ツェルマット旅行記(ブログ) 一覧に戻る
2015年7月1日、改築の為クロ−ズされていたマッタ−ホルンに登頂する為のヘルンリ小屋がオ−プンしました。<br />2009年に続く2度目のヘルンリ小屋へのハイキング、以前の小屋とは大変身、テラスはレストランと化し小屋はペンションのように綺麗で<br />山小屋という雰囲気は全く感じさせませんでした。<br />シュヴァルツゼ−からヘルンリ小屋へのトレイルも途中2個所で道路を造る為の大工事中、トレイルの中間点にあるテォドゥル氷河が見渡せる丘に建つ石小屋の回りも崩し、自然が壊されていくような感じで残念でした。

マッタ-ホルン直下ヘルンリ小屋までハイキング      

106いいね!

2015/07/07 - 2015/07/10

15位(同エリア1830件中)

9

30

travel

travelさん

2015年7月1日、改築の為クロ−ズされていたマッタ−ホルンに登頂する為のヘルンリ小屋がオ−プンしました。
2009年に続く2度目のヘルンリ小屋へのハイキング、以前の小屋とは大変身、テラスはレストランと化し小屋はペンションのように綺麗で
山小屋という雰囲気は全く感じさせませんでした。
シュヴァルツゼ−からヘルンリ小屋へのトレイルも途中2個所で道路を造る為の大工事中、トレイルの中間点にあるテォドゥル氷河が見渡せる丘に建つ石小屋の回りも崩し、自然が壊されていくような感じで残念でした。

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
ホテル
4.0
交通
4.5
同行者
家族旅行
一人あたり費用
30万円 - 50万円
交通手段
鉄道 高速・路線バス 徒歩
航空会社
ジャーマンウィングス ルフトハンザドイツ航空 ANA
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 宿泊ホテルはツァルマットでマッタ−ホルンが見えるホテルにしてはリ−ゾナブルな料金のAlpen Resort Hotel Zermattに宿泊<br />ツェルマット駅から徒歩6分<br />プ−ルもあるので利用しました<br />ただこのホテルはツア−客も利用し6:30からの朝食時は大変混雑します<br />7:30を過ぎると個人客ばかりになるので落ち着いて食事が出来ます<br />ホテルの前はグレッシャ−パラダイス行のバス停がありとても便利<br />

    宿泊ホテルはツァルマットでマッタ−ホルンが見えるホテルにしてはリ−ゾナブルな料金のAlpen Resort Hotel Zermattに宿泊
    ツェルマット駅から徒歩6分
    プ−ルもあるので利用しました
    ただこのホテルはツア−客も利用し6:30からの朝食時は大変混雑します
    7:30を過ぎると個人客ばかりになるので落ち着いて食事が出来ます
    ホテルの前はグレッシャ−パラダイス行のバス停がありとても便利

  • ホテルに3泊しましたが初日から出発の日までずっと晴天で毎日そして朝夕マッタ−ホルンを楽しめました

    ホテルに3泊しましたが初日から出発の日までずっと晴天で毎日そして朝夕マッタ−ホルンを楽しめました

  • <br />ツェルマット3日目の早朝にホテル前からグレッシャ−バラダイス乗り場行きE-バスに乗車しグレッシャ−パラダイス行乗り場へ<br />フ−リ−まで上がりフーリ−発8時の初便テレキャビンで<br />シュヴァルツゼ−まで移動<br /><br />初便に乗るって中々いいものです


    ツェルマット3日目の早朝にホテル前からグレッシャ−バラダイス乗り場行きE-バスに乗車しグレッシャ−パラダイス行乗り場へ
    フ−リ−まで上がりフーリ−発8時の初便テレキャビンで
    シュヴァルツゼ−まで移動

    初便に乗るって中々いいものです

  • いよいよシュヴァルツゼ−が近づいて来ました<br />マッタ−ホルンの山頂部部分が一層大きく見え出します

    いよいよシュヴァルツゼ−が近づいて来ました
    マッタ−ホルンの山頂部部分が一層大きく見え出します

  • シュヴァルツゼ−に到着<br />朝早いのでトレッカ−もまばら

    シュヴァルツゼ−に到着
    朝早いのでトレッカ−もまばら

  • 青空に映えるマッタ−ホルンの中腹にあるヘルンリ小屋までハイキング開始<br />

    青空に映えるマッタ−ホルンの中腹にあるヘルンリ小屋までハイキング開始

  • 苦も筆綱い晴天、良かった!!!<br />歩き始めます

    苦も筆綱い晴天、良かった!!!
    歩き始めます

  • 回りの山々も綺麗に見渡せます

    回りの山々も綺麗に見渡せます

  • ヘルンリ小屋に続くトレイルを歩きます

    ヘルンリ小屋に続くトレイルを歩きます

  • トレイルの右手にはシュヴァルツゼ−(黒い湖)が見下ろせます

    トレイルの右手にはシュヴァルツゼ−(黒い湖)が見下ろせます

  • 坂道を上がって行って振り返るとシュヴァルツゼ−のテレキャビン乗り場が彼方に見渡せます

    坂道を上がって行って振り返るとシュヴァルツゼ−のテレキャビン乗り場が彼方に見渡せます

  • 岩に取り付けられた金属製の歩道を歩きます<br />正面にずっとマッタ−ホルンの全容を見て歩けるので疲れはあまり感じません

    岩に取り付けられた金属製の歩道を歩きます
    正面にずっとマッタ−ホルンの全容を見て歩けるので疲れはあまり感じません

  • 少しずつ坂道がきつくなっていきます

    少しずつ坂道がきつくなっていきます

  • 雲海が一面にツェルマットの町を覆って雲の上にいる私<br /><br />とても神秘的な眺め

    雲海が一面にツェルマットの町を覆って雲の上にいる私

    とても神秘的な眺め

  • いよいよ本格的に高度を上げて行きます

    いよいよ本格的に高度を上げて行きます

  • ちょっと休憩、お水を飲みながら回りの氷河に見惚れます

    ちょっと休憩、お水を飲みながら回りの氷河に見惚れます

  • 青空に映える氷河<br />

    青空に映える氷河

  • あらゆる角度に目を向けてじっくり眺めを楽しみます

    あらゆる角度に目を向けてじっくり眺めを楽しみます

  • さあいよいよヘルンリ小屋に通ずるトレイルへの登り道<br />ここからが正念場

    さあいよいよヘルンリ小屋に通ずるトレイルへの登り道
    ここからが正念場

  • 一歩一歩、途中岩を伝いながら上がって行きます

    一歩一歩、途中岩を伝いながら上がって行きます

  • ヘルンリ小屋が少し見えてきました

    ヘルンリ小屋が少し見えてきました

  • ヘルンリ小屋3260m、シュヴァルツゼ−から標高差660mを上がって来ました<br /><br />以前とは違ってお洒落なペンションのようなヘルンリ小屋<br />小屋と言うよりヘルンリヒュッテと呼ばなくちゃいけないような小屋に変身していました

    ヘルンリ小屋3260m、シュヴァルツゼ−から標高差660mを上がって来ました

    以前とは違ってお洒落なペンションのようなヘルンリ小屋
    小屋と言うよりヘルンリヒュッテと呼ばなくちゃいけないような小屋に変身していました

  • 綺麗な綺麗なテラスレストラン、メニュ−もあってちゃんとスタッフがオ−ダ−を取りに来ます<br />ありゃりゃ、やはり以前とは全く違う<br />カリ−ス−プ10フラン、味は以前の方が素朴で美味しかったような気がする

    綺麗な綺麗なテラスレストラン、メニュ−もあってちゃんとスタッフがオ−ダ−を取りに来ます
    ありゃりゃ、やはり以前とは全く違う
    カリ−ス−プ10フラン、味は以前の方が素朴で美味しかったような気がする

  • マッタ−ホルンを見上げました<br />蒼天に突き刺すような山頂は印象的

    マッタ−ホルンを見上げました
    蒼天に突き刺すような山頂は印象的

  • 楽しみにしていたス−プを味わってたっぷり休憩した後はシュヴァツゼ−に戻ります

    楽しみにしていたス−プを味わってたっぷり休憩した後はシュヴァツゼ−に戻ります

  • 下りは何とスム−ズで楽な事<br />気分も爽快

    下りは何とスム−ズで楽な事
    気分も爽快

  • 見下ろすと残雪がちらほら残る中に氷河湖がとっても綺麗です

    見下ろすと残雪がちらほら残る中に氷河湖がとっても綺麗です

  • あと少しでガレ場を下り切ります

    あと少しでガレ場を下り切ります

  • 羊が残雪の上で寝そべったり残雪を食べたり<br />こういう風景って癒されるんだなあ

    羊が残雪の上で寝そべったり残雪を食べたり
    こういう風景って癒されるんだなあ

  • 有難うマッタ−ホルン、今日1日晴れてくれて素晴らしい全容を見せてくれて!

    有難うマッタ−ホルン、今日1日晴れてくれて素晴らしい全容を見せてくれて!

この旅行記のタグ

106いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (9)

開く

閉じる

  • 3104ねえねえさん 2018/08/26 01:45:59
    手が届きそうなマッターホルンが素敵です!
    マッターホルンの表紙を見つけて拝見しました。氷河急行の旅行記はスイスに行く前に拝見して学ばせていただき座席も撮影も予定通りgetでき、本当に良かったです。こちらは私の知らないマッターホルンの近くまで行くルートが紹介されていて行った気分にさせていただきました。今後も他の旅行記を拝見して自分が知らない地域のことを学ばせていただきます。

    travel

    travelさん からの返信 2018/08/27 12:20:28
    Re: 手が届きそうなマッターホルンが素敵です!
    3104ねえねえさん、掲示板そしてヘルンリ小屋旅行記び訪問頂き有難うございます。
    シュヴァルツゼ-からヘルンリ小屋のハイキングコ-スは景色がいいので気に入っています。
    道中の見晴らしのいいスポットには長椅子があり疲れればそこに座って休憩がてら眺めを楽しみます。
    息を切らしながらヘルンリ小屋まで上がって小屋のテラス席からスープを飲みながら見る眼下の風景は言葉に出来ないほど素晴らしいです。
    小屋の横の階段を下りるとマッタ-ホルンの岩の一部が触れなでなでして下山します。
    山っていいですね。

     travel
  • poodle714さん 2017/06/27 08:51:35
    マッターホルン最接近
    travelさん、こんにちは
    先日は私の方へお訪ねくださり、ありがとうございました。

    ツェルマット3泊中、ずっと晴れ続きだったとのこと、
    とてもラッキーでしたね。
    しかもヘルンリ小屋にお出かけになった日は文句なしの
    快晴に恵まれて、すばらしいの一言です。
    タイトルどおり、オープンしたばかりを狙って旅程を
    組まれたのでしょうか?
    travelさんは古い方のヘルンリ小屋もご存じだったので、
    どんな風に変わっているか楽しみだったと思います。
    遠目に見ても感動のマッターホルンなのに、直に近づいて
    いくハイキングは、きっとワクワクするのでしょうね。
    上りよりも下りの方が心配ですが、私も660メートルの
    標高差を克服して登ってみたくなりました。

                        poodle714

    travel

    travelさん からの返信 2017/07/03 21:50:16
    RE: マッターホルン最接近
    > travelさん、こんにちは
    > 先日は私の方へお訪ねくださり、ありがとうございました。
    >
    > ツェルマット3泊中、ずっと晴れ続きだったとのこと、
    > とてもラッキーでしたね。
    > しかもヘルンリ小屋にお出かけになった日は文句なしの
    > 快晴に恵まれて、すばらしいの一言です。
    > タイトルどおり、オープンしたばかりを狙って旅程を
    > 組まれたのでしょうか?
    > travelさんは古い方のヘルンリ小屋もご存じだったので、
    > どんな風に変わっているか楽しみだったと思います。
    > 遠目に見ても感動のマッターホルンなのに、直に近づいて
    > いくハイキングは、きっとワクワクするのでしょうね。
    > 上りよりも下りの方が心配ですが、私も660メートルの
    > 標高差を克服して登ってみたくなりました。
    >
    >                     poodle714

    poodle714さん、掲示板へのご訪問ありがとうございます。
    ヘルンリ小屋までハイキングを予定していたのですがオ−プンしたばかりとは全く知りませんでした。
    スイスに旅立つ数日前に改築されてオ−プンしたばっかりだと知りました。
    poodle714さんのおっしゃる通り上りより下りに神経を使って用心深く下りて行きます。
    シュヴァルツゼ−からヘルンリ小屋まではマッタ−ホルンをずっと正面に見ながら上がって行けるのコ−スなのでお勧めです。
    是非機会があればハイキングされてくださいね。

       travel
  • cheriko330さん 2017/03/03 16:30:37
    ヘルンリ小屋行きたいです♪
    travelさん、こんにちは(^^♪

    先日は、当方へも お越し頂いてありがとうございました。

    以前ツアーでツェルマットに行ってから、ここに
    1週間くらい滞在して、山歩き出来たら良いなぁ〜と
    漠然と考えていました。
    スネガより町まで下りを歩いて、スイスの山歩きの
    楽しさを覚えました。

    丁度、良いコースを発見出来て嬉しいです☆
    シュヴァルツゼーまでは一気に行けますし
    ヘルンリ小屋までは、時間的にどの位かかりますか?
    最後の岩場を よじ登る感じの所が大変そうですね。
    こんなに間近に、マッターホルンを見れるなんて
    何て幸せ☆☆☆

    以前、2泊したのに一度も拝むことが出来ませんでした。
    暫くは、海外へは行けませんが 行けるようになったら
    是非にチャレンジしたいです。
    こうやって楽しみを見付けてます。ありがとうございました。

    またおじゃまさせて下さいね。

    cheriko330

    travel

    travelさん からの返信 2017/03/09 15:55:52
    RE: ヘルンリ小屋行きたいです♪
    > cheriko330さん、お返事が遅くなってしまいました。
    シュヴァルツゼ−からヘルンリ小屋まで2時間30分です。
    途中で休憩を入れながら花を楽しみながら写真を撮りながら歩いた時間です。
    休憩も入れずに写真も撮らずにひたすらヘルンリ小屋に向かってもくもくと歩けば2時間ぐらいで到着出来ると思いますが私は回りの風景や花をじっくり見たい方なのでマイペ−スで登りました。
    シュヴァルルゼ−を出発して最初はずっとマッタ−ホルンを眺めながらの上りです。
    途中岩に付けられた金網の上を歩いた後はマッタ−ホルンは見えなくなりますが暫く歩くと再び見え出して来ます。
    最後の上りは岩に手を置きながら登りますので手袋を持参してくださいね。
    この上りはきついですがヘルンリ小屋に着いた時の感激はひとしおです。
    晴天で風が無く町からマッタ−ホルンが見える時に実行されてくださいね。
    私はツェルマットに3泊して晴天で雲一つない日が1日ありましたので登る事が出来ました。
    ヘルンリ小屋の真横がマッタ−ホルンの岩の一部ですので触って来て下さいね。
    晴天になるといいですね。

     travel
    >
  • まるとくさん 2016/03/26 18:23:12
    ヘルンリ小屋
    とてもきれいな写真に癒されました。
    今年の8月にヘルンリ小屋までハイキングを希望してますが、普段ハイキング・トレッキング経験のないものでも大丈夫でしょうか?この春より体力づくりのため日本でハイキングをはじめようとは思っています。
    新しくなったヘルンリ小屋でのトイレの設備・清潔度はどうでしたか?

    travel

    travelさん からの返信 2016/03/26 20:19:37
    RE: ヘルンリ小屋
    まるとくさん、掲示板への訪問有難うございます。
    旅行記もご覧いただきとても嬉しいです。
    ヘルンリ小屋までのハイキング、快晴だったのでスム−ズに歩けました。
    シュヴァルツゼ−からゆっくり歩けばさほど大変なコ−スではありません。
    ヘルンリ小屋の真下に当たる最後の上りがきついだけです。
    でも途中休憩しながら上がれば大丈夫です。
    ただ雨だったり霧が出たりしている時はきつい登りの箇所が滑ったりコ−スを外れたりして危ないので止めておいた方がいいと思います。
    晴天で強風でなければ回りの景色を楽しみながらのんびりヘルンリ小屋まで歩けます。
    登る時より下山の時の方が要注意で気を付けないと足首をぐねったりしますので足首をしっかり保護するトレッキングシュ−ズなら尚良しです。
    ヘルンリ小屋から真横を見上げるとマッタ−ホルン山頂です。
    階段を下りればマッタ−ホルンの岩にも触れます。
    新しくなったヘルンリ小屋はとっても綺麗でまるでペンションのようです。
    トイレも綺麗、清潔さも◎です。
    ヘルンリ小屋のテラスのレストランで景色を楽しみながらランチもお楽しみくださいね。
    晴れるといいですね。

    travel

    まるとく

    まるとくさん からの返信 2016/03/28 10:36:55
    RE: RE: ヘルンリ小屋
    早速の返信ありがとうございました。
    とてもわかりやすい説明でイメージが湧きました。
    改めてヘルンリ小屋まで、頑張って行こうと思いました。

travelさんのトラベラーページ

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

スイスで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
スイス最安 570円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

スイスの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集