奈良市旅行記(ブログ) 一覧に戻る
 奈良盆地の東に連なる美しい青垣の山裾を縫うように、桜井から奈良に通じる古代の道があります。これが「日本書紀」にも記録がある「山の辺の道」です。道沿いには今でも多くの史跡や古墳があり、「記紀・万葉集」ゆかりの地名や伝説が残っている、まさに「古代ロマンの道」です。<br /><br /> 「山の辺の道」は、ほぼ中間点の石上神宮(いそのかみじんぐう 天理市)を境に、北と南に別れています。一般に「山の辺の道」は桜井から天理までの「南コース」を指し、見どころの多くはこの範囲に集中しているので、歩く人も圧倒的にこちらが多いです。一方「北コース」は見どころが点在していて、車道を歩くことも多いので「南コース」に比べやや人気薄のようです。<br /><br /> 万歩計は奈良に住んで35年余り、この間「山の辺の道」を70回近く歩いています。やはり「南コース」が多いですが、「北コース」も渋い魅力があります。70回中15回程度は南北全コースを通して歩いていますが、この場合35kmの長距離になり丸1日を要します。<br /><br /> 今回は6年ぶりに南北全コース踏破にチャレンジしました。この道は真夏を除き季節ごとに魅力がありますが、万歩計は柿や蜜柑が色づく秋と冬枯れのこの時期を好みます。4トラベルにも「山の辺の道」の旅行記が多数アップされていますが、ここでは地元の道案内のつもりで少し詳しく書きました。<br /><br /> 後半は石上神宮から近鉄奈良駅までの20.5kmです。<br /> お昼も食べたので、さぁ出発です!

冬の山の辺の道 全35kmを歩く(後半:石上神宮~近鉄奈良駅)

48いいね!

2019/01/13 - 2019/01/13

413位(同エリア4515件中)

0

112

万歩計

万歩計さん

この旅行記のスケジュール

この旅行記スケジュールを元に

 奈良盆地の東に連なる美しい青垣の山裾を縫うように、桜井から奈良に通じる古代の道があります。これが「日本書紀」にも記録がある「山の辺の道」です。道沿いには今でも多くの史跡や古墳があり、「記紀・万葉集」ゆかりの地名や伝説が残っている、まさに「古代ロマンの道」です。

 「山の辺の道」は、ほぼ中間点の石上神宮(いそのかみじんぐう 天理市)を境に、北と南に別れています。一般に「山の辺の道」は桜井から天理までの「南コース」を指し、見どころの多くはこの範囲に集中しているので、歩く人も圧倒的にこちらが多いです。一方「北コース」は見どころが点在していて、車道を歩くことも多いので「南コース」に比べやや人気薄のようです。

 万歩計は奈良に住んで35年余り、この間「山の辺の道」を70回近く歩いています。やはり「南コース」が多いですが、「北コース」も渋い魅力があります。70回中15回程度は南北全コースを通して歩いていますが、この場合35kmの長距離になり丸1日を要します。

 今回は6年ぶりに南北全コース踏破にチャレンジしました。この道は真夏を除き季節ごとに魅力がありますが、万歩計は柿や蜜柑が色づく秋と冬枯れのこの時期を好みます。4トラベルにも「山の辺の道」の旅行記が多数アップされていますが、ここでは地元の道案内のつもりで少し詳しく書きました。

 後半は石上神宮から近鉄奈良駅までの20.5kmです。
 お昼も食べたので、さぁ出発です!

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
同行者
一人旅
交通手段
徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  •  13:00 お昼を食べて15分の休憩で出発。石上神宮の参道を下ります。<br /> 

     13:00 お昼を食べて15分の休憩で出発。石上神宮の参道を下ります。
     

    石上神宮 寺・神社

  •  石上神宮の入口

     石上神宮の入口

  •  しばらくは石上神宮の前の車道を北に歩きます。

     しばらくは石上神宮の前の車道を北に歩きます。

  •  天理市は天理教の街。全国から集まる信者さんのための宿泊施設がいくつも建っています。

     天理市は天理教の街。全国から集まる信者さんのための宿泊施設がいくつも建っています。

  •  ちょっと寄り道して天理教本部の建物を見ます。

     ちょっと寄り道して天理教本部の建物を見ます。

    天理教教会本部(神殿) 寺・神社

  •  街を歩くと黒地に白の染め抜きの法被を着た信者さんの姿を多く見かけます。

     街を歩くと黒地に白の染め抜きの法被を着た信者さんの姿を多く見かけます。

  •  広大な広場

     広大な広場

  •  広場を中心に天理教本部の建物がいくつも建っています。

     広場を中心に天理教本部の建物がいくつも建っています。

  •  天理教本部の建物

     天理教本部の建物

  •  しばらく車道を歩いたあと、道標に従い細い地道に入ります。

     しばらく車道を歩いたあと、道標に従い細い地道に入ります。

  •  小高い丘に向かって歩きます。

     小高い丘に向かって歩きます。

  •  途中に天理高校農事部の花菖蒲園があります。6月上~中旬には見事な花が咲くのでしょう。

     途中に天理高校農事部の花菖蒲園があります。6月上~中旬には見事な花が咲くのでしょう。

  •  ここから竹林を越えます。

     ここから竹林を越えます。

  •  下りた先に道祖神とお狐さん。

     下りた先に道祖神とお狐さん。

  •  更に進むと名阪国道が現れます。道の向こうの大きな建物はシャープの研究所です。

     更に進むと名阪国道が現れます。道の向こうの大きな建物はシャープの研究所です。

  •  名阪国道の下を潜り抜け更に歩くと前方に白川ダムが見えてきます。

     名阪国道の下を潜り抜け更に歩くと前方に白川ダムが見えてきます。

  •  昔からある白川池をダムに改修したもので、農業用水としても利用されています。周りには運動場や公園、散策路も設けられています。

     昔からある白川池をダムに改修したもので、農業用水としても利用されています。周りには運動場や公園、散策路も設けられています。

  •  多くの釣り人が竿をさしていました。

     多くの釣り人が竿をさしていました。

  •  13:50 ここで小休止。スタートから23600歩です。

     13:50 ここで小休止。スタートから23600歩です。

  •  白川ダムを出るとシャープの研究所が大きく見えます。優れた技術で多くの画期的商品を世に出したシャープも今は台湾資本の下で再建中。厳しい世の中です。

     白川ダムを出るとシャープの研究所が大きく見えます。優れた技術で多くの画期的商品を世に出したシャープも今は台湾資本の下で再建中。厳しい世の中です。

  •  しばらくは広い道路を歩きますが、ここで車にすれ違った経験はありません。

     しばらくは広い道路を歩きますが、ここで車にすれ違った経験はありません。

  •  右手に天理高校野球部のグラウンドがあります。紫色のユニフォームはかって奈良県代表の常連でしたが、最近は智弁学園に押され気味です。

     右手に天理高校野球部のグラウンドがあります。紫色のユニフォームはかって奈良県代表の常連でしたが、最近は智弁学園に押され気味です。

  •  近寄って写真を頼んだら大きな声で挨拶してくれました。頑張れょ~!

     近寄って写真を頼んだら大きな声で挨拶してくれました。頑張れょ~!

  •  広い道から狭い道に入り弘仁寺に向かいます。

     広い道から狭い道に入り弘仁寺に向かいます。

  •  弘仁寺の裏の杉林の参道の階段を上ると 

     弘仁寺の裏の杉林の参道の階段を上ると 

  •  14:19 弘仁寺の本堂が見えました。スタートから29000歩。

     14:19 弘仁寺の本堂が見えました。スタートから29000歩。

  •  弘仁寺は弘法大師を開基と、近在の人には「高樋の虚空蔵さん」と呼び親しまれています。

     弘仁寺は弘法大師を開基と、近在の人には「高樋の虚空蔵さん」と呼び親しまれています。

  •  本尊の虚空蔵菩薩は「知恵の仏様」で、13歳になった子供が知恵を授かりに参詣する十三詣りの風習が残っているそうです。

     本尊の虚空蔵菩薩は「知恵の仏様」で、13歳になった子供が知恵を授かりに参詣する十三詣りの風習が残っているそうです。

    弘仁寺 寺・神社

  •  寺の庫裡

     寺の庫裡

  •  明星堂

     明星堂

  •  山門

    イチオシ

     山門

  •  山門に続く杉林の階段を下ります。

     山門に続く杉林の階段を下ります。

  •  次に向かうのは円照寺

     次に向かうのは円照寺

  •  高樋町の集落の中を歩いてます。北西に小さく見えていた生駒山がいつの間にか西の位置になっています。

     高樋町の集落の中を歩いてます。北西に小さく見えていた生駒山がいつの間にか西の位置になっています。

  •  T字路に突き当たります。右に行けば紅葉で有名な正暦寺に通じますが、ここは左折します。

     T字路に突き当たります。右に行けば紅葉で有名な正暦寺に通じますが、ここは左折します。

  •  分岐点の柳茶屋に古くからある時計台。ただ中の時計は新しいものに取り換えられていました。

     分岐点の柳茶屋に古くからある時計台。ただ中の時計は新しいものに取り換えられていました。

  •  住宅地を通り

     住宅地を通り

  •  ここの分岐点を右に行き、しばらくは面白くない舗装道路を歩きます。

     ここの分岐点を右に行き、しばらくは面白くない舗装道路を歩きます。

  •  北山の辺の道の地図

     北山の辺の道の地図

  •  再び住宅地の中へ。ここには古い民家もいくつかあります。

     再び住宅地の中へ。ここには古い民家もいくつかあります。

  •  ここで円照寺に行く細い道に分岐。

     ここで円照寺に行く細い道に分岐。

  •  こんな道に入るとホッとします。

     こんな道に入るとホッとします。

  •  何か所か分岐が続きますが道標があるので迷う心配はありません。

     何か所か分岐が続きますが道標があるので迷う心配はありません。

  •  ここから円照寺に向かう山道に入ります。

     ここから円照寺に向かう山道に入ります。

  •  この山道もほんの少し。

     この山道もほんの少し。

  •  すぐ円照寺の参道の横に出ます。

     すぐ円照寺の参道の横に出ます。

  •  円照寺は別名「山村御殿」。中宮寺、法華寺と並ぶ三門跡寺院の一つで、華道山村流の家元です。

    イチオシ

    地図を見る

     円照寺は別名「山村御殿」。中宮寺、法華寺と並ぶ三門跡寺院の一つで、華道山村流の家元です。

    円照寺 (圓照寺) 寺・神社

  •  庭に白砂が敷き詰められています。内部は公開されていませんが尼寺らしい清楚な雰囲気があります。

     庭に白砂が敷き詰められています。内部は公開されていませんが尼寺らしい清楚な雰囲気があります。

  •  入口からちょっとだけ写真を撮らせてもらいました。

     入口からちょっとだけ写真を撮らせてもらいました。

  •  地味な色彩の中、この数輪の椿が彩を添えていました。

     地味な色彩の中、この数輪の椿が彩を添えていました。

  •  お茶会でもあったのか、着物を着た女性が何人か出入りしていました。

     お茶会でもあったのか、着物を着た女性が何人か出入りしていました。

  •  15:00 円照寺を後にしました。この時点で33000歩。

     15:00 円照寺を後にしました。この時点で33000歩。

  •  参道から道標に従って竹林に入ります。

     参道から道標に従って竹林に入ります。

  •  竹林は小高い丘になっています。道標に従い進むと、

     竹林は小高い丘になっています。道標に従い進むと、

  •  崇道天皇陵に出ます。<br /><br /> 崇道天皇は光仁天皇の皇子で生前の名は早良親王です。藤原種継暗殺の疑いを掛けられ流罪になりますが、無罪を立証するために配流の途中絶食し息絶えたとされています。その祟りを鎮めるために死後崇道天皇と追称され、この場所に改葬されたそうです。<br /> という事で歴代の天皇には入ってなく、御陵も小ぶりです。

     崇道天皇陵に出ます。

     崇道天皇は光仁天皇の皇子で生前の名は早良親王です。藤原種継暗殺の疑いを掛けられ流罪になりますが、無罪を立証するために配流の途中絶食し息絶えたとされています。その祟りを鎮めるために死後崇道天皇と追称され、この場所に改葬されたそうです。
     という事で歴代の天皇には入ってなく、御陵も小ぶりです。

    崇道天皇陵 名所・史跡

  •  しばらくは天皇陵の前の田舎道を歩きます。

     しばらくは天皇陵の前の田舎道を歩きます。

  •  嶋田神社

     嶋田神社

  •  神社前の万葉歌碑<br /><br />「あおによし 奈良の大路は 行きよけど この山道は 行き悪しかりけり」<br />~奈良の大路は楽に歩けるけど、この山道は通っていくのが大変でした~

     神社前の万葉歌碑

    「あおによし 奈良の大路は 行きよけど この山道は 行き悪しかりけり」
    ~奈良の大路は楽に歩けるけど、この山道は通っていくのが大変でした~

  •  百毫寺の方向に曲がります。

     百毫寺の方向に曲がります。

  •  白山比?起神社<br /> 現在15:45 スタートから37000歩です。

     白山比?起神社
     現在15:45 スタートから37000歩です。

  •  生駒山が真西に大きく見えます。

     生駒山が真西に大きく見えます。

  •  田んぼの中の道を歩くと藤原町の家並が見えてきました。

    イチオシ

     田んぼの中の道を歩くと藤原町の家並が見えてきました。

  •  数棟の集合住宅のある裏の小川にかかる橋を渡ります。

     数棟の集合住宅のある裏の小川にかかる橋を渡ります。

  •  しばらくこんな道を歩くと

     しばらくこんな道を歩くと

  •  鹿よけの柵があります。この中を進みます。

     鹿よけの柵があります。この中を進みます。

  •  いつもはこの道を真っ直ぐ行きますが、今日は脇道を歩いてみます。

     いつもはこの道を真っ直ぐ行きますが、今日は脇道を歩いてみます。

  •  山道になりますが大したことはありません

     山道になりますが大したことはありません

  •  ぽつんと一軒

     ぽつんと一軒

  •  小山を越えたらいつもの道に合流しました。鹿よけ(orイノシシ除け)の柵を開けて出ます。

     小山を越えたらいつもの道に合流しました。鹿よけ(orイノシシ除け)の柵を開けて出ます。

  •  溜め池に沿って歩きます。

     溜め池に沿って歩きます。

  •  池の水面に映る民家が美しい。

     池の水面に映る民家が美しい。

  •  この辺りは鹿野園町です。名前の起源はインドの仏教の聖地にあるようですが、「鹿」の字を当てるとは奈良にふさわしい。

     この辺りは鹿野園町です。名前の起源はインドの仏教の聖地にあるようですが、「鹿」の字を当てるとは奈良にふさわしい。

  •  八坂神社

     八坂神社

  •  ここから細い道に入ります。

     ここから細い道に入ります。

  •  鹿野園の地名は釈迦が初めて仏法を説いた聖地の名を取ったそうです。

     鹿野園の地名は釈迦が初めて仏法を説いた聖地の名を取ったそうです。

  •  ハイカー以外は歩かない細い道。昨年秋の台風の影響か荒れてます。

     ハイカー以外は歩かない細い道。昨年秋の台風の影響か荒れてます。

  •  この茂みを抜けると一気に視界が広がり、奈良春日病院が見えます。南北踏破の8割以上を達成した満足感と安堵感を感じる場所です。

     この茂みを抜けると一気に視界が広がり、奈良春日病院が見えます。南北踏破の8割以上を達成した満足感と安堵感を感じる場所です。

  •  15:55 先が見えました。ここで休憩して残りのおにぎりを食べました。

     15:55 先が見えました。ここで休憩して残りのおにぎりを食べました。

  •  国道183号線を横切って山道に入ります。

     国道183号線を横切って山道に入ります。

  •  細い道を行くと

     細い道を行くと

  •  広い道に出ます。百毫寺は近い。何時もは道標の通り進むのですがGoogleMapを見ると別の道があるようです。今日は別の道を歩いてみます。

     広い道に出ます。百毫寺は近い。何時もは道標の通り進むのですがGoogleMapを見ると別の道があるようです。今日は別の道を歩いてみます。

  •  16:30 百毫寺の山門にいたる階段の横に出ました。スタートから41000歩です。

     16:30 百毫寺の山門にいたる階段の横に出ました。スタートから41000歩です。

  •  百毫寺の山門。百毫寺は高円山の麓にある古刹で花の寺としても有名です。

     百毫寺の山門。百毫寺は高円山の麓にある古刹で花の寺としても有名です。

    白毫寺 寺・神社

  •  入山しないで入口から写真だけ取りました。宝蔵には重文の仏像が安置されています。

     入山しないで入口から写真だけ取りました。宝蔵には重文の仏像が安置されています。

  •  ここから眺める奈良の街並みはとても美しい。ちょうど夕暮れで街と山が金色に輝いています。

    イチオシ

     ここから眺める奈良の街並みはとても美しい。ちょうど夕暮れで街と山が金色に輝いています。

  •  百毫寺を降りて緩い下り坂を下りていきます。

     百毫寺を降りて緩い下り坂を下りていきます。

  •  次に向かうのは新薬師寺。

     次に向かうのは新薬師寺。

  •  この辺りは古い家並が残る静かな地区です。

     この辺りは古い家並が残る静かな地区です。

  •  16:40 日暮れが近い。

     16:40 日暮れが近い。

  •  春日奥山原生林の黄金の夕暮れ。ほんの数分、息をのむ美しさでした。

     春日奥山原生林の黄金の夕暮れ。ほんの数分、息をのむ美しさでした。

  •  長く伸びた影法師。

     長く伸びた影法師。

  •  山の辺の道南北ルートを示した案内板。これまで奈良から桜井に向けて踏破したことも数回ありますが、やはり桜井から奈良に向かう今日の方向が、夕焼けの美しさや帰りの交通の便を考えるとオススメです。

     山の辺の道南北ルートを示した案内板。これまで奈良から桜井に向けて踏破したことも数回ありますが、やはり桜井から奈良に向かう今日の方向が、夕焼けの美しさや帰りの交通の便を考えるとオススメです。

  •  新薬師寺。聖武天皇の病気平癒を願って光明皇后によって天平19年(747年)に創建された古刹です。

     新薬師寺。聖武天皇の病気平癒を願って光明皇后によって天平19年(747年)に創建された古刹です。

    新薬師寺 寺・神社

  •  本尊の薬師如来坐像は国宝です。また萩の寺としても有名です。

     本尊の薬師如来坐像は国宝です。また萩の寺としても有名です。

  •  新薬師寺の横は両側に土塀がある風情ある小径です。

     新薬師寺の横は両側に土塀がある風情ある小径です。

  •  ここは入口ではありません。

     ここは入口ではありません。

  •  古都奈良を感じる場所。

    イチオシ

     古都奈良を感じる場所。

  •  小さな道を行くと車道に出ます。てくてくマップではこのまま左折して真っ直ぐに近鉄奈良駅に向かいますが、今日は少し寄り道して奈良公園の中を通ります。

     小さな道を行くと車道に出ます。てくてくマップではこのまま左折して真っ直ぐに近鉄奈良駅に向かいますが、今日は少し寄り道して奈良公園の中を通ります。

  •  「上の禰宜道」と呼ばれる春日大社にいたる静かな参道を行きます。

     「上の禰宜道」と呼ばれる春日大社にいたる静かな参道を行きます。

  •  17:00 春日大社に到着です。スタートから43000歩。

     17:00 春日大社に到着です。スタートから43000歩。

  •  昼間は参拝客で混雑していますが今は疎らです。観光客の半分以上は外国人でした。

     昼間は参拝客で混雑していますが今は疎らです。観光客の半分以上は外国人でした。

  •  無事帰ってきたお礼のお参りをしました。

     無事帰ってきたお礼のお参りをしました。

  •  春日大社を出ます。

     春日大社を出ます。

  •  奈良公園内の新公会堂。ここの日本庭園は美しい。

     奈良公園内の新公会堂。ここの日本庭園は美しい。

    奈良県新公会堂 名所・史跡

  •  東大寺の参道の先に南大門が見えます。

     東大寺の参道の先に南大門が見えます。

  •  大仏殿の入口に当たる門で屋根の高さは25m余り。「天竺様」(てんじくよう)とも呼ばれる建築様式で国宝。

     大仏殿の入口に当たる門で屋根の高さは25m余り。「天竺様」(てんじくよう)とも呼ばれる建築様式で国宝。

    東大寺南大門 寺・神社

  •  門の両側に運慶、快慶作の金剛力士像が向かい合っています。こちらは右の吽形像。

     門の両側に運慶、快慶作の金剛力士像が向かい合っています。こちらは右の吽形像。

  •  左は阿形像。ライトアップされていました。

     左は阿形像。ライトアップされていました。

  •  南大門をくぐった先に大仏殿

     南大門をくぐった先に大仏殿

    東大寺金堂(大仏殿) 寺・神社

  •  南大門の横から小径を歩きます。万歩計お気に入りの通りです。

     南大門の横から小径を歩きます。万歩計お気に入りの通りです。

  •  依水園(左)と吉城園(右)。いずれも庭園が素晴らしい。

     依水園(左)と吉城園(右)。いずれも庭園が素晴らしい。

    依水園 公園・植物園

  •  17:35 ゴールの近鉄奈良駅に到着時は陽が落ちてました。スタートから8時間半、46200歩でした。<br /><br /> この後自宅に帰って万歩計を見たら、前後のアプローチと寄り道した分を含めた1日の歩数は50809歩、歩行距離39.2km、体重1kg減でした。この10年間で多分最長記録です。体調が良かったため軽い疲れが残っただけで、満足感を感じながらぐっすり眠りました。

     17:35 ゴールの近鉄奈良駅に到着時は陽が落ちてました。スタートから8時間半、46200歩でした。

     この後自宅に帰って万歩計を見たら、前後のアプローチと寄り道した分を含めた1日の歩数は50809歩、歩行距離39.2km、体重1kg減でした。この10年間で多分最長記録です。体調が良かったため軽い疲れが残っただけで、満足感を感じながらぐっすり眠りました。

    近鉄奈良駅

48いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったスポット

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

奈良市の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集