サマルカンド旅行記(ブログ) 一覧に戻る
青の都サマルカンドとウズベキスタン世界遺産紀行9日間(クラブツーリズム)<br />航空会社 大韓航空(ビジネスクラス)<br />旅程は2016年6月10日(金)〜18日(土)<br />参加者は12名(男性7名、女性5名)(夫婦3組)<br />---------------------------------------<br />ウズベキスタンとの時差は4時間<br />面積は日本の約1.2倍で人口は約3千万人)<br />通過はスム(1ドル=約3,000スム)<br />首都はタシケント(人口約220万人)  <br />VISAや税関申告書が必要なこともあるが、タシケント空港での入・出国に非常に時間がかかる国です。<br />気温は35〜42℃位と暑いが乾燥しているため汗はほとんどかかなかった。<br />----------------------------------------<br />今回は下記日程の2日目です。<br />朝 タシケント駅から特急列車でサマルカンドへ<br />本日と明日でサマルカンドを観光します。<br />----------------------------------------<br />1日目 昼 関西空港から大韓航空にてソウル乗継タシケントへ<br />    夜 タシケント着<br /><br />2日目 朝 タシケントからサマルカンドへ<br />    昼 サマルカンド着後市内観光<br /><br />3日目 終日 サマルカンド市内観光<br /><br />4日目 朝 サマルカンドからシャフリサーブスへ<br />    昼 シャフリサーブス着後観光<br />    午後 観光後ブハラへ<br />    夜 ブハラ着後ホテルへ<br /><br />5日目 終日ブハラ市内観光<br /><br />6日目 朝 ブハラから古都ヒヴァへ<br />    夕刻 ヒヴァ着後ホテルへ<br /><br />7日目 終日 ヒヴァの世界遺産イチャンカラ内観光<br /><br />8日目 早朝 ヒヴァからウルゲンチへ<br />    早朝 ウルゲンチから空路タシケントへ<br />    朝  タシケント着後  <br />    午前 朝食後タシケント市内観光<br />    夜 タシケント発空路でソウルへ<br /><br />9日目 朝 ソウル着<br />    昼 ソウルより関西空港へ<br />------------------------------------------------<br />

★No.2/9 青の都サマルカンドとウズベキスタン世界遺産紀行9日間

6いいね!

2016/06/11 - 2016/06/13

341位(同エリア532件中)

hamabata

hamabataさん

青の都サマルカンドとウズベキスタン世界遺産紀行9日間(クラブツーリズム)
航空会社 大韓航空(ビジネスクラス)
旅程は2016年6月10日(金)〜18日(土)
参加者は12名(男性7名、女性5名)(夫婦3組)
---------------------------------------
ウズベキスタンとの時差は4時間
面積は日本の約1.2倍で人口は約3千万人)
通過はスム(1ドル=約3,000スム)
首都はタシケント(人口約220万人)
VISAや税関申告書が必要なこともあるが、タシケント空港での入・出国に非常に時間がかかる国です。
気温は35〜42℃位と暑いが乾燥しているため汗はほとんどかかなかった。
----------------------------------------
今回は下記日程の2日目です。
朝 タシケント駅から特急列車でサマルカンドへ
本日と明日でサマルカンドを観光します。
----------------------------------------
1日目 昼 関西空港から大韓航空にてソウル乗継タシケントへ
    夜 タシケント着

2日目 朝 タシケントからサマルカンドへ
    昼 サマルカンド着後市内観光

3日目 終日 サマルカンド市内観光

4日目 朝 サマルカンドからシャフリサーブスへ
    昼 シャフリサーブス着後観光
    午後 観光後ブハラへ
    夜 ブハラ着後ホテルへ

5日目 終日ブハラ市内観光

6日目 朝 ブハラから古都ヒヴァへ
    夕刻 ヒヴァ着後ホテルへ

7日目 終日 ヒヴァの世界遺産イチャンカラ内観光

8日目 早朝 ヒヴァからウルゲンチへ
    早朝 ウルゲンチから空路タシケントへ
    朝  タシケント着後  
    午前 朝食後タシケント市内観光
    夜 タシケント発空路でソウルへ

9日目 朝 ソウル着
    昼 ソウルより関西空港へ
------------------------------------------------

旅行の満足度
4.0
観光
4.0
ホテル
4.0
グルメ
4.0
ショッピング
3.5
交通
4.0
同行者
カップル・夫婦
一人あたり費用
50万円 - 100万円
交通手段
鉄道 観光バス
航空会社
大韓航空
旅行の手配内容
ツアー(添乗員同行あり)
利用旅行会社
クラブツーリズム

PR

  • 昨日のホテルの全景

    昨日のホテルの全景

  • 本日は8時発の特急列車でサマルカンドへ向かうため5時30分起き!<br />1階のレストランで朝食<br />時間が早く(6時過ぎ)何もない!<br />

    本日は8時発の特急列車でサマルカンドへ向かうため5時30分起き!
    1階のレストランで朝食
    時間が早く(6時過ぎ)何もない!

  • 7時タシケント駅に向けてホテルを出発

    7時タシケント駅に向けてホテルを出発

  • 建設中のホテル<br />(車窓より)

    建設中のホテル
    (車窓より)

  • ロシア正教の教会<br />(車窓)

    ロシア正教の教会
    (車窓)

  • タシケント駅に到着

    タシケント駅に到着

  • 駅の中へ<br />駅の中は撮影禁止

    駅の中へ
    駅の中は撮影禁止

  • サマルカンド行き特急列車(アフラシャブ号)<br />8時05分発です。

    サマルカンド行き特急列車(アフラシャブ号)
    8時05分発です。

  • アフラシャブ号の車内<br />

    アフラシャブ号の車内

  • 無料の車内サービス(飲物と軽食)<br />この後アイスクリームも売りにくるが有料です。

    無料の車内サービス(飲物と軽食)
    この後アイスクリームも売りにくるが有料です。

  • 約2時間(10時10分)でサマルカンド駅に到着

    約2時間(10時10分)でサマルカンド駅に到着

  • サマルカンド駅です。

    サマルカンド駅です。

  • いよいよウズベキスタンの観光開始です。<br />アフラシャブの丘(車窓のみ)<br />モンゴルによって徹底的に破壊されるまで何世紀もの間サマルカンドの町はこの丘の上に築かれていたようです。

    いよいよウズベキスタンの観光開始です。
    アフラシャブの丘(車窓のみ)
    モンゴルによって徹底的に破壊されるまで何世紀もの間サマルカンドの町はこの丘の上に築かれていたようです。

  • ウズベキスタンにきてからの初めての入場観光<br />まずはウルグベク天文台跡です。

    ウズベキスタンにきてからの初めての入場観光
    まずはウルグベク天文台跡です。

  • 天文台跡<br />1908年に土に埋もれた天文台の跡が発見され、その存在が明らかになった。<br />円い天文台の基礎と六分儀の地下部分のみが残っている。<br />

    天文台跡
    1908年に土に埋もれた天文台の跡が発見され、その存在が明らかになった。
    円い天文台の基礎と六分儀の地下部分のみが残っている。

  • この六分儀は高さ40m(地下11m)、長さ63m、幅2mの巨大なもので、高さ30m以上の建物で囲まれていたようです。

    この六分儀は高さ40m(地下11m)、長さ63m、幅2mの巨大なもので、高さ30m以上の建物で囲まれていたようです。

  • 天文台跡の向かい側にある博物館へ<br />館内は撮影料(5,000スム)が必要です。

    天文台跡の向かい側にある博物館へ
    館内は撮影料(5,000スム)が必要です。

  • これが天文学に長けていたティムールの孫ウルグベクです。<br />彼はこの時代(15世紀)に恒星時1年間を365日6時間10分8秒と推測した。<br />今日の精密機械で計られたものは365日6時間9分9.6秒なので誤差は1分にも満たない!

    これが天文学に長けていたティムールの孫ウルグベクです。
    彼はこの時代(15世紀)に恒星時1年間を365日6時間10分8秒と推測した。
    今日の精密機械で計られたものは365日6時間9分9.6秒なので誤差は1分にも満たない!

  • 博物館の内部

    博物館の内部

  • これがその天文台の模型です。

    これがその天文台の模型です。

  • 博物館の展示物

    博物館の展示物

  • ウルグベク天文台の看板?

    ウルグベク天文台の看板?

  • 博物館から階段を下りたところにあるウルグベキの銅像

    博物館から階段を下りたところにあるウルグベキの銅像

  • 次はアフラシャブ博物館です。<br />アフラシャブの丘の麓にあります。<br />丘からの出土品が多く展示されています。<br />館内は撮影料(5,000スム)が必要です。

    次はアフラシャブ博物館です。
    アフラシャブの丘の麓にあります。
    丘からの出土品が多く展示されています。
    館内は撮影料(5,000スム)が必要です。

  • 博物館内部

    博物館内部

  • 博物館展示物

    博物館展示物

  • この博物館最大の見もの<br />7世紀の領主の宮殿から発見されたフレスコの壁画<br />壁画の展示は もともとの宮殿の部屋のレイアウトが正確に再現されています。<br />

    この博物館最大の見もの
    7世紀の領主の宮殿から発見されたフレスコの壁画
    壁画の展示は もともとの宮殿の部屋のレイアウトが正確に再現されています。

  • フレスコの壁画<br />玉座の間を飾っていたこの壁画は当時の華やかな貴族の姿が描かれている。

    フレスコの壁画
    玉座の間を飾っていたこの壁画は当時の華やかな貴族の姿が描かれている。

  • フレスコの壁画

    フレスコの壁画

  • レストランで昼食へ

    レストランで昼食へ

  • レストラン内

    レストラン内

  • 食事<br />スープ

    食事
    スープ

  • ケバブ

    ケバブ

  • デザート

    デザート

  • 午後の観光スタート<br />アミール・ティムール(グル・アミール)廟<br />

    午後の観光スタート
    アミール・ティムール(グル・アミール)廟

  • グリ・アミールとは、タジク語で「支配者の墓」の意味で、ティムールをはじめとして彼の息子のシャー・ルフ、孫のウルグ・ベクら、ティムールの一族が眠っている霊廟です。

    グリ・アミールとは、タジク語で「支配者の墓」の意味で、ティムールをはじめとして彼の息子のシャー・ルフ、孫のウルグ・ベクら、ティムールの一族が眠っている霊廟です。

  • 青の都と呼ばれるサマルカンドでも、ひときわその青が引き立っている。

    青の都と呼ばれるサマルカンドでも、ひときわその青が引き立っている。

  • きれいな彫刻

    きれいな彫刻

  • アラベスクの刻まれた長い石(ティムールが座った石)

    アラベスクの刻まれた長い石(ティムールが座った石)

  • 石の桶

    石の桶

  • グリ・アミール廟

    グリ・アミール廟

  • 入口の彫刻

    入口の彫刻

  • グリ・アミール廟内部

    グリ・アミール廟内部

  • 礼拝所の天井は金きら<br />約3kgの金が使用されたようです。

    礼拝所の天井は金きら
    約3kgの金が使用されたようです。

  • 1966年に修復が完了し、建設当時の美しさを取り戻したということです。

    1966年に修復が完了し、建設当時の美しさを取り戻したということです。

  • 中央の黒緑色の軟玉で造られているのがティムールの墓石<br />

    中央の黒緑色の軟玉で造られているのがティムールの墓石

  • 朝が早かったため、15時すぎに本日の観光が終わり早めにホテルへ<br />Hotel Arba

    朝が早かったため、15時すぎに本日の観光が終わり早めにホテルへ
    Hotel Arba

  • ホテルの部屋

    ホテルの部屋

  • 夕食まで時間があったので近くのスーパーへ<br />但し、ビール等アルコールは売ってませんでした。

    夕食まで時間があったので近くのスーパーへ
    但し、ビール等アルコールは売ってませんでした。

  • ホテルの2階(屋外)で夕食

    ホテルの2階(屋外)で夕食

  • ラーメン?

    ラーメン?

  • メイン

    メイン

  • デザート<br />西瓜

    デザート
    西瓜

  • 食後徒歩でティムール像のライトアップを見に!<br />約20分でティムール像のところに到着<br />あまり人気がないのか観光客は1組だけ。

    食後徒歩でティムール像のライトアップを見に!
    約20分でティムール像のところに到着
    あまり人気がないのか観光客は1組だけ。

  • ティムールさんの像

    ティムールさんの像

  • このままでは物足りないのでさらに足を延ばしてレギスタン広場のライトアップに向かいました。<br />あちこちに噴水があります。

    このままでは物足りないのでさらに足を延ばしてレギスタン広場のライトアップに向かいました。
    あちこちに噴水があります。

  • 約20分でレギスタン広場に到着しました。<br />やはりサマルカンドといえばレギスタン広場です。

    約20分でレギスタン広場に到着しました。
    やはりサマルカンドといえばレギスタン広場です。

  • きれいにライトアップされている!<br />40分かけて来たかいがありました。

    きれいにライトアップされている!
    40分かけて来たかいがありました。

  • この後10時にライトアップが終わったためタクシーでホテルへ<br />5,000スムで交渉<br /><br />★No.3/9 https://4travel.jp/travelogue/11144208/ に続く

    この後10時にライトアップが終わったためタクシーでホテルへ
    5,000スムで交渉

    ★No.3/9 https://4travel.jp/travelogue/11144208/ に続く

この旅行記のタグ

6いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集