ヒワ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
青の都サマルカンドとウズベキスタン世界遺産紀行9日間(クラブツーリズム)<br />航空会社 大韓航空(ビジネスクラス)<br />旅程は2016年6月10日(金)〜18日(土)<br />参加者は12名(男性7名、女性5名)(夫婦3組)<br />---------------------------------------<br />ウズベキスタンとの時差は4時間<br />面積は日本の約1.2倍で人口は約3千万人)<br />通過はスム(1ドル=約3,000スム)<br />首都はタシケント(人口約220万人) <br />VISAや税関申告書が必要なこともあるが、タシケント空港での入・出国に非常に時間がかかる国です。<br />気温は35〜42℃位と暑いが乾燥しているため汗はほとんどかかなかった。<br />----------------------------------------<br />今回は下記日程の6日目です。<br />ブハラからヒヴァへバスで8時間かけて移動します。<br />----------------------------------------<br />1日目 昼 関西空港から大韓航空にてソウル乗継タシケントへ<br />    夜 タシケント着<br /><br />2日目 朝 タシケントから急行列車にてサマルカンドへ<br />    昼 サマルカンド着後市内観光<br /><br />3日目 終日 サマルカンド市内観光<br /><br />4日目 朝 サマルカンドからシャフリサーブスへ<br />    昼 シャフリサーブス着後観光<br />    午後 観光後ブハラへ<br />    夜 ブハラ着後ホテルへ<br /><br />5日目 終日ブハラ市内観光<br /><br />6日目 朝 ブハラから古都ヒヴァへ<br />    夕刻 ヒヴァ着後ホテルへ<br /><br />7日目 終日 ヒヴァの世界遺産イチャンカラ内観光<br /><br />8日目 早朝 ヒヴァからウルゲンチへ<br />    早朝 ウルゲンチから空路タシケントへ<br />    朝  タシケント着後  <br />    午前 朝食後タシケント市内観光<br />    夜 タシケント発空路でソウルへ<br /><br />9日目 朝 ソウル着<br />      ソウルより関西空港へ<br />------------------------------------------------

★No.6/9 青の都サマルカンドとウズベキスタン世界遺産紀行9日間

6いいね!

2016/06/15 - 2016/06/15

174位(同エリア264件中)

hamabata

hamabataさん

青の都サマルカンドとウズベキスタン世界遺産紀行9日間(クラブツーリズム)
航空会社 大韓航空(ビジネスクラス)
旅程は2016年6月10日(金)〜18日(土)
参加者は12名(男性7名、女性5名)(夫婦3組)
---------------------------------------
ウズベキスタンとの時差は4時間
面積は日本の約1.2倍で人口は約3千万人)
通過はスム(1ドル=約3,000スム)
首都はタシケント(人口約220万人)
VISAや税関申告書が必要なこともあるが、タシケント空港での入・出国に非常に時間がかかる国です。
気温は35〜42℃位と暑いが乾燥しているため汗はほとんどかかなかった。
----------------------------------------
今回は下記日程の6日目です。
ブハラからヒヴァへバスで8時間かけて移動します。
----------------------------------------
1日目 昼 関西空港から大韓航空にてソウル乗継タシケントへ
    夜 タシケント着

2日目 朝 タシケントから急行列車にてサマルカンドへ
    昼 サマルカンド着後市内観光

3日目 終日 サマルカンド市内観光

4日目 朝 サマルカンドからシャフリサーブスへ
    昼 シャフリサーブス着後観光
    午後 観光後ブハラへ
    夜 ブハラ着後ホテルへ

5日目 終日ブハラ市内観光

6日目 朝 ブハラから古都ヒヴァへ
    夕刻 ヒヴァ着後ホテルへ

7日目 終日 ヒヴァの世界遺産イチャンカラ内観光

8日目 早朝 ヒヴァからウルゲンチへ
    早朝 ウルゲンチから空路タシケントへ
    朝  タシケント着後  
    午前 朝食後タシケント市内観光
    夜 タシケント発空路でソウルへ

9日目 朝 ソウル着
      ソウルより関西空港へ
------------------------------------------------

旅行の満足度
4.5
観光
4.5
ホテル
4.5
グルメ
4.0
ショッピング
3.5
交通
3.5
同行者
カップル・夫婦
一人あたり費用
30万円 - 50万円
交通手段
観光バス 徒歩
旅行の手配内容
ツアー(添乗員同行あり)
利用旅行会社
クラブツーリズム

PR

  • 朝の散歩へ<br />ホテルを出たところ<br />サキ・サラフォンが見えます。

    朝の散歩へ
    ホテルを出たところ
    サキ・サラフォンが見えます。

  • 少しホテルから左へ歩いてすぐのタキ・テルパクフルシャン<br />さすがに誰もいない。

    少しホテルから左へ歩いてすぐのタキ・テルパクフルシャン
    さすがに誰もいない。

  • タキ・テルパクフルシャンの前の広場

    タキ・テルパクフルシャンの前の広場

  • タキ・テルパクフルシャンの前の広場は路線バスの始発点になっている。

    タキ・テルパクフルシャンの前の広場は路線バスの始発点になっている。

  • タキ・テルパクフルシャン<br />さすがに誰もいない。

    タキ・テルパクフルシャン
    さすがに誰もいない。

  • 誰かの墓らしきものが!

    誰かの墓らしきものが!

  • タキ・テルパクフルシャンからさらに進み路地を奥に進むみます。

    タキ・テルパクフルシャンからさらに進み路地を奥に進むみます。

  • 道が開け年代物のトラックがとまってます。

    道が開け年代物のトラックがとまってます。

  • 年代物の車です。

    年代物の車です。

  • さらに左に進むとホテル横のモスク到着

    さらに左に進むとホテル横のモスク到着

  • だれもいない!

    だれもいない!

  • きれいなミナレット!

    きれいなミナレット!

  • 朝食のためホテルへ

    朝食のためホテルへ

  • 昨日と同じバイキング

    昨日と同じバイキング

  • 午前8時ヒヴァに向かって出発です。<br />

    午前8時ヒヴァに向かって出発です。

  • バスからの車窓<br />ここから約8時間かけてキジルクム砂漠を横断します。

    バスからの車窓
    ここから約8時間かけてキジルクム砂漠を横断します。

  • 午前9時30分<br />一度目のトイレ休憩<br />ここから先は草も生えていないので、このあたりで砂漠に生えている草の陰に隠れて用を足します!<br />

    午前9時30分
    一度目のトイレ休憩
    ここから先は草も生えていないので、このあたりで砂漠に生えている草の陰に隠れて用を足します!

  • 2度目の休憩<br />昼食です。<br />

    2度目の休憩
    昼食です。

  • 食事の場所<br />といってもレストランではなく、「チャイハナ」という施設です。

    食事の場所
    といってもレストランではなく、「チャイハナ」という施設です。

  • こんなお弁当です。

    こんなお弁当です。

  • 別注でケバブ(牛、羊等)がいただけます。

    別注でケバブ(牛、羊等)がいただけます。

  • アムダリア川が望めるところで記念撮影

    アムダリア川が望めるところで記念撮影

  • 交通量はほとんどありません。

    交通量はほとんどありません。

  • ビュースポット

    ビュースポット

  • さらにヒヴァに向かって進みます。<br />

    さらにヒヴァに向かって進みます。

  • アムダリア川を渡ってウルゲンチという街へ<br />

    アムダリア川を渡ってウルゲンチという街へ

  • 16時45分<br />ようやくヒヴァに到着!

    16時45分
    ようやくヒヴァに到着!

  • 城壁がみえます。

    城壁がみえます。

  • 城壁が崩れてきそう!

    城壁が崩れてきそう!

  • バスから降りてホテルへ!

    バスから降りてホテルへ!

  • 本日のホテルはイチャンカラ(旧市街)の西門から入ってすぐ右側にあります。<br />ムハンマド・アミン・ハン・メドレセという1852年に完成した中央アジアで最も大きなこぼの神学校を改装したものです。

    本日のホテルはイチャンカラ(旧市街)の西門から入ってすぐ右側にあります。
    ムハンマド・アミン・ハン・メドレセという1852年に完成した中央アジアで最も大きなこぼの神学校を改装したものです。

  • ホテルの中庭(38m×38m)<br />中庭を取り囲むように2階建ての建物に125の部屋があります。

    ホテルの中庭(38m×38m)
    中庭を取り囲むように2階建ての建物に125の部屋があります。

  • 部屋の入口

    部屋の入口

  • 中はかなり狭く、ベッドも小さいです。<br />奥にバスタブ付きのバスルームとトイレがあります。<br />冷蔵庫はありません。

    中はかなり狭く、ベッドも小さいです。
    奥にバスタブ付きのバスルームとトイレがあります。
    冷蔵庫はありません。

  • ホテルの中庭

    ホテルの中庭

  • 夕食まで時間があるので散歩に出かけます。<br />ホテルの前には「カタル・ミナス」という未完のミナレットとたくさんの土産物店が出てます。<br />このミナレットは1852年にムハンマド・アミン・ハーンにより109mの高さを目標に着工されましたが、ハーンが1855年ペルシャの戦いで死んだため26mの未完成の塔となっています。<br />

    夕食まで時間があるので散歩に出かけます。
    ホテルの前には「カタル・ミナス」という未完のミナレットとたくさんの土産物店が出てます。
    このミナレットは1852年にムハンマド・アミン・ハーンにより109mの高さを目標に着工されましたが、ハーンが1855年ペルシャの戦いで死んだため26mの未完成の塔となっています。

  • 西門を入った右側にある案内版

    西門を入った右側にある案内版

  • 西門です。<br />正確には「オタ・ダルヴァザ」というようです。

    西門です。
    正確には「オタ・ダルヴァザ」というようです。

  • 西門の入口

    西門の入口

  • 事前に調べておいた見晴らしの良い「アクシャイブ・ババの見張り台」へ向かうため、キョナフ・アルクへ

    事前に調べておいた見晴らしの良い「アクシャイブ・ババの見張り台」へ向かうため、キョナフ・アルクへ

  • キョフナ・アルク内

    キョフナ・アルク内

  • ここから見張り台に上ります。<br />但し、別料金で1.5ドルもしくは5000スムかかります。

    ここから見張り台に上ります。
    但し、別料金で1.5ドルもしくは5000スムかかります。

  • 階段を上ります。

    階段を上ります。

  • 途中の景色

    途中の景色

  • 一番上まで上がりました。<br />見張り台だけあって、イチャンカラ内部が一望できます。

    一番上まで上がりました。
    見張り台だけあって、イチャンカラ内部が一望できます。

  • 街並みが茶色

    街並みが茶色

  • ミナレットが3本

    ミナレットが3本

  • きれいな街並み<br />

    きれいな街並み

  • 左の方向の城壁

    左の方向の城壁

  • 下へおります。

    下へおります。

  • メイン通りにもどって東門の方へ

    メイン通りにもどって東門の方へ

  • すぐの左側に観光写真用のラクダがいます。

    すぐの左側に観光写真用のラクダがいます。

  • 右側にジュマ・モスクとミナレットが見えます。<br />多様式建築で、中央アジアで最も有名なモスクの一つ<br />

    右側にジュマ・モスクとミナレットが見えます。
    多様式建築で、中央アジアで最も有名なモスクの一つ

  • 右側奥にパフラヴァン・マフムド廟の青のドームが見えます。

    右側奥にパフラヴァン・マフムド廟の青のドームが見えます。

  • 中ほどで右に曲るとイスラーム・ホジャ・メドレセとミナレットが見えます。ここのミナレットはヒヴァで一番高い(45m)そうです。

    中ほどで右に曲るとイスラーム・ホジャ・メドレセとミナレットが見えます。ここのミナレットはヒヴァで一番高い(45m)そうです。

  • イスラーム・ホジャ・メドレセの正面

    イスラーム・ホジャ・メドレセの正面

  • メイン通りに戻って東門へ

    メイン通りに戻って東門へ

  • 東門の手前を北に上がってみます。

    東門の手前を北に上がってみます。

  • 2本のミナレットがきれいです。

    2本のミナレットがきれいです。

  • スザニセンター

    スザニセンター

  • スザニセンター

    スザニセンター

  • スザニセンター内部

    スザニセンター内部

  • 18時30分<br />夕食のため、ホテルの右横にあるメドレセを改造したレストランへ

    18時30分
    夕食のため、ホテルの右横にあるメドレセを改造したレストランへ

  • レストラン(メドレセ)の内部

    レストラン(メドレセ)の内部

  • レストラン(メドレセ)の内部

    レストラン(メドレセ)の内部

  • 前菜等です。

    前菜等です。

  • ビールを頂きました。

    ビールを頂きました。

  • メインです。

    メインです。

  • 食後の散歩

    食後の散歩

  • メイン通りのほぼ真ん中に無料のトイレもあります。

    メイン通りのほぼ真ん中に無料のトイレもあります。

  • 食後の散歩<br />

    食後の散歩

  • ホテルもライトアップ!

    ホテルもライトアップ!

  • 西門を出た左側にはヒヴァで生れた数学者「ムハンマド・アル・ホレズミ像」があります。

    西門を出た左側にはヒヴァで生れた数学者「ムハンマド・アル・ホレズミ像」があります。

  • 西門にも電気が付き始めました。

    西門にも電気が付き始めました。

  • ホテルもライトアップ

    ホテルもライトアップ

  • さらにホテルも様々な色でライトアップ<br /><br />No.7/9  https://4travel.jp/travelogue/11144217/ に続く

    さらにホテルも様々な色でライトアップ

    No.7/9 https://4travel.jp/travelogue/11144217/ に続く

この旅行記のタグ

6いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集