モダーヴ城周辺旅行記(ブログ) 一覧に戻る
2012年のGWは、4/27~5/6の10日間で、念願かなってベネルクス三国のドライブ旅行となりました。<br /><br />7日目は朝EU拠点と感じさせるルクセンブルクの新開地を観光後、再びベルギーのアンデルヌ地方を経由して、オランダ・マーストリヒトまでの3ヶ国を跨ったドライブです。今回の旅行で一番長い約250kmの道のりです。アンデルヌ地方では、世界一小さい町デュルビュイ、モダーヴ城を見学し、リエージュを通過します。<br />時間に余裕があれば、マーストリヒト近くの聖ピーテルスベルフの洞窟、ファルケンブルフなどに寄ろうと思っていたのですが、旅も後半で疲れもたまってきていることもあり、早めにマーストリヒトのホテルにチェックインしました。<br /><br /><br />●旅程(★はこの旅行記)<br /> 4/27(Fri):成田→アムステルダム(10:40-&gt;15:05)<br /> 4/28(Sat):キューケンホフ公園→ハーグ→デルフト(60k,1.5h)<br /> 4/29(Sun):デルフト→キンデルダイク→アントワープ→ブリュッセル(192k,2.5h)<br /> 4/30(Mon):ブリュッセル→ゲント→ブルージュ(109k,1.5h)<br /> 5/1(Tue):ブルージュ→トゥルネー→ナミュール(207k,2.5h)<br /> 5/2(Wen):ナミュール→アンデルヌ地方→ルクセンブルク(173k,2.5h)<br />★5/3(Thu):ルクセンブルク→アンデルヌ地方→マーストリヒト(247k,3.5h)<br /> 5/4(Fri):マーストリヒト→アムステルダム(210k,2h)<br /> 5/5(Sat):アムステルダム→成田(14:55-&gt;8:50+1)<br /> 5/6(Sun):帰国<br /><br />●飛行機<br /> KLM 一人221,240円(燃料サーチャージ、空港税等込)<br /> 27-Apr; KL0862; 10:40 NRT -&gt; 15:05 AMS<br /> 5-May; KL0861; 14:55 AMS -&gt; 8:50+1 NRT<br /><br />●ホテル(事前予約)<br />4/27(Fri):アムステルダム近郊(泊)<br /> NHカンファレンスセンターレーウェンホルスト(expedeia、6346円) <br />4/28(Sat):デルフト(泊)<br /> ウエストコード ホテル デルフト(agoda、89euro)<br />4/29(Sun):ブリュッセル(泊)<br /> ソフィテル ブリュッセル ル ルイーズ(expedeia、9703円)<br />4/30(Mon):ブルージュ(泊)<br /> ルレ ラベステン(expedia、13,152円)<br />5/1(Tue):ナミュール(泊)<br /> ル シャトー デ ナミュール(agoda、70euro)<br />5/2(Wen):ルクセンブルク(泊)<br /> ホテル パルク ボザール(agoda、175euro)<br />5/3(Thu):マーストリヒト(泊)<br /> クラウンプラザ ホテル マーストリヒト(expedeia、11716円)<br />5/4(Fri):アムステルダム(泊)<br /> パークホテル アムステルダム(expedeia、18032円) <br /><br />●その他の予約情報<br />・成田駐車場:ウルトラ成田空港店(0476-33-0007),10日間3000円<br />・レンタカー(Auto Europe経由HERTZ)<br /> 27-Apr 16:00 -&gt; 5-May 12:00 328.12euro<br />・eチケット<br /> ※キューケンホフ公園(14.5euro/p,parking 6euro)<br /> ※アンネの家(9.5euro/p)<br />・レストラン<br /> ※ブリュッセル:Bruneau(ブリュノー)☆<br /> ※ナミュール:ホテルレストラン(ル シャトー デ ナミュール)<br /> ※マーストリヒト:Beluga(ベルーガ) ☆☆

念願かなって春のベネルクス三国をドライブ&グルメな旅(その10)~アンデルヌ地方②~

6いいね!

2012/04/27 - 2012/05/06

17位(同エリア29件中)

ANKO

ANKOさん

2012年のGWは、4/27~5/6の10日間で、念願かなってベネルクス三国のドライブ旅行となりました。

7日目は朝EU拠点と感じさせるルクセンブルクの新開地を観光後、再びベルギーのアンデルヌ地方を経由して、オランダ・マーストリヒトまでの3ヶ国を跨ったドライブです。今回の旅行で一番長い約250kmの道のりです。アンデルヌ地方では、世界一小さい町デュルビュイ、モダーヴ城を見学し、リエージュを通過します。
時間に余裕があれば、マーストリヒト近くの聖ピーテルスベルフの洞窟、ファルケンブルフなどに寄ろうと思っていたのですが、旅も後半で疲れもたまってきていることもあり、早めにマーストリヒトのホテルにチェックインしました。


●旅程(★はこの旅行記)
 4/27(Fri):成田→アムステルダム(10:40->15:05)
 4/28(Sat):キューケンホフ公園→ハーグ→デルフト(60k,1.5h)
 4/29(Sun):デルフト→キンデルダイク→アントワープ→ブリュッセル(192k,2.5h)
 4/30(Mon):ブリュッセル→ゲント→ブルージュ(109k,1.5h)
 5/1(Tue):ブルージュ→トゥルネー→ナミュール(207k,2.5h)
 5/2(Wen):ナミュール→アンデルヌ地方→ルクセンブルク(173k,2.5h)
★5/3(Thu):ルクセンブルク→アンデルヌ地方→マーストリヒト(247k,3.5h)
 5/4(Fri):マーストリヒト→アムステルダム(210k,2h)
 5/5(Sat):アムステルダム→成田(14:55->8:50+1)
 5/6(Sun):帰国

●飛行機
 KLM 一人221,240円(燃料サーチャージ、空港税等込)
 27-Apr; KL0862; 10:40 NRT -> 15:05 AMS
 5-May; KL0861; 14:55 AMS -> 8:50+1 NRT

●ホテル(事前予約)
4/27(Fri):アムステルダム近郊(泊)
 NHカンファレンスセンターレーウェンホルスト(expedeia、6346円)
4/28(Sat):デルフト(泊)
 ウエストコード ホテル デルフト(agoda、89euro)
4/29(Sun):ブリュッセル(泊)
 ソフィテル ブリュッセル ル ルイーズ(expedeia、9703円)
4/30(Mon):ブルージュ(泊)
 ルレ ラベステン(expedia、13,152円)
5/1(Tue):ナミュール(泊)
 ル シャトー デ ナミュール(agoda、70euro)
5/2(Wen):ルクセンブルク(泊)
 ホテル パルク ボザール(agoda、175euro)
5/3(Thu):マーストリヒト(泊)
 クラウンプラザ ホテル マーストリヒト(expedeia、11716円)
5/4(Fri):アムステルダム(泊)
 パークホテル アムステルダム(expedeia、18032円)

●その他の予約情報
・成田駐車場:ウルトラ成田空港店(0476-33-0007),10日間3000円
・レンタカー(Auto Europe経由HERTZ)
 27-Apr 16:00 -> 5-May 12:00 328.12euro
・eチケット
 ※キューケンホフ公園(14.5euro/p,parking 6euro)
 ※アンネの家(9.5euro/p)
・レストラン
 ※ブリュッセル:Bruneau(ブリュノー)☆
 ※ナミュール:ホテルレストラン(ル シャトー デ ナミュール)
 ※マーストリヒト:Beluga(ベルーガ) ☆☆

旅行の満足度
4.0
観光
4.0
同行者
カップル・夫婦
一人あたり費用
30万円 - 50万円
交通手段
レンタカー
航空会社
KLMオランダ航空
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 10:30頃ルクセンブルクを出発し、最初の目的地は約150km先の世界一小さい町・デュルビュイです。約2hのドライブでワロン地方の美しい村々を抜け、12:30頃デュルビュイに到着です。

    10:30頃ルクセンブルクを出発し、最初の目的地は約150km先の世界一小さい町・デュルビュイです。約2hのドライブでワロン地方の美しい村々を抜け、12:30頃デュルビュイに到着です。

  • まずはちょっとだけ街を散策。<br />グルメの町としても有名なデュルビュイのレストラン・猪亭もとい「サングリエ・デ・ザルデンヌ」<br /><br />小さな静かな町と期待していたのですが、お昼時だからか観光客も多く、日本人の団体さんもいて、ちょっと興ざめです。

    まずはちょっとだけ街を散策。
    グルメの町としても有名なデュルビュイのレストラン・猪亭もとい「サングリエ・デ・ザルデンヌ」

    小さな静かな町と期待していたのですが、お昼時だからか観光客も多く、日本人の団体さんもいて、ちょっと興ざめです。

  • が、広場を抜けると、途端に小さな村の雰囲気に。あ、村じゃなくて町です。

    が、広場を抜けると、途端に小さな村の雰囲気に。あ、村じゃなくて町です。

  • 我々の狙いはアンデルヌ名物の生ハムです。このお店でピクニックランチ用の生ハムを購入しました。

    イチオシ

    我々の狙いはアンデルヌ名物の生ハムです。このお店でピクニックランチ用の生ハムを購入しました。

  • やっぱり素朴な村の雰囲気ですよね。

    やっぱり素朴な村の雰囲気ですよね。

  • こちらのお土産物店では地ビールを購入。

    こちらのお土産物店では地ビールを購入。

  • ウルセル伯爵城

    ウルセル伯爵城

  • 川向うに水門なども見えますが、橋は渡らずにUターンします。

    川向うに水門なども見えますが、橋は渡らずにUターンします。

  • 聖ニコラ教会

    聖ニコラ教会

  • 教会の内部

    教会の内部

  • さて、駐車場まで戻って、目の前の公園でピクニックランチです。

    イチオシ

    さて、駐車場まで戻って、目の前の公園でピクニックランチです。

  • 朝ルクセンブルクのオバーワイズで購入したハムとチーズとドライトマトのミルフィーユ仕立ての前菜です。うーん、美味い!!

    朝ルクセンブルクのオバーワイズで購入したハムとチーズとドライトマトのミルフィーユ仕立ての前菜です。うーん、美味い!!

  • サーモンのキッシュも購入しました。これまた美味い!!

    サーモンのキッシュも購入しました。これまた美味い!!

  • これは先ほどスライスしてもらったばかりのアンデルヌ地方の生ハムです。ハモンセラーノよりいける!!<br /><br />あ〜、ワインがお供にあったらな〜。

    これは先ほどスライスしてもらったばかりのアンデルヌ地方の生ハムです。ハモンセラーノよりいける!!

    あ〜、ワインがお供にあったらな〜。

  • ウルト川でカヤックを楽しむ人々の姿も見え、空気のおいしい田舎町でのピクニックランチは最高でした。

    ウルト川でカヤックを楽しむ人々の姿も見え、空気のおいしい田舎町でのピクニックランチは最高でした。

  • ランチを終え、デュルビュイから約20km、30分程でモダーヴ城に着きます。

    ランチを終え、デュルビュイから約20km、30分程でモダーヴ城に着きます。

  • 城館は意外とこじんまりしています。

    イチオシ

    城館は意外とこじんまりしています。

  • 入館料は一人7.5ユーロ。日本語の音声ガイドもついています。<br /><br />モダーヴ城は、モダーヴ家、オートペンヌ家、サン・フォンテーヌ家が暮らした13世紀に遡る中世の城塞基部を利用しつつ、1658年にマルシャン伯が全面的にフランス様式に改築した城だそうです。(by ワロン観光局HP)

    入館料は一人7.5ユーロ。日本語の音声ガイドもついています。

    モダーヴ城は、モダーヴ家、オートペンヌ家、サン・フォンテーヌ家が暮らした13世紀に遡る中世の城塞基部を利用しつつ、1658年にマルシャン伯が全面的にフランス様式に改築した城だそうです。(by ワロン観光局HP)

  • 「謁見の間」の天井には家系図が配されています。<br /><br />この後見学する各部屋は居住した人の趣味によって雰囲気が異なり、それがまた生活感や人間味を感じさせて面白いです。

    「謁見の間」の天井には家系図が配されています。

    この後見学する各部屋は居住した人の趣味によって雰囲気が異なり、それがまた生活感や人間味を感じさせて面白いです。

  • ヘラクレスのアパルトマン:<br />「青いサロン」

    ヘラクレスのアパルトマン:
    「青いサロン」

  • 「コブランの間」

    「コブランの間」

  • 「ヘラクレスのサロン」は豪華ダイニングルームです。

    「ヘラクレスのサロン」は豪華ダイニングルームです。

  • モンモランシー公爵のアパルトマン:<br />「家族のサロン」

    モンモランシー公爵のアパルトマン:
    「家族のサロン」

  • 「主寝室」<br /><br />天井画と壁画の趣味が全く違うのが面白いです。モンモランシー公爵以外に、マルシャン伯爵夫人など、歴代のいろいろな方が使われた部屋だからだそうですが、全て自分の趣味に変えてしまわないで利用するのもいいことですね。

    「主寝室」

    天井画と壁画の趣味が全く違うのが面白いです。モンモランシー公爵以外に、マルシャン伯爵夫人など、歴代のいろいろな方が使われた部屋だからだそうですが、全て自分の趣味に変えてしまわないで利用するのもいいことですね。

  • お風呂です。バスタブと蓋がちゃんとあります。

    お風呂です。バスタブと蓋がちゃんとあります。

  • 「愛人のお部屋」は可愛らしいです。

    「愛人のお部屋」は可愛らしいです。

  • 「ルイ15世風サロン」

    「ルイ15世風サロン」

  • 見事なタペストリーの飾られた階段です。<br /><br />

    イチオシ

    見事なタペストリーの飾られた階段です。

  • シャンデリアはバカラだそうです。

    シャンデリアはバカラだそうです。

  • 「ルイ14世風のサロン」<br /><br />このピアノは現役だそうです。

    「ルイ14世風のサロン」

    このピアノは現役だそうです。

  • 「螺旋階段」<br /><br />

    「螺旋階段」

  • 「チャペル」<br />

    「チャペル」

  • ということで、1H程の観光を終え、15時頃モダーヴ城を出発し、ワロンの代表都市リエージュはミューズ川沿いをドライブでスルーし、約70km先のマーストリヒトに向かいます。

    ということで、1H程の観光を終え、15時頃モダーヴ城を出発し、ワロンの代表都市リエージュはミューズ川沿いをドライブでスルーし、約70km先のマーストリヒトに向かいます。

この旅行記のタグ

6いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

ベルギーで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ベルギー最安 600円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ベルギーの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集