ニュルンベルク旅行記(ブログ) 一覧に戻る
<br />ずっと行きたいと思っていた、ヨーロッパのクリスマスマーケットに行ってきました!<br /><br />旅行中、ヨーロッパは例年以上の寒波に襲われ、連日の吹雪で観光は大変でしたが、それでも雪景色の旧市街は冬らしい雰囲気に包まれ、クリスマスマーケットは活気にあふれていました。<br /><br />今回は、飛行機のチケットとホテル、それに4日分のジャーマンレイルパス(2人用)を日本で手配していきました。<br /><br />Vol.2は旅の3日目、ドイツ最大といわれるニュルンベルクのマーケットの記録です。ニュルンベルクでは最後に少々問題が発生しましたが、それも終わってみれば思い出の一つです。<br /><br />≪旅程≫ ☆はクリスマスマーケットです。<br /><br />・1日目:成田→フランクフルトへANA直行便利用。☆フランクフルト【フランクフルト泊】<br />・2日目:トリーア、☆ハイデルベルク観光。【フランクフルト泊】<br />・3日目:早朝ニュルンベルクへ移動。☆ニュルンベルク、☆ローテンブルク観光。【ニュルンベルク泊】<br />・4日目:早朝ミュンヘンへ移動。☆バンベルク、☆ミュンヘン観光。【ミュンヘン泊】<br />・5日目:リンダーホフ城、オーバーアマガウ観光。【ミュンヘン泊】<br />・6日目:☆ザルツブルク観光。夜ミュンヘン→成田へANA直行便利用。【機内泊】<br />・7日目:成田到着。<br /><br /><br />                                   ≪1ユーロ≒約109円≫<br />

本場のクリスマスマーケットへ出かけよう!2012 Vol.2 ニュルンベルク(前編)

7いいね!

2012/12/06 - 2012/12/12

405位(同エリア686件中)

0

59

ローズベリー

ローズベリーさん


ずっと行きたいと思っていた、ヨーロッパのクリスマスマーケットに行ってきました!

旅行中、ヨーロッパは例年以上の寒波に襲われ、連日の吹雪で観光は大変でしたが、それでも雪景色の旧市街は冬らしい雰囲気に包まれ、クリスマスマーケットは活気にあふれていました。

今回は、飛行機のチケットとホテル、それに4日分のジャーマンレイルパス(2人用)を日本で手配していきました。

Vol.2は旅の3日目、ドイツ最大といわれるニュルンベルクのマーケットの記録です。ニュルンベルクでは最後に少々問題が発生しましたが、それも終わってみれば思い出の一つです。

≪旅程≫ ☆はクリスマスマーケットです。

・1日目:成田→フランクフルトへANA直行便利用。☆フランクフルト【フランクフルト泊】
・2日目:トリーア、☆ハイデルベルク観光。【フランクフルト泊】
・3日目:早朝ニュルンベルクへ移動。☆ニュルンベルク、☆ローテンブルク観光。【ニュルンベルク泊】
・4日目:早朝ミュンヘンへ移動。☆バンベルク、☆ミュンヘン観光。【ミュンヘン泊】
・5日目:リンダーホフ城、オーバーアマガウ観光。【ミュンヘン泊】
・6日目:☆ザルツブルク観光。夜ミュンヘン→成田へANA直行便利用。【機内泊】
・7日目:成田到着。


                                   ≪1ユーロ≒約109円≫

同行者
友人
交通手段
鉄道
利用旅行会社
株式会社IACEトラベル

PR

  • ◆12月8日(土)<br /><br />3日目。<br /><br />5:30起床。<br />まだ暗いうちにホテルを出発し、ニュルンベルクへ向かいます。<br /><br />6:22フランクフルト中央駅→8:27ニュルンベルク中央駅(ICE)<br />

    ◆12月8日(土)

    3日目。

    5:30起床。
    まだ暗いうちにホテルを出発し、ニュルンベルクへ向かいます。

    6:22フランクフルト中央駅→8:27ニュルンベルク中央駅(ICE)

  • <br />ドイツの夜明けはとても遅いです。<br /><br />8:00すぎ、ようやく空が明るんできました。


    ドイツの夜明けはとても遅いです。

    8:00すぎ、ようやく空が明るんできました。

  • <br />雪原の中の小さな町。<br /><br />都会とは違う、幻想的な世界です。


    雪原の中の小さな町。

    都会とは違う、幻想的な世界です。

  • <br />ようやく、ニュルンベルク中央駅に到着。長旅でした。<br /><br />ホテルでぐっすり眠る時間がないので、いつも電車の中で睡眠補給(*_*) <br />(日本と違うので危険かとも思いますが、実際ドイツの人もよく寝ています・・・)<br /><br />ここからホテルの最寄り駅、ステインビュール駅までSバーンで1駅です。<br />


    ようやく、ニュルンベルク中央駅に到着。長旅でした。

    ホテルでぐっすり眠る時間がないので、いつも電車の中で睡眠補給(*_*) 
    (日本と違うので危険かとも思いますが、実際ドイツの人もよく寝ています・・・)

    ここからホテルの最寄り駅、ステインビュール駅までSバーンで1駅です。

  • <br />8:41ニュルンベルク中央駅→8:43ステインビュール駅<br /><br /><br />ここから歩いてホテルまで向かいます。


    8:41ニュルンベルク中央駅→8:43ステインビュール駅


    ここから歩いてホテルまで向かいます。

  • <br />徒歩5分ほどで、宿泊予定のホテル“Leonard”に着きました。<br /><br />時間が早いので、スーツケースだけ預かってもらい旧市街に繰り出します。


    徒歩5分ほどで、宿泊予定のホテル“Leonard”に着きました。

    時間が早いので、スーツケースだけ預かってもらい旧市街に繰り出します。

  • <br />少し遠いので、Uバーンに乗ろうと地下鉄の駅に向かいました。<br />このあたりは旧市街からはだいぶ外れていますが、城壁が残されていて風情があります。<br /><br />さて地下に下りてみたものの、路線がいくつもあってどれに乗ればいいのかさっぱりわかりません。<br /><br />うーん、どうすれば・・・。<br />路線図の前で頭を抱えていると、親切なドイツ人男性が手助けしてくれました。<br />“もう一つ下のホームに下りて、こっち側だよ。乗ったら2駅だから!”<br />って、やたら詳しいのですが、ふつうの乗客のようでした。感謝、感謝。<br /><br />Plarrer駅からU1に乗って2駅、Lorenz Kieche駅へ。<br />※ウムラウトが文字化けしてしまうので、なしで打ち込んでいます。<br />


    少し遠いので、Uバーンに乗ろうと地下鉄の駅に向かいました。
    このあたりは旧市街からはだいぶ外れていますが、城壁が残されていて風情があります。

    さて地下に下りてみたものの、路線がいくつもあってどれに乗ればいいのかさっぱりわかりません。

    うーん、どうすれば・・・。
    路線図の前で頭を抱えていると、親切なドイツ人男性が手助けしてくれました。
    “もう一つ下のホームに下りて、こっち側だよ。乗ったら2駅だから!”
    って、やたら詳しいのですが、ふつうの乗客のようでした。感謝、感謝。

    Plarrer駅からU1に乗って2駅、Lorenz Kieche駅へ。
    ※ウムラウトが文字化けしてしまうので、なしで打ち込んでいます。

  • <br />Lorenz Kieche下車。<br /><br />地上へ上がると、ちょうどケーニヒ通りのローレンツ教会の前に出てきました。<br /><br />


    Lorenz Kieche下車。

    地上へ上がると、ちょうどケーニヒ通りのローレンツ教会の前に出てきました。

  • <br />ペグニッツ川にかかるムゼウム橋を渡って、中央広場へ向かいます。<br /><br />橋からは、すてきな建物が見えました。<br /><br />“Heilig Geist-Spital(ハイリヒ・ガイスト・シュピタール)”とよばれ、かつて救済院として使われ、現在はレストランになっている建物です。<br />


    ペグニッツ川にかかるムゼウム橋を渡って、中央広場へ向かいます。

    橋からは、すてきな建物が見えました。

    “Heilig Geist-Spital(ハイリヒ・ガイスト・シュピタール)”とよばれ、かつて救済院として使われ、現在はレストランになっている建物です。

  • <br />デパートのデコレーションもクリスマス仕様!


    デパートのデコレーションもクリスマス仕様!

  • <br />来た!という実感が湧いてきます^^


    来た!という実感が湧いてきます^^

  • <br />そして中央広場に到着です!<br /><br />ドイツで最大というクリスマスマーケットを覘いてみましょう。


    そして中央広場に到着です!

    ドイツで最大というクリスマスマーケットを覘いてみましょう。

  • <br />あちこちで見かけたfruchtebrot(フルーツパン)。


    あちこちで見かけたfruchtebrot(フルーツパン)。

  • <br />これもよく見かけた飾りで、薄く削った木でできたオーナメントです。<br /><br />ふわふわの羽がついた天使もかわいい♪


    これもよく見かけた飾りで、薄く削った木でできたオーナメントです。

    ふわふわの羽がついた天使もかわいい♪

  • <br />屋台の間に、美しの泉が見えます。


    屋台の間に、美しの泉が見えます。

  • <br />カラフルな装飾がされた塔です。<br /><br />下の方には選帝侯や中世の英雄の像があります。


    カラフルな装飾がされた塔です。

    下の方には選帝侯や中世の英雄の像があります。

  • <br />確かガイドブックで、この金の輪をどうにかすると幸せになるとかなんとか、書いてあったような・・・うろ覚えに思い出しました。<br /><br />そこで周囲の人を観察。<br />どうやら、輪をまわしている模様。<br /><br />ということで、金の輪に手を伸ばしてみました。この輪、かなり高い位置についているのでまわすのは至難の業です!<br /><br />背伸びしてどうにか、1周まわしてみました。<br /><br />しかしあとで調べたところ、願い事を祈りながら輪を3回まわし、それを誰にも言わなければ願いが叶うのだそうです。 <br />あぁ、幸せをまた1つ逃してしまった・・・<br /><br />


    確かガイドブックで、この金の輪をどうにかすると幸せになるとかなんとか、書いてあったような・・・うろ覚えに思い出しました。

    そこで周囲の人を観察。
    どうやら、輪をまわしている模様。

    ということで、金の輪に手を伸ばしてみました。この輪、かなり高い位置についているのでまわすのは至難の業です!

    背伸びしてどうにか、1周まわしてみました。

    しかしあとで調べたところ、願い事を祈りながら輪を3回まわし、それを誰にも言わなければ願いが叶うのだそうです。
    あぁ、幸せをまた1つ逃してしまった・・・

  • <br />クリスマスマーケットとフラウエン教会。<br /><br />こちらの教会はテラスからクリスマスマーケットを見下ろすことができるそうです。<br />時間を確認したところ16:00〜といわれたので、それは今晩のお楽しみに。<br />まずはカイザーブルクへ向かいます。


    クリスマスマーケットとフラウエン教会。

    こちらの教会はテラスからクリスマスマーケットを見下ろすことができるそうです。
    時間を確認したところ16:00〜といわれたので、それは今晩のお楽しみに。
    まずはカイザーブルクへ向かいます。

  • <br />Brugstr.を北へ。<br />こちらは旧市庁舎の建物です。


    Brugstr.を北へ。
    こちらは旧市庁舎の建物です。

  • <br />だんだん坂道になってきました。<br /><br />城砦の姿はまだ見えません。


    だんだん坂道になってきました。

    城砦の姿はまだ見えません。

  • <br />坂をだいぶ上がって、カイザーブルクの城砦と塔が姿を現しました。<br /><br />ここから城門に向かって、さらにきつい傾斜の坂道になります。


    坂をだいぶ上がって、カイザーブルクの城砦と塔が姿を現しました。

    ここから城門に向かって、さらにきつい傾斜の坂道になります。

  • <br />坂道を上がりながら振り返ると、すてきな家が並んでいます。


    坂道を上がりながら振り返ると、すてきな家が並んでいます。

  • <br />城内の塔に近づいてきました。


    城内の塔に近づいてきました。

  • <br />独特の木組みの建物。よく見ると、窓が3重になっています。


    独特の木組みの建物。よく見ると、窓が3重になっています。

  • <br />塔に上るため、まずは奥のチケットセンターへ向かいます。


    塔に上るため、まずは奥のチケットセンターへ向かいます。

  • <br />双頭の黒鷲の絵が入った扉。


    双頭の黒鷲の絵が入った扉。

  • <br />この枯れ草がからまった建物がチケットセンターです。<br /><br />塔に上がりたかったので、Deep Well(深井戸)とSinwell Tower(塔)のコンビチケット3.5ユーロを購入しました。


    この枯れ草がからまった建物がチケットセンターです。

    塔に上がりたかったので、Deep Well(深井戸)とSinwell Tower(塔)のコンビチケット3.5ユーロを購入しました。

  • <br />隣の建物は、ガイドツアーで見学ができるようです。


    隣の建物は、ガイドツアーで見学ができるようです。

  • <br />井戸の見学は11:00〜のガイドツアーになったので、それまで塔に上がるつもりで戻ってきました。<br /><br />チケットを機械に通して・・・って、なかなか通りません。<br />塔へ来る人も誰もおらず、聞くに聞けず。<br /><br />ツアーの後に、もう一度寄ることにしました。<br />


    井戸の見学は11:00〜のガイドツアーになったので、それまで塔に上がるつもりで戻ってきました。

    チケットを機械に通して・・・って、なかなか通りません。
    塔へ来る人も誰もおらず、聞くに聞けず。

    ツアーの後に、もう一度寄ることにしました。

  • <br />この塔の先はテラスのようになっていて、旧市街の景色を見渡すことができます。<br /><br />うっすらと雪がかかっていて、粉砂糖のよう。


    この塔の先はテラスのようになっていて、旧市街の景色を見渡すことができます。

    うっすらと雪がかかっていて、粉砂糖のよう。

  • <br />ガイドツアーまで時間が少しあるので、旧市街をまわることにしました。<br /><br />せっかくなので、今度は先ほどの反対側の出入口へまわってみます。


    ガイドツアーまで時間が少しあるので、旧市街をまわることにしました。

    せっかくなので、今度は先ほどの反対側の出入口へまわってみます。

  • <br />こちらがその出入口。<br /><br />団体ツアーはここから出入りしているようです。


    こちらがその出入口。

    団体ツアーはここから出入りしているようです。

  • <br />ふと見上げると、そこに悪そうーな魔女。


    ふと見上げると、そこに悪そうーな魔女。

  • <br />角度がちがうと、また印象が違う城砦。<br /><br />独特な屋根の建物はユーゲントヘアベルゲ(ユースホステル)ですが、ガイドブックによると閉館中のようです。


    角度がちがうと、また印象が違う城砦。

    独特な屋根の建物はユーゲントヘアベルゲ(ユースホステル)ですが、ガイドブックによると閉館中のようです。

  • <br />思いのほか時間がたつのが早く、城砦をぐるりとしてそのままカイザーブルクに戻りました。<br /><br />この木組みの建物の中に、深井戸があります。<br />11:00にはまだ早かったですが、5分ほど前に入口の扉が開きました。


    思いのほか時間がたつのが早く、城砦をぐるりとしてそのままカイザーブルクに戻りました。

    この木組みの建物の中に、深井戸があります。
    11:00にはまだ早かったですが、5分ほど前に入口の扉が開きました。

  • <br />建物の内部。<br />中央には大きな井戸があります。<br /><br />20人ほどでこの井戸を取り囲むと、扉が閉められ、ガイドがドイツ語と英語で説明を始めました。<br />そして、井戸の中へ水を流し込むと・・・<br />3秒ほどたってから水の落ちる音が響きます。<br /><br />この時間差に、観客は一斉に拍手。井戸の深さはなんと60mもあるそうです。


    建物の内部。
    中央には大きな井戸があります。

    20人ほどでこの井戸を取り囲むと、扉が閉められ、ガイドがドイツ語と英語で説明を始めました。
    そして、井戸の中へ水を流し込むと・・・
    3秒ほどたってから水の落ちる音が響きます。

    この時間差に、観客は一斉に拍手。井戸の深さはなんと60mもあるそうです。

  • <br />覗き込んでみましたが、真っ暗で何も見えません。<br /><br />ツアーは15分ほどであっという間に終了しました。


    覗き込んでみましたが、真っ暗で何も見えません。

    ツアーは15分ほどであっという間に終了しました。

  • <br />そこでもう一度、塔にチャレンジ!<br /><br />今度は上る人が数人並んでいましたが、彼らもやはりチケットを機械に通すことができません。<br /><br />人数制限じゃない・・・?<br />誰かが言い始め、しばらく待っていると、そのうちの一人がチケットを裏返し、果敢に挑戦!<br /><br />・・・通った(-&quot;-)<br /><br />思い込みとは恐ろしいものです。<br />裏だと思った方が、表でした。<br /><br />みなさん、バーコードの印刷された面は、裏です!<br />


    そこでもう一度、塔にチャレンジ!

    今度は上る人が数人並んでいましたが、彼らもやはりチケットを機械に通すことができません。

    人数制限じゃない・・・?
    誰かが言い始め、しばらく待っていると、そのうちの一人がチケットを裏返し、果敢に挑戦!

    ・・・通った(-"-)

    思い込みとは恐ろしいものです。
    裏だと思った方が、表でした。

    みなさん、バーコードの印刷された面は、裏です!

  • <br />螺旋階段を上って、展望スペースに辿り着きました。


    螺旋階段を上って、展望スペースに辿り着きました。

  • <br />上からの眺めは格別です!<br /><br />下のテラスからも十分景色は望めましたが、高いところへ上るとやはり全然ちがいます。


    上からの眺めは格別です!

    下のテラスからも十分景色は望めましたが、高いところへ上るとやはり全然ちがいます。

  • <br />城砦の塔と一緒に・・・


    城砦の塔と一緒に・・・

  • <br />城壁内もよく見えます。<br />


    城壁内もよく見えます。

  • <br />カイザーブルクをあとにし、西側のデューラーの家方面に歩いていきます。<br /><br />このあたりには、木組みの家がたくさん並んでいます。


    カイザーブルクをあとにし、西側のデューラーの家方面に歩いていきます。

    このあたりには、木組みの家がたくさん並んでいます。

  • <br />とくにこの家は、1338年建築のニュルンベルク最古の木組みの家と書かれています。<br /><br />中はアパートか何かのようでした。<br />今でもふつうに使われているなんて、信じられません。


    とくにこの家は、1338年建築のニュルンベルク最古の木組みの家と書かれています。

    中はアパートか何かのようでした。
    今でもふつうに使われているなんて、信じられません。

  • <br />ティアゲルトナー門広場にやってきました。<br /><br />中央には古そうな井戸があります。


    ティアゲルトナー門広場にやってきました。

    中央には古そうな井戸があります。

  • <br />城壁の門、ティアゲルトナー門です。<br />


    城壁の門、ティアゲルトナー門です。

  • <br />そのそばで観光客のひっぱりダコになっていた、うさぎのブロンズ像。


    そのそばで観光客のひっぱりダコになっていた、うさぎのブロンズ像。

  • <br />この先を少し行ったところに、画家デューラーの家があります。<br /><br />写真の中央、奥の建物がそれです。<br />(近くまで来たのに、存在を忘れて通り過ぎてしまいました)


    この先を少し行ったところに、画家デューラーの家があります。

    写真の中央、奥の建物がそれです。
    (近くまで来たのに、存在を忘れて通り過ぎてしまいました)

  • <br />次に、ガイドブックに載っていたヘンカーシュテークを目指してマックスブリュッケへ。<br /><br />橋から見たヘンカーシュテークです。<br /><br />ガイドブックと同じアングルで撮りました♪


    次に、ガイドブックに載っていたヘンカーシュテークを目指してマックスブリュッケへ。

    橋から見たヘンカーシュテークです。

    ガイドブックと同じアングルで撮りました♪

  • <br />“ヘンカーシュテーク”とは、死刑執行人の小橋という意味で、この木製の橋の名前です。<br /><br />せっかくなので、橋を渡ってみました。


    “ヘンカーシュテーク”とは、死刑執行人の小橋という意味で、この木製の橋の名前です。

    せっかくなので、橋を渡ってみました。

  • <br />そろそろ中央駅の方へ目指して歩いていきます。<br /><br />途中で、聖ローレンツ教会に立ち寄ります。


    そろそろ中央駅の方へ目指して歩いていきます。

    途中で、聖ローレンツ教会に立ち寄ります。

  • <br />教会内部。


    教会内部。

  • <br />天井から吊る下がった“受胎告知”のレリーフ(ファイト・シュトス作)が有名です。


    天井から吊る下がった“受胎告知”のレリーフ(ファイト・シュトス作)が有名です。

  • <br />もう一つ有名なのは、この聖体安置塔を支えるアダム・クラフトの像。


    もう一つ有名なのは、この聖体安置塔を支えるアダム・クラフトの像。

  • <br />これがその台座を支えるアダム・クラフト。<br /><br /><br /><br />教会を出て、ケーニヒ通りを中央駅へ向かいます。<br />


    これがその台座を支えるアダム・クラフト。



    教会を出て、ケーニヒ通りを中央駅へ向かいます。

  • <br />中央駅そばの見張り塔の横に、職人広場があります。<br /><br />


    中央駅そばの見張り塔の横に、職人広場があります。

  • <br />広場といってもテーマパークのような雰囲気です。<br /><br />狭い敷地の中には、小さなお店がひしめきあって並んでいます。<br /><br />ベーカリー、皮細工の店、陶器の店、ブリキのおもちゃの店、木のおもちゃの店、ソーセージ屋、ワイン居酒屋、ギャラリーなど全部で18の見どころがあります。


    広場といってもテーマパークのような雰囲気です。

    狭い敷地の中には、小さなお店がひしめきあって並んでいます。

    ベーカリー、皮細工の店、陶器の店、ブリキのおもちゃの店、木のおもちゃの店、ソーセージ屋、ワイン居酒屋、ギャラリーなど全部で18の見どころがあります。

  • <br />一つ一つのお店は小さいですが、伝統工芸品や特産品が集めらていて興味深いです。<br />時間があればお店をゆっくり見たいところですが・・・電車の時間も迫っているのでささっと一周だけ。<br /><br />無料で入ることができるので、見学だけでも楽しめます。


    一つ一つのお店は小さいですが、伝統工芸品や特産品が集めらていて興味深いです。
    時間があればお店をゆっくり見たいところですが・・・電車の時間も迫っているのでささっと一周だけ。

    無料で入ることができるので、見学だけでも楽しめます。

  • <br />ようやく中央駅に到着しました。<br /><br />これからローテンブルクに移動します。(後編はVol.3へ続きます。)


    ようやく中央駅に到着しました。

    これからローテンブルクに移動します。(後編はVol.3へ続きます。)

この旅行記のタグ

7いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅の計画・記録

「旅の計画」作成でもれなく300ポイント!

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

ドイツで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ドイツ最安 322円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ドイツの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集