なんか、いい感じの写真ですね。

  • 日が落ち切りました。

    日が落ち切りました。

  • 川べりのレストランで夕食を

    川べりのレストランで夕食を

  • また、ビアラオで乾杯です。

    また、ビアラオで乾杯です。

  • ミークア、ラオス風焼きそばです。

    ミークア、ラオス風焼きそばです。

  • こちらは、お馴染みのラープです。

    こちらは、お馴染みのラープです。

  • 看板にべ-カリー・カフェと書いていました。

    看板にべ-カリー・カフェと書いていました。

  • ホテルに戻ります。<br />途中に、ランタンが飾っていた店がありました。

    ホテルに戻ります。
    途中に、ランタンが飾っていた店がありました。

  • ホテルの前まで戻って来ました。

    ホテルの前まで戻って来ました。

  • ホテルの前から見上げた、プーシーの丘のライトアップです。

    ホテルの前から見上げた、プーシーの丘のライトアップです。

  • 隣のワット・マイもライトアップしています。

    隣のワット・マイもライトアップしています。

  • ホテルの部屋に戻りました。<br />

    ホテルの部屋に戻りました。

47いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったスポット

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

ラオスで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ラオス最安 686円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ラオスの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集