ブダペスト旅行記(ブログ) 一覧に戻る
初投稿です。<br />2012年チェコ・東ドイツ、2013年ポーランドに続き、独特の雰囲気に魅せられて三たび東欧に。<br />自分が生まれて2年後にベルリンの壁が崩壊、急速に民主化・経済発展が進む旧社会主義圏。<br />地下シェルターのような地下鉄、町中にあふれる落書き、ヨーロッパのようで西欧とは少し違う町並み…<br />自分が世界一周に出る(予定)定年退職した頃にはもう見られない!?今だけの魅力が詰まった、東欧を今年も旅しました。<br /><br />今回はなんと計7ヶ国。オーストリア以外は全てが旧社会主義圏、うち4ヶ国が旧ユーゴスラビア連邦。<br />ドラガン・ストイコビッチがきっかけで今でも名古屋グランパスを追いかける自分にとっては、<br />幼少期、おそらく10番目位以内に覚えた国名。<br />ストイコビッチ来日から20年後、サラエボ事件の100年後にあたる今年、少しだけその複雑な歴史に触れることができました。<br />数えてみると、ウィーン空港からウィーン空港まで、14回の国境越え。そして数えきれない風景・出会いと、ビール、、、<br />ほんの一部にはなるけど、共有します。<br /><br />まずはハンガリー・ブダペスト!(1日目)<br /><br />9月11日(木)〜9月23日(火)<br />★1日目・2日目:成田→北京→ウィーン→ブダペスト<br />3日目:ブダペスト<br />4日目:ブダペスト→ザグレブ→(夜行)<br />5日目:(夜行)→シベニク→トロギール→スプリット→ドブロブニク<br />6日目:ドブロブニク<br />7日目:コトル・ブドゥバ(日帰り)<br />8日目:ドブロブニク→モスタル→スプリット<br />9日目:スプリット→プリトビツェ→ザグレブ<br />10日目:ザグレブ→ブレッド→リュブリャナ<br />11日目:リュブリャナ→グラーツ→ブラチスラバ<br />12・13日目:ブラチスラバ→ウィーン→北京→成田<br /><br />★ハンガリー→クロアチア→モンテネグロ→ボスニア・ヘルチェゴビナ→クロアチア<br />→スロベニア→オーストリア→スロバキア

一人で行く!ベストシーズン東欧周遊7ヶ国2014(2日目ブダペスト)

25いいね!

2014/09/12 - 2014/09/13

438位(同エリア2658件中)

旅行記グループ 東欧旅行(旧ユーゴ)2014年

0

22

初投稿です。
2012年チェコ・東ドイツ、2013年ポーランドに続き、独特の雰囲気に魅せられて三たび東欧に。
自分が生まれて2年後にベルリンの壁が崩壊、急速に民主化・経済発展が進む旧社会主義圏。
地下シェルターのような地下鉄、町中にあふれる落書き、ヨーロッパのようで西欧とは少し違う町並み…
自分が世界一周に出る(予定)定年退職した頃にはもう見られない!?今だけの魅力が詰まった、東欧を今年も旅しました。

今回はなんと計7ヶ国。オーストリア以外は全てが旧社会主義圏、うち4ヶ国が旧ユーゴスラビア連邦。
ドラガン・ストイコビッチがきっかけで今でも名古屋グランパスを追いかける自分にとっては、
幼少期、おそらく10番目位以内に覚えた国名。
ストイコビッチ来日から20年後、サラエボ事件の100年後にあたる今年、少しだけその複雑な歴史に触れることができました。
数えてみると、ウィーン空港からウィーン空港まで、14回の国境越え。そして数えきれない風景・出会いと、ビール、、、
ほんの一部にはなるけど、共有します。

まずはハンガリー・ブダペスト!(1日目)

9月11日(木)〜9月23日(火)
★1日目・2日目:成田→北京→ウィーン→ブダペスト
3日目:ブダペスト
4日目:ブダペスト→ザグレブ→(夜行)
5日目:(夜行)→シベニク→トロギール→スプリット→ドブロブニク
6日目:ドブロブニク
7日目:コトル・ブドゥバ(日帰り)
8日目:ドブロブニク→モスタル→スプリット
9日目:スプリット→プリトビツェ→ザグレブ
10日目:ザグレブ→ブレッド→リュブリャナ
11日目:リュブリャナ→グラーツ→ブラチスラバ
12・13日目:ブラチスラバ→ウィーン→北京→成田

★ハンガリー→クロアチア→モンテネグロ→ボスニア・ヘルチェゴビナ→クロアチア
→スロベニア→オーストリア→スロバキア

同行者
一人旅
一人あたり費用
25万円 - 30万円
交通手段
鉄道 高速・路線バス 徒歩
航空会社
中国国際航空
利用旅行会社
個別手配
旅行の満足度
5.0
観光
5.0
ホテル
4.0
グルメ
4.0
交通
3.5

PR

  • まず、どの友人にも「どうやって回ったの!?」と聞かれるので、行程を地図にプロット。国境14回といっても、うち6回がクロアチア⇔ボスニア・ヘルチェゴビナです。

    まず、どの友人にも「どうやって回ったの!?」と聞かれるので、行程を地図にプロット。国境14回といっても、うち6回がクロアチア⇔ボスニア・ヘルチェゴビナです。

  • 9月11日午後出発。さて、まずは飛行機。価格重視で中国国際航空にしたけど、さすがスターアライアンス、(ハードルが低かっただけに)期待以上のサービス。懸案の北京国際空港7時間トランジットも、読書と地球の歩き方(と仕事)であっという間。ウィーン着陸態勢直前の、”南4局2着→海底逆転1着”はこの旅の吉兆だったかな。

    9月11日午後出発。さて、まずは飛行機。価格重視で中国国際航空にしたけど、さすがスターアライアンス、(ハードルが低かっただけに)期待以上のサービス。懸案の北京国際空港7時間トランジットも、読書と地球の歩き方(と仕事)であっという間。ウィーン着陸態勢直前の、”南4局2着→海底逆転1着”はこの旅の吉兆だったかな。

  • 12日早朝、ウィーン空港に到着。「あれ、ウィンナー乗ってない」の定番ボケをかましつつコーヒーで目覚め、ブダペスト行のバスに乗る。隣国の首都までバス、って島国民には新鮮。そして安い(22ユーロ)

    12日早朝、ウィーン空港に到着。「あれ、ウィンナー乗ってない」の定番ボケをかましつつコーヒーで目覚め、ブダペスト行のバスに乗る。隣国の首都までバス、って島国民には新鮮。そして安い(22ユーロ)

  • 昼前にブダペストに到着。天気は雨…今日は無理せず屋内観光かなーなんて考えながら、まずは「東欧の地下鉄」でテンションを上げる。特に黄色のM1号線は、1896年開通の歴史ある路線。駅の雰囲気がたまらない。

    昼前にブダペストに到着。天気は雨…今日は無理せず屋内観光かなーなんて考えながら、まずは「東欧の地下鉄」でテンションを上げる。特に黄色のM1号線は、1896年開通の歴史ある路線。駅の雰囲気がたまらない。

  • さて、安心の日本人宿で仮眠を取ってからは、なんだかんだ街歩きへ。雨も止んだし、見れるところは初日に見ておこう。聖イシュトバーン大聖堂。

    さて、安心の日本人宿で仮眠を取ってからは、なんだかんだ街歩きへ。雨も止んだし、見れるところは初日に見ておこう。聖イシュトバーン大聖堂。

  • 確かに、外観は青空とカメラに収めたいものだけど、ヨーロッパの聖堂の醍醐味は内部。写真では表現できない「あの空気」を今年も感じることができた。

    確かに、外観は青空とカメラに収めたいものだけど、ヨーロッパの聖堂の醍醐味は内部。写真では表現できない「あの空気」を今年も感じることができた。

  • この日はこのまま国会議事堂へ、のつもりだったけどせっかく近くまで来ているのでブダペストの象徴くさり橋へ。ドナウ川とはプラハ以来(現地ではもちろんモルダウ)の再会。こんちは<br /><br />あれ、少し青空が…

    この日はこのまま国会議事堂へ、のつもりだったけどせっかく近くまで来ているのでブダペストの象徴くさり橋へ。ドナウ川とはプラハ以来(現地ではもちろんモルダウ)の再会。こんちは

    あれ、少し青空が…

  • 到着時点では全く期待できなかった青空が少しずつ広がる。まるで自分を歓迎するように!?(自意識過剰)<br />とりあえず、貴重な晴れ間を今のうちに、と時差ぼけをおしてなんとか青空バックに写真を撮ろうと、くさり橋を駆け回る日本人観光客(26)。

    到着時点では全く期待できなかった青空が少しずつ広がる。まるで自分を歓迎するように!?(自意識過剰)
    とりあえず、貴重な晴れ間を今のうちに、と時差ぼけをおしてなんとか青空バックに写真を撮ろうと、くさり橋を駆け回る日本人観光客(26)。

  • とかバタバタしてたらめっちゃ晴れた!ウィーン〜ブダペスト間の空模様を思うとこれは奇跡。

    とかバタバタしてたらめっちゃ晴れた!ウィーン〜ブダペスト間の空模様を思うとこれは奇跡。

  • 明日かなと思っていた、ブダの王宮の丘にも上る。写真はマーチャーシュ教会。ゴシック好きにはたまらない。

    明日かなと思っていた、ブダの王宮の丘にも上る。写真はマーチャーシュ教会。ゴシック好きにはたまらない。

  • ブダペスト…いや、ペストを一望。国会議事堂方面。

    ブダペスト…いや、ペストを一望。国会議事堂方面。

  • 少し移動して、ケーブルカーとくさび橋、聖イシュトバーン大聖堂。

    少し移動して、ケーブルカーとくさび橋、聖イシュトバーン大聖堂。

  • 地球の歩き方では、王宮の丘一番の見どころ、そう王宮へ。確か無料のは…あれ、2900Ft…値上げ…いやっ、<br /><br /><br />年に5日間だけの、ワイン祭りに遭遇!しかも王宮でやるんかーい

    地球の歩き方では、王宮の丘一番の見どころ、そう王宮へ。確か無料のは…あれ、2900Ft…値上げ…いやっ、


    年に5日間だけの、ワイン祭りに遭遇!しかも王宮でやるんかーい

  • 日本でも飲んだことあるけど、トカイの貴腐ワイン。飲むんじゃなくて、&quot;chew&quot;しろとアドバイス。むむ、確かに<br /><br />あ、写真は普通の赤ワインです。

    日本でも飲んだことあるけど、トカイの貴腐ワイン。飲むんじゃなくて、"chew"しろとアドバイス。むむ、確かに

    あ、写真は普通の赤ワインです。

  • ヨーロッパの展望台からまちを眺める人の後姿、好き。

    ヨーロッパの展望台からまちを眺める人の後姿、好き。

  • ここで表紙かつiPhone壁紙2014後期に選ばれた一枚。ワイン屋の店員女性のアイデアです。この手の写真はレンズの小さいスマホ推奨です。

    ここで表紙かつiPhone壁紙2014後期に選ばれた一枚。ワイン屋の店員女性のアイデアです。この手の写真はレンズの小さいスマホ推奨です。

  • さて、曇ってきたらトラムで宿に…と思ってたものの青空が広がり続けるので、「明日も雨の予報だし、夜景も今日だな」という妙なテンションに。しかも歩きたくて仕方なくなる、トラベラーズハイモード。写真は少しドナウを下って自由橋。ここから要塞「ツィタディラ」に登る。

    さて、曇ってきたらトラムで宿に…と思ってたものの青空が広がり続けるので、「明日も雨の予報だし、夜景も今日だな」という妙なテンションに。しかも歩きたくて仕方なくなる、トラベラーズハイモード。写真は少しドナウを下って自由橋。ここから要塞「ツィタディラ」に登る。

  • 登ること20分弱。頂上の「しゅろの葉を高く掲げた女性像」に。夕空に映える。ナチス・ドイツから町を解放したソ連軍の慰霊碑→1989年にソ連兵の銅像を撤去、という複雑な歴史を持つとか。そもそもこの要塞、もとはハプスブルク家の監視用だったというからすごい。

    登ること20分弱。頂上の「しゅろの葉を高く掲げた女性像」に。夕空に映える。ナチス・ドイツから町を解放したソ連軍の慰霊碑→1989年にソ連兵の銅像を撤去、という複雑な歴史を持つとか。そもそもこの要塞、もとはハプスブルク家の監視用だったというからすごい。

  • さあ、少しずつ夜景モード。コンデジの限界に挑戦しました。

    さあ、少しずつ夜景モード。コンデジの限界に挑戦しました。

  • !!

    !!

  • 頂上はなかなか賑やか。雑に撮った一枚だけど、この雰囲気好きだな。

    頂上はなかなか賑やか。雑に撮った一枚だけど、この雰囲気好きだな。

  • 最初の晩餐は、チキンのパプニカソース。<br /><br /><br />雨のち晴、最高のスタートが切れました。

    最初の晩餐は、チキンのパプニカソース。


    雨のち晴、最高のスタートが切れました。

この旅行記のタグ

25いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅行記グループ

東欧旅行(旧ユーゴ)2014年

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

ハンガリーで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ハンガリー最安 190円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ハンガリーの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集