逗子・葉山 旅行記(ブログ) 一覧に戻る
 神奈川県逗子市沼間にある神武寺(じんむじ)は天台宗の寺院で医王山来迎院神武寺という。神亀元年(724年)、聖武天皇の命によって、行基が十一面観音・釈迦如来・薬師如来を彫刻し祀ったのが始まりだと伝えられている。<br /> その後、天安元年(857年)、慈覚によって天台宗に改宗され中興された。三浦(逗子)八景の1つとして知られる古刹である。また、このあたりは源頼朝の父である源義朝が館(沼浜亭)を構えたところでもあり、源氏ゆかりの地でもある。<br /> 神武寺の表参道は上り口からコンクリート敷きで、かなり上まで上らないと石段にはならない。また、本堂や庫裡は通常は立入禁止である。楼門にも仁王像もなく、締りがない。薬師堂は33年に1度しか開帳されない秘仏が安置されている。これらの建物は古い建立ではあるが、重要文化財にもなっていない。神武寺の晩鐘で知られた梵鐘も金属供出されて、戦後に鋳造されたものである。<br /> 何もかもが中途半端な感じを受けたのが神武寺である。<br />(表紙写真は神武寺薬師堂)

神武寺-楼門と薬師堂(神奈川県逗子市)

2いいね!

2012/06/30 - 2012/06/30

362位(同エリア431件中)

 神奈川県逗子市沼間にある神武寺(じんむじ)は天台宗の寺院で医王山来迎院神武寺という。神亀元年(724年)、聖武天皇の命によって、行基が十一面観音・釈迦如来・薬師如来を彫刻し祀ったのが始まりだと伝えられている。
 その後、天安元年(857年)、慈覚によって天台宗に改宗され中興された。三浦(逗子)八景の1つとして知られる古刹である。また、このあたりは源頼朝の父である源義朝が館(沼浜亭)を構えたところでもあり、源氏ゆかりの地でもある。
 神武寺の表参道は上り口からコンクリート敷きで、かなり上まで上らないと石段にはならない。また、本堂や庫裡は通常は立入禁止である。楼門にも仁王像もなく、締りがない。薬師堂は33年に1度しか開帳されない秘仏が安置されている。これらの建物は古い建立ではあるが、重要文化財にもなっていない。神武寺の晩鐘で知られた梵鐘も金属供出されて、戦後に鋳造されたものである。
 何もかもが中途半端な感じを受けたのが神武寺である。
(表紙写真は神武寺薬師堂)

PR

この旅行記のタグ

2いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

逗子・葉山(神奈川) で人気のタグ

PAGE TOP

ピックアップ特集