ソウル 旅行記(ブログ) 一覧に戻る
1936年8月9日 マラソン「日本代表」初の金メダルは孫選手(人物、韓国)<br /> 日本「代表」としてマラソンに参加し、2000年に高橋尚子選手がシドニー大会でメダルを獲るまで、この競技で唯一の金メダルを日本にもたらしていた孫基禎(ソン・キジョン)選手の人生を1994年7月24日に日本テレビ系列で放映された「知ってるつもり!?」、自伝「ああ月桂冠に涙」(講談社 絶版)などを参考に紹介する。<br /><br />(このページを訪問してくださった方へ)<br /> ご訪問有難うございます。<br /> もし読者の方が根本的間違い、編集の際に発生したと思われる不整合、文法上の誤りなどを発見されたり、何か目新しい情報をお持ちの方、ご意見がおありの場合は、ご遠慮なく掲示板でもメールでも、ご一報くだされば幸いです。<br /><br /> 心からの感謝を込めて                          砂布巾

1936年8月9日 マラソン「日本代表」初の金メダルは孫選手(砂布巾のLW 第2章その12)

12いいね!

2018/11/27 - 2019/01/06

9100位(同エリア22282件中)

1936年8月9日 マラソン「日本代表」初の金メダルは孫選手(人物、韓国)
 日本「代表」としてマラソンに参加し、2000年に高橋尚子選手がシドニー大会でメダルを獲るまで、この競技で唯一の金メダルを日本にもたらしていた孫基禎(ソン・キジョン)選手の人生を1994年7月24日に日本テレビ系列で放映された「知ってるつもり!?」、自伝「ああ月桂冠に涙」(講談社 絶版)などを参考に紹介する。

(このページを訪問してくださった方へ)
 ご訪問有難うございます。
 もし読者の方が根本的間違い、編集の際に発生したと思われる不整合、文法上の誤りなどを発見されたり、何か目新しい情報をお持ちの方、ご意見がおありの場合は、ご遠慮なく掲示板でもメールでも、ご一報くだされば幸いです。

 心からの感謝を込めて                          砂布巾

PR

  •  彼は植民地化の2年後、1912年に中国と国境を接する新義州で4人兄弟の末っ子として生まれた。家が貧しく遊び道具を買ってもらえなかったので、小さい頃から走るのが大好きだった。やがてマラソン大会で好成績を挙げるようになる。<br /> オリンピックが迫ると予選が行われるが、出場選手3人の枠中2人が朝鮮人となったので、軍部の意向もあって現地に4人の選手が派遣された。6月に下関を出発し、鉄道でユーラシア大陸を横断するルートでベルリンに向かった。故郷を通過した時は真夜中だったが、数千人が激励に訪れてくれた。<br /> 競技の数日前に現地で最終予選が行われた。日本人1人は途中で脱落、もう1人はコースを外れ先回りしたが、2位にすらなれなかった。最終的に日本代表の3人のうち2人が朝鮮半島出身者となった。

     彼は植民地化の2年後、1912年に中国と国境を接する新義州で4人兄弟の末っ子として生まれた。家が貧しく遊び道具を買ってもらえなかったので、小さい頃から走るのが大好きだった。やがてマラソン大会で好成績を挙げるようになる。
     オリンピックが迫ると予選が行われるが、出場選手3人の枠中2人が朝鮮人となったので、軍部の意向もあって現地に4人の選手が派遣された。6月に下関を出発し、鉄道でユーラシア大陸を横断するルートでベルリンに向かった。故郷を通過した時は真夜中だったが、数千人が激励に訪れてくれた。
     競技の数日前に現地で最終予選が行われた。日本人1人は途中で脱落、もう1人はコースを外れ先回りしたが、2位にすらなれなかった。最終的に日本代表の3人のうち2人が朝鮮半島出身者となった。

  •  マラソンは8月9日15時にスタートした。2位に入賞したハーパー選手(イギリス)のアドバイスもあって優勝し、もう1人の朝鮮人南昇龍選手(2001年2月20日死去)も3位に入賞した。「オリンピックに出場するまで、優勝者の栄光をたたえて国旗を掲揚し、国歌が演奏されるという儀式を知らず」、表彰式では戸惑った。<br />

     マラソンは8月9日15時にスタートした。2位に入賞したハーパー選手(イギリス)のアドバイスもあって優勝し、もう1人の朝鮮人南昇龍選手(2001年2月20日死去)も3位に入賞した。「オリンピックに出場するまで、優勝者の栄光をたたえて国旗を掲揚し、国歌が演奏されるという儀式を知らず」、表彰式では戸惑った。

  •  その夜、日本選手団本部が開いた祝賀パーティーには参加せず、ベルリン在住の安鳳根氏(安重根義士の従弟!)に招かれ、祖国の旗「太極旗」を初めて目にし、熱いものが身体を流れていった。以後、名前をハングルで書き、その横に朝鮮半島の地図を描くか、Koreaと書くよう心掛けた。<br /> 祖国では、8月25日の東亜日報(トンアイルボ)が胸の「日の丸」を抹消して新聞に掲載したため、朝鮮総督府から発行停止を命じられた。

     その夜、日本選手団本部が開いた祝賀パーティーには参加せず、ベルリン在住の安鳳根氏(安重根義士の従弟!)に招かれ、祖国の旗「太極旗」を初めて目にし、熱いものが身体を流れていった。以後、名前をハングルで書き、その横に朝鮮半島の地図を描くか、Koreaと書くよう心掛けた。
     祖国では、8月25日の東亜日報(トンアイルボ)が胸の「日の丸」を抹消して新聞に掲載したため、朝鮮総督府から発行停止を命じられた。

  •  事件の1ヶ月後、船で長崎に帰国した。別室に呼ばれ、「帰国途中、誰に会い、どのような話をしたのだ」と追求された。どこへ行っても監視の目がついて回り、「優勝を返上したい気分」だった。<br /> 1936年10月に祖国へ帰ったが、一切の歓迎行事を禁止された。普専商科(現高麗大学)に入学しても新入生歓迎行事を秘密集会と通報され、警察が踏み込んで来た。2学期には退学した。<br /> 再び来日し、「陸上はやらない、静かにしている」を条件に明治大学への入学が許された。人目に付く場では走らなかった。1941年に太平洋戦争が始まると、祖国では日本式姓名が強要(創氏改名)された。日本の圧力で学徒兵志願の勧誘で各地を回らざるを得なかった。1939年には結婚したが、解放直前に妻は病死した。

     事件の1ヶ月後、船で長崎に帰国した。別室に呼ばれ、「帰国途中、誰に会い、どのような話をしたのだ」と追求された。どこへ行っても監視の目がついて回り、「優勝を返上したい気分」だった。
     1936年10月に祖国へ帰ったが、一切の歓迎行事を禁止された。普専商科(現高麗大学)に入学しても新入生歓迎行事を秘密集会と通報され、警察が踏み込んで来た。2学期には退学した。
     再び来日し、「陸上はやらない、静かにしている」を条件に明治大学への入学が許された。人目に付く場では走らなかった。1941年に太平洋戦争が始まると、祖国では日本式姓名が強要(創氏改名)された。日本の圧力で学徒兵志願の勧誘で各地を回らざるを得なかった。1939年には結婚したが、解放直前に妻は病死した。

  •  終戦で祖国が解放されると、陸上のコーチとして後身の指導にあたった。1947年のボストン・マラソンでは、徐潤福選手が優勝した。1950年の同マラソンでは、1位から3位までを(1948年8月15日に独立した)大韓民国の選手が独占し、国旗太極旗が3本掲揚された。胸に熱いものがこみ上げた。<br /> 帰国5日目には朝鮮戦争が開戦。朝鮮民主主義人民共和国軍占領下のソウルで尋問したのは実の甥だった。1951年にはボストン・マラソンへの韓国の参加はならなかったが、優勝した田中茂樹選手に日本語読みの「そん きてい」名で「田中くんの優勝はアジアの優勝です」とした祝電が届いた。

     終戦で祖国が解放されると、陸上のコーチとして後身の指導にあたった。1947年のボストン・マラソンでは、徐潤福選手が優勝した。1950年の同マラソンでは、1位から3位までを(1948年8月15日に独立した)大韓民国の選手が独占し、国旗太極旗が3本掲揚された。胸に熱いものがこみ上げた。
     帰国5日目には朝鮮戦争が開戦。朝鮮民主主義人民共和国軍占領下のソウルで尋問したのは実の甥だった。1951年にはボストン・マラソンへの韓国の参加はならなかったが、優勝した田中茂樹選手に日本語読みの「そん きてい」名で「田中くんの優勝はアジアの優勝です」とした祝電が届いた。

  •  1970年には韓国の国会議員朴永禄氏がベルリン・オリンピック優勝記念塔に銘記してある国籍「Japan」の文字をノミで削り「Korea」と彫り直し、再び国籍問題が注目を集めた。「オリンピックに孫基禎選手は日本選手として登録されていた」として現在でも国籍はJapanとなっている。(スタジアムの中に入れず、確認できなかった) <br /> *「韓国初」の五輪金メダル 掲げられたのは日本国旗?<br />  http://www.recordchina.co.jp/b167302-s0-c50.html

     1970年には韓国の国会議員朴永禄氏がベルリン・オリンピック優勝記念塔に銘記してある国籍「Japan」の文字をノミで削り「Korea」と彫り直し、再び国籍問題が注目を集めた。「オリンピックに孫基禎選手は日本選手として登録されていた」として現在でも国籍はJapanとなっている。(スタジアムの中に入れず、確認できなかった) 
     *「韓国初」の五輪金メダル 掲げられたのは日本国旗?
      http://www.recordchina.co.jp/b167302-s0-c50.html

  •  1981年西ドイツ、バーデンバーデンで開かれたIOC総会で名古屋との決選投票に勝ち、「つき上げる感動で息苦しく」なった。1988年のソウル・オリンピックでは、聖火ランナーも努めた。ベルリンで受け取った月桂樹は、ソウルの市立孫基禎公園で今もスクスク育っている。 

     1981年西ドイツ、バーデンバーデンで開かれたIOC総会で名古屋との決選投票に勝ち、「つき上げる感動で息苦しく」なった。1988年のソウル・オリンピックでは、聖火ランナーも努めた。ベルリンで受け取った月桂樹は、ソウルの市立孫基禎公園で今もスクスク育っている。 

  •  2002年11月15日に90歳で亡くなり、大田(テジョン)の国立墓地(2005年訪問)に埋葬された。その人生は日本の植民地支配、戦後の朝鮮半島分断に翻弄されたと言える。このような20世紀の朝鮮半島の歴史を生きた多くの人々の中の1人に過ぎないことを、私たちはきちんと受け止めなければならない。<br />

     2002年11月15日に90歳で亡くなり、大田(テジョン)の国立墓地(2005年訪問)に埋葬された。その人生は日本の植民地支配、戦後の朝鮮半島分断に翻弄されたと言える。このような20世紀の朝鮮半島の歴史を生きた多くの人々の中の1人に過ぎないことを、私たちはきちんと受け止めなければならない。

  •  前項目で触れた映画「民族の祭典」の中でもランナーの心理状態に焦点を当てたマラソンは、一番の見所と言える。ハーパー選手が「スロー、スロー」と声を掛けている場面や、表彰台上でうつむいている場面も収められている。

     前項目で触れた映画「民族の祭典」の中でもランナーの心理状態に焦点を当てたマラソンは、一番の見所と言える。ハーパー選手が「スロー、スロー」と声を掛けている場面や、表彰台上でうつむいている場面も収められている。

  • *うつむく孫選手 胸の日の丸にもご注目<br /><br /> 2004年は7年ぶり6回目の韓国訪問は2泊だった。ハングルを考案した世宗(セジョン)の名を冠した文化会館で、その日まで「五輪108年 そして孫基禎展」が行われているという情報を朝鮮日報日本語版HPで入手したので、日程を当初から1日早めた。<br /> 仁川空港から会場へ直行した。写真や新聞記事などが展示されており、興味深いものだった。「民族の祭典」が上映されていた。「君が代」が流れた時は、年配のアジュンマ(女性)が「ヒノマル」と言っていたが、客観的な口調に聞こえた。<br /><br />*前項目で述べたレニ・リーフェンシュタール監督の上記映画からマラソンの部分<br />ハーパーが「スロー」と言っている場面、ランナーの心理面に焦点を当てた部分をどうぞ<br />https://www.youtube.com/watch?v=JQY6MfX5420

    *うつむく孫選手 胸の日の丸にもご注目

     2004年は7年ぶり6回目の韓国訪問は2泊だった。ハングルを考案した世宗(セジョン)の名を冠した文化会館で、その日まで「五輪108年 そして孫基禎展」が行われているという情報を朝鮮日報日本語版HPで入手したので、日程を当初から1日早めた。
     仁川空港から会場へ直行した。写真や新聞記事などが展示されており、興味深いものだった。「民族の祭典」が上映されていた。「君が代」が流れた時は、年配のアジュンマ(女性)が「ヒノマル」と言っていたが、客観的な口調に聞こえた。

    *前項目で述べたレニ・リーフェンシュタール監督の上記映画からマラソンの部分
    ハーパーが「スロー」と言っている場面、ランナーの心理面に焦点を当てた部分をどうぞ
    https://www.youtube.com/watch?v=JQY6MfX5420

  •  すぐ前に東亜日報本社を発見したので突撃訪問。受付で決まり文句となった「チョヌン (私は)イルボネ(日本の)コドゥンハッキョ(高等学校)セーケーサ(世界史)ソンセン(先生)イムニダ(です)」と切り出し、英語で続けた。資料として創刊号など社史に残る重要記事を集めた特別紙面を提供して頂いた。日本語ができる係の方の説明によると、日の丸が抹消された写真横の消された部分(日本による検閲の結果)は日の丸を太極旗に差し替えたものだったそうだ。これには目から鱗が落ちる思いだった。<br /><br /> 最後は市立孫基禎公園。番組にも登場していた月桂樹やブロンズ像があった。月桂樹の前に立つと、遠く離れたベルリンのオリンピック・スタジアムと公園が瞬間的に結びついて、不思議な気分になった。

     すぐ前に東亜日報本社を発見したので突撃訪問。受付で決まり文句となった「チョヌン (私は)イルボネ(日本の)コドゥンハッキョ(高等学校)セーケーサ(世界史)ソンセン(先生)イムニダ(です)」と切り出し、英語で続けた。資料として創刊号など社史に残る重要記事を集めた特別紙面を提供して頂いた。日本語ができる係の方の説明によると、日の丸が抹消された写真横の消された部分(日本による検閲の結果)は日の丸を太極旗に差し替えたものだったそうだ。これには目から鱗が落ちる思いだった。

     最後は市立孫基禎公園。番組にも登場していた月桂樹やブロンズ像があった。月桂樹の前に立つと、遠く離れたベルリンのオリンピック・スタジアムと公園が瞬間的に結びついて、不思議な気分になった。

  • *地下商街で足形購入

    *地下商街で足形購入

  •  2006年のテーマは、豊臣秀吉と高麗大蔵経が収蔵される世界遺産海印寺(ヘインサ 九ちゃんの命日を迎えた)だった。南部中心だったので、ソウルは通過のつもりで行ったが、市役所前の広場には孫さんの展示があった。金メダル獲得から70年目だったのだ。涙ぐんでしまった。(2004年8月10日,2005年8月12日,2006年8月11日訪問)

     2006年のテーマは、豊臣秀吉と高麗大蔵経が収蔵される世界遺産海印寺(ヘインサ 九ちゃんの命日を迎えた)だった。南部中心だったので、ソウルは通過のつもりで行ったが、市役所前の広場には孫さんの展示があった。金メダル獲得から70年目だったのだ。涙ぐんでしまった。(2004年8月10日,2005年8月12日,2006年8月11日訪問)

  • *一番右が表彰台の写真

    *一番右が表彰台の写真

  • *一番右の写真がレニ・リーフェンシュタールとの写真、砂布巾にとっては物凄い組み合わせ<br /><br />もくじへ http://4travel.jp/travelogue/10681693

    *一番右の写真がレニ・リーフェンシュタールとの写真、砂布巾にとっては物凄い組み合わせ

    もくじへ http://4travel.jp/travelogue/10681693

  • *右下は優勝インタビューを受ける孫選手と南選手(右)

    *右下は優勝インタビューを受ける孫選手と南選手(右)

  • *右下はソウル・オリンピック最終聖火ランナー

    *右下はソウル・オリンピック最終聖火ランナー

  • *独立記念館にあった孫さんの展示<br />  独立記念館訪問記は http://4travel.jp/travelogue/10230292

    *独立記念館にあった孫さんの展示
      独立記念館訪問記は http://4travel.jp/travelogue/10230292

  • *2018年5月4日の朝日新聞で取り上げられる<br /> 今でも日本が獲得した156個の金メダルとして数えられていることが紹介<br /> ちなみに韓国では初の金メダルとして数えられている場合もある 韓国建国は1948年<br /><br /> 記事中には孫さんが孫の李さんに「私は『克日』の時代を生きたが、君は『親日』の時代を生きなさい」と語った話が紹介されている

    *2018年5月4日の朝日新聞で取り上げられる
     今でも日本が獲得した156個の金メダルとして数えられていることが紹介
     ちなみに韓国では初の金メダルとして数えられている場合もある 韓国建国は1948年

     記事中には孫さんが孫の李さんに「私は『克日』の時代を生きたが、君は『親日』の時代を生きなさい」と語った話が紹介されている

12いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

韓国で使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
業界最安クラスの定額料金

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

韓国の料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

韓国でおすすめの観光スポット

PAGE TOP

ピックアップ特集