コロンボ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
★概要<br />2014年7月27日(日)<br />空港で夜を明かし、朝になってバスでコロンボ市街へ。<br />スリランカの首都は長い名前で有名なスリジャヤワルダナプラコッテ。<br />1985年にそれまで首都があったコロンボから首都機能を移転したコロンボの隣町。<br />但し、事実上の首都は現在もコロンボで、繁華街や交通の起点などもコロンボに集まっている。<br />そんなコロンボの街をブラブラ。<br /><br />★全体概要<br />前年に念願だったマチュピチュへ行ったので、今回は「アジアのマチュピチュ」と評されることもあるシギリヤロックがあるスリランカへ。<br />コロンボ、キャンディ、ダンブッラ、シギリヤを回った一人旅。<br />シンガポールを経由したのでチョット寄り道も。<br />なお、スリランカの通貨はスリランカルピーで略称はRs、本文中の金額レートは旅行当時のもの。

スリランカ一人旅+α(2/7)コロンボ

12いいね!

2014/07/27 - 2014/07/27

277位(同エリア519件中)

旅行記グループ スリランカ一人旅

0

20

hiro-ism

hiro-ismさん

★概要
2014年7月27日(日)
空港で夜を明かし、朝になってバスでコロンボ市街へ。
スリランカの首都は長い名前で有名なスリジャヤワルダナプラコッテ。
1985年にそれまで首都があったコロンボから首都機能を移転したコロンボの隣町。
但し、事実上の首都は現在もコロンボで、繁華街や交通の起点などもコロンボに集まっている。
そんなコロンボの街をブラブラ。

★全体概要
前年に念願だったマチュピチュへ行ったので、今回は「アジアのマチュピチュ」と評されることもあるシギリヤロックがあるスリランカへ。
コロンボ、キャンディ、ダンブッラ、シギリヤを回った一人旅。
シンガポールを経由したのでチョット寄り道も。
なお、スリランカの通貨はスリランカルピーで略称はRs、本文中の金額レートは旅行当時のもの。

旅行の満足度
3.5
同行者
一人旅
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 朝を迎えた空港内。<br />クーラー効きすぎて肌寒いくらいだった。

    朝を迎えた空港内。
    クーラー効きすぎて肌寒いくらいだった。

  • 空港内の売店で朝食。<br />エビの揚げ物を挟んだパンと魚のすり身が入ったようなパン(それが1番指さしで注文し易かった)と水1リットルで合計275Rs(≒224円)。

    空港内の売店で朝食。
    エビの揚げ物を挟んだパンと魚のすり身が入ったようなパン(それが1番指さしで注文し易かった)と水1リットルで合計275Rs(≒224円)。

  • 空港を出たところ。

    空港を出たところ。

  • コロンボまで向かうハイウェイバス、約45分120Rs(≒98円)。

    コロンボまで向かうハイウェイバス、約45分120Rs(≒98円)。

  • バスの車内、可もなく不可もなく。

    バスの車内、可もなく不可もなく。

  • 到着したコロンボのバスターミナル。

    到着したコロンボのバスターミナル。

  • バスターミナル前の大通り。

    バスターミナル前の大通り。

  • コロンボフォート駅(日本に例えるなら東京駅)。<br />翌日の列車(キャンディ行き)の切符を買っておいた。

    コロンボフォート駅(日本に例えるなら東京駅)。
    翌日の列車(キャンディ行き)の切符を買っておいた。

  • 意外に発展したビルもある(…と言ったら失礼か)コロンボの街。

    意外に発展したビルもある(…と言ったら失礼か)コロンボの街。

  • インド洋沿いの道。

    インド洋沿いの道。

  • 海沿いにある広場がゴールフェイスグリーンと名付けられているが、グリーンというよりも枯れて茶色が目立っていた。

    海沿いにある広場がゴールフェイスグリーンと名付けられているが、グリーンというよりも枯れて茶色が目立っていた。

  • ここまでで3人ばかり、親しげに英語で話しかけてくる輩がいた。<br />その3人が揃って口にしたのが「Today is National Holiday」という言葉。<br />地球の歩き方を見ても7月27日がスリランカの祝日だとは書いていない。<br />そしてその3人のうち2人が「ナショナルホリデーでエレファントパレードがあるから見に行かないか」みたいなことを言う。<br />これ、地球の歩き方に載るような教科書通りの騙しパターンなのでご注意。<br />観光客が集まる所にはそれを騙そうとする輩も現れる。

    ここまでで3人ばかり、親しげに英語で話しかけてくる輩がいた。
    その3人が揃って口にしたのが「Today is National Holiday」という言葉。
    地球の歩き方を見ても7月27日がスリランカの祝日だとは書いていない。
    そしてその3人のうち2人が「ナショナルホリデーでエレファントパレードがあるから見に行かないか」みたいなことを言う。
    これ、地球の歩き方に載るような教科書通りの騙しパターンなのでご注意。
    観光客が集まる所にはそれを騙そうとする輩も現れる。

  • 海に突き出した展望台みたいな所。

    海に突き出した展望台みたいな所。

  • インド洋沿いを望む、見事に曇天。

    インド洋沿いを望む、見事に曇天。

  • 凧みたいなものが上がっている。<br />海沿いなので風は強い。

    凧みたいなものが上がっている。
    海沿いなので風は強い。

  • 何だか埃っぽいメインストリート、ゴールロード。

    何だか埃っぽいメインストリート、ゴールロード。

  • ゴールロードを南下して地球の歩き方に紹介されていたスリランカ料理の店「ニュー・バナナ・リーフ」でチキンブリヤーニ495Rs(≒402円)。<br />インドに近いスリランカだけにメインはやはりカレー。<br />大量のサフランライス(ターメリックライス?とにかく黄色くて少し味の付いたご飯)にゆで卵、チキン、カレー系の小皿2つとスパイスのようなもの、サラダ風生野菜がセットになっている。<br />それらをバナナの葉の上で混ぜ合わせて食べる(それが店名の由来か?)。<br />現地人は手でグチャグチャ混ぜつつ食べていたが、さすがにそれは出来ずフォークとスプーンでいただく。<br />味も量も申し分なしだがビールに合う辛味だったのにビールが置いていなかったのが残念。<br />最後に口直しサラダを食べたらヤバイ唐辛子系がいたようでしばらく口の中がヒリヒリ。<br />インド系だったり強めの香辛料だったり、アジア飯だなーという感じ。<br />

    ゴールロードを南下して地球の歩き方に紹介されていたスリランカ料理の店「ニュー・バナナ・リーフ」でチキンブリヤーニ495Rs(≒402円)。
    インドに近いスリランカだけにメインはやはりカレー。
    大量のサフランライス(ターメリックライス?とにかく黄色くて少し味の付いたご飯)にゆで卵、チキン、カレー系の小皿2つとスパイスのようなもの、サラダ風生野菜がセットになっている。
    それらをバナナの葉の上で混ぜ合わせて食べる(それが店名の由来か?)。
    現地人は手でグチャグチャ混ぜつつ食べていたが、さすがにそれは出来ずフォークとスプーンでいただく。
    味も量も申し分なしだがビールに合う辛味だったのにビールが置いていなかったのが残念。
    最後に口直しサラダを食べたらヤバイ唐辛子系がいたようでしばらく口の中がヒリヒリ。
    インド系だったり強めの香辛料だったり、アジア飯だなーという感じ。

  • 昼飯でビールにありつけなかったので近くにある「クリケット・クラブ・カフェ」へ。<br />インドと同じくスリランカでもクリケットは人気、ルール分からないけど。

    昼飯でビールにありつけなかったので近くにある「クリケット・クラブ・カフェ」へ。
    インドと同じくスリランカでもクリケットは人気、ルール分からないけど。

  • スリランカで最もメジャーなライオンビール。<br />1パイント(568ml)で455Rs(≒370円)

    スリランカで最もメジャーなライオンビール。
    1パイント(568ml)で455Rs(≒370円)

  • スリランカはポルトガル・オランダ・イギリスの植民地だった時代があるため、欧風の建物も。<br /><br />空港のベンチ泊で早朝から動き回ったのでこの日はここまで。

    スリランカはポルトガル・オランダ・イギリスの植民地だった時代があるため、欧風の建物も。

    空港のベンチ泊で早朝から動き回ったのでこの日はここまで。

この旅行記のタグ

関連タグ

12いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

スリランカで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
スリランカ最安 680円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

スリランカの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集