シギリヤ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
★概要<br />2014年7月30日(水)<br />ダンブッラからバスでシギリヤへ。<br />この旅のメインイベント、好天のシギリヤロック。<br /><br />★全体概要<br />前年に念願だったマチュピチュへ行ったので、今回は「アジアのマチュピチュ」と評されることもあるシギリヤロックがあるスリランカへ。<br />コロンボ、キャンディ、ダンブッラ、シギリヤを回った一人旅。<br />シンガポールを経由したのでチョット寄り道も。<br />なお、スリランカの通貨はスリランカルピーで略称はRs、本文中の金額レートは旅行当時のもの。

スリランカ一人旅+α(5/7)ダンブッラ~シギリヤ

10いいね!

2014/07/30 - 2014/07/30

277位(同エリア495件中)

旅行記グループ スリランカ一人旅

0

61

hiro-ism

hiro-ismさん

★概要
2014年7月30日(水)
ダンブッラからバスでシギリヤへ。
この旅のメインイベント、好天のシギリヤロック。

★全体概要
前年に念願だったマチュピチュへ行ったので、今回は「アジアのマチュピチュ」と評されることもあるシギリヤロックがあるスリランカへ。
コロンボ、キャンディ、ダンブッラ、シギリヤを回った一人旅。
シンガポールを経由したのでチョット寄り道も。
なお、スリランカの通貨はスリランカルピーで略称はRs、本文中の金額レートは旅行当時のもの。

旅行の満足度
4.0
同行者
一人旅
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • ダンブッラのバスターミナル。

    ダンブッラのバスターミナル。

  • バスターミナルの中。

    バスターミナルの中。

  • 意外に大きい。

    意外に大きい。

  • シギリヤ行き。

    シギリヤ行き。

  • かなり疲れたバス。

    かなり疲れたバス。

  • エアコンも無く色々ボロボロだが、料金はシギリヤまで34Rs(≒28円)。

    エアコンも無く色々ボロボロだが、料金はシギリヤまで34Rs(≒28円)。

  • ローカルバスなので所々で客を乗降させつつ、シギリヤロックの真横まで約30分で到着。

    ローカルバスなので所々で客を乗降させつつ、シギリヤロックの真横まで約30分で到着。

  • シギリヤロック周辺の道。

    シギリヤロック周辺の道。

  • お濠のようなもので囲まれている。

    お濠のようなもので囲まれている。

  • 入場券売り場。

    入場券売り場。

  • 入場料3,900Rs(≒3,171円)、外国人料金、高っ!<br />現地人料金、読めない…<br />ホテル代を除くとこの旅で1番の出費であると同時に私が訪問した世界遺産の入場料ラインキングでもマチュピチュに次ぐ2位にランクイン。<br />「アジアのマチュピチュ」だからってそんなところまでマチュピチュ真似しなくても良いのに。<br />

    入場料3,900Rs(≒3,171円)、外国人料金、高っ!
    現地人料金、読めない…
    ホテル代を除くとこの旅で1番の出費であると同時に私が訪問した世界遺産の入場料ラインキングでもマチュピチュに次ぐ2位にランクイン。
    「アジアのマチュピチュ」だからってそんなところまでマチュピチュ真似しなくても良いのに。

  • 全体図。

    全体図。

  • 巨大なシギリヤロック、入場しなくても様々な角度から見ることが出来る。<br />しかし正面から見るためには入場しないといけないようになっている。<br />ちょうど正面の所に入場口があり、入り口付近は木が生い茂っていてちゃんとは見られない。<br />入場しないとベストポジションで見られないとは巧いこと造ってある。<br />

    巨大なシギリヤロック、入場しなくても様々な角度から見ることが出来る。
    しかし正面から見るためには入場しないといけないようになっている。
    ちょうど正面の所に入場口があり、入り口付近は木が生い茂っていてちゃんとは見られない。
    入場しないとベストポジションで見られないとは巧いこと造ってある。

  • じわじわと近付く。

    じわじわと近付く。

  • やはりこれを目的に来たので感慨深い。<br />どの観光地でもそうだが、本物を肉眼で見るとそのスケールや奥行が感じられる。<br />どんなに3Dの技術が発達しても、その場に立って肉眼で見る感動に勝るものは無いだろう。<br />

    やはりこれを目的に来たので感慨深い。
    どの観光地でもそうだが、本物を肉眼で見るとそのスケールや奥行が感じられる。
    どんなに3Dの技術が発達しても、その場に立って肉眼で見る感動に勝るものは無いだろう。

  • ここから登りのスタート。

    ここから登りのスタート。

  • 序盤は木々に覆われている。

    序盤は木々に覆われている。

  • 蜂が出るから静かにしろ、というような看板。

    蜂が出るから静かにしろ、というような看板。

  • ごっつい岩の間を通る。

    ごっつい岩の間を通る。

  • 基本的に階段や整備された道。

    基本的に階段や整備された道。

  • 工事現場のような足場。

    工事現場のような足場。

  • このらせん階段の先にシギリヤレディと呼ばれる壁画がある。

    このらせん階段の先にシギリヤレディと呼ばれる壁画がある。

  • シギリヤレディ。

    シギリヤレディ。

  • シギリヤレディだけは風雨に晒さないためか幕がかけられており、中ではフラッシュ撮影も禁止(写真はOK)、警備員も常時いる。

    シギリヤレディだけは風雨に晒さないためか幕がかけられており、中ではフラッシュ撮影も禁止(写真はOK)、警備員も常時いる。

  • 以前は500人ほどの女性の姿が描かれていたらしいが、風雨に晒されたり破壊に遭ったりで今は18人しか無いとか。

    以前は500人ほどの女性の姿が描かれていたらしいが、風雨に晒されたり破壊に遭ったりで今は18人しか無いとか。

  • ツルツルとして鏡のようだからミラーウォールと呼ばれている壁。

    ツルツルとして鏡のようだからミラーウォールと呼ばれている壁。

  • 係員、休憩中。

    係員、休憩中。

  • 登るにつれて風が強くなる。

    登るにつれて風が強くなる。

  • 結構急な階段。

    結構急な階段。

  • 頂上まであと一息のライオンズゲートと呼ばれる所。<br />途中でシギリヤレディなどをゆっくり見つつ麓からここまで約30分。

    頂上まであと一息のライオンズゲートと呼ばれる所。
    途中でシギリヤレディなどをゆっくり見つつ麓からここまで約30分。

  • 頂上までの全体像。

    頂上までの全体像。

  • 今はライオンの足しかないが、以前はライオンの頭部があったらしく、ライオンの口の中から喉を通って頂上(王宮)へと続いていたと考えられているらしい。<br />シンハラ語でライオンは「シンハ(Shinha)」、喉は「ギリヤ(Giriya)」でライオンの喉「シンハギリヤ(Shinhagiriya)」が変化して「シギリヤ」になったのではないかとも言われている、と地球の歩き方に記載されていた。

    今はライオンの足しかないが、以前はライオンの頭部があったらしく、ライオンの口の中から喉を通って頂上(王宮)へと続いていたと考えられているらしい。
    シンハラ語でライオンは「シンハ(Shinha)」、喉は「ギリヤ(Giriya)」でライオンの喉「シンハギリヤ(Shinhagiriya)」が変化して「シギリヤ」になったのではないかとも言われている、と地球の歩き方に記載されていた。

  • アレを登り切ると頂上。

    アレを登り切ると頂上。

  • ちょっと怖いかも。

    ちょっと怖いかも。

  • 何より怖いのはアレが全部ハチの巣だということ。<br />私の時は大丈夫だったが、タイミングが悪いとハチが出て頂上まで行けないとか。<br />世界遺産でもある観光地で高い入場料を取っているんだし、危険と分かっているなら駆除しちゃえば良いのに…というのはダメなんだろうか。<br />

    何より怖いのはアレが全部ハチの巣だということ。
    私の時は大丈夫だったが、タイミングが悪いとハチが出て頂上まで行けないとか。
    世界遺産でもある観光地で高い入場料を取っているんだし、危険と分かっているなら駆除しちゃえば良いのに…というのはダメなんだろうか。

  • 左上に見える建物はハチが出た時のための避難施設だとか。

    左上に見える建物はハチが出た時のための避難施設だとか。

  • 天空に続く階段。

    天空に続く階段。

  • 頂上は遺跡になっている。

    頂上は遺跡になっている。

  • 頂上の頂上にあるのは王宮跡。

    頂上の頂上にあるのは王宮跡。

  • ここがてっぺん。<br />頂上なので風がかなり強く、日射しは元々強いので、太陽と風の両方がかなりの力で攻めてくる。

    ここがてっぺん。
    頂上なので風がかなり強く、日射しは元々強いので、太陽と風の両方がかなりの力で攻めてくる。

  • 景色は良いが、見えるものは基本的に緑ばかり。<br />アンコールワットへ行った時のことを思い出した。

    景色は良いが、見えるものは基本的に緑ばかり。
    アンコールワットへ行った時のことを思い出した。

  • あそこから歩いてきた。

    あそこから歩いてきた。

  • マチュピチュのように建物がちゃんと残っているわけではなく、ほぼ土台が残っているだけという感じ。

    マチュピチュのように建物がちゃんと残っているわけではなく、ほぼ土台が残っているだけという感じ。

  • マチュピチュが15世紀頃に作られたのに対し、シギリヤロックは5世紀頃。<br />約1000年の違いが荒廃度の違いか。<br />

    マチュピチュが15世紀頃に作られたのに対し、シギリヤロックは5世紀頃。
    約1000年の違いが荒廃度の違いか。

  • ライオンズゲートを上から見る。

    ライオンズゲートを上から見る。

  • 下りは登りとは違うルートを通る。

    下りは登りとは違うルートを通る。

  • 下山道。

    下山道。

  • 最後に正面から1枚、天気も快晴で良かった。

    最後に正面から1枚、天気も快晴で良かった。

  • 入場券に含まれている博物館へ。

    入場券に含まれている博物館へ。

  • 日本の援助で作られたとか。

    日本の援助で作られたとか。

  • 各国の切手を紹介するコーナー。

    各国の切手を紹介するコーナー。

  • 日本のもあった。

    日本のもあった。

  • シギリヤレディを復元。

    シギリヤレディを復元。

  • 子供が描いたと思われる絵が展示されていた。<br />こういうのは世界共通なのか。

    子供が描いたと思われる絵が展示されていた。
    こういうのは世界共通なのか。

  • この日の観光をすべて終え、シギリヤホテルという高級ホテルのプールサイドバー。<br />贅沢なロケーション。<br />ココに泊まりたかったが予約サイトで満室だったので宿泊は隣にあるシギリヤヴィレッジというホテルにした。<br />

    この日の観光をすべて終え、シギリヤホテルという高級ホテルのプールサイドバー。
    贅沢なロケーション。
    ココに泊まりたかったが予約サイトで満室だったので宿泊は隣にあるシギリヤヴィレッジというホテルにした。

  • プールサイドバーは宿泊者以外でも入れたのでフィッシュ&amp;チップス600Rs(≒488円)とビール450Rs(≒366円)。<br />現地の物価で考えれば高いんだろうが、世界遺産至近の高級ホテルと考えると安い部類に入るだろう。

    プールサイドバーは宿泊者以外でも入れたのでフィッシュ&チップス600Rs(≒488円)とビール450Rs(≒366円)。
    現地の物価で考えれば高いんだろうが、世界遺産至近の高級ホテルと考えると安い部類に入るだろう。

  • こちらは宿泊したシギリヤヴィレッジのプールサイド。<br />ロックの角度はシギリヤホテルに軍配か。

    こちらは宿泊したシギリヤヴィレッジのプールサイド。
    ロックの角度はシギリヤホテルに軍配か。

  • バーの酒類はそこそこ、定番は一通りあった気がする。

    バーの酒類はそこそこ、定番は一通りあった気がする。

  • 晩飯は宿泊したシギリヤヴィレッジのレストランで。<br />もう少しスリランカらしく(?)、シュリンプカクテル600Rs(≒488円)とミックスヌードル750Rs(≒610円)。

    晩飯は宿泊したシギリヤヴィレッジのレストランで。
    もう少しスリランカらしく(?)、シュリンプカクテル600Rs(≒488円)とミックスヌードル750Rs(≒610円)。

  • メニューに「SRI LANKEN SPECIAL」との記載があったARRACK(アラック)400Rs(≒325円)という地元のお酒を注文。

    メニューに「SRI LANKEN SPECIAL」との記載があったARRACK(アラック)400Rs(≒325円)という地元のお酒を注文。

  • ヤシの実を蒸留させたお酒でブランデーのような芳香と味と強さだった。

    ヤシの実を蒸留させたお酒でブランデーのような芳香と味と強さだった。

この旅行記のタグ

10いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

スリランカで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
スリランカ最安 680円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

スリランカの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集