品川 旅行記(ブログ) 一覧に戻る
京浜急行鮫洲駅西側に第一京浜が通り歩道橋を渡ると土佐山と呼ばれていた小高い丘に第15代土佐藩主山内豊信(とよしげ)の墓所があります。<br /><br />山内豊信は当時福井藩主の松平春獄、宇和島藩主伊達宗城、薩摩藩主島津斉彬とも交流を持ち幕政にも積極的に口を挟む幕末の四賢侯と称されていました。<br /><br /><br />『山内豊信(とよしげ)は容堂と号した。<br />文政10年(1827)に分家の山内豊著(とよあきら)の長子として生まれ、嘉永元年(1848)に宗家を継いで第15代土佐国高知藩主となり、人材を登用して藩政の刷新に努めた。<br />一方、国策についてもいろいろと論議し、策を建てて多難な幕末期の幕政に大きな影響を与えた。<br /><br />進歩的で強力な言動は幕閣に恐れを抱かれ、一時、大井村の下屋敷に蟄居させられたが、文久2年(1862)に再び政治の場に復し、大政奉還をはじめ幕府と朝廷の間の斡旋に力を尽くした。<br /><br />明治元年(1868)に維新後の新政府の内国事務総長となったが、翌年引退し、明治5年に45歳の若さで亡くなった。<br /><br />遺言によって大井村の下総山(土佐山)と呼ばれていた現地に葬られた。』  (品川区教育委員会)

土佐山内容堂墓所散歩

17いいね!

2012/04/23 - 2012/04/23

250位(同エリア845件中)

0

10

京浜急行鮫洲駅西側に第一京浜が通り歩道橋を渡ると土佐山と呼ばれていた小高い丘に第15代土佐藩主山内豊信(とよしげ)の墓所があります。

山内豊信は当時福井藩主の松平春獄、宇和島藩主伊達宗城、薩摩藩主島津斉彬とも交流を持ち幕政にも積極的に口を挟む幕末の四賢侯と称されていました。


『山内豊信(とよしげ)は容堂と号した。
文政10年(1827)に分家の山内豊著(とよあきら)の長子として生まれ、嘉永元年(1848)に宗家を継いで第15代土佐国高知藩主となり、人材を登用して藩政の刷新に努めた。
一方、国策についてもいろいろと論議し、策を建てて多難な幕末期の幕政に大きな影響を与えた。

進歩的で強力な言動は幕閣に恐れを抱かれ、一時、大井村の下屋敷に蟄居させられたが、文久2年(1862)に再び政治の場に復し、大政奉還をはじめ幕府と朝廷の間の斡旋に力を尽くした。

明治元年(1868)に維新後の新政府の内国事務総長となったが、翌年引退し、明治5年に45歳の若さで亡くなった。

遺言によって大井村の下総山(土佐山)と呼ばれていた現地に葬られた。』  (品川区教育委員会)

交通手段
私鉄 徒歩

PR

この旅行記のタグ

17いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

品川(東京) で人気のタグ

PAGE TOP

ピックアップ特集