バチカン旅行記(ブログ) 一覧に戻る
夏休みも実質観光出来るのはあと2日!<br /><br />そして明日はパリへ移動するので、イタリア観光は今日が最後です。<br /><br />さて、世界最小国家のヴァチカン市国には大きく分けて3つの見どころがあると思います。<br /><br />1つ目はカトリックの総本山、サン・ピエトロ大聖堂。<br />2つ目は歴代教皇の蒐集品を集めたヴァチカン美術館。<br />3つ目はヴァチカン美術館の中にあるシスティーナ礼拝堂。<br /><br />美術館の中に礼拝堂?と思いましたが、ヴァチカン美術館はいくつかの美術館と中世の教皇庁の建物などを複合したものをさすそうです。<br /><br />ヴァチカン市国発行のオムニアカードを使ってサン・ピエトロ大聖堂を1時間ほど見学し、14時からはヴァチカン美術館のツアーに参加。<br /><br />ツアーと言ってもヴァチカン美術館まで連れて行ってもらうだけで、エントランスで入場チケットをもらったあとは自由見学でした。<br /><br />17時の閉館まで居てもまだまだ見足りず、そのあとに行った四大河の噴水とパンテオンもチラ見しか出来ず、他にも見たい場所がたくさんあったのですが時間切れ。。。(;´Д`A<br /><br />でもオムニア・ローマパスのおかげで楽しめたヴァチカン&ローマ観光でしたヽ(*´∀`)<br /><br /><br />【おおまかな行程】<br />7/3(火)関空ーパリ パリ泊<br />7/4(水)バカラミュージアム パリ泊<br />7/5(木)ロンドン日帰り 「オペラ座の怪人」鑑賞 パリ泊のはずが…<br />7/6(金)パリーローマ ローマ泊<br />7/7(土)フィレンツェ日帰り ウフィツィ美術館、グッチガーデン、ヴェッキオ宮 ローマ泊<br />7/8(日)コロッセオ、フォロ・ロマーノ、トレヴィの泉 ローマ泊<br />★7/9(月)ヴァチカン市国 ローマ泊<br />7/10(火)ローマーパリ お土産ショッピング CDG泊<br />7/11(水)パリー<br />7/12(木)ー関空 反省会<br /><br /><br />※1ユーロ133円で計算しています(カード請求時)

2018夏休み☆芸術、グルメ、世界遺産!なヨーロッパ その8 世界最小国家の世界最大(!?)美術館☆

34いいね!

2018/07/03 - 2018/07/12

84位(同エリア863件中)

りぽちゃん

りぽちゃんさん

この旅行記スケジュールを元に

夏休みも実質観光出来るのはあと2日!

そして明日はパリへ移動するので、イタリア観光は今日が最後です。

さて、世界最小国家のヴァチカン市国には大きく分けて3つの見どころがあると思います。

1つ目はカトリックの総本山、サン・ピエトロ大聖堂。
2つ目は歴代教皇の蒐集品を集めたヴァチカン美術館。
3つ目はヴァチカン美術館の中にあるシスティーナ礼拝堂。

美術館の中に礼拝堂?と思いましたが、ヴァチカン美術館はいくつかの美術館と中世の教皇庁の建物などを複合したものをさすそうです。

ヴァチカン市国発行のオムニアカードを使ってサン・ピエトロ大聖堂を1時間ほど見学し、14時からはヴァチカン美術館のツアーに参加。

ツアーと言ってもヴァチカン美術館まで連れて行ってもらうだけで、エントランスで入場チケットをもらったあとは自由見学でした。

17時の閉館まで居てもまだまだ見足りず、そのあとに行った四大河の噴水とパンテオンもチラ見しか出来ず、他にも見たい場所がたくさんあったのですが時間切れ。。。(;´Д`A

でもオムニア・ローマパスのおかげで楽しめたヴァチカン&ローマ観光でしたヽ(*´∀`)


【おおまかな行程】
7/3(火)関空ーパリ パリ泊
7/4(水)バカラミュージアム パリ泊
7/5(木)ロンドン日帰り 「オペラ座の怪人」鑑賞 パリ泊のはずが…
7/6(金)パリーローマ ローマ泊
7/7(土)フィレンツェ日帰り ウフィツィ美術館、グッチガーデン、ヴェッキオ宮 ローマ泊
7/8(日)コロッセオ、フォロ・ロマーノ、トレヴィの泉 ローマ泊
★7/9(月)ヴァチカン市国 ローマ泊
7/10(火)ローマーパリ お土産ショッピング CDG泊
7/11(水)パリー
7/12(木)ー関空 反省会


※1ユーロ133円で計算しています(カード請求時)

旅行の満足度
4.5
同行者
家族旅行
交通手段
鉄道 高速・路線バス 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • サン・ピエトロ大聖堂の見学を終え、14時にヴァチカン広場のオムニアカードミーティングポイントに戻りました。<br /><br />そこで頂いたこのシールを胸元に貼り、ツアーに参加される皆さんとガイドさんについて行きます。<br /><br />全員で30名ほどだったと思います。

    サン・ピエトロ大聖堂の見学を終え、14時にヴァチカン広場のオムニアカードミーティングポイントに戻りました。

    そこで頂いたこのシールを胸元に貼り、ツアーに参加される皆さんとガイドさんについて行きます。

    全員で30名ほどだったと思います。

  • ヴァチカン美術館へはサン・ピエトロ大聖堂敷地内から近道があるようなのですが、聖堂外に出てしまうと通れないのか、ミーティングポイントからは一般的なルートを通って行きます。<br /><br />地味な登り坂と暑さでちょっと息切れ(単に日頃の運動不足?笑)。

    ヴァチカン美術館へはサン・ピエトロ大聖堂敷地内から近道があるようなのですが、聖堂外に出てしまうと通れないのか、ミーティングポイントからは一般的なルートを通って行きます。

    地味な登り坂と暑さでちょっと息切れ(単に日頃の運動不足?笑)。

    バチカン美術館 博物館・美術館・ギャラリー

  • MVSEI VATICANI<br /><br />新旧さまざまな美術館の複合体なので、イタリア語の館名は単数形のMuseoではなくMuseiと複数形になっているそうです。<br /><br />Mのあとが「U」ではなく「V」になっているのは「J」「W」「U」がなく、かつ小文字もなかった古代アルファベットの表記法。<br /><br />宝飾ブランドのブルガリBVLGARIなんかもそうですね☆

    MVSEI VATICANI

    新旧さまざまな美術館の複合体なので、イタリア語の館名は単数形のMuseoではなくMuseiと複数形になっているそうです。

    Mのあとが「U」ではなく「V」になっているのは「J」「W」「U」がなく、かつ小文字もなかった古代アルファベットの表記法。

    宝飾ブランドのブルガリBVLGARIなんかもそうですね☆

  • 15分ほど歩いたでしょうか、ヴァチカン美術館に到着です。<br /><br />0階のロビーはチケットを買う人でごった返していましたが、私たちはガイドさんからチケットを受け取るだけ。<br /><br />1階のエントランスから入場します☆

    15分ほど歩いたでしょうか、ヴァチカン美術館に到着です。

    0階のロビーはチケットを買う人でごった返していましたが、私たちはガイドさんからチケットを受け取るだけ。

    1階のエントランスから入場します☆

  • 見学の前にオーディオガイドを借ります。<br /><br />1人8ユーロ(約1100円)。<br /><br />AMEXは使えず、VISAでお支払い。

    見学の前にオーディオガイドを借ります。

    1人8ユーロ(約1100円)。

    AMEXは使えず、VISAでお支払い。

  • と、歩き出してすぐにこちらの中庭に行き着きました。<br /><br />写真右奥に見える球体オブジェはアルナルド・ポモドーロ作の『球体を持った球体』で、1990年に設置されたそうです。

    と、歩き出してすぐにこちらの中庭に行き着きました。

    写真右奥に見える球体オブジェはアルナルド・ポモドーロ作の『球体を持った球体』で、1990年に設置されたそうです。

  • このオブジェがあることから、この中庭は『まつぼっくり(ピーニャ)の中庭』と呼ばれています。

    このオブジェがあることから、この中庭は『まつぼっくり(ピーニャ)の中庭』と呼ばれています。

  • 早速見学へ!と行きたいところですが、広すぎてどこに何があるのかよくわかっていません。<br /><br />となれば、道はただひとつ!<br /><br />まずは一杯~♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪<br /><br />カトラリーとナプキンが入った袋にヴァチカンの紋章が☆

    早速見学へ!と行きたいところですが、広すぎてどこに何があるのかよくわかっていません。

    となれば、道はただひとつ!

    まずは一杯~♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪

    カトラリーとナプキンが入った袋にヴァチカンの紋章が☆

  • ラザニアとトマトソースパスタをいただきながら、どこをどう廻るか作戦会議☆<br /><br />オーディオガイドと共にもらったマップだけではよくわからないので(そもそも下調べしてないのがダメなんですが…)、今更ながらガイドブックを広げたりネットで見どころを検索してみたり。。。<br /><br />小一時間こちらで過ごしました。<br /><br />お会計は合計36ユーロ(約4800円)で、こちらもAMEXは使えずでした。

    ラザニアとトマトソースパスタをいただきながら、どこをどう廻るか作戦会議☆

    オーディオガイドと共にもらったマップだけではよくわからないので(そもそも下調べしてないのがダメなんですが…)、今更ながらガイドブックを広げたりネットで見どころを検索してみたり。。。

    小一時間こちらで過ごしました。

    お会計は合計36ユーロ(約4800円)で、こちらもAMEXは使えずでした。

  • さ、お腹も満たされたところで見学開始♪<br /><br />右奥の扉から美術館内へ。

    さ、お腹も満たされたところで見学開始♪

    右奥の扉から美術館内へ。

  • まずやって来たのはピオ・クレメンティーノ美術館。<br /><br />『ミューズの間』にはトンマーゾ・コンカ作の見事な天井画があります。<br /><br />この美術館の中庭『ベルヴェデーレの中庭』にはミケランジェロも影響を受けたという『ラオコーン像』があったのですが、気づかずに通り過ぎてしまって結局見ることは出来ませんでした(ノ_<)<br /><br />「ラオコーン氏はどこだ??」と言いながら探しまわっていたのに、こんな近くにあったなんて!(爆)

    まずやって来たのはピオ・クレメンティーノ美術館。

    『ミューズの間』にはトンマーゾ・コンカ作の見事な天井画があります。

    この美術館の中庭『ベルヴェデーレの中庭』にはミケランジェロも影響を受けたという『ラオコーン像』があったのですが、気づかずに通り過ぎてしまって結局見ることは出来ませんでした(ノ_<)

    「ラオコーン氏はどこだ??」と言いながら探しまわっていたのに、こんな近くにあったなんて!(爆)

  • 『ベルヴェデーレのトルソ』<br /><br />ミケランジェロはこの彫刻にもとても影響を受けたのだそう。<br /><br />要は人体の筋肉がどうなっているのかに興味があったのでしょうね。

    『ベルヴェデーレのトルソ』

    ミケランジェロはこの彫刻にもとても影響を受けたのだそう。

    要は人体の筋肉がどうなっているのかに興味があったのでしょうね。

  • こちらは『円形の間』。<br /><br />お部屋の中央には赤大理石の一枚岩で出来た大きな杯が置かれ、周りにぐるっと彫刻が並んでいます。<br /><br />柵がしてあって杯のところには近づけないようになっていました。<br /><br />杯が見切れそうなこの構図、あまり興味がないのが出ちゃってますね。。。(^◇^;)

    こちらは『円形の間』。

    お部屋の中央には赤大理石の一枚岩で出来た大きな杯が置かれ、周りにぐるっと彫刻が並んでいます。

    柵がしてあって杯のところには近づけないようになっていました。

    杯が見切れそうなこの構図、あまり興味がないのが出ちゃってますね。。。(^◇^;)

  • 床のモザイク画。<br /><br />ケンタウロスや馬までもが凛々しく描かれています。

    床のモザイク画。

    ケンタウロスや馬までもが凛々しく描かれています。

  • 『ギリシャ十字の間』<br /><br />部屋の形自体が十字になっているのですが、今思い返してもそうだったかな~?という薄い印象しかありません(;´Д`A<br /><br />でも床のモザイク画が可愛くて、奥の柱と一緒に撮りたいなと思って撮った写真です。<br /><br />床面に光が反射してしまっているのが残念(><)

    『ギリシャ十字の間』

    部屋の形自体が十字になっているのですが、今思い返してもそうだったかな~?という薄い印象しかありません(;´Д`A

    でも床のモザイク画が可愛くて、奥の柱と一緒に撮りたいなと思って撮った写真です。

    床面に光が反射してしまっているのが残念(><)

  • 次へ行きましょう。<br /><br />天井装飾はシンプルな色合いながらも凝った作りになっています。

    次へ行きましょう。

    天井装飾はシンプルな色合いながらも凝った作りになっています。

  • 『地図のギャラリー』にやって来ました。<br /><br />グレゴリウス13世(在位1572~1585年)が描かせた16世紀当時のイタリア各地と教会の領地の地図40枚が並びます。<br /><br />ここで団体さんとバッティングし、なかなか前に進むことが出来ません(´-ω-`)

    『地図のギャラリー』にやって来ました。

    グレゴリウス13世(在位1572~1585年)が描かせた16世紀当時のイタリア各地と教会の領地の地図40枚が並びます。

    ここで団体さんとバッティングし、なかなか前に進むことが出来ません(´-ω-`)

  • 天井の装飾画もひとつひとつがとても細かく作られています。<br /><br />ちなみにグレゴリウス13世は今の暦、グレゴリオ暦を作らせた人です!

    天井の装飾画もひとつひとつがとても細かく作られています。

    ちなみにグレゴリウス13世は今の暦、グレゴリオ暦を作らせた人です!

  • 今から400年以上も前に描かれた地図。<br /><br />当時から地形を正確に把握していたなんてスゴイです☆

    今から400年以上も前に描かれた地図。

    当時から地形を正確に把握していたなんてスゴイです☆

  • 上の地図に対してこちらは新しい地図、とオーディオガイドで言っていたような記憶が・・・<br /><br />違いのわからない女(笑)。

    上の地図に対してこちらは新しい地図、とオーディオガイドで言っていたような記憶が・・・

    違いのわからない女(笑)。

  • 地図の中心には3匹の蜂。<br /><br />ヨーロッパでは蜂は繁栄や金運、幸運の象徴ですもんね。

    地図の中心には3匹の蜂。

    ヨーロッパでは蜂は繁栄や金運、幸運の象徴ですもんね。

  • 『地図のギャラリー』出口にはグレゴリウス13世の紋章。<br /><br />ドラゴンの上には法皇の冠と「天国の鍵」が2つ。<br /><br />「天国の鍵」はイエスが聖ペテロに授けたと聖書に記述されています。

    『地図のギャラリー』出口にはグレゴリウス13世の紋章。

    ドラゴンの上には法皇の冠と「天国の鍵」が2つ。

    「天国の鍵」はイエスが聖ペテロに授けたと聖書に記述されています。

  • ズームしたら中心がズレましたが・・・<br /><br />このレリーフの中央にも3匹の蜂が!<br /><br />その下の人の顔?が怖いんですけど(笑)。

    ズームしたら中心がズレましたが・・・

    このレリーフの中央にも3匹の蜂が!

    その下の人の顔?が怖いんですけど(笑)。

  • さてここからが大本命のシスティーナ礼拝堂です。<br /><br />階段を下りて左側の入り口から入りますが、かなりの大渋滞。。。

    さてここからが大本命のシスティーナ礼拝堂です。

    階段を下りて左側の入り口から入りますが、かなりの大渋滞。。。

  • 残念ながら内部は写真撮影禁止(><)<br /><br />この写真は家族がミュージアムショップで買ったポストカードを撮影したものです。<br /><br />正面の壁には『最後の審判』、天井には『創世記』が描かれています。<br /><br />オーディオガイドによると、どちらもミケランジェロが “嫌々” 描いたものだそう(笑)。<br /><br />ミケランジェロ自身は絵画よりも彫刻の方が好きだし自信もあったんですって!

    残念ながら内部は写真撮影禁止(><)

    この写真は家族がミュージアムショップで買ったポストカードを撮影したものです。

    正面の壁には『最後の審判』、天井には『創世記』が描かれています。

    オーディオガイドによると、どちらもミケランジェロが “嫌々” 描いたものだそう(笑)。

    ミケランジェロ自身は絵画よりも彫刻の方が好きだし自信もあったんですって!

  • こちらの天井画もポストカードを撮影したもの。<br /><br />下から4つ目の『アダムの創造』は映画『E.T』のイメージソースになったとかならないとか。。。<br /><br />そして礼拝堂内はおしゃべり厳禁(・×・)<br /><br />何度も「シーッ!サイレ~ンス!!」とマイクで注意が飛んでいましたが、しばらくするとまたざわざわ・・・<br /><br />だってそれだけ見事なミケランジェロの天井画、感嘆の声を上げてしまいますよね☆<br /><br />それにしても、ここは一番の見どころなので、オーディオガイドの説明が長い!!<br /><br />次の絵を見たいのにまだ前の説明が続いているので、途中何がなんだかよく分からなくなりました( ̄▽ ̄;)

    こちらの天井画もポストカードを撮影したもの。

    下から4つ目の『アダムの創造』は映画『E.T』のイメージソースになったとかならないとか。。。

    そして礼拝堂内はおしゃべり厳禁(・×・)

    何度も「シーッ!サイレ~ンス!!」とマイクで注意が飛んでいましたが、しばらくするとまたざわざわ・・・

    だってそれだけ見事なミケランジェロの天井画、感嘆の声を上げてしまいますよね☆

    それにしても、ここは一番の見どころなので、オーディオガイドの説明が長い!!

    次の絵を見たいのにまだ前の説明が続いているので、途中何がなんだかよく分からなくなりました( ̄▽ ̄;)

  • システィーナ礼拝堂を見終えて出て来たのはこんな場所。

    システィーナ礼拝堂を見終えて出て来たのはこんな場所。

  • 色んな十字架が展示されていました。

    色んな十字架が展示されていました。

  • 地球儀も。<br /><br />『ラファエロの間』へ行きたくてウロウロ。。。

    地球儀も。

    『ラファエロの間』へ行きたくてウロウロ。。。

  • 下の階かな?とエレベーターに乗ったら、ここにもヴァチカンの紋章が☆<br /><br />結局さっき居た上の階だったので、またエレベーターに乗って上へ(笑)。<br /><br />係員さんに聞いたら『地図のギャラリー』を抜けていくように言われ、なんだか二度手間。。。

    下の階かな?とエレベーターに乗ったら、ここにもヴァチカンの紋章が☆

    結局さっき居た上の階だったので、またエレベーターに乗って上へ(笑)。

    係員さんに聞いたら『地図のギャラリー』を抜けていくように言われ、なんだか二度手間。。。

  • 『無原罪の御宿りの間』<br /><br />『ラファエロの間』の手前にある小さなお部屋。<br /><br />カトリックが正式に無原罪の御宿り(おんやどり)を認定したのは1854年で、その認定を記念して作られたのがこのお部屋だそうです。<br /><br />無原罪の御宿りとは・・・<br />聖母マリアが、神の恵みの特別なはからいによって、原罪の汚れととがを存在のはじめから一切受けていなかったとする、カトリック教会における教義である。(Wikipediaより)

    『無原罪の御宿りの間』

    『ラファエロの間』の手前にある小さなお部屋。

    カトリックが正式に無原罪の御宿り(おんやどり)を認定したのは1854年で、その認定を記念して作られたのがこのお部屋だそうです。

    無原罪の御宿りとは・・・
    聖母マリアが、神の恵みの特別なはからいによって、原罪の汚れととがを存在のはじめから一切受けていなかったとする、カトリック教会における教義である。(Wikipediaより)

  • 4つの部屋で構成される『ラファエロの間』へやって来ました。<br /><br />ここは元々ユリウス2世(在位1503~1513年)が住んでいた宮殿の一画。<br /><br />4つの部屋は「署名の間」「ヘリオドロスの間」「ボルゴの火災の間」「コンスタンティヌスの間」で構成されています。<br /><br />ここはそのうちのひとつ、『ヘリオドロスの間』。<br /><br />鮮やかな色です!

    4つの部屋で構成される『ラファエロの間』へやって来ました。

    ここは元々ユリウス2世(在位1503~1513年)が住んでいた宮殿の一画。

    4つの部屋は「署名の間」「ヘリオドロスの間」「ボルゴの火災の間」「コンスタンティヌスの間」で構成されています。

    ここはそのうちのひとつ、『ヘリオドロスの間』。

    鮮やかな色です!

  • 『署名の間』<br /><br />この天井画はラファエロの弟子たちが描いたものだとされているそうですが、右下の黄色→の『アダムとイブ』はラファエロ自身が描いたものだそうです。

    『署名の間』

    この天井画はラファエロの弟子たちが描いたものだとされているそうですが、右下の黄色→の『アダムとイブ』はラファエロ自身が描いたものだそうです。

  • 『アテナイの学堂』<br /><br />ラファエロ・サンティが描いた中で最高傑作とされるもの。<br /><br />古代ギリシャの哲学者たちが描かれています。

    『アテナイの学堂』

    ラファエロ・サンティが描いた中で最高傑作とされるもの。

    古代ギリシャの哲学者たちが描かれています。

  • 中央にはレオナルド・ダ・ヴィンチをモデルにしたプラトン(左の赤い服)とアリストテレス。

    中央にはレオナルド・ダ・ヴィンチをモデルにしたプラトン(左の赤い服)とアリストテレス。

  • その左下にミケランジェロ・ブオナローティをモデルにしたヘラクレイトス。

    その左下にミケランジェロ・ブオナローティをモデルにしたヘラクレイトス。

  • 右端でこちらを向いているのがラファエロ自身。<br /><br />このあたりでお手洗いに行きたくなって、あまりゆっくり見れませんでした(^_^;A

    右端でこちらを向いているのがラファエロ自身。

    このあたりでお手洗いに行きたくなって、あまりゆっくり見れませんでした(^_^;A

  • そしてピナコテカ(絵画館)へ行ったのですが、すでに観覧時間終了。。。<br /><br />ラファエロの作品がいくつもあるようだったので見たかったのですが仕方ありません。<br /><br />こちらもミュージアムショップで家族が買ったポストカード3枚のうちの1枚で、ラファエロの『キリストの変容』を写真撮影したものです。<br /><br />サン・ピエトロ大聖堂でレプリカはサラッと見ましたが、本物が見たかったなぁ。。。<br /><br />ま、入場してすぐゴハン食べてたら時間なくなりますよね(反省)。

    そしてピナコテカ(絵画館)へ行ったのですが、すでに観覧時間終了。。。

    ラファエロの作品がいくつもあるようだったので見たかったのですが仕方ありません。

    こちらもミュージアムショップで家族が買ったポストカード3枚のうちの1枚で、ラファエロの『キリストの変容』を写真撮影したものです。

    サン・ピエトロ大聖堂でレプリカはサラッと見ましたが、本物が見たかったなぁ。。。

    ま、入場してすぐゴハン食べてたら時間なくなりますよね(反省)。

  • 有名な二重螺旋階段を通って出口へ。<br /><br />すぐそばにミュージアムショップがありました。<br /><br />この螺旋階段は上りと下りが別々になっているので、閉館時間に近い今、上りの方には誰もいないのがわかります。

    有名な二重螺旋階段を通って出口へ。

    すぐそばにミュージアムショップがありました。

    この螺旋階段は上りと下りが別々になっているので、閉館時間に近い今、上りの方には誰もいないのがわかります。

  • それにしてもめちゃ暑くて喉がカラカラ(><)<br /><br />ヴァチカン美術館から地下鉄の駅へ向かおうとしていたのですが、水を飲まなければ倒れそうです。<br /><br />道の途中に何箇所か水道があり、そこでペットボトルに水を汲んでいる観光客もいましたが、私たちはサン・ピエトロ広場近くのこの噴水まで戻って来てお水を汲みました。<br /><br />警官が乗っていたお馬さんも美味しそうにお水を飲んでいました☆

    それにしてもめちゃ暑くて喉がカラカラ(><)

    ヴァチカン美術館から地下鉄の駅へ向かおうとしていたのですが、水を飲まなければ倒れそうです。

    道の途中に何箇所か水道があり、そこでペットボトルに水を汲んでいる観光客もいましたが、私たちはサン・ピエトロ広場近くのこの噴水まで戻って来てお水を汲みました。

    警官が乗っていたお馬さんも美味しそうにお水を飲んでいました☆

  • ヴァチカンの最寄り駅(といっても10分くらい歩きます)から地下鉄に乗ってスペイン広場へ。<br /><br />MIU MIUでサンダルを購入しました(〃ω〃)<br /><br />イタリアブランドはイタリアで買う方がやっぱり安いです♪

    ヴァチカンの最寄り駅(といっても10分くらい歩きます)から地下鉄に乗ってスペイン広場へ。

    MIU MIUでサンダルを購入しました(〃ω〃)

    イタリアブランドはイタリアで買う方がやっぱり安いです♪

    ミュウ ミュウ (コンドッティ店) ブランドショップ

  • 昨日の夜も訪れたスペイン階段とトリニタ・デイ・モンティ教会。<br />(旅行記はコチラ⇒2018夏休み☆芸術、グルメ、世界遺産!なヨーロッパ その6 灼熱のコロッセオ&フォロ・ロマーノ、キラキラ輝くトレヴィの泉☆https://4travel.jp/travelogue/11378243)<br /><br />青空がとってもキレイ☆<br /><br />昼間はまた雰囲気が違いますね。

    昨日の夜も訪れたスペイン階段とトリニタ・デイ・モンティ教会。
    (旅行記はコチラ⇒2018夏休み☆芸術、グルメ、世界遺産!なヨーロッパ その6 灼熱のコロッセオ&フォロ・ロマーノ、キラキラ輝くトレヴィの泉☆https://4travel.jp/travelogue/11378243

    青空がとってもキレイ☆

    昼間はまた雰囲気が違いますね。

    スペイン広場 広場・公園

  • 途中で見かけたFENDIの子供服専門SHOP。<br /><br />ウィンドウが可愛くて思わずパチリ☆

    途中で見かけたFENDIの子供服専門SHOP。

    ウィンドウが可愛くて思わずパチリ☆

  • テヴェレ川沿いに歩いていると最高裁判所が見えて来ました。<br /><br />とりあえずパチリ☆

    テヴェレ川沿いに歩いていると最高裁判所が見えて来ました。

    とりあえずパチリ☆

  • その先にはサンタンジェロ城。

    その先にはサンタンジェロ城。

    サンタンジェロ城 城・宮殿

  • ズームしてパチリ☆<br /><br />この辺りで欧米人らしき人に道を聞かれましたが、アジア人の私たちが知るはずもないでしょうに・・・(~_~;)

    ズームしてパチリ☆

    この辺りで欧米人らしき人に道を聞かれましたが、アジア人の私たちが知るはずもないでしょうに・・・(~_~;)

  • 目指していたのはナヴォーナ広場。<br /><br />1644年にパンフィーリ家出身の法王インノケンティウス10世が、宮殿とその周辺の整備をジャン・ロレンツォ・ベルニーニに依頼して出来たものだそう。<br /><br />ベルニーニと言えば、先ほど通ったスペイン階段のところの噴水も作ってます☆

    目指していたのはナヴォーナ広場。

    1644年にパンフィーリ家出身の法王インノケンティウス10世が、宮殿とその周辺の整備をジャン・ロレンツォ・ベルニーニに依頼して出来たものだそう。

    ベルニーニと言えば、先ほど通ったスペイン階段のところの噴水も作ってます☆

    ナヴォーナ広場 広場・公園

  • こちらは『ネプチューンの噴水』。<br /><br />噴水自体の整備はベルニーニが行ったものの、彫刻はベルニーニの作ではないのだとか。

    こちらは『ネプチューンの噴水』。

    噴水自体の整備はベルニーニが行ったものの、彫刻はベルニーニの作ではないのだとか。

    ネプチューンの噴水 史跡・遺跡

  • 広場にはオベリスクもあります。<br /><br />『四大河の噴水』の彫刻の真ん中に立てられています。

    広場にはオベリスクもあります。

    『四大河の噴水』の彫刻の真ん中に立てられています。

    四大河の噴水 史跡・遺跡

  • 噴水の後ろにはサンタニェーゼ・イン・アゴーネ教会。<br /><br />12歳で殉教した聖アグネスの頭蓋骨が聖遺物として収められているそうです。<br /><br />設計はベルニーニと並んでバロックを代表する建築家のフランチェスコ・ボッロミーニ。<br /><br />ベルニーニのもとでサン・ピエトロ大聖堂のバルダッキーノの製作に携わっていますが、のちに不仲になり、ボッロミーニが独立した後はライバルとして対立していたようです。

    噴水の後ろにはサンタニェーゼ・イン・アゴーネ教会。

    12歳で殉教した聖アグネスの頭蓋骨が聖遺物として収められているそうです。

    設計はベルニーニと並んでバロックを代表する建築家のフランチェスコ・ボッロミーニ。

    ベルニーニのもとでサン・ピエトロ大聖堂のバルダッキーノの製作に携わっていますが、のちに不仲になり、ボッロミーニが独立した後はライバルとして対立していたようです。

    サンタニェーゼ イン アゴーネ教会 寺院・教会

  • さて、四大河の噴水はナイル川、ガンジス川、ドナウ川、ラプラタ川を擬人化した彫刻が施されています。

    さて、四大河の噴水はナイル川、ガンジス川、ドナウ川、ラプラタ川を擬人化した彫刻が施されています。

  • こちらがガンジス川さん☆<br /><br />オベリスクの先端まで入りきっていませんが…(;´Д`A

    こちらがガンジス川さん☆

    オベリスクの先端まで入りきっていませんが…(;´Д`A

  • この紋章は法王インノケンティウス10世の実家パンフィーリ家のもの。<br /><br />紋章の上には法王冠が見えます。

    この紋章は法王インノケンティウス10世の実家パンフィーリ家のもの。

    紋章の上には法王冠が見えます。

  • 左がラプラタ川さん、右がドナウ川さん。<br /><br />とりあえず見とくか~的な感じでサラッと見たので、細かい意匠などはあまり記憶にないのです。。。

    左がラプラタ川さん、右がドナウ川さん。

    とりあえず見とくか~的な感じでサラッと見たので、細かい意匠などはあまり記憶にないのです。。。

  • 次はすぐ近くにあるパンテオンへ。<br /><br />細い路地を抜けたところにありました。<br /><br />紀元前25~27年の古代ローマ時代に建てられたものの火事で焼失し、その後115~118年に再建されたそう。

    次はすぐ近くにあるパンテオンへ。

    細い路地を抜けたところにありました。

    紀元前25~27年の古代ローマ時代に建てられたものの火事で焼失し、その後115~118年に再建されたそう。

    パンテオン 建造物

  • が、10分前に見学時間が終了し、中に入ることは出来ませんでした(ノ_<)<br /><br />ナヴォーナ広場より先に来ればよかった。。。<br /><br />ミケランジェロが賞賛し、ラファエロが埋葬されることを願ったパンテオン。<br /><br />またローマを訪れた時には必ず再訪したいと思います。

    が、10分前に見学時間が終了し、中に入ることは出来ませんでした(ノ_<)

    ナヴォーナ広場より先に来ればよかった。。。

    ミケランジェロが賞賛し、ラファエロが埋葬されることを願ったパンテオン。

    またローマを訪れた時には必ず再訪したいと思います。

  • 観光を終え、ホテルに戻って荷物を置いたあとはローマ最後の晩餐です☆<br /><br />ホテルにほど近いRISTORANTE ALESSIOにやってきました。

    観光を終え、ホテルに戻って荷物を置いたあとはローマ最後の晩餐です☆

    ホテルにほど近いRISTORANTE ALESSIOにやってきました。

    アレッシオ リストランテ  イタリアン

    テルミニ駅からも近いアレッシオ by りぽちゃんさん
  • シャンパンはなかった(もしくはあっても高かった…)のでイタリアのスパークリングワイン、プロセッコで乾杯♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪<br /><br />7ユーロ(約930円)。

    シャンパンはなかった(もしくはあっても高かった…)のでイタリアのスパークリングワイン、プロセッコで乾杯♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪

    7ユーロ(約930円)。

  • クチコミで評価の高かった手長海老のクリームリゾット12ユーロ(約1600円)とシーフードパスタ14ユーロ(約1900円)をいただきました。<br /><br />つきだし(と言うのでしょうか?)のパンが2人で2ユーロ加算されていたので、特にチップなどは上乗せせずきっちり42ユーロ(約5600円)お支払い。<br /><br />ボリュームもしっかりあり、お味も(絶賛するほどでもないけどww)それなりに美味しかったです☆

    クチコミで評価の高かった手長海老のクリームリゾット12ユーロ(約1600円)とシーフードパスタ14ユーロ(約1900円)をいただきました。

    つきだし(と言うのでしょうか?)のパンが2人で2ユーロ加算されていたので、特にチップなどは上乗せせずきっちり42ユーロ(約5600円)お支払い。

    ボリュームもしっかりあり、お味も(絶賛するほどでもないけどww)それなりに美味しかったです☆

  • ホテルには昨日買っておいたお買い得なスプマンテ3.99ユーロ(約530円)があったので、テルミニ駅のスーパー“コナド”でアテを買って帰り、ホテルのお部屋に戻っていただきました。<br /><br />さっきゴハン食べたのに!?というツッコミは受け付けません(乂´∀`)<br /><br />明日はパリへ移動してあともう1泊します♪

    ホテルには昨日買っておいたお買い得なスプマンテ3.99ユーロ(約530円)があったので、テルミニ駅のスーパー“コナド”でアテを買って帰り、ホテルのお部屋に戻っていただきました。

    さっきゴハン食べたのに!?というツッコミは受け付けません(乂´∀`)

    明日はパリへ移動してあともう1泊します♪

    ベットーヤ メディテラネーオ ホテル ホテル

    駅近で便利なホテル by りぽちゃんさん
34いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (6)

開く

閉じる

  • イチロー51さん 2020/03/20 19:26:35
    絶対行きたいヴァチカン!
    りぽちゃんさん様 こんにちは~

    またまたまたまたヴァチカン美術館旅行記を拝読しています (^-^)v

    数あるヴァチカン旅行記やYouTubeの中でも、
    りぽちゃんさん様の旅行記が一番素敵です。

    何と言っても『地図のギャラリー』は、天井マイスターならではです!

    本家本元のシスティーナ礼拝堂は撮影禁止なんですね。
    大塚国際美術館は、撮り放題、会話し放題です (^-^)/

    泡の写真、ペアですね~
    いつものように素敵です (╹◡╹)♡

    何度も拝見していますが、改めてコメント送らせて頂きました~~

    りぽちゃん

    りぽちゃんさん からの返信 2020/03/21 20:20:44
    RE: 絶対行きたいヴァチカン!
    イチロー51さま、こんばんは!

    そんなにもヴァチカン美術館旅行記を見てくださっているんですか!?
    わ〜、逆に恐縮です。。。
    改めて見直してみて思ったのですが、
    わりと内容アッサリしてません!?(笑)
    当時は結構頑張って書いたつもりだったんですけど〜(^o^;)

    『地図のギャラリー』はとってもステキ空間でした☆
    団体さんとかち合ってしまったのが残念でしたが、
    お部屋自体はすごく良かったです!

    本家本元のシスティーナ礼拝堂(*´艸`*)
    色々規制がありましたが、よく考えれば
    礼拝堂なので観光地ではないですもんね!
    そういう意味では大塚国際美術館の方が
    色々楽しめそうな気がします。

    ヨーロッパには泡を飲みに行ってるので(コラ!)
    これがないと始まらないんですよね〜(笑)。

    改めてのコメントをありがとうございました☆

    りぽちゃん
  • ひとぴちゃんさん 2019/03/21 11:32:31
    圧巻のバチカン美術館!
    りぽちゃん、こんにちは~

    入ってまずは食事しながらの作戦会議(笑)
    なかなか行く前に美術館でどう見学するか、って決めれないよね。
    とっても見応えのあるバチカン美術館(^o^)
    すごいの一言(笑)
    表現力がなくて、ごめん(^◇^;)
    しかし見事な天井画や彫刻の数々だね~。
    そりゃ、2時間では時間足りなさそう。

    しっかりとコメントが書いてくれてあったので勉強になりました(笑)

    夕飯後の部屋飲み♪
    お得なスパークリングで、ローマ最後の夜も満喫だね☆

    続きも楽しみにしてます(≧∇≦)

    ひとぴちゃん

    りぽちゃん

    りぽちゃんさん からの返信 2019/03/24 00:23:08
    RE: 圧巻のバチカン美術館!
    ひとぴちゃんさま、こんばんは〜☆

    入ってすぐ食事、というか飲み!(笑)
    さすがに行く前にどう廻るかまで決める余裕がなくて・・・
    それでもオムニアカードのおかげでずいぶん
    時間の節約が出来て、恩恵は受けれたかな、と☆
    サン・ピエトロでもバチカンの威力を見せつけられたので(笑)、
    ちょっと頭が飽和状態だったかもです〜(^^;)

    夕飯後の部屋飲みはもはやお約束(笑)。
    外で飲むと高いですからね〜(^o^;)
    イタリアのスパークリングはかなりお得なものも多くて、
    そういう意味ではとっても良かったです☆

    次のパリ編でようやく夏休み旅行記も完了です。
    その前にディズニー旅行記アップすると思われます。。。

    りぽちゃん
  • comodoさん 2019/03/21 02:10:34
    やっぱりすごいバチカン美術館
    りぽちゃんさま、おこんばんは☆

    何度もお邪魔します。

    バチカン美術館というのは複合体なんですか?
    ほー、そういう事なんですね・・・

    楽しみにしていたシスティーナは撮影禁止とは残念。
    きっと館内の空気からして違うんでしょうね。
    ポストカードからでも、絵の美しさが伝わってきます。
    でも、クレメンティーノの天井の装飾もすごいですね!
    華やかで女性的な美しさで惹きつけられます。

    サン・ピエトロ大聖堂でも、〇国の方が「マダーム、シー」って何度も言われてた事を思い出しました。
    大陸の方は声が大きいですからね。

    ナヴォーナ広場は行きたかったのに、娘がもう私が歩けないと思って行けなかったところです。
    やっぱり行けば良かった(笑)
    りぽちゃんさんは、道に迷ったりしないの?
    私はナビがあっても迷っちゃうからなぁ・・・
    ちなみに、日本では決して方向音痴ではないのですっ!
         comodo

    りぽちゃん

    りぽちゃんさん からの返信 2019/03/24 00:14:14
    RE: やっぱりすごいバチカン美術館
    comodoさま、こんばんは〜☆

    こちらにもコメントありがとうございますっ!
    お返事が遅くなってごめんなさい。。。(>人<;)

    バチカン美術館はなんかたくさん建物がありました(笑)。
    なのであの作品が見たいと思うとあっち、
    この作品が見たいと思うとこっち、みたいな感じでした。

    システィーナは残念ながら撮影禁止でしたが、
    もし撮影OKだったとしても大した写真は
    撮れなかったのではないかと思います(><)
    そのくらい天井画の創世記も壁画の最後の審判も
    かなり大規模でしたから・・・
    オーディオガイドを聞きながらフムフム…と
    思って見ていましたが、オペラグラス必須かもです!
    そうでもしないと細かいところは見れないので。
    あれは一見の価値はあると思います☆

    ピオ・クレメンティーノの天井装飾もすごいですよね!
    ずっと見学してると美術館全体の豪華さにやられてしまいました(@o@;)

    〇国の方はどこに行ってもわかりますね(笑)。

    ナヴォーナ広場は夜の方がキレイかも。。。
    そう思うとcomodoさまが行かれたパンテオンに先に行って
    後からナヴォーナに行けば良かったです。
    地理的にはホントに近いので、行けなかったのは残念でしたね(;;)
    これは次回リベンジでしょうか!?(笑)

    道に迷ったり・・・
    あんまりしないかもしれないです。
    基本は家族が地図に強いのと、
    海外では街中で地図を広げたりすると
    スリに狙われるかも!と思って、
    頭に叩き込むクセをつけているからかもしれません。
    でもGoogle MAPとの相性が悪くて、
    紙の地図の方が好きなアナログ派です(笑)。

    次のパリ編で夏休み旅行記も最後です。
    でもその前にディズニー旅行記もあるし、
    来月はまたパリに行くので旅行記作成に追われることになりそうです(^^;)

    りぽちゃん

りぽちゃんさんのトラベラーページ

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

バチカンで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
バチカン最安 600円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

バチカンの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集