アヴィニヨン旅行記(ブログ) 一覧に戻る
完全に舐めてました。<br />バカンスシーズンのフランスを…。<br />我々はミディピレネーのカルカッソンヌと、トゥールーズを見て、その名を聞いただけでちょっとワクワクするようなプロバンス地方のアヴィニョンへ向かっておりました。<br />夕方までには到着する予定でいましたが、がーん。<br />ここはフランス。<br />パリやリヨンなどの大都市の人々が夏のバカンスを楽しむのは南フランスでありまして。<br /><br />8月も中旬ですので、ぼちぼちバカンスを切り上げて帰る人が大勢な訳ですよ。<br /><br />南から北へ向かう高速道路がですね。<br />大渋滞。<br />大の渋滞です。<br /><br />トゥールーズからアヴィニョンまで距離にして330kmなので、まぁ3時間半くらいかと思われるわけですよ、通常。<br />いつも頼りにしているGoogleさんもそう言ってるわけですし。<br /><br />モンペリエ手前から、そりゃものすごい渋滞なのです。<br />「あれ?ここはバンコクか?」、あるいは「保土ヶ谷バイパスか?」ってな具合なわけです。<br /><br />軽く6時間以上かかりまして、もうアヴィニョンは夜なのです。<br />夏のヨーロッパは日の入りが遅いとは言え、もう20時なのです(涙)<br /><br />意気消沈のてつやん一向は、まずホテルに荷物を置いて、駅にレンタカーを返し(EUROPCARありがとう!!)、取りあえずバスにて旧市街まで向かいます。<br />はぁー、全然アヴィニョン見れなかったなぁ…。<br /><br /><br />アヴィニョンは、夏のバカンスで特に人気のプロヴァンス地方にある町。<br />アヴィニョン演劇祭が有名で毎年7月の3週間にわたって開催される夏の風物詩です。1947年より続く最も歴史のある演劇祭で、公式に招待を受けた演者が法王庁の前庭を中心行う「フェスティバル・イン」と市内、郊外などで行われる自主公演「フェスティバル・オフ」からなり、演劇、バレエ、ミュージカル、映画、コンサート、サーカス、大道芸など幅広い分野にわたるスペクタクルイベントです。<br /><br />「フェスティバル・オフ」は、自由に宣伝を行うことができるので、町にはポスターが貼りめぐらされ、通りでは楽団が奏でる楽しい音楽、歌に踊り、大道芸などが繰り広げられ至るところに人垣がみられ、町全体がつかの間の劇場に変身。<br /><br /><br />会期中はアヴィニョンの人口(約9万人)に匹敵する演者、観客が国内外から集まり大いに賑わいます。<br />実際に劇場に行かなくても町に一歩踏み込めば一瞬でその雰囲気に飲み込まれ、感動を覚えると思われます。<br /><br />また、街の見どころとして、法王庁(かつてほんの一時だけ、ローマ法王がアヴィニョンに住んでいたことがある)、サンベネゼ橋、アングラドン美術館など。<br /><br />まじかっ!?<br />見所満載じゃないけ?<br />大渋滞が恨めしい(&gt;_&lt;)

おら初めてアヴィニョンさ行くだ 【8/17夕~8/18朝】

28いいね!

2013/08/10 - 2013/08/18

40位(同エリア423件中)

てつやん

てつやんさん

完全に舐めてました。
バカンスシーズンのフランスを…。
我々はミディピレネーのカルカッソンヌと、トゥールーズを見て、その名を聞いただけでちょっとワクワクするようなプロバンス地方のアヴィニョンへ向かっておりました。
夕方までには到着する予定でいましたが、がーん。
ここはフランス。
パリやリヨンなどの大都市の人々が夏のバカンスを楽しむのは南フランスでありまして。

8月も中旬ですので、ぼちぼちバカンスを切り上げて帰る人が大勢な訳ですよ。

南から北へ向かう高速道路がですね。
大渋滞。
大の渋滞です。

トゥールーズからアヴィニョンまで距離にして330kmなので、まぁ3時間半くらいかと思われるわけですよ、通常。
いつも頼りにしているGoogleさんもそう言ってるわけですし。

モンペリエ手前から、そりゃものすごい渋滞なのです。
「あれ?ここはバンコクか?」、あるいは「保土ヶ谷バイパスか?」ってな具合なわけです。

軽く6時間以上かかりまして、もうアヴィニョンは夜なのです。
夏のヨーロッパは日の入りが遅いとは言え、もう20時なのです(涙)

意気消沈のてつやん一向は、まずホテルに荷物を置いて、駅にレンタカーを返し(EUROPCARありがとう!!)、取りあえずバスにて旧市街まで向かいます。
はぁー、全然アヴィニョン見れなかったなぁ…。


アヴィニョンは、夏のバカンスで特に人気のプロヴァンス地方にある町。
アヴィニョン演劇祭が有名で毎年7月の3週間にわたって開催される夏の風物詩です。1947年より続く最も歴史のある演劇祭で、公式に招待を受けた演者が法王庁の前庭を中心行う「フェスティバル・イン」と市内、郊外などで行われる自主公演「フェスティバル・オフ」からなり、演劇、バレエ、ミュージカル、映画、コンサート、サーカス、大道芸など幅広い分野にわたるスペクタクルイベントです。

「フェスティバル・オフ」は、自由に宣伝を行うことができるので、町にはポスターが貼りめぐらされ、通りでは楽団が奏でる楽しい音楽、歌に踊り、大道芸などが繰り広げられ至るところに人垣がみられ、町全体がつかの間の劇場に変身。


会期中はアヴィニョンの人口(約9万人)に匹敵する演者、観客が国内外から集まり大いに賑わいます。
実際に劇場に行かなくても町に一歩踏み込めば一瞬でその雰囲気に飲み込まれ、感動を覚えると思われます。

また、街の見どころとして、法王庁(かつてほんの一時だけ、ローマ法王がアヴィニョンに住んでいたことがある)、サンベネゼ橋、アングラドン美術館など。

まじかっ!?
見所満載じゃないけ?
大渋滞が恨めしい(>_<)

旅行の満足度
4.0
観光
4.0
ホテル
3.0
グルメ
4.0
同行者
乳幼児連れ家族旅行
一人あたり費用
15万円 - 20万円
交通手段
レンタカー 徒歩 飛行機
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • まだ明るいですけど、既に20時まわってますから…。<br />こちらこの旅最終の宿泊ホテルのアダッジオアクセスアヴィニョンです。<br /><br />アビニョンTGV駅にほど近い好立地というだけが取柄のホテルです。<br />↑<br />完全に失礼<br />

    まだ明るいですけど、既に20時まわってますから…。
    こちらこの旅最終の宿泊ホテルのアダッジオアクセスアヴィニョンです。

    アビニョンTGV駅にほど近い好立地というだけが取柄のホテルです。

    完全に失礼

  • 宿はアヴィニョンTGV駅の方なんですが、路線バスで旧市街までやってきました。<br />ご飯を食べにね。<br /><br />ここは旧市街の入口のレピュブリック門。<br />ここにバス停がありますんで下車。

    宿はアヴィニョンTGV駅の方なんですが、路線バスで旧市街までやってきました。
    ご飯を食べにね。

    ここは旧市街の入口のレピュブリック門。
    ここにバス停がありますんで下車。

  • トゥールーズからの道が物凄い渋滞だったもんで、実はもう20時を過ぎてます(T_T)<br /><br />ただ、この時間がアヴィニョンで一番盛り上がっている時です!!<br />

    トゥールーズからの道が物凄い渋滞だったもんで、実はもう20時を過ぎてます(T_T)

    ただ、この時間がアヴィニョンで一番盛り上がっている時です!!

  • アヴィニョンの市庁舎です。<br />ライトアップがキレイ!!

    アヴィニョンの市庁舎です。
    ライトアップがキレイ!!

  • アヴィニョン旧市街の中心地の時計台広場は、移動遊園地とか、アコーディオン奏者や、バンドなどなど色んなことが、そこかしこで見ることが出来ます。<br /><br />観光客もアヴィニョンが一番多い♪♪<br />人々の熱気もすごい。

    アヴィニョン旧市街の中心地の時計台広場は、移動遊園地とか、アコーディオン奏者や、バンドなどなど色んなことが、そこかしこで見ることが出来ます。

    観光客もアヴィニョンが一番多い♪♪
    人々の熱気もすごい。

  • 法王庁宮殿<br /><br />1300年代に一時期のみ、ローマ法王がアヴィニョンに住んでいました。<br />当時のフランスの王様の圧力に屈して、ローマから移住。<br />カトリックの中心地として、繁栄したのだそう。

    イチオシ

    法王庁宮殿

    1300年代に一時期のみ、ローマ法王がアヴィニョンに住んでいました。
    当時のフランスの王様の圧力に屈して、ローマから移住。
    カトリックの中心地として、繁栄したのだそう。

  • サンベネゼ橋<br /><br />アヴィニョンの橋で踊ろよ、踊ろ・・・。と言う歌で知られるサンベネゼ橋。<br />うーん、どんな歌?<br />しらん(゜ロ゜)

    サンベネゼ橋

    アヴィニョンの橋で踊ろよ、踊ろ・・・。と言う歌で知られるサンベネゼ橋。
    うーん、どんな歌?
    しらん(゜ロ゜)

  • 旧市街をぐるりと囲む壁。<br />ヨーロッパって、外敵から護るため城壁に囲むことが多いのね。<br /><br />昼間とまた一味違って、夜もなかなか良いもんだね。<br />↑<br />と強がってみる

    旧市街をぐるりと囲む壁。
    ヨーロッパって、外敵から護るため城壁に囲むことが多いのね。

    昼間とまた一味違って、夜もなかなか良いもんだね。

    と強がってみる

  • 一つ通りを奥に入ると、人はいない。<br />だけど、アコーディオンや歌の声が聞こえる。<br />アヴィニョンの夏の熱気は感じられる。<br /><br />夏の寂しさ。

    一つ通りを奥に入ると、人はいない。
    だけど、アコーディオンや歌の声が聞こえる。
    アヴィニョンの夏の熱気は感じられる。

    夏の寂しさ。

  • 色んなレストランが、広場まで椅子とテーブルをこれでもか!と広げてます。<br />お客さんも沢山。<br />演奏者の曲や歌を聴きながら、少し涼しくなったこの時間に一斉に出てきてお酒や食事を楽しむ。<br /><br />フランス人の夏の過ごし方、ちょっと分かった気がする。

    イチオシ

    色んなレストランが、広場まで椅子とテーブルをこれでもか!と広げてます。
    お客さんも沢山。
    演奏者の曲や歌を聴きながら、少し涼しくなったこの時間に一斉に出てきてお酒や食事を楽しむ。

    フランス人の夏の過ごし方、ちょっと分かった気がする。

  • 楽しそうな歌や曲が聴こえてくるので、いてもたってもいられない。

    楽しそうな歌や曲が聴こえてくるので、いてもたってもいられない。

  • 1歳9ヶ月でもノリノリ♪♪<br />楽しそうな気持ちが踊らせるんだね。

    1歳9ヶ月でもノリノリ♪♪
    楽しそうな気持ちが踊らせるんだね。

この旅行記のタグ

28いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フランスで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
フランス最安 322円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

フランスの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集