哈爾濱旅行記(ブログ) 一覧に戻る
ヨーロッパに行きたい!でも娘がロングフライトに耐えられる自信はないので、近場でヨーロッパの雰囲気を楽しめるハルピンへ。ついでに吉林省の長春と遼寧省の瀋陽も行ってきました。<br /><br />****************************************************************<br /><br />ハルピン2日目は太陽島へ。この日も昨日に続いて強風吹き荒れる一日でした。そしてそのことが原因で、この日はとっても疲れることとなるのでした・・。<br />

3歳娘を連れてGW中国東北3省5日間の旅2-強風に泣かされる太陽島

14いいね!

2017/05/04 - 2017/05/04

185位(同エリア412件中)

kantaro

kantaroさん

ヨーロッパに行きたい!でも娘がロングフライトに耐えられる自信はないので、近場でヨーロッパの雰囲気を楽しめるハルピンへ。ついでに吉林省の長春と遼寧省の瀋陽も行ってきました。

****************************************************************

ハルピン2日目は太陽島へ。この日も昨日に続いて強風吹き荒れる一日でした。そしてそのことが原因で、この日はとっても疲れることとなるのでした・・。

旅行の満足度
4.0
観光
4.5
グルメ
4.5
交通
3.5
同行者
乳幼児連れ家族旅行
交通手段
タクシー 徒歩
航空会社
中国南方航空
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 7:20 朝食のためホテルを出発。遠くに聖ソフィア大教堂が見えます。

    7:20 朝食のためホテルを出発。遠くに聖ソフィア大教堂が見えます。

  • ホテルの入っているショッピングセンターのとなりのショッピングセンターに入っているケンタッキーへ。となりと言っても巨大なので10分近く歩いたような・・。

    ホテルの入っているショッピングセンターのとなりのショッピングセンターに入っているケンタッキーへ。となりと言っても巨大なので10分近く歩いたような・・。

  • 食べかけ写真ですみません・・。<br /><br />我が家は中国旅行に行くと大体一度はケンタッキーに行きます。なぜならエッグタルトが大好きだから♪<br /><br />前回南京で食べたケンタッキーの朝メニューがとっても美味しくて、また食べたいと思っていたんですが、無かった上になんだかここのケンタッキーおいしくない・・。

    食べかけ写真ですみません・・。

    我が家は中国旅行に行くと大体一度はケンタッキーに行きます。なぜならエッグタルトが大好きだから♪

    前回南京で食べたケンタッキーの朝メニューがとっても美味しくて、また食べたいと思っていたんですが、無かった上になんだかここのケンタッキーおいしくない・・。

  • 朝食後ホテルへ。ホテルの向いではライラックらしき花がきれいに咲いていました。<br /><br />8:50 タクシーで太陽島へ。<br /><br />本当は太陽島行きの船が出る埠頭までと言ったんですが、どうも今日は船が出ないと言っているようなので(強風だから?)、太陽島まで行ってもらうことに。

    朝食後ホテルへ。ホテルの向いではライラックらしき花がきれいに咲いていました。

    8:50 タクシーで太陽島へ。

    本当は太陽島行きの船が出る埠頭までと言ったんですが、どうも今日は船が出ないと言っているようなので(強風だから?)、太陽島まで行ってもらうことに。

  • 9:15 太陽島の入口に到着。 タクシー55元

    9:15 太陽島の入口に到着。 タクシー55元

    太陽島公園 広場・公園

  • 最初間違えてこの切符を買ってしまいました。なぜか園外のバスを誘導されておかしいな~と思ったらこれは周囲の湿地をまわるものだったようです。<br /><br />払い戻しをしてくれましたが・・。

    最初間違えてこの切符を買ってしまいました。なぜか園外のバスを誘導されておかしいな~と思ったらこれは周囲の湿地をまわるものだったようです。

    払い戻しをしてくれましたが・・。

  • 太陽島の入場料はこちらの建物で無事購入。30元

    太陽島の入場料はこちらの建物で無事購入。30元

  • この橋を渡って太陽島に上陸します。

    この橋を渡って太陽島に上陸します。

  • ここはかなり広いです。まずは俄羅斯風情小鎮へ行く予定だったのですが、どうも太陽島の有料エリアの外にあるよう。チケットには再入園不可と書いてあるため、先に氷雪芸術館に行くことに。

    ここはかなり広いです。まずは俄羅斯風情小鎮へ行く予定だったのですが、どうも太陽島の有料エリアの外にあるよう。チケットには再入園不可と書いてあるため、先に氷雪芸術館に行くことに。

  • 30分近く歩いて氷雪芸術館に到着。太陽島の入場口から真っ直ぐ来ればこんなに歩かなくてすんだのに~!<br /><br />無駄な体力を使ってしまった・・。<br /><br />入場料140元

    30分近く歩いて氷雪芸術館に到着。太陽島の入場口から真っ直ぐ来ればこんなに歩かなくてすんだのに~!

    無駄な体力を使ってしまった・・。

    入場料140元

  • 中は巨大な冷凍庫になっていて、ハルピンの雪まつりが一年中楽しめるようになっています。<br /><br />

    中は巨大な冷凍庫になっていて、ハルピンの雪まつりが一年中楽しめるようになっています。

  • さっぽろ雪まつりと比べて氷の像が多いというのは聞いたことがありましたが、なるほど本当に氷の像が多いです。

    さっぽろ雪まつりと比べて氷の像が多いというのは聞いたことがありましたが、なるほど本当に氷の像が多いです。

  • 色が付けてある部分も。

    色が付けてある部分も。

  • 最初はどうやら貸し切り状態のようでした。入場料140元はけっこう高いですしね。でも冬季の雪まつりはもっと何百元もするようですね・・。

    最初はどうやら貸し切り状態のようでした。入場料140元はけっこう高いですしね。でも冬季の雪まつりはもっと何百元もするようですね・・。

  • 娘の防寒着はぶかぶかで足首までありましたが、温かくていいのかも?<br /><br />私は足の甲が出る靴を履いていたため、そこが寒かったです。内部はマイナス10度くらいのようです。

    娘の防寒着はぶかぶかで足首までありましたが、温かくていいのかも?

    私は足の甲が出る靴を履いていたため、そこが寒かったです。内部はマイナス10度くらいのようです。

  • 暗くて広大な建物内にいると、本当に夜のような錯覚がしてきます。

    暗くて広大な建物内にいると、本当に夜のような錯覚がしてきます。

  • ちなみに歩く部分は凍っていないので、普通の靴で大丈夫です。

    ちなみに歩く部分は凍っていないので、普通の靴で大丈夫です。

  • 機関車もありました。

    機関車もありました。

  • 花とのコラボも。

    花とのコラボも。

  • タイヤチューブで滑る滑り台もありました。せっかく高い入場料を払ったのでやってみましたが、かなりスピードが出て怖かったです。しかも自分でタイヤチューブを持って階段を登らないといけません。

    タイヤチューブで滑る滑り台もありました。せっかく高い入場料を払ったのでやってみましたが、かなりスピードが出て怖かったです。しかも自分でタイヤチューブを持って階段を登らないといけません。

  • 奥に写っているのがそのタイヤチューブです。重かった・・。

    奥に写っているのがそのタイヤチューブです。重かった・・。

  • 芸術品ですね。

    芸術品ですね。

  • この氷雪芸術館もありました。

    この氷雪芸術館もありました。

  • 仏教エリアも。

    仏教エリアも。

  • 見事な仏像が並んでいました。

    見事な仏像が並んでいました。

  • 外に出ると温かい生姜湯を出してくれます。

    外に出ると温かい生姜湯を出してくれます。

  • 外に出たところでちょうど雨が降り出しました。氷雪芸術館前の園内バス乗り場で雨宿りがてら係のおじさんに俄羅斯風情小鎮へバスで行けるか聞いても、どうも通じない・・。<br /><br />その近くにいたお姉さん3人組が、私たちについておいでと。

    外に出たところでちょうど雨が降り出しました。氷雪芸術館前の園内バス乗り場で雨宿りがてら係のおじさんに俄羅斯風情小鎮へバスで行けるか聞いても、どうも通じない・・。

    その近くにいたお姉さん3人組が、私たちについておいでと。

  • 10:55 かなり歩いて俄羅斯風情小鎮に到着。お姉さんたちはここでバイバイしました。どうやら単なる観光客だったようで、同じ方向に行くからと連れてきてくれたようです。<br /><br />入場料20元

    10:55 かなり歩いて俄羅斯風情小鎮に到着。お姉さんたちはここでバイバイしました。どうやら単なる観光客だったようで、同じ方向に行くからと連れてきてくれたようです。

    入場料20元

  • ここはロシア人の別荘(ダーチャ)だった建物が展示館になっています。

    ここはロシア人の別荘(ダーチャ)だった建物が展示館になっています。

  • ロシアの民芸品を売る場所も。

    ロシアの民芸品を売る場所も。

  • 歴代ロシア大統領のマトリョーシカが。

    歴代ロシア大統領のマトリョーシカが。

  • このタマネギ頭、ロシアですね。

    このタマネギ頭、ロシアですね。

  • この太っちょおばさんの像がある建物はパン屋さんでした。

    この太っちょおばさんの像がある建物はパン屋さんでした。

  • 中に入れるお家

    中に入れるお家

  • 中にはロシア系のおばあさんが編み物をしていました。ちなみにおばあさんと撮影するには5元と書いてありました。<br /><br />ロシア語で挨拶してみると、にっこりされました。

    中にはロシア系のおばあさんが編み物をしていました。ちなみにおばあさんと撮影するには5元と書いてありました。

    ロシア語で挨拶してみると、にっこりされました。

  • ここでは別料金でロシアの民俗ショーも見られるのですが、時間が近づくと各エリアのスタッフがショー会場へ向かい始めていました。兼務のようですね(笑)

    ここでは別料金でロシアの民俗ショーも見られるのですが、時間が近づくと各エリアのスタッフがショー会場へ向かい始めていました。兼務のようですね(笑)

  • 小腹が空いたので、ロシアパンのお店に入ってみました。

    小腹が空いたので、ロシアパンのお店に入ってみました。

  • ちょうど東屋があったので、ここでちょっと休憩。

    ちょうど東屋があったので、ここでちょっと休憩。

  • おや、先客が。

    おや、先客が。

  • 2種類ありましたが、黒っぽいほうを購入。20元

    2種類ありましたが、黒っぽいほうを購入。20元

  • こんなに大きいです。香ばしいけどボソボソしたパンでした。

    こんなに大きいです。香ばしいけどボソボソしたパンでした。

  • 11:40 さて、そろそろ太陽島を後にするとします。<br /><br />このお城みたいな建物はロープーウェイ乗り場です。太陽島に来るには陸路の他に船とロープーウェイがあるのですが、この日はどうやら強風でロープーウェイも船もやっていませんでした。

    11:40 さて、そろそろ太陽島を後にするとします。

    このお城みたいな建物はロープーウェイ乗り場です。太陽島に来るには陸路の他に船とロープーウェイがあるのですが、この日はどうやら強風でロープーウェイも船もやっていませんでした。

  • 島内は一般車両が入れないため、タクシーを拾えるとしたら、最初にタクシーを降りた場所か!?かなり歩いたような・・。でもそこしか拾えそうな場所が思いつかないのでそこまで歩くことに。<br /><br />途中夫が掃除のおばちゃんに、自転車に大きな袋を縛り付けるのを手伝わされました(笑)

    島内は一般車両が入れないため、タクシーを拾えるとしたら、最初にタクシーを降りた場所か!?かなり歩いたような・・。でもそこしか拾えそうな場所が思いつかないのでそこまで歩くことに。

    途中夫が掃除のおばちゃんに、自転車に大きな袋を縛り付けるのを手伝わされました(笑)

  • 12:25 やっと最初の場所にたどり着いた頃には小雨も。強風の中歩いたため、特に疲れました。<br /><br />俄羅斯風情小鎮を出てから45分ほどかかりました。地図で調べたら、歩いた距離は1.6kmほどでした。

    12:25 やっと最初の場所にたどり着いた頃には小雨も。強風の中歩いたため、特に疲れました。

    俄羅斯風情小鎮を出てから45分ほどかかりました。地図で調べたら、歩いた距離は1.6kmほどでした。

  • 太陽島からタクシーで聖ソフィア大教堂へ。80元<br /><br />チケットは教会から向かって右手のチケット売り場で買います。入場料20元

    太陽島からタクシーで聖ソフィア大教堂へ。80元

    チケットは教会から向かって右手のチケット売り場で買います。入場料20元

  • 中に入ると、ロシア正教の教会といえば!というイコンがあるかな~と期待したものの、無くて残念・・。

    中に入ると、ロシア正教の教会といえば!というイコンがあるかな~と期待したものの、無くて残念・・。

  • でもシャンデリアは雰囲気あります!

    でもシャンデリアは雰囲気あります!

  • なぜか最後の晩餐が・・。

    なぜか最後の晩餐が・・。

  • 今回は時間が無くてハルピンに残る教会はここしか行けませんでしたが、他にもいくつか教会が残っています。

    今回は時間が無くてハルピンに残る教会はここしか行けませんでしたが、他にもいくつか教会が残っています。

  • 13:10 外に出るとまだ雨が降っていました。

    13:10 外に出るとまだ雨が降っていました。

  • 道路を渡ったところにあるレストランに行きたいので、地下道を通って行ってみます。<br /> <br />この建物、昨日もライトアップされていたし、何なんだろう?<br />

    道路を渡ったところにあるレストランに行きたいので、地下道を通って行ってみます。
     
    この建物、昨日もライトアップされていたし、何なんだろう?

  • 地下街になっていました。

    地下街になっていました。

  • チェーン店の老昌春餅でランチです。

    チェーン店の老昌春餅でランチです。

  • 春餅とは東北地方の料理で、薄い皮におかずを巻いて食べるものです。<br /><br />左から春餅2元・京醤肉絲28元・炒土豆絲12元・薫肉30元<br /><br />どれもおいしい!!<br />

    春餅とは東北地方の料理で、薄い皮におかずを巻いて食べるものです。

    左から春餅2元・京醤肉絲28元・炒土豆絲12元・薫肉30元

    どれもおいしい!!

  • こんな感じで巻いて食べます。<br /><br />他に春餅よりもっと薄い筋餅という皮もありました。

    こんな感じで巻いて食べます。

    他に春餅よりもっと薄い筋餅という皮もありました。

  • 店内はこんな感じ。外観はファストフードっぽかったですが、意外と落ち着いた雰囲気でした。

    店内はこんな感じ。外観はファストフードっぽかったですが、意外と落ち着いた雰囲気でした。

  • ランチの後、荷物をホテルに取りに行き、ちょっと早いですが天気が悪いのでさっさとタクシーでハルピン西駅へ向かうことにします。

    ランチの後、荷物をホテルに取りに行き、ちょっと早いですが天気が悪いのでさっさとタクシーでハルピン西駅へ向かうことにします。

  • 14:40 ハルピン西駅着。高鉄用の中心部から離れている駅で、30分かかりました。タクシー73元

    14:40 ハルピン西駅着。高鉄用の中心部から離れている駅で、30分かかりました。タクシー73元

    哈爾濱西駅 (ハルビン西駅)

  • 早く来すぎたため、電車の時間まで2時間近くあります。

    早く来すぎたため、電車の時間まで2時間近くあります。

  • 暇なので端から端まで歩いてみたり。<br /><br />土産屋やファストフードなんかもあります。<br />

    暇なので端から端まで歩いてみたり。

    土産屋やファストフードなんかもあります。

  • あまりに暇なので、モデルンのアイスを買ってみました。

    あまりに暇なので、モデルンのアイスを買ってみました。

  • 昨日食べたのは5元だったのに、15元もしました。

    昨日食べたのは5元だったのに、15元もしました。

  • こちらは20元。器にすくってある状態で冷凍ケースに置いてあるため、食感悪い~。<br /><br />高いですが、けっこう売れてました。さすがに高鉄を利用する人はなかなかリッチですね。

    こちらは20元。器にすくってある状態で冷凍ケースに置いてあるため、食感悪い~。

    高いですが、けっこう売れてました。さすがに高鉄を利用する人はなかなかリッチですね。

  • それでも暇なので、チケットを撮影して時間を潰す。<br /><br />太陽島の入場チケット

    それでも暇なので、チケットを撮影して時間を潰す。

    太陽島の入場チケット

  • 氷雪芸術館

    氷雪芸術館

  • 俄羅斯風情小鎮のチケットはパスポートになっています。

    俄羅斯風情小鎮のチケットはパスポートになっています。

  • 中もなかなかリアルです。

    中もなかなかリアルです。

  • 聖ソフィア大教堂

    聖ソフィア大教堂

  • 鉄道のチケット

    鉄道のチケット

  • 16:29 G896 ハルピン西駅から長春へ向けて出発。1時間ちょっとで着きます。

    16:29 G896 ハルピン西駅から長春へ向けて出発。1時間ちょっとで着きます。

この旅行記のタグ

14いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったスポット

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

中国で使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
中国最安 90円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

中国の料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集