トゥールーズ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
ミディピレネー地方の中心都市のトゥールーズへ移動します。<br />フランス第5の都市で、エアバス社の本社があるとこで有名です。<br /><br />この街はガロンヌ川のピンク色の粘土を使ったレンガで、多くの建物が建設されていて、どの建物も薄いピンク色なのです。<br />非常に美しい街並みで、ぶらぶら歩きがとっても楽しい。<br /><br />中でも、ランドマーク的な存在のトゥールーズ市庁舎であるキャピトルや、スペインのサンチアゴ・デ・コンポステラへの街道上の重要な巡礼地であるサン・セルナン・バジリカ聖堂は見逃せない名称です!!<br /><br />うーん、時間が足りない(T_T)<br /><br />こんな見所満載だとは思わず、ランチのついでに観ようなんて、申し訳なく候う。<br /><br /><br />カルカッソンヌから、約1時間半程度で到着します。<br />我らがトヨタさんは、快調な走りで助かります(^-^)v<br />使いなれてる日本車って、やっぱりストレスが少なくて楽チン←決して強がりではなく<br /><br />街のど真ん中に、まず目指すべきキャピトルがあります。<br />便利なことにそのキャピトルの真下が公共の地下駐車場になっておりました。<br />車を停めると、まあ目の前ですからキャピトルから観ましょう。<br />簡単に言うと市庁舎なのですが、その規模と豪華さが市庁舎ではない。<br /><br />二階の広間には、素晴らしい壁画と天井画があり、多くの観光客が詰めかけてます。<br />キラキラと絢爛豪華なキャピトルは、かつての絶対王制下のフランスにおいても、12名の議員で運営する共同議会を持ち、トゥールーズに数多の特権を認めさせたのであった。<br />↑<br />と、見たもの聞いたものを偉そうに書いてみる。<br /><br /><br />この他にも、やはりピンク色のレンガが使われたサン・セルナン・バジリカ聖堂にも行かねばなりません。<br />アルルから続くサンチアゴ・デ・コンポステラへの巡礼街道の中継地になっており、この教会が重要な拠点となっているそうです。<br />むむっ!!<br />教会好きには外せん情報、ありがとう!!<br />(クリスチャンではないのですけども、仏教徒なのですけども・・・)<br />八角形の尖塔が美しい、すっきりした教会。<br />ロマネスク様式ではフランス最大の大きさなのだそうです。<br /><br />意外にも見どころ満載で、本当はランチどころじゃないですわ。<br /><br /><br />いつかフランスの下半分(地図のね)だけで、旅行がしたい♪<br />いつかきっと。<br /><br />

おら初めてトゥールーズさ行くだ 【8/16昼】

37いいね!

2013/08/10 - 2013/08/18

15位(同エリア195件中)

てつやん

てつやんさん

ミディピレネー地方の中心都市のトゥールーズへ移動します。
フランス第5の都市で、エアバス社の本社があるとこで有名です。

この街はガロンヌ川のピンク色の粘土を使ったレンガで、多くの建物が建設されていて、どの建物も薄いピンク色なのです。
非常に美しい街並みで、ぶらぶら歩きがとっても楽しい。

中でも、ランドマーク的な存在のトゥールーズ市庁舎であるキャピトルや、スペインのサンチアゴ・デ・コンポステラへの街道上の重要な巡礼地であるサン・セルナン・バジリカ聖堂は見逃せない名称です!!

うーん、時間が足りない(T_T)

こんな見所満載だとは思わず、ランチのついでに観ようなんて、申し訳なく候う。


カルカッソンヌから、約1時間半程度で到着します。
我らがトヨタさんは、快調な走りで助かります(^-^)v
使いなれてる日本車って、やっぱりストレスが少なくて楽チン←決して強がりではなく

街のど真ん中に、まず目指すべきキャピトルがあります。
便利なことにそのキャピトルの真下が公共の地下駐車場になっておりました。
車を停めると、まあ目の前ですからキャピトルから観ましょう。
簡単に言うと市庁舎なのですが、その規模と豪華さが市庁舎ではない。

二階の広間には、素晴らしい壁画と天井画があり、多くの観光客が詰めかけてます。
キラキラと絢爛豪華なキャピトルは、かつての絶対王制下のフランスにおいても、12名の議員で運営する共同議会を持ち、トゥールーズに数多の特権を認めさせたのであった。

と、見たもの聞いたものを偉そうに書いてみる。


この他にも、やはりピンク色のレンガが使われたサン・セルナン・バジリカ聖堂にも行かねばなりません。
アルルから続くサンチアゴ・デ・コンポステラへの巡礼街道の中継地になっており、この教会が重要な拠点となっているそうです。
むむっ!!
教会好きには外せん情報、ありがとう!!
(クリスチャンではないのですけども、仏教徒なのですけども・・・)
八角形の尖塔が美しい、すっきりした教会。
ロマネスク様式ではフランス最大の大きさなのだそうです。

意外にも見どころ満載で、本当はランチどころじゃないですわ。


いつかフランスの下半分(地図のね)だけで、旅行がしたい♪
いつかきっと。

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
グルメ
4.0
同行者
乳幼児連れ家族旅行
一人あたり費用
15万円 - 20万円
交通手段
レンタカー 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 感動のカルカッソンヌを出発し、一路西へ向かいます。我ら。<br /><br />一面ひまわり畑一色の両サイド!!<br />絵に描いたような南フランスそのものでした。

    感動のカルカッソンヌを出発し、一路西へ向かいます。我ら。

    一面ひまわり畑一色の両サイド!!
    絵に描いたような南フランスそのものでした。

  • カルカッソンヌから車で約1時間半。<br />到着しましたトゥールーズ。<br /><br />町の中心地キャピトル広場にやって参りました。<br />広場の地下が公共駐車場になってましたんで、便利便利♪♪<br /><br />広場がでかい(X_X)

    カルカッソンヌから車で約1時間半。
    到着しましたトゥールーズ。

    町の中心地キャピトル広場にやって参りました。
    広場の地下が公共駐車場になってましたんで、便利便利♪♪

    広場がでかい(X_X)

  • トゥールーズのランドマーク的存在のキャピトル!!<br />市庁舎です。<br />たいそう豪華な建物ですなぁ〜。

    トゥールーズのランドマーク的存在のキャピトル!!
    市庁舎です。
    たいそう豪華な建物ですなぁ〜。

  • ででーん!!<br /><br />トゥールーズを流れるガロンヌ川から採れるピンク色の粘土を使って焼き上げたレンガで建てられているのだ。<br />道理でかわいい色な訳だわ。

    ででーん!!

    トゥールーズを流れるガロンヌ川から採れるピンク色の粘土を使って焼き上げたレンガで建てられているのだ。
    道理でかわいい色な訳だわ。

  • なぜか市庁舎の敷地内で、エアバスの展示をしてました。<br />トゥールーズは、アメリカのボーイング社と並ぶ2大航空機開発会社のエアバス社の本社があるのです。<br />

    なぜか市庁舎の敷地内で、エアバスの展示をしてました。
    トゥールーズは、アメリカのボーイング社と並ぶ2大航空機開発会社のエアバス社の本社があるのです。

  • 私、エアバス好きよ♪

    私、エアバス好きよ♪

  • こんな胴体部分も展示されてまして

    こんな胴体部分も展示されてまして

  • まずは市庁舎内へいざゆかん!!

    まずは市庁舎内へいざゆかん!!

  • 市庁舎の階段部分にどでかい壁画。<br />ホントに市庁舎かいな?(汗)

    市庁舎の階段部分にどでかい壁画。
    ホントに市庁舎かいな?(汗)

  • 豪華な広間へ到着。<br />ちょっとパリのオペラ座に似た感じ。<br /><br />ミニガルニエ。

    豪華な広間へ到着。
    ちょっとパリのオペラ座に似た感じ。

    ミニガルニエ。

  • ホントにホントっ!?<br />これ飾って良いものなのかしら?<br />これが芸術作品?<br /><br />フランスってマジで不思議…。<br />ルーブルの乳首を思い出す私。

    イチオシ

    ホントにホントっ!?
    これ飾って良いものなのかしら?
    これが芸術作品?

    フランスってマジで不思議…。
    ルーブルの乳首を思い出す私。

  • 二階には、いくつか広間があるのですが、トゥールーズの歴史や四季を描いた壁画で埋め尽くされています。

    二階には、いくつか広間があるのですが、トゥールーズの歴史や四季を描いた壁画で埋め尽くされています。

  • これはガロンヌ川の春かしら?

    これはガロンヌ川の春かしら?

  • この広間がひときわ豪華でした。<br />要人を招く広間かな?<br /><br />彫刻なんかもあって、美術館みたい。

    イチオシ

    この広間がひときわ豪華でした。
    要人を招く広間かな?

    彫刻なんかもあって、美術館みたい。

  • これ、天井画です!!<br />市庁舎の域を越えてると思われます(汗)

    これ、天井画です!!
    市庁舎の域を越えてると思われます(汗)

  • 広い広間に興奮のミニてつ

    広い広間に興奮のミニてつ

  • 階段のホールもこの通り<br /><br />キャピトルの名に相応しい、素晴らしかったなあ。

    階段のホールもこの通り

    キャピトルの名に相応しい、素晴らしかったなあ。

  • では、市庁舎を出ましてランチを食べられるとこを探します。<br />近くに市場があったので、ひょっとしたら美味しいものにありつけるかと期待しましたが、観光客向けでなく本物の市場?でしたので、ちょうど昼頃の今、終わってしまった。ガーン

    では、市庁舎を出ましてランチを食べられるとこを探します。
    近くに市場があったので、ひょっとしたら美味しいものにありつけるかと期待しましたが、観光客向けでなく本物の市場?でしたので、ちょうど昼頃の今、終わってしまった。ガーン

  • キャピトルから徒歩で10分くらいか。<br />ストラスブール大通りにあるピッツァリアパパに入りました。<br /><br />生野菜が食べたくなりサラダを注文。

    キャピトルから徒歩で10分くらいか。
    ストラスブール大通りにあるピッツァリアパパに入りました。

    生野菜が食べたくなりサラダを注文。

  • 嫁は色んなチーズと生ハムと野菜が乗ったプレート。

    嫁は色んなチーズと生ハムと野菜が乗ったプレート。

  • いっちょまえにグラスで炭酸水を飲むミニてつ

    いっちょまえにグラスで炭酸水を飲むミニてつ

  • サン・セルナン・バジリカ聖堂<br /><br />こちらもキャピトルと同様にガロンヌ川のピンクレンガで建てられてるので、うっすらピンク色♪♪<br />スペインのサンチアゴ・デ・コンポステラへの街道上の重要な巡礼地になってます。

    イチオシ

    サン・セルナン・バジリカ聖堂

    こちらもキャピトルと同様にガロンヌ川のピンクレンガで建てられてるので、うっすらピンク色♪♪
    スペインのサンチアゴ・デ・コンポステラへの街道上の重要な巡礼地になってます。

  • 多くの巡礼者を受け入れる為、内部は広く作られています。<br />内側は白を基調にすっきりした感じ。

    多くの巡礼者を受け入れる為、内部は広く作られています。
    内側は白を基調にすっきりした感じ。

  • ロマネスク様式としては、フランスで最大なのだとか。<br />道理ででかいわけだ(゜ロ゜)

    ロマネスク様式としては、フランスで最大なのだとか。
    道理ででかいわけだ(゜ロ゜)

  • この八角形の尖塔が非常に珍しいのだそうです。

    この八角形の尖塔が非常に珍しいのだそうです。

  • この街は人口40万のフランス第5の都市。<br />別名ローズシティ、バラの街と呼ばれているんだそう。<br />なるほどなるほど、例のガロンヌ川のピンクレンガで色んな建物が作られているからだね。

    この街は人口40万のフランス第5の都市。
    別名ローズシティ、バラの街と呼ばれているんだそう。
    なるほどなるほど、例のガロンヌ川のピンクレンガで色んな建物が作られているからだね。

  • 日本と違って、各町ごとに特徴があって興味をそそります。<br /><br />うー、毎日楽しい♪♪

    日本と違って、各町ごとに特徴があって興味をそそります。

    うー、毎日楽しい♪♪

この旅行記のタグ

関連タグ

37いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フランスで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
フランス最安 322円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

フランスの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集