キガリ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
12月中旬に10日間の日程で東アフリカに野生動物を見る一人旅に出かけました。<br />ルワンダとウガンダ両方のゴリラトレッキングに参加したかったので、<br />既存のツアーではなく、ウガンダで日本人が経営されている旅行会社  グリーンリーフツーリストさんに旅のアレンジをお願いしました。<br /><br />2017/12/15 成田発 ドバイ経由  <br />          12/16  ルワンダ キガリ着<br />          12/17  ゴリラトレッキング<br />          12/18   ウガンダへ

野生のゴリラに会いに行ってきた! ②ルワンダ ヴォルカン 国立公園 ゴリラトレッキング 編

18いいね!

2017/12/15 - 2017/12/24

23位(同エリア53件中)

0

22

alex22さん

12月中旬に10日間の日程で東アフリカに野生動物を見る一人旅に出かけました。
ルワンダとウガンダ両方のゴリラトレッキングに参加したかったので、
既存のツアーではなく、ウガンダで日本人が経営されている旅行会社 グリーンリーフツーリストさんに旅のアレンジをお願いしました。

2017/12/15 成田発 ドバイ経由
12/16 ルワンダ キガリ着
12/17 ゴリラトレッキング
12/18 ウガンダへ

PR

  • ホテルから車で20分ほどでゴリラトレッキングの集合場所Volcanoes National Park Head quarters に到着。参加者にはここでコーヒーや紅茶が振舞われます。<br />現在、マウンテンゴリラトレッキングができるのは、世界中でルワンダとウガンダのみです。<br />ルワンダのマウンテンゴリラの保護には50年以上の歴史があり、<br />有名な動物学者ダイヤン・フォッシー博士が活動していたのもこの山です。<br />現在は国を挙げて絶滅危惧種ゴリラの保護に力を入れており、観光資源としても大切にされています。<br />野生のマウンテンゴリラに会えるこのツアーは、かなり高額ですが欧米人には大人気で、ハイシーズンは半年以上前に予約で満員になってしまいます。<br />今回訪れた12月はシーズンのピークは越えていましたが、半年前にチケットを抑えてもらいました。

    ホテルから車で20分ほどでゴリラトレッキングの集合場所Volcanoes National Park Head quarters に到着。参加者にはここでコーヒーや紅茶が振舞われます。
    現在、マウンテンゴリラトレッキングができるのは、世界中でルワンダとウガンダのみです。
    ルワンダのマウンテンゴリラの保護には50年以上の歴史があり、
    有名な動物学者ダイヤン・フォッシー博士が活動していたのもこの山です。
    現在は国を挙げて絶滅危惧種ゴリラの保護に力を入れており、観光資源としても大切にされています。
    野生のマウンテンゴリラに会えるこのツアーは、かなり高額ですが欧米人には大人気で、ハイシーズンは半年以上前に予約で満員になってしまいます。
    今回訪れた12月はシーズンのピークは越えていましたが、半年前にチケットを抑えてもらいました。

  • 朝7時に参加者が集まると、7人の小グループに分けられ、それぞれにレンジャーが2人ずつ付いてオリエンテーションが始まります。<br />それぞれが自己紹介をし、会いに行くゴリラの説明があります。<br />同じグループにはアメリカ人夫妻2組(50代、40代)、オーストラリア人夫妻(30代)がいました。<br />アジア人の参加は全体を見回しても私一人。<br />グループにはボスであるシルバーバックの名前がついており、今回はアガシャというグループに会いに行くことになりました。

    朝7時に参加者が集まると、7人の小グループに分けられ、それぞれにレンジャーが2人ずつ付いてオリエンテーションが始まります。
    それぞれが自己紹介をし、会いに行くゴリラの説明があります。
    同じグループにはアメリカ人夫妻2組(50代、40代)、オーストラリア人夫妻(30代)がいました。
    アジア人の参加は全体を見回しても私一人。
    グループにはボスであるシルバーバックの名前がついており、今回はアガシャというグループに会いに行くことになりました。

  • ゴリラトレッキングの注意点を聞きます。<br />この国立公園内に生息するゴリラは保護観察の目的で、日中のみ毎日レンジャーが追跡し観察を行っています。(GPSなどついていないので!)<br />観光客はそのレンジャーの情報を頼りに山を歩き、1日1時間だけゴリラ観察を楽しむことができるのです。<br />ゴリラにはそれぞれ名前がついており、鼻の形で個体識別ができます。<br />毎日長い時間ゴリラと一緒に過ごすレンジャーは、ゴリラと簡単なコミュニケーションが取れます。<br />ゴリラ語での挨拶の仕方も教えてもらいました!

    ゴリラトレッキングの注意点を聞きます。
    この国立公園内に生息するゴリラは保護観察の目的で、日中のみ毎日レンジャーが追跡し観察を行っています。(GPSなどついていないので!)
    観光客はそのレンジャーの情報を頼りに山を歩き、1日1時間だけゴリラ観察を楽しむことができるのです。
    ゴリラにはそれぞれ名前がついており、鼻の形で個体識別ができます。
    毎日長い時間ゴリラと一緒に過ごすレンジャーは、ゴリラと簡単なコミュニケーションが取れます。
    ゴリラ語での挨拶の仕方も教えてもらいました!

  • オリエンテーションが終わると、再び車で移動して登山口まで移動し、いよいよ登山開始!<br />このトレッキング、かなりハードなことで知られています。<br />当日ゴリラがどこにいるかわからないので、長ければ5-6時間山を歩くことも。。<br />ゴリラへの病気感染を防ぐためにも体調不良では参加できませんし、<br />それなりの体力がないときつい山道を歩くのは難しいかもしれません。<br />登山靴、マウンテンウェア、ゲーターは必須です!<br />こんなに可愛いステッキも貸してくれます。<br />ちなみにこれはトレッキング後のお土産屋さんにも売ってました。<br />しかもスーツケースに入るように3段階折りたたみ式でした笑

    オリエンテーションが終わると、再び車で移動して登山口まで移動し、いよいよ登山開始!
    このトレッキング、かなりハードなことで知られています。
    当日ゴリラがどこにいるかわからないので、長ければ5-6時間山を歩くことも。。
    ゴリラへの病気感染を防ぐためにも体調不良では参加できませんし、
    それなりの体力がないときつい山道を歩くのは難しいかもしれません。
    登山靴、マウンテンウェア、ゲーターは必須です!
    こんなに可愛いステッキも貸してくれます。
    ちなみにこれはトレッキング後のお土産屋さんにも売ってました。
    しかもスーツケースに入るように3段階折りたたみ式でした笑

  • まずは民家や畑の間を縫って国立公園の入り口まで歩きます。<br />お天気がよくて本当にラッキーでした。

    まずは民家や畑の間を縫って国立公園の入り口まで歩きます。
    お天気がよくて本当にラッキーでした。

  • 登山口ではポーターさんが待っていて、希望があれば10ドルで雇うことができました。<br />地域への貢献にもなるので、一人お願いすることに。彼等は重い荷物を持って、想像を超えるような山道も足場を作り、手を引いて助けてくれます。<br />ポーターさんお願いして大正解です!<br /><br />誰方かの畑のど真ん中をひたすら歩き、竹の策を一部壊して通ります(^^;)

    登山口ではポーターさんが待っていて、希望があれば10ドルで雇うことができました。
    地域への貢献にもなるので、一人お願いすることに。彼等は重い荷物を持って、想像を超えるような山道も足場を作り、手を引いて助けてくれます。
    ポーターさんお願いして大正解です!

    誰方かの畑のど真ん中をひたすら歩き、竹の策を一部壊して通ります(^^;)

  • 奥の青い服はポーターさん。ミドリはガイドレンジャーさん。<br />現地の方々はみんなゴム長靴でスイスイ登っていきます。

    奥の青い服はポーターさん。ミドリはガイドレンジャーさん。
    現地の方々はみんなゴム長靴でスイスイ登っていきます。

  • 途中休憩がてらに、ガイドレンジャーからの説明があります。<br />ここは民家のすぐそばですが、畑に植えられている木の幹をゴリラが栄養補給に囓りに来るそうです。<br />必要な栄養素が豊富に含まれるとか。<br />後ろの木がズルむけなのはゴリラの仕業。<br />ゴリラ密猟などを防ぐために、被害にあった農家には国から補助金がでるそうです。

    途中休憩がてらに、ガイドレンジャーからの説明があります。
    ここは民家のすぐそばですが、畑に植えられている木の幹をゴリラが栄養補給に囓りに来るそうです。
    必要な栄養素が豊富に含まれるとか。
    後ろの木がズルむけなのはゴリラの仕業。
    ゴリラ密猟などを防ぐために、被害にあった農家には国から補助金がでるそうです。

  • 先にゴリラを見つけたレンジャーから連絡が入り、一番近い入り口から保護区内に入ります。<br />この石垣を登った奥の竹藪の中が国立公園です。<br />銃を持っているのは、ゴリラを一日中追っているレンジャーです。<br />銃はゴリラ以外の野生動物に遭遇した時のためです。

    先にゴリラを見つけたレンジャーから連絡が入り、一番近い入り口から保護区内に入ります。
    この石垣を登った奥の竹藪の中が国立公園です。
    銃を持っているのは、ゴリラを一日中追っているレンジャーです。
    銃はゴリラ以外の野生動物に遭遇した時のためです。

  • 国立公園の中、道なき道を進みます。<br />ジャングルのような茂みもあれば、崖を登るような坂もあります。<br />山に入って一時間位歩いたでしょうか。<br />景色を楽しむ余裕もなく、必死についていきます。

    国立公園の中、道なき道を進みます。
    ジャングルのような茂みもあれば、崖を登るような坂もあります。
    山に入って一時間位歩いたでしょうか。
    景色を楽しむ余裕もなく、必死についていきます。

  • ゴリラのいる場所が近くなると、カメラ以外の荷物を置きポーターと別れて少人数でさらに奥に進みます。<br />薮の中を進むと…<br />いました!!<br />マウンテンゴリラです!<br />子供達とメスが遊んでいます。ガイドレンジャーがゴリラ語で挨拶しながら近寄っていきます。<br />

    ゴリラのいる場所が近くなると、カメラ以外の荷物を置きポーターと別れて少人数でさらに奥に進みます。
    薮の中を進むと…
    いました!!
    マウンテンゴリラです!
    子供達とメスが遊んでいます。ガイドレンジャーがゴリラ語で挨拶しながら近寄っていきます。

  • 子ゴリラは好奇心旺盛!<br />こちらに近寄ってきます。

    子ゴリラは好奇心旺盛!
    こちらに近寄ってきます。

  • 少し奥にシルバーバックが寝ています。<br />ほんの2m先に野生のシルバーバックがいて、目が合うなんて。。<br />感動です!!

    少し奥にシルバーバックが寝ています。
    ほんの2m先に野生のシルバーバックがいて、目が合うなんて。。
    感動です!!

  • 表情がとても豊か。<br />こんな顔した人、どこかにいそうですよね^ ^

    表情がとても豊か。
    こんな顔した人、どこかにいそうですよね^ ^

  • シルバーバックが起きて、移動を始めました。<br />私達のすぐ脇を何食わぬ顔で通っていきます。<br />本当に手を伸ばせば触れる距離です。<br />人に慣れているのもありますが、<br />臆さず堂々とした動きにグループのボスたる貫禄を感じます。<br />

    シルバーバックが起きて、移動を始めました。
    私達のすぐ脇を何食わぬ顔で通っていきます。
    本当に手を伸ばせば触れる距離です。
    人に慣れているのもありますが、
    臆さず堂々とした動きにグループのボスたる貫禄を感じます。

  • ゴリラの方から近寄って来る分にはどれだけ近くてもOK。<br />ガイドレンジャーが、<br />「○○さん、ここに移動して。こっちにそのままゆっくりバックして!」<br />と細かく立ち位置を指示してくれます。

    ゴリラの方から近寄って来る分にはどれだけ近くてもOK。
    ガイドレンジャーが、
    「○○さん、ここに移動して。こっちにそのままゆっくりバックして!」
    と細かく立ち位置を指示してくれます。

  • 私達の1-2m先に子供達が遊んでいて、隣にお父さんはゴロンと横になります。<br />チビ達が人間に近寄っていこうとすると、ちゃんと横目で見ている父からお叱りを受けていました。

    私達の1-2m先に子供達が遊んでいて、隣にお父さんはゴロンと横になります。
    チビ達が人間に近寄っていこうとすると、ちゃんと横目で見ている父からお叱りを受けていました。

  • 兄弟か従兄弟同士でしょうか?

    兄弟か従兄弟同士でしょうか?

  • グループのもう一頭のメスがやってきました。<br />腕には小さな子が抱きついています。<br /><br />オスは大人になると背中が白くなるためシルバーバックと呼ばれます。若いオスは黒いのでブラックバックです。<br />一つのグループにシルバーバックは1-2頭、その奥さん達であるメス数頭とその子供達がいます。

    グループのもう一頭のメスがやってきました。
    腕には小さな子が抱きついています。

    オスは大人になると背中が白くなるためシルバーバックと呼ばれます。若いオスは黒いのでブラックバックです。
    一つのグループにシルバーバックは1-2頭、その奥さん達であるメス数頭とその子供達がいます。

  • 大人達は竹藪の中の少し開けた広場で食事を楽しんでいます。<br />マウンテンゴリラは草食動物。<br />野生のセロリや竹の若い芽、果物を食べます。

    大人達は竹藪の中の少し開けた広場で食事を楽しんでいます。
    マウンテンゴリラは草食動物。
    野生のセロリや竹の若い芽、果物を食べます。

  • シルバーバックです。

    シルバーバックです。

  • この写真、ケータイカメラでズームなしです。<br />わざわざ近寄ってきて、私のすぐ横を通り、<br />「ちょっとそこどいて」と言わんばかりに目の前にドカっと腰を降ろしたブラックバック。<br />子供達を守ろうとしているのか、ただそこに座りたかったのか…<br />レンジャー達のおかげで、彼らがとてもリラックスしているのがよくわかります。<br />ほんの少し手を伸ばせば触れます。<br />モフモフの逞しい背中に抱きついてみたくなるくらい近距離でした!<br />感激です(*^^*)<br /><br />ゴリラの写真、次の旅行記にまだまだ続きます…

    この写真、ケータイカメラでズームなしです。
    わざわざ近寄ってきて、私のすぐ横を通り、
    「ちょっとそこどいて」と言わんばかりに目の前にドカっと腰を降ろしたブラックバック。
    子供達を守ろうとしているのか、ただそこに座りたかったのか…
    レンジャー達のおかげで、彼らがとてもリラックスしているのがよくわかります。
    ほんの少し手を伸ばせば触れます。
    モフモフの逞しい背中に抱きついてみたくなるくらい近距離でした!
    感激です(*^^*)

    ゴリラの写真、次の旅行記にまだまだ続きます…

18いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集