アムステルダム旅行記(ブログ) 一覧に戻る
とうとう最終日。<br />とはいえ、ほぼ移動のみ。<br /><br />6時過ぎに起きて7時に朝食を食べ、少し肌寒い中、駅に行って空港までのチケットを入手。<br />その後、近くのスーパーでお土産のビールを買い、ホテルに戻ってパッキング開始。<br />スーツケースが一つ増えたので、パッキングは余裕。<br /><br />10時前にチェックアウトし、駅に向かう。<br />定刻通り、10時半にタリスが入線。<br />行き同様、スーツケース置き場はいっぱい。<br />車掌さんから、動かないようスーツケースを横にして通路に置くよう指示があり、少し不安はあったものの、置いて席に向かう。<br />席に座っていたら、程なくして、お姉さんがやってきて、今度は自分たちが席を間違えていた。<br />(席の番号が、行きと同じだったので勘違いしていた…)<br />お姉さんたちに謝って、正しい席に座り直し、1時間ほどでアムステルダムに到着。<br /><br />免税手続きのため、急いでチェックインして手荷物カウンターに向かう。<br />入り口にいたKLMのお姉さんに確認したら、隣のターミナル3で手続きしてから来るように言われたので、半信半疑でターミナル3に向かう。<br /><br />すると、Tax Refoundのカウンターがあり、喜び勇んで列に並ぶと、「ここはグローバルブルーじゃない、申請前に税関のスタンプが必要」と言われ、税関はさらに先とのこと。<br />言われたほうに歩いていると、First Stepの看板があり税関を発見するも、アジア系の人たちで長蛇の列。<br />(どうやら、タイ、インドネシアの人が多かった模様)<br />30分ほど並び、品物を見せることなくハンコをもらう。<br />(東南アジア系の人たちは、いちいち免税対象品の提示させられていたが、なぜか中国人はスルー)<br />グローバルブルーのカウンターは更に大行列だったので、どうせカードに戻してもらうつもりだったので書類をポストに投函し、ターミナル2に戻る。<br /><br />成田にもあった自動荷物預け機が、なぜか2人ともNGでカウンターに行けと言われ、カウンターのお姉さんに「ちゃんとやったのか?」ぐらいの言われように怯むも、何とか駄目だったことを伝え、スーツケースを預けることができた。<br />続く手荷物検査の係のお姉さんも、何やら機嫌が悪く冷たく感じたが、問題なく通過し出国審査へ。<br />出国審査は、看板に日本人の記載はなかったが、係のお兄さんに自動ゲートに行けと言われ、あっさり終了。<br /><br />免税店を見て回るも欲しいものがなく、ラウンジでビールを飲んで時間を潰す。<br />搭乗時間が近づいてきたのでゲートに向かい、ゲート近くのお店で最後のお土産を購入し搭乗。<br />行きと違って、何人かゲート到着が遅れていたらしく、少し出発が遅れる。<br /><br />帰りは、中央4人掛けの左側2席を確保できたので、トイレの不自由なし。<br />ただあまり眠れず、成田には定刻より少し早く到着。<br /><br />入国審査も並ばず、スムーズにバゲッジクレームにたどり着くも、なかなかスーツケースが出てこない。<br />とは言え、9時半頃にはホテルの送迎バスの乗り場に到着。<br />送迎バスでホテルに戻り、車にスーツケースを積もうとしたら3個積むのは初めてなので少し手間取るも、10時前にはホテルを出発。<br />途中、酒々井PAで道路状況を確認すると、湾岸が大渋滞。<br />東名も渋滞しているものの湾岸より早そうなので、東名経由で帰ることに。<br />東名に乗るまでは、ほとんど渋滞はなかったが、東名に入った途端渋滞。<br />想定通りとはいえ、睡魔もやってきて、かなり大変なことに。<br />何とか渋滞をやり過ごし、昼食にラーメンを食べ、何とか無事帰宅。<br /><br />今回は、以前から行きたかったベルギーだが、2日目に歩きすぎ&スリに遭いかけ、出鼻をくじかれた感があったり、ご飯が予定通り食べられなかったり、スーツケースを持って電車の長距離移動があったり、いつも以上に苦労した気がする。<br />とは言え、中国人を全くと言っていいほど見かけなかった(日本人にもほとんど会わなかったけど)ので、快適だった。<br /><br />ブリュッセルは、人のことは言えないが、観光客が多く、何となく空気がよくなかったりして、1回行けばいいかな。<br />逆に、ブルッヘは、天気が良かったこともあるが、とても居心地がよかった。<br />アントウェルペンでは、ネロとパトラッシュの寝像はそこそこ人気だったが、噂通り、フランダースの犬が全く認知されていなくて、お土産などの関連グッズは全く見かけなかった。<br />更に、1日日程が短くなったことで、アントウェルペンを十分堪能できなかったことが、少し心残り。<br /><br />そんな中、ほぼ全てのビールが予想以上に美味しく、チョコレートもたくさんありどれも美味しかったので、結果的にベルギーは良いところだった。<br />美味しいワッフルが食べられなかった(≒カルフールで買ったワッフルが一番おいしかった)ので、また行かないと。

Proost België 2018 6,7日目 (アントウェルペン~アムステルダム#2~成田)

12いいね!

2018/04/28 - 2018/05/04

904位(同エリア2751件中)

旅行記グループ Proost België 2018

0

39

なべり

なべりさん

とうとう最終日。
とはいえ、ほぼ移動のみ。

6時過ぎに起きて7時に朝食を食べ、少し肌寒い中、駅に行って空港までのチケットを入手。
その後、近くのスーパーでお土産のビールを買い、ホテルに戻ってパッキング開始。
スーツケースが一つ増えたので、パッキングは余裕。

10時前にチェックアウトし、駅に向かう。
定刻通り、10時半にタリスが入線。
行き同様、スーツケース置き場はいっぱい。
車掌さんから、動かないようスーツケースを横にして通路に置くよう指示があり、少し不安はあったものの、置いて席に向かう。
席に座っていたら、程なくして、お姉さんがやってきて、今度は自分たちが席を間違えていた。
(席の番号が、行きと同じだったので勘違いしていた…)
お姉さんたちに謝って、正しい席に座り直し、1時間ほどでアムステルダムに到着。

免税手続きのため、急いでチェックインして手荷物カウンターに向かう。
入り口にいたKLMのお姉さんに確認したら、隣のターミナル3で手続きしてから来るように言われたので、半信半疑でターミナル3に向かう。

すると、Tax Refoundのカウンターがあり、喜び勇んで列に並ぶと、「ここはグローバルブルーじゃない、申請前に税関のスタンプが必要」と言われ、税関はさらに先とのこと。
言われたほうに歩いていると、First Stepの看板があり税関を発見するも、アジア系の人たちで長蛇の列。
(どうやら、タイ、インドネシアの人が多かった模様)
30分ほど並び、品物を見せることなくハンコをもらう。
(東南アジア系の人たちは、いちいち免税対象品の提示させられていたが、なぜか中国人はスルー)
グローバルブルーのカウンターは更に大行列だったので、どうせカードに戻してもらうつもりだったので書類をポストに投函し、ターミナル2に戻る。

成田にもあった自動荷物預け機が、なぜか2人ともNGでカウンターに行けと言われ、カウンターのお姉さんに「ちゃんとやったのか?」ぐらいの言われように怯むも、何とか駄目だったことを伝え、スーツケースを預けることができた。
続く手荷物検査の係のお姉さんも、何やら機嫌が悪く冷たく感じたが、問題なく通過し出国審査へ。
出国審査は、看板に日本人の記載はなかったが、係のお兄さんに自動ゲートに行けと言われ、あっさり終了。

免税店を見て回るも欲しいものがなく、ラウンジでビールを飲んで時間を潰す。
搭乗時間が近づいてきたのでゲートに向かい、ゲート近くのお店で最後のお土産を購入し搭乗。
行きと違って、何人かゲート到着が遅れていたらしく、少し出発が遅れる。

帰りは、中央4人掛けの左側2席を確保できたので、トイレの不自由なし。
ただあまり眠れず、成田には定刻より少し早く到着。

入国審査も並ばず、スムーズにバゲッジクレームにたどり着くも、なかなかスーツケースが出てこない。
とは言え、9時半頃にはホテルの送迎バスの乗り場に到着。
送迎バスでホテルに戻り、車にスーツケースを積もうとしたら3個積むのは初めてなので少し手間取るも、10時前にはホテルを出発。
途中、酒々井PAで道路状況を確認すると、湾岸が大渋滞。
東名も渋滞しているものの湾岸より早そうなので、東名経由で帰ることに。
東名に乗るまでは、ほとんど渋滞はなかったが、東名に入った途端渋滞。
想定通りとはいえ、睡魔もやってきて、かなり大変なことに。
何とか渋滞をやり過ごし、昼食にラーメンを食べ、何とか無事帰宅。

今回は、以前から行きたかったベルギーだが、2日目に歩きすぎ&スリに遭いかけ、出鼻をくじかれた感があったり、ご飯が予定通り食べられなかったり、スーツケースを持って電車の長距離移動があったり、いつも以上に苦労した気がする。
とは言え、中国人を全くと言っていいほど見かけなかった(日本人にもほとんど会わなかったけど)ので、快適だった。

ブリュッセルは、人のことは言えないが、観光客が多く、何となく空気がよくなかったりして、1回行けばいいかな。
逆に、ブルッヘは、天気が良かったこともあるが、とても居心地がよかった。
アントウェルペンでは、ネロとパトラッシュの寝像はそこそこ人気だったが、噂通り、フランダースの犬が全く認知されていなくて、お土産などの関連グッズは全く見かけなかった。
更に、1日日程が短くなったことで、アントウェルペンを十分堪能できなかったことが、少し心残り。

そんな中、ほぼ全てのビールが予想以上に美味しく、チョコレートもたくさんありどれも美味しかったので、結果的にベルギーは良いところだった。
美味しいワッフルが食べられなかった(≒カルフールで買ったワッフルが一番おいしかった)ので、また行かないと。

旅行の満足度
3.5
グルメ
3.5
ショッピング
3.5
交通
3.5
同行者
カップル・夫婦
交通手段
鉄道 タクシー 徒歩
航空会社
KLMオランダ航空
旅行の手配内容
ツアー(添乗員同行なし)

PR

12いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

コメントを投稿する前に

十分に確認の上、ご投稿ください。 コメントの内容は攻撃的ではなく、相手の気持ちに寄り添ったものになっていますか?

サイト共通ガイドライン(利用上のお願い)

報道機関・マスメディアの方へ 画像提供などに関するお問い合わせは、専用のお問い合わせフォームからお願いいたします。

この旅行で行ったホテル

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

オランダで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
オランダ最安 600円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

オランダの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集