釜山旅行記(ブログ) 一覧に戻る
甘川洞文化村の存在を知ったときから、いつか行ってみたい!とずっと思っていた。この村のように実際に人が住んでいるところがテーマパークのようになっていて観光客が楽しめるというコンセプトが好きなのである。<br /><br />以前、ソウルでも北村(ブッチョン)韓屋村を散策して凄く充実した時間を過ごすことができたことを思い出す。そのとき以来のわくわく感なのだ。<br /><br />今年の私的な旅のコンセプトは「スマホを活用して街を歩くこと」なので、今回も3台のスマホを携えて村へ向かった。さて、どんな活躍をみせてくれるかな?<br /><br />===== 釜山を歩くシリーズ ==================<br />■タダで韓国プリペイドSIMをゲットしよう<br />http://4travel.jp/traveler/yazmataz/album/10751803/<br />■空港から釜山駅まで大型スーツケースをころがして地下鉄で行けるか?<br />http://4travel.jp/traveler/yazmataz/album/10754899/<br />■地図アプリを活用する<br />http://4travel.jp/traveler/yazmataz/album/10751982/<br />■南浦洞・国際市場でグルメ三昧<br />http://4travel.jp/traveler/yazmataz/album/10755772/<br />■市バスを使って二大メガマートへ行ってみた<br />http://4travel.jp/traveler/yazmataz/album/10755240/<br />■韓国のマチュピチュ!甘川洞文化村を散策(1)<br />→ この旅行記<br />■韓国のマチュピチュ!甘川洞文化村を散策(2)<br />http://4travel.jp/traveler/yazmataz/album/10753392/<br />■韓国のマチュピチュ!甘川洞文化村を散策(3)<br />http://4travel.jp/traveler/yazmataz/album/10753432/<br />■韓国のマチュピチュ!甘川洞文化村を散策(4)<br />http://4travel.jp/traveler/yazmataz/album/10753453/

スマホを活用して釜山を歩く:韓国のマチュピチュ!甘川洞文化村を散策(1)

28いいね!

2013/02/18 - 2013/02/20

1231位(同エリア5800件中)

甘川洞文化村の存在を知ったときから、いつか行ってみたい!とずっと思っていた。この村のように実際に人が住んでいるところがテーマパークのようになっていて観光客が楽しめるというコンセプトが好きなのである。

以前、ソウルでも北村(ブッチョン)韓屋村を散策して凄く充実した時間を過ごすことができたことを思い出す。そのとき以来のわくわく感なのだ。

今年の私的な旅のコンセプトは「スマホを活用して街を歩くこと」なので、今回も3台のスマホを携えて村へ向かった。さて、どんな活躍をみせてくれるかな?

===== 釜山を歩くシリーズ ==================
■タダで韓国プリペイドSIMをゲットしよう
http://4travel.jp/traveler/yazmataz/album/10751803/
■空港から釜山駅まで大型スーツケースをころがして地下鉄で行けるか?
http://4travel.jp/traveler/yazmataz/album/10754899/
■地図アプリを活用する
http://4travel.jp/traveler/yazmataz/album/10751982/
■南浦洞・国際市場でグルメ三昧
http://4travel.jp/traveler/yazmataz/album/10755772/
■市バスを使って二大メガマートへ行ってみた
http://4travel.jp/traveler/yazmataz/album/10755240/
■韓国のマチュピチュ!甘川洞文化村を散策(1)
→ この旅行記
■韓国のマチュピチュ!甘川洞文化村を散策(2)
http://4travel.jp/traveler/yazmataz/album/10753392/
■韓国のマチュピチュ!甘川洞文化村を散策(3)
http://4travel.jp/traveler/yazmataz/album/10753432/
■韓国のマチュピチュ!甘川洞文化村を散策(4)
http://4travel.jp/traveler/yazmataz/album/10753453/

旅行の満足度
4.5
観光
4.5
ホテル
4.0
グルメ
4.5
ショッピング
4.0
交通
4.0
同行者
一人旅
交通手段
鉄道 高速・路線バス 徒歩
航空会社
JAL
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 【甘川洞文化村への行き方】<br /><br />村への行き方はいろいろありますが、南浦洞エリアに宿泊している方は地下鉄1号線チャガルチ駅からマウル・バスで直行できちゃうんです。<br /><br />※ここでちょっとマウルバスを解説<br /><br />マウル・バスとは釜山市公共バスの一種で、市バスが市内全域を縦横無尽に走っているのに対して、こちらは一つの区内の短距離区間を走る小型バスのこと。<br /><br />各区ごとに番号が付けられているので、ホテルなどで「1番のマウル・バスに乗りたいけど、どのバス停に行けばいいの?」と聞いても、どの区の1番かを言わないと答えようがないので注意。<br /><br />と言っても、基本は区内とその周辺の短距離しか走らないので、目的地を言えば、どの区のバスかわかるのであまり気にする必要はない。<br /><br />チャガルチから甘川洞文化村へ行くバスは砂下区の1-1番、西区の2番および2-2番で、左図の場所から乗車できます。このバス停には他の区の同じ番号のマウルバスは乗り入れてないので番号さえ覚えておけばOKです。

    【甘川洞文化村への行き方】

    村への行き方はいろいろありますが、南浦洞エリアに宿泊している方は地下鉄1号線チャガルチ駅からマウル・バスで直行できちゃうんです。

    ※ここでちょっとマウルバスを解説

    マウル・バスとは釜山市公共バスの一種で、市バスが市内全域を縦横無尽に走っているのに対して、こちらは一つの区内の短距離区間を走る小型バスのこと。

    各区ごとに番号が付けられているので、ホテルなどで「1番のマウル・バスに乗りたいけど、どのバス停に行けばいいの?」と聞いても、どの区の1番かを言わないと答えようがないので注意。

    と言っても、基本は区内とその周辺の短距離しか走らないので、目的地を言えば、どの区のバスかわかるのであまり気にする必要はない。

    チャガルチから甘川洞文化村へ行くバスは砂下区の1-1番、西区の2番および2-2番で、左図の場所から乗車できます。このバス停には他の区の同じ番号のマウルバスは乗り入れてないので番号さえ覚えておけばOKです。

  • 南浦洞エリア以外から行く場合は、地下鉄1号線の土城(ドジョン)駅で下車し、同じく砂下区の1-1番、西区の2番および2-2番のマウルバスに乗って行くことができます。バス乗り場は左図を参照。

    南浦洞エリア以外から行く場合は、地下鉄1号線の土城(ドジョン)駅で下車し、同じく砂下区の1-1番、西区の2番および2-2番のマウルバスに乗って行くことができます。バス乗り場は左図を参照。

  • バスは急勾配の坂をくねくね曲がりながら上って行き、ちょうど丘のてっぺんにある感情小学校バス停で下車すると甘川洞文化村へ行くことができます。土城駅からの所用時間は10分程度。観光客らしき人は皆ここで降りますので、わかると思います。2番のバスはここが終点なのでわかりやすいです。その他のバスでも、バスが坂を下りはじめたら乗り越したとわかりますので、次のバス停で降りて戻ってください。<br /><br />なお、行きの本来のバス停はもうちょっと先にあるのですが、バスは文化村へ行く道の手前で停車します。観光客が増えたので、行きやすいようにバス停の場所を変更したのかな?<br /><br />今回は、土城駅からアクセスしたので、この駅から散策スタートです。

    バスは急勾配の坂をくねくね曲がりながら上って行き、ちょうど丘のてっぺんにある感情小学校バス停で下車すると甘川洞文化村へ行くことができます。土城駅からの所用時間は10分程度。観光客らしき人は皆ここで降りますので、わかると思います。2番のバスはここが終点なのでわかりやすいです。その他のバスでも、バスが坂を下りはじめたら乗り越したとわかりますので、次のバス停で降りて戻ってください。

    なお、行きの本来のバス停はもうちょっと先にあるのですが、バスは文化村へ行く道の手前で停車します。観光客が増えたので、行きやすいようにバス停の場所を変更したのかな?

    今回は、土城駅からアクセスしたので、この駅から散策スタートです。

  • 地下鉄1号線で土城駅に到着したら6番出口から地上に出ます。

    地下鉄1号線で土城駅に到着したら6番出口から地上に出ます。

  • 地上に出ると目の前が交差点ですので、そのまま歩道を右に曲がります。

    地上に出ると目の前が交差点ですので、そのまま歩道を右に曲がります。

  • 右に曲がったら、こんなかんじの景色となります。このまま歩道をまっすぐ進みます。すると、右側に釜山大学病院の入口があります。その先のバス停からマウルバスに乗車します。

    右に曲がったら、こんなかんじの景色となります。このまま歩道をまっすぐ進みます。すると、右側に釜山大学病院の入口があります。その先のバス停からマウルバスに乗車します。

  • バス停はこんな感じ。市バス用のバス停とマウルバスのバス停がならんで立っています。

    バス停はこんな感じ。市バス用のバス停とマウルバスのバス停がならんで立っています。

  • こちらのマウルバスのバス停の前でバスを待ちましょう。

    こちらのマウルバスのバス停の前でバスを待ちましょう。

  • すると、こんな小型のバスがやってきます。このバス停に停車するのは4つのマウルバス。3番以外のバスはどれも文化村方面へ行きます。

    すると、こんな小型のバスがやってきます。このバス停に停車するのは4つのマウルバス。3番以外のバスはどれも文化村方面へ行きます。

  • 乗車すること10分ちょっとで、丘のてっぺんにある感情小学校バス停に到着です。緑色の歩道橋を越えて左側にコンクリートの壁が見えたらそこで下車します。周囲はこんな感じ。<br /><br />※このバス停「甘川小学校」と記述のあるガイドブックが多いですが、「感情小学校」が正しい名称です。「甘川」と「感情」は韓国語だと「ガムチョン」と「ガムジョン」となり発音が似ていますが、「甘川小学校」は別の場所に存在するので現地の人に「甘川小学校」と道を尋ねると違う場所を教えられてしまうので注意。

    乗車すること10分ちょっとで、丘のてっぺんにある感情小学校バス停に到着です。緑色の歩道橋を越えて左側にコンクリートの壁が見えたらそこで下車します。周囲はこんな感じ。

    ※このバス停「甘川小学校」と記述のあるガイドブックが多いですが、「感情小学校」が正しい名称です。「甘川」と「感情」は韓国語だと「ガムチョン」と「ガムジョン」となり発音が似ていますが、「甘川小学校」は別の場所に存在するので現地の人に「甘川小学校」と道を尋ねると違う場所を教えられてしまうので注意。

  • バスを降りるとすぐ前に文化村への標識が立っています。標識の方向に従って右折します。

    バスを降りるとすぐ前に文化村への標識が立っています。標識の方向に従って右折します。

  • すると、こんな感じの道に出ます。そのまままっすぐ。

    すると、こんな感じの道に出ます。そのまままっすぐ。

  • しばらく行くと突然道が広がり、これぞ写真で見た光景!に遭遇します。

    しばらく行くと突然道が広がり、これぞ写真で見た光景!に遭遇します。

  • そして右側の駐車スペースに有名なお魚のアート。

    そして右側の駐車スペースに有名なお魚のアート。

  • その先の階段を上っていくと観光案内所に行くことができます。<br />まずは、ここを目指しましょう。

    その先の階段を上っていくと観光案内所に行くことができます。
    まずは、ここを目指しましょう。

  • 両側にカラフルな矢印のアートが施された細い坂道を上がって行きます。

    両側にカラフルな矢印のアートが施された細い坂道を上がって行きます。

  • そこら中に矢印がいっぱい!これなら迷わず行けますね。

    そこら中に矢印がいっぱい!これなら迷わず行けますね。

  • ついに観光案内所に到着。屋上のテラスから村を一望できます。<br />ならば、さっそく屋上へ。

    ついに観光案内所に到着。屋上のテラスから村を一望できます。
    ならば、さっそく屋上へ。

  • 記念撮影する人多し。

    記念撮影する人多し。

  • おお、これぞ見たかった光景!

    おお、これぞ見たかった光景!

  • 天気が良かったら、もっとカラフルなんだろうなあ・・・

    天気が良かったら、もっとカラフルなんだろうなあ・・・

  • すばらしい景色を堪能した後は、下の観光案内所(ハヌルマル)で村の地図を買います。周囲の壁にもお魚のアートがあったり、アーティストが作業する部屋を公開していたりして楽しめます。

    すばらしい景色を堪能した後は、下の観光案内所(ハヌルマル)で村の地図を買います。周囲の壁にもお魚のアートがあったり、アーティストが作業する部屋を公開していたりして楽しめます。

  • 中に入るとこんな感じ。

    中に入るとこんな感じ。

  • 室内にある木のオブジェには、訪問者が撮ったであろう想い出の写真やメッセージが飾られていました。

    室内にある木のオブジェには、訪問者が撮ったであろう想い出の写真やメッセージが飾られていました。

  • で、村散策に欠かせない地図を購入。第五版とバージョンアップしててましたが、価格もアップで2000ウォンでした(それでも円で180円くらいと安価です)。<br /><br />この地図の裏面にはスタンプ欄があり、村各地に点在するアート・スポットにあるスタンプを全部押して戻ると記念品がもらえます。<br /><br />ならば、このスタンプラリーに参加しない手はないでしょう。

    で、村散策に欠かせない地図を購入。第五版とバージョンアップしててましたが、価格もアップで2000ウォンでした(それでも円で180円くらいと安価です)。

    この地図の裏面にはスタンプ欄があり、村各地に点在するアート・スポットにあるスタンプを全部押して戻ると記念品がもらえます。

    ならば、このスタンプラリーに参加しない手はないでしょう。

  • で、順番逆になっちゃいますが、村を散策してスタンプを一つ一つ押して回った結果がこれ。全部で8カ所。完全制覇を目指しましょう!

    で、順番逆になっちゃいますが、村を散策してスタンプを一つ一つ押して回った結果がこれ。全部で8カ所。完全制覇を目指しましょう!

  • イラストで描かれたマップには数字で見所が示されています。<br /><br />散策のモデル・コースはAコースとBコースの2つがあり、それぞれ茶色と紫色の線で順路が示されています。この地図のとおりに回っていけば、主な見所は網羅できるというわけですね。

    イラストで描かれたマップには数字で見所が示されています。

    散策のモデル・コースはAコースとBコースの2つがあり、それぞれ茶色と紫色の線で順路が示されています。この地図のとおりに回っていけば、主な見所は網羅できるというわけですね。

  • では、番号の場所にはどんな作品があるのかな?と地図の解説欄を見ると・・・解説はハングルのみ!これじゃあわからないよ〜という人もこの旅行記を読めば大丈夫。暗号解読(?)して日本語で説明しました。<br /><br />ちなみに、この村おこしプロジェクトが始まったのが2009年。「村の魔法プロジェクト」として10の作品が制作されて文化村がスタートしました。この時の作品は地図上では緑色の数字で示されています。<br /><br />翌年2010年に、「美路迷路プロジェクト」として12の作品が追加されました。地図上では茶色の数字で示されています。<br /><br />そして2012年から「村美術プロジェクト」と釜山市による「盛夏道路ルネサンス事業」の2つのプロジェクトが開始され現在も進行中。そのため、まだ完成してない作品もあります。地図上では、「村美術プロジェクト」が紫色、「盛夏道路ルネサンス事業」がピンク色、そのうち未完成のものは灰色の数字で示されています。<br /><br />※その他の村の施設は、四角い青い数字で示されています。<br /><br />ということで、ではさっそく村の散策を開始しましょう。<br />Aコースを行くかBコースを行くか・・・<br /><br />つづきは次の旅行記で<br /><br />■韓国のマチュピチュ!甘川洞文化村を散策(2)<br />http://4travel.jp/traveler/yazmataz/album/10753392/

    では、番号の場所にはどんな作品があるのかな?と地図の解説欄を見ると・・・解説はハングルのみ!これじゃあわからないよ〜という人もこの旅行記を読めば大丈夫。暗号解読(?)して日本語で説明しました。

    ちなみに、この村おこしプロジェクトが始まったのが2009年。「村の魔法プロジェクト」として10の作品が制作されて文化村がスタートしました。この時の作品は地図上では緑色の数字で示されています。

    翌年2010年に、「美路迷路プロジェクト」として12の作品が追加されました。地図上では茶色の数字で示されています。

    そして2012年から「村美術プロジェクト」と釜山市による「盛夏道路ルネサンス事業」の2つのプロジェクトが開始され現在も進行中。そのため、まだ完成してない作品もあります。地図上では、「村美術プロジェクト」が紫色、「盛夏道路ルネサンス事業」がピンク色、そのうち未完成のものは灰色の数字で示されています。

    ※その他の村の施設は、四角い青い数字で示されています。

    ということで、ではさっそく村の散策を開始しましょう。
    Aコースを行くかBコースを行くか・・・

    つづきは次の旅行記で

    ■韓国のマチュピチュ!甘川洞文化村を散策(2)
    http://4travel.jp/traveler/yazmataz/album/10753392/

この旅行記のタグ

28いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (3)

開く

閉じる

  • riecopさん 2014/07/27 00:43:40
    すごくわかりやすい!!
    9月に釜山に行きます!
    甘川洞のわかりやすいマップをアップしてくださって
    旅行の計画を立てるのが大好きな私としては、大助かり!
    感謝です!楽しんできまーす^^
  • himawariさん 2014/04/22 14:57:41
    行ってきました
    トソン駅から迷わず行けました★
    すごくわかりやすかったです★

    yazz

    yazzさん からの返信 2014/05/15 11:52:28
    RE: 行ってきました
    Himawariさん、しばらく4travelにアクセスしていなかったので返事が遅れてすいません。文化村行かれたのですね。情報参考になってよかったです。あれからしばらく経ったのでプロジェクトは全部完成したのでしょうか?新しいプロジェクトが始まっていたりして・・・

yazzさんのトラベラーページ

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

韓国で使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
韓国最安 230円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

韓国の料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集