セブ島 旅行記(ブログ) 一覧に戻る

この日は早朝5時台にホテルを出て、オスロブのジンベイザメツアーへ。<br />ホテルで申し込んだので、ガイドもドライバーもプランテーションベイの中で会うスタッフと同じく、フレンドリーで丁寧な方で安心です。<br /><br />もちろんジンベイザメにも会えて、近くを泳ぎ、一緒に写真におさまり…最高の体験ができました!<br /><br /><br />【ツアー概要】<br />ホテルでは&#x27;Whale Shark Adventure&#x27;と呼ばれています。<br />2人10000ペソの予定でしたが、他のご家族と相乗りし、合計6人になったことで、2人で6000ペソに。<br />ツアーには、ジンベイザメエリアの入場料はもちろん、鍵つきのコテージ、ボート、スノーケル、ライフジャケット、往復の交通、ミネラルウォーター、ランチ、ドリンク(サンミゲルビールか缶ジュース)、タオル、シャンプーなどのアメニティ、遺跡見学が全て込みでコスパ最高。<br />もし現金を使う機会があるとすれば、朝食に寄ったジョリビーと、現地の方が売りに来るお土産くらい。<br /><br />

プランテーションベイ&スパで過ごすハネムーン④ジンベイザメツアー

5いいね!

2017/08/21 - 2017/08/25

1906位(同エリア2720件中)

    20

    ももさん

    この日は早朝5時台にホテルを出て、オスロブのジンベイザメツアーへ。
    ホテルで申し込んだので、ガイドもドライバーもプランテーションベイの中で会うスタッフと同じく、フレンドリーで丁寧な方で安心です。

    もちろんジンベイザメにも会えて、近くを泳ぎ、一緒に写真におさまり…最高の体験ができました!


    【ツアー概要】
    ホテルでは'Whale Shark Adventure'と呼ばれています。
    2人10000ペソの予定でしたが、他のご家族と相乗りし、合計6人になったことで、2人で6000ペソに。
    ツアーには、ジンベイザメエリアの入場料はもちろん、鍵つきのコテージ、ボート、スノーケル、ライフジャケット、往復の交通、ミネラルウォーター、ランチ、ドリンク(サンミゲルビールか缶ジュース)、タオル、シャンプーなどのアメニティ、遺跡見学が全て込みでコスパ最高。
    もし現金を使う機会があるとすれば、朝食に寄ったジョリビーと、現地の方が売りに来るお土産くらい。

    PR

    • 朝4時に起床。<br />着替えてコーヒーを飲み、4時半には部屋を出てロビーへ。<br />そして5時過ぎにホテルの手配してくれた車で出発!<br /><br />行き先はセブ島の最南端、オスロブという町。<br />マクタン島のホテルからは、片道3時間半の長旅です。<br /><br />

      朝4時に起床。
      着替えてコーヒーを飲み、4時半には部屋を出てロビーへ。
      そして5時過ぎにホテルの手配してくれた車で出発!

      行き先はセブ島の最南端、オスロブという町。
      マクタン島のホテルからは、片道3時間半の長旅です。

    • 朝食にとお菓子を持っていったけど、ジョリビーに寄ってくれました。<br /><br />

      朝食にとお菓子を持っていったけど、ジョリビーに寄ってくれました。

    • メニューはこんな感じ。<br />朝食限定のメニューもありました。<br /><br />

      メニューはこんな感じ。
      朝食限定のメニューもありました。

    • 9時頃に到着したら、コテージに荷物を置いて説明を受けます。<br />ちなみに、ジンベイザメの健康に配慮して、日焼け止めもクラゲよけもNG。<br />気になる方は、ラッシュガードを着て行くと良いと思います。<br />私は深めに潜った時に、あちこちクラゲに刺されました。<br /><br />また、「ライフジャケットは必ず着用すること」と書かれていますが、出発する時にガイドのアンジーからは「泳げるなら、着いてから脱いでいいよ」と言われました。ワクワク。<br /><br />着替えてボートに乗り込み、出発!<br /><br />ボートが定位置に着いたらすぐに、水面に大きな影。<br />全く怖がる様子もなく近づいてきます。<br /><br />お客さんを乗せていないボートからは、エサを撒いているので、それを目がけてくるのでしょう…<br /><br /><br />

      9時頃に到着したら、コテージに荷物を置いて説明を受けます。
      ちなみに、ジンベイザメの健康に配慮して、日焼け止めもクラゲよけもNG。
      気になる方は、ラッシュガードを着て行くと良いと思います。
      私は深めに潜った時に、あちこちクラゲに刺されました。

      また、「ライフジャケットは必ず着用すること」と書かれていますが、出発する時にガイドのアンジーからは「泳げるなら、着いてから脱いでいいよ」と言われました。ワクワク。

      着替えてボートに乗り込み、出発!

      ボートが定位置に着いたらすぐに、水面に大きな影。
      全く怖がる様子もなく近づいてきます。

      お客さんを乗せていないボートからは、エサを撒いているので、それを目がけてくるのでしょう…


    • 海に入ってみました。<br /><br />大きいー!!<br /><br />こうやって口を開けながら泳いで、口の中に餌を取り込んでいるそうです。<br /><br />顔、よく見たらかわいいかも。<br /><br />

      海に入ってみました。

      大きいー!!

      こうやって口を開けながら泳いで、口の中に餌を取り込んでいるそうです。

      顔、よく見たらかわいいかも。

    • 餌と一緒に吸い込んだ水を吐き出しているところ。<br /><br />ゆっくりゆっくり、進んでいきます。<br /><br /><br />ちなみに、水はこの餌のにおいがします。<br />オキアミかな?<br /><br /><br /><br />

      餌と一緒に吸い込んだ水を吐き出しているところ。

      ゆっくりゆっくり、進んでいきます。


      ちなみに、水はこの餌のにおいがします。
      オキアミかな?



    • ボートの漁師さんに、ライフジャケットを脱いでいいか尋ねると&#x27;OK!!&#x27;<br />主人と2人で身軽になったところでカメラを預け、息を吐き出しながら、がんばって深く潜ります。<br /><br />撮れたー!!<br /><br />きっと毎日こうして撮っているのですね。<br />カメラを預かってくれた方が、とても上手でした。<br /><br />ライフジャケットを着たまま撮影する方は、ボートの上からぐぐぐーっと押して体を沈めてもらっていました。<br />

      ボートの漁師さんに、ライフジャケットを脱いでいいか尋ねると'OK!!'
      主人と2人で身軽になったところでカメラを預け、息を吐き出しながら、がんばって深く潜ります。

      撮れたー!!

      きっと毎日こうして撮っているのですね。
      カメラを預かってくれた方が、とても上手でした。

      ライフジャケットを着たまま撮影する方は、ボートの上からぐぐぐーっと押して体を沈めてもらっていました。

    • ジンベイザメの後ろ姿。<br /><br />尾ひれも大きい!!<br /><br />

      ジンベイザメの後ろ姿。

      尾ひれも大きい!!

    • 海底を泳いでいる子もいました。<br /><br />

      海底を泳いでいる子もいました。

    • ジンベイザメだけでなく、こんな綺麗な色の魚もたくさん。<br /><br />餌が撒かれているから集まってくるのかな?<br /><br />

      ジンベイザメだけでなく、こんな綺麗な色の魚もたくさん。

      餌が撒かれているから集まってくるのかな?

    • ランチはBBQ!<br />と聞いていたので、てっきり焼きながら食べる場所へ移動するのかと思っていたら、完成した状態で運んできてくれました。<br /><br />保温されていたようで、ほんのり温かく、お肉も柔らかいまま。<br /><br />奥はポークとチキン、手前はエビと白身魚。<br />白いのはご飯です。<br /><br />ソースも、スイートチリソース、グレイビーソース、醤油と3種類も用意されていて、至れり尽せり。<br />どれも美味しい!!<br /><br />でも、エビだけは…<br />食べた瞬間にオキアミ味の海水の記憶が蘇りました。<br />とか言いながら全部食べたけれど。<br /><br />海水を飲まなかった主人は美味しいと言っていたので、本当は美味しいのだと思います。笑<br /><br />ハエが1~2匹飛んでいたので、アルミホイルを閉じておいて、食べる分だけコソコソ取り出しました。<br /><br />まだ10時台だったのにお腹がすいて、2人ともペロッと完食!<br />

      ランチはBBQ!
      と聞いていたので、てっきり焼きながら食べる場所へ移動するのかと思っていたら、完成した状態で運んできてくれました。

      保温されていたようで、ほんのり温かく、お肉も柔らかいまま。

      奥はポークとチキン、手前はエビと白身魚。
      白いのはご飯です。

      ソースも、スイートチリソース、グレイビーソース、醤油と3種類も用意されていて、至れり尽せり。
      どれも美味しい!!

      でも、エビだけは…
      食べた瞬間にオキアミ味の海水の記憶が蘇りました。
      とか言いながら全部食べたけれど。

      海水を飲まなかった主人は美味しいと言っていたので、本当は美味しいのだと思います。笑

      ハエが1~2匹飛んでいたので、アルミホイルを閉じておいて、食べる分だけコソコソ取り出しました。

      まだ10時台だったのにお腹がすいて、2人ともペロッと完食!

    • 泳いでいる間、荷物を置いたコテージ。<br />鍵つきだし、ランチはこの目の前のテーブルでいただくので安心。<br /><br />

      泳いでいる間、荷物を置いたコテージ。
      鍵つきだし、ランチはこの目の前のテーブルでいただくので安心。

    • 食後にはフルーツも。<br />バナナは日本で見るものよりも黄色味が強く、甘かったです。

      食後にはフルーツも。
      バナナは日本で見るものよりも黄色味が強く、甘かったです。

    • 帰り道では、スペイン統治時代の要塞と教会へ。<br />こちらは要塞。<br />海賊が来襲した時に迎え撃つための拠点だったとのこと。<br /> <br /><br /><br />

      帰り道では、スペイン統治時代の要塞と教会へ。
      こちらは要塞。
      海賊が来襲した時に迎え撃つための拠点だったとのこと。



    • 四角い石ばかりが積み上げられています。<br /><br />

      四角い石ばかりが積み上げられています。

    • こちらは教会。<br /><br />

      こちらは教会。

    • 入り口は閉まっていて、中には入れません。<br /><br />

      入り口は閉まっていて、中には入れません。

    • 隣の資料館を見学しました。<br />中は撮影禁止。<br />教会で使われていた物や、この土地から発掘されたものが展示されていました。<br /><br />

      隣の資料館を見学しました。
      中は撮影禁止。
      教会で使われていた物や、この土地から発掘されたものが展示されていました。

    •  行きは頻繁すぎるクラクションや車線変更にハラハラしたけど、帰り道は慣れと疲れと満腹でウトウト…<br />(念のため車のドアは常にロック)<br /><br />ふと目を覚まして窓の外に見ると、建物の壁に、人相の悪いド◯えもんを発見。<br />下はクレ◯ン◯んちゃんだよね。<br /><br />

      行きは頻繁すぎるクラクションや車線変更にハラハラしたけど、帰り道は慣れと疲れと満腹でウトウト…
      (念のため車のドアは常にロック)

      ふと目を覚まして窓の外に見ると、建物の壁に、人相の悪いド◯えもんを発見。
      下はクレ◯ン◯んちゃんだよね。

    • ホテルまであと少し、というところで、マクタン空港に着陸する直前の飛行機に遭遇。<br />近い!!<br /><br />この後は、ほぼ予定通りの午後3時過ぎにホテル着。<br /><br />車の中で寝たので眠気はなく、お昼寝の予定は中止。<br />また1時間ほどラグーンで遊びました。<br /><br />

      ホテルまであと少し、というところで、マクタン空港に着陸する直前の飛行機に遭遇。
      近い!!

      この後は、ほぼ予定通りの午後3時過ぎにホテル着。

      車の中で寝たので眠気はなく、お昼寝の予定は中止。
      また1時間ほどラグーンで遊びました。

    1件目~20件目を表示(全20件中)

    この旅行記のタグ

      5いいね!

      利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

      この旅行記へのコメント

      ピックアップ特集

      セブ島(フィリピン) で人気のタグ


      PAGE TOP

      ピックアップ特集