ザルツブルク旅行記(ブログ) 一覧に戻る
妹家族が遊びに来てくれることになり、どうせウィーンまでお迎えに行くならばと前倒しで4泊、スロバキアのブラチスラヴァとウィーンを親子4人で回ってきました。<br />その後ウィーン空港で妹家族と落ち合い、ウィーン1泊、ザルツブルク4泊、最後にウィーン1泊して妹達を見送り、帰宅しました。<br />天気にも恵まれ、一時ほどの猛暑ではなく、雨も降らず、いい観光日和となりました。<br /><br />旅行記5冊目は、妹家族も加わって総勢7人で行ったザルツブルク編です。<br /><br />初日(17日):ミラベル宮殿、ミラベル庭園、モーツァルトの住居、馬車、地下墓所、ヘルブルン宮殿と仕掛け噴水。(約6時間)<br />2日目(18日):ホーエンザルツブルク城砦、メンヒスベルク展望台、買い物、モーツァルトの生家。(約10時間)<br />3日目(19日):6冊目のハルシュタット観光<br />4日目(20日):ザルツァッハ川クルーズ、買い物とお茶して夜6時52分の電車でウィーンへ。

スロバキア・ウィーン・ザルツブルク、10泊11日の家族旅行(5/7: ザルツブルク編)

14いいね!

2018/08/17 - 2018/08/20

374位(同エリア1320件中)

妹家族が遊びに来てくれることになり、どうせウィーンまでお迎えに行くならばと前倒しで4泊、スロバキアのブラチスラヴァとウィーンを親子4人で回ってきました。
その後ウィーン空港で妹家族と落ち合い、ウィーン1泊、ザルツブルク4泊、最後にウィーン1泊して妹達を見送り、帰宅しました。
天気にも恵まれ、一時ほどの猛暑ではなく、雨も降らず、いい観光日和となりました。

旅行記5冊目は、妹家族も加わって総勢7人で行ったザルツブルク編です。

初日(17日):ミラベル宮殿、ミラベル庭園、モーツァルトの住居、馬車、地下墓所、ヘルブルン宮殿と仕掛け噴水。(約6時間)
2日目(18日):ホーエンザルツブルク城砦、メンヒスベルク展望台、買い物、モーツァルトの生家。(約10時間)
3日目(19日):6冊目のハルシュタット観光
4日目(20日):ザルツァッハ川クルーズ、買い物とお茶して夜6時52分の電車でウィーンへ。

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
ホテル
3.0
グルメ
5.0
ショッピング
5.0
交通
5.0
同行者
家族旅行
交通手段
鉄道 高速・路線バス 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 妹達が来る前に買っておいたザルツブルクカード。ウィーンやストラスブールに比べても、とにかくお得!<br /><br />夏と冬と、シーズンによって価格は若干違うのですが、夏場は24時間で26ユーロ、72時間でも39ユーロ!<br />市内バスは無料だし、博物館もいくつ入ろうと無料!おまけにザルツァッハ川クルーズやら入ってるし、他にも割引になる施設も色々。<br /><br />滞在が1日しかない人でも、モーツァルトの博物館2個入ってホーエンザルツブルク城砦入ったら元取れます。(笑) 

    妹達が来る前に買っておいたザルツブルクカード。ウィーンやストラスブールに比べても、とにかくお得!

    夏と冬と、シーズンによって価格は若干違うのですが、夏場は24時間で26ユーロ、72時間でも39ユーロ!
    市内バスは無料だし、博物館もいくつ入ろうと無料!おまけにザルツァッハ川クルーズやら入ってるし、他にも割引になる施設も色々。

    滞在が1日しかない人でも、モーツァルトの博物館2個入ってホーエンザルツブルク城砦入ったら元取れます。(笑) 

  • まず、ウチでゆっくり朝ごはんを食べてから昼過ぎに出発。<br /><br />バスでミラベル広場まで行き、ミラベル庭園、ミラベル宮殿の大理石の間や天使の階段を見ました。

    まず、ウチでゆっくり朝ごはんを食べてから昼過ぎに出発。

    バスでミラベル広場まで行き、ミラベル庭園、ミラベル宮殿の大理石の間や天使の階段を見ました。

  • あちこちで「ドレミの歌のシーンはここで撮ったよ」と説明。<br /><br />その後予定にはなかったモーツァルトの住居へ。オーディオガイドを借り、モーツァルトが使っていた楽器や、それで奏でた音楽を聴いたり、モーツァルトの子供の話などもありました。<br /><br />

    あちこちで「ドレミの歌のシーンはここで撮ったよ」と説明。

    その後予定にはなかったモーツァルトの住居へ。オーディオガイドを借り、モーツァルトが使っていた楽器や、それで奏でた音楽を聴いたり、モーツァルトの子供の話などもありました。

  • モーツァルトの生家を出て、夫と次男はすぐ近くに住む義母の家へ。私達は旧市街に来て、まずは馬車に。これはザルツブルクカードに含まれていませんが、約30分乗って45ユーロ(確か。チップ入れて50ユーロ払いました。)<br /><br />色々説明してくれる御者さんの時もあるのですが、今回の若いお姉さんは始終無言でした。私がベラベラしゃべってたからかもしれないけど・・・。<br /><br />

    モーツァルトの生家を出て、夫と次男はすぐ近くに住む義母の家へ。私達は旧市街に来て、まずは馬車に。これはザルツブルクカードに含まれていませんが、約30分乗って45ユーロ(確か。チップ入れて50ユーロ払いました。)

    色々説明してくれる御者さんの時もあるのですが、今回の若いお姉さんは始終無言でした。私がベラベラしゃべってたからかもしれないけど・・・。

  • お馬さんとポーズ! 横から撮ればよかったかなー。馬車だってわかりづらい・・・。

    お馬さんとポーズ! 横から撮ればよかったかなー。馬車だってわかりづらい・・・。

  • 馬車を降り、私が一度入ってみたかった、聖ピータース教会の地下墓地へ!<br /><br />旧市街の奥、聖ピータース教会の墓地の更に奥に、この地下墓地はあります。

    馬車を降り、私が一度入ってみたかった、聖ピータース教会の地下墓地へ!

    旧市街の奥、聖ピータース教会の墓地の更に奥に、この地下墓地はあります。

  • メンヒスベルク山の岩肌を掘って作ったこの地下墓地は、名前と違い、地上にあります。<br /><br />紀元前15年、ここはローマ帝国の領土、ユヴァヴムと呼ばれる町でした。<br />この地下墓地はそのユヴァヴム時代からあるそうです。<br />(地下でないけれど、その呼称で統一します。)

    メンヒスベルク山の岩肌を掘って作ったこの地下墓地は、名前と違い、地上にあります。

    紀元前15年、ここはローマ帝国の領土、ユヴァヴムと呼ばれる町でした。
    この地下墓地はそのユヴァヴム時代からあるそうです。
    (地下でないけれど、その呼称で統一します。)

  • 聖ルーペルトがここに町を開いたのがザルツブルクとしての歴史の始まりですが、彼がここに最初の教会、聖ピータース教会を建てるのにこの地を選んだ理由は、ここにメンヒスベルク山を通る地下水路がいくつもあったからだとか。<br /><br />8世紀には、スペインから逃げてきた人たちが隠れ住む洞窟住居になっていたようです。

    聖ルーペルトがここに町を開いたのがザルツブルクとしての歴史の始まりですが、彼がここに最初の教会、聖ピータース教会を建てるのにこの地を選んだ理由は、ここにメンヒスベルク山を通る地下水路がいくつもあったからだとか。

    8世紀には、スペインから逃げてきた人たちが隠れ住む洞窟住居になっていたようです。

  • 地下墓地の窓から、聖ピータース教会の墓地を臨む。<br />この墓地には、音楽家ミヒャエル・ハイドンやモーツァルトの姉、ナンネルのお墓もあります。<br />サウンド・オブ・ミュージックでも、ナチスから逃げ隠れする場所のイメージとして使われています。<br />(とても狭いので、実際はもっと大きいセットを組んで撮影所で撮影したそうですが。)

    地下墓地の窓から、聖ピータース教会の墓地を臨む。
    この墓地には、音楽家ミヒャエル・ハイドンやモーツァルトの姉、ナンネルのお墓もあります。
    サウンド・オブ・ミュージックでも、ナチスから逃げ隠れする場所のイメージとして使われています。
    (とても狭いので、実際はもっと大きいセットを組んで撮影所で撮影したそうですが。)

  • 結構急な階段です!

    結構急な階段です!

  • その後バスでヘルブルン宮殿へ。お約束の仕掛け噴水(=*^-^*=)<br /><br />真夏のせいか、今回はお客さんたち、穴の開いた椅子に座らされてました・・・

    その後バスでヘルブルン宮殿へ。お約束の仕掛け噴水(=*^-^*=)

    真夏のせいか、今回はお客さんたち、穴の開いた椅子に座らされてました・・・

  • ヘルブルン宮殿内もさくっと観光。<br /><br />その後、親戚の人たちと夕食会だったので、1日目のザルツブルク観光はこれでおしまい。約6時間で、色々回りました~。

    ヘルブルン宮殿内もさくっと観光。

    その後、親戚の人たちと夕食会だったので、1日目のザルツブルク観光はこれでおしまい。約6時間で、色々回りました~。

  • 翌日、ホーエンザルツブルク城砦へ。<br /><br />チケットも色々種類がありますが、ザルツブルクカードで入れるのは、Basic Ticket。でも、そのチケットに含まれてないマジックシアターや領主の間も、午前11時までだったら無料で入場可能なのです!なので今日は若干早起き。寝坊した夫と長男は置いてきぼりです。(笑)

    翌日、ホーエンザルツブルク城砦へ。

    チケットも色々種類がありますが、ザルツブルクカードで入れるのは、Basic Ticket。でも、そのチケットに含まれてないマジックシアターや領主の間も、午前11時までだったら無料で入場可能なのです!なので今日は若干早起き。寝坊した夫と長男は置いてきぼりです。(笑)

  • 前に来たのがもう15年以上前?なので、チケットのシステムも、ガイドシステムも変わっていました。今はオーディオガイドもありますが、黄金の間にはこの部屋にまつわる情報や司祭についてなどの色々な情報を各国言語で聞くことが出来ます。お勧め!

    前に来たのがもう15年以上前?なので、チケットのシステムも、ガイドシステムも変わっていました。今はオーディオガイドもありますが、黄金の間にはこの部屋にまつわる情報や司祭についてなどの色々な情報を各国言語で聞くことが出来ます。お勧め!

  • 例えば、この領主の間の梁の作り方についてとか・・・。

    例えば、この領主の間の梁の作り方についてとか・・・。

  • 画像や写真も駆使して説明してくれるので、わかりやすいです!

    画像や写真も駆使して説明してくれるので、わかりやすいです!

  • なるほど、色を塗られちゃってるからよく見ないとわからないけれど、こういう作りだったのね~。

    なるほど、色を塗られちゃってるからよく見ないとわからないけれど、こういう作りだったのね~。

  • 農民戦争時の、鉄砲の後がまだ残っています!

    農民戦争時の、鉄砲の後がまだ残っています!

  • この領主の間は、1502年に出来上がってから変わっていないそう!黄金の小部屋に続く壁には、この領主の間を作らせた司教レオンハルド・フォン・コイチャッハの紋章、大根が描かれています。

    この領主の間は、1502年に出来上がってから変わっていないそう!黄金の小部屋に続く壁には、この領主の間を作らせた司教レオンハルド・フォン・コイチャッハの紋章、大根が描かれています。

  • 最近新たに発掘された、ロマネスク様式のアーチ。

    最近新たに発掘された、ロマネスク様式のアーチ。

  • ここからは、通常のザルツブルクカードに含まれている場所になります。<br /><br />何故ここに?と思うのですが、城砦内にはマリオネット博物館もあります。

    ここからは、通常のザルツブルクカードに含まれている場所になります。

    何故ここに?と思うのですが、城砦内にはマリオネット博物館もあります。

  • 城砦の詳しい歴史も、模型を使って説明。

    城砦の詳しい歴史も、模型を使って説明。

  • 塔に登って眺めも楽しめます。

    塔に登って眺めも楽しめます。

  • ついでに、レストランでお昼。観光地のレストラン・・・と思っていましたが、味良く値段も良心的で超お勧め!!<br /><br />せっかくなので、ザルツブルガーノッケルをデザートに頼みました。<br />17世紀に初めて作られたこのメレンゲのお菓子は、ザルツブルクの3つの山(メンヒスベルク、カプチーナベルク、ガイスベルク)をモデルに焼き上げているとか。<br />でも写真の背景はウンタースベルクという、ドイツとの国境の山。(笑)

    ついでに、レストランでお昼。観光地のレストラン・・・と思っていましたが、味良く値段も良心的で超お勧め!!

    せっかくなので、ザルツブルガーノッケルをデザートに頼みました。
    17世紀に初めて作られたこのメレンゲのお菓子は、ザルツブルクの3つの山(メンヒスベルク、カプチーナベルク、ガイスベルク)をモデルに焼き上げているとか。
    でも写真の背景はウンタースベルクという、ドイツとの国境の山。(笑)

  • ようやく起きた夫と長男と待ち合わせ。<br />ゲトライデ通りを通り抜け、メンヒスベルクのエレベーターを使って、メンヒスベルク山の展望台へ。<br /><br />ここから見たザルツブルクの眺めは格別です!<br />18世紀の世界旅行家であったアレクサンダー・フンボルトが、「世界で一番美しいのは、ナポリ・コンスタンチノープル、そしてザルツブルクだ」と言ったとか。<br />歩いても来られますし、メンヒスベルク古城ホテルからもすぐですが、旧市街のはずれからエレベーターでさくっと行けちゃうのは楽ですねー。<br /><br />あまりの天気のよさに、私の安いデジカメではうまく写真が取れません・・・風景だけだったら綺麗なんだけど、人物と遠景ってのが出来ない~・・・。

    ようやく起きた夫と長男と待ち合わせ。
    ゲトライデ通りを通り抜け、メンヒスベルクのエレベーターを使って、メンヒスベルク山の展望台へ。

    ここから見たザルツブルクの眺めは格別です!
    18世紀の世界旅行家であったアレクサンダー・フンボルトが、「世界で一番美しいのは、ナポリ・コンスタンチノープル、そしてザルツブルクだ」と言ったとか。
    歩いても来られますし、メンヒスベルク古城ホテルからもすぐですが、旧市街のはずれからエレベーターでさくっと行けちゃうのは楽ですねー。

    あまりの天気のよさに、私の安いデジカメではうまく写真が取れません・・・風景だけだったら綺麗なんだけど、人物と遠景ってのが出来ない~・・・。

  • ザルツブルクと来たらやっぱりモーツァルトでしょう!ということで、時間的にギリギリでしたがモーツァルトの生家へ。<br /><br />夏場は営業が1時間長いので、中には入れましたが、フリーワイファイを使った説明はもう終わっていました。ここはオーディオガイドじゃないのね・・・。<br /><br />でも説明版があったので、それなりに理解して進めましたし、それでも1時間はかかりました。ワイファイガイドがあったら、2時間くらいかかっちゃったかも・・・?

    ザルツブルクと来たらやっぱりモーツァルトでしょう!ということで、時間的にギリギリでしたがモーツァルトの生家へ。

    夏場は営業が1時間長いので、中には入れましたが、フリーワイファイを使った説明はもう終わっていました。ここはオーディオガイドじゃないのね・・・。

    でも説明版があったので、それなりに理解して進めましたし、それでも1時間はかかりました。ワイファイガイドがあったら、2時間くらいかかっちゃったかも・・・?

  • この日の夕食は我が家で。スーパーで注文した巨大プレッツェル!前日だか前々日までに要注文ですが、野菜や色々なハムなど、好きなものを入れてもらえます。<br /><br />職場や家庭でのパーティにも人気な巨大プレッツェル♪<br /><br />こうして夜は更けていったのでした。

    この日の夕食は我が家で。スーパーで注文した巨大プレッツェル!前日だか前々日までに要注文ですが、野菜や色々なハムなど、好きなものを入れてもらえます。

    職場や家庭でのパーティにも人気な巨大プレッツェル♪

    こうして夜は更けていったのでした。

14いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

オーストリアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
オーストリア最安 250円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

オーストリアの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集