京田辺 旅行記(ブログ) 一覧に戻る

京田辺市には竹取物語の舞台となったとされる山本駅跡、月神信仰に基づく月読神社、継体天皇の筒城宮、などかぐや姫につながる歴史遺産が多い。種々文献などの研究をされ“かぐや姫の里”は京田辺であると確信される竹取翁博物館館長の小泉芳孝さんの熱意によってかぐや姫の里・京田辺に関する資料などを展示する博物館が今年2月に開館し、かぐや姫ファンたちの関心を集めている。古民家を再生利用した博物館には「かぐや姫」に関連する資料のほか日本や世界の民俗考古資料などが展示されている。竹取翁博物館は京田辺市だけでなくアジアの新たな歴史文化文学などの研究の拠点のひとつになるかもしれない。竹取翁博物館の詳細は下記ブログが詳しい。<br />(竹取翁博物館の詳細)<br />”かぐや姫の里”京田辺『竹取翁博物館』:koiさんの旅行ブログ--http://4travel.jp/traveler/koi/album/10620222/<br />&quot;かぐや姫の里”京田辺竹取翁 博物館 2012年2月オープン:koiさんの旅行ブログ<br />--http://4travel.jp/traveler/koi/album/10645185/<br /><br />竹取翁博物館―――http://taketori.koiyk.com/okina-hakubutu.html<br /><br /><br />竹取翁博物館は近鉄、JRの三山木駅(みやまきえき)から徒歩2−3分の便利な場所にある。<br />三山木駅(みやまきえき)前のバスターミナルからは、同志社京田辺キャンパス(同志社大学、同志社女子大学、同志社国際中学校・高等学校)方面へのバスの発着が多 く交通の便も良い。<br />(写真は竹取翁博物館の案内)<br />

日本の旅 関西を歩く かぐや姫の里・京田辺市の竹取翁博物館周辺

40いいね!

2012/05/19 - 2012/05/19

15位(同エリア166件中)

    36

    京田辺市には竹取物語の舞台となったとされる山本駅跡、月神信仰に基づく月読神社、継体天皇の筒城宮、などかぐや姫につながる歴史遺産が多い。種々文献などの研究をされ“かぐや姫の里”は京田辺であると確信される竹取翁博物館館長の小泉芳孝さんの熱意によってかぐや姫の里・京田辺に関する資料などを展示する博物館が今年2月に開館し、かぐや姫ファンたちの関心を集めている。古民家を再生利用した博物館には「かぐや姫」に関連する資料のほか日本や世界の民俗考古資料などが展示されている。竹取翁博物館は京田辺市だけでなくアジアの新たな歴史文化文学などの研究の拠点のひとつになるかもしれない。竹取翁博物館の詳細は下記ブログが詳しい。
    (竹取翁博物館の詳細)
    ”かぐや姫の里”京田辺『竹取翁博物館』:koiさんの旅行ブログ--http://4travel.jp/traveler/koi/album/10620222/
    "かぐや姫の里”京田辺竹取翁 博物館 2012年2月オープン:koiさんの旅行ブログ
    --http://4travel.jp/traveler/koi/album/10645185/

    竹取翁博物館―――http://taketori.koiyk.com/okina-hakubutu.html


    竹取翁博物館は近鉄、JRの三山木駅(みやまきえき)から徒歩2−3分の便利な場所にある。
    三山木駅(みやまきえき)前のバスターミナルからは、同志社京田辺キャンパス(同志社大学、同志社女子大学、同志社国際中学校・高等学校)方面へのバスの発着が多 く交通の便も良い。
    (写真は竹取翁博物館の案内)

    交通手段
    自家用車 徒歩

    PR

    1件目~20件目を表示(全36件中)

    この旅行記のタグ

      40いいね!

      利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

      この旅行記へのコメント (2)

      開く

      閉じる

      • by koi さん 2012/07/11 18:16:15
        竹取翁博物館
        さすらいおじさんの旅行記には、ドラマがありますね。
        凄い!
        最近卑弥呼の邪馬台国は、徳之島!?だと思いアップしています。
        徐福の来たところは、日本各地にありますが、蓬莱山は徳之島だと判り
        そこに400年後「卑弥呼の邪馬台国」が出来たと思います。
        邪馬台国論争に終止符!? 生きている余地には無理でしょうが

        さすらいおじさん

        by さすらいおじさん さん 2012/07/12 18:39:15
        卑弥呼の邪馬台国
        koiさん

        卑弥呼の邪馬台国は、徳之島、の旅行記を拝見しました。
        邪馬台国論争が新しい方向に進めばいいですね。

        かぐやひめと卑弥呼、どちらもミステリアスで魅力がありますね。

        歴史ロマンをかきたてるテーマに次々と取り組まれる
        koiさんの探究心には脱帽です。健康に留意され、研究成果を出されることを期待しております。

      ピックアップ特集

      京田辺(京都) で人気のタグ

      この旅行記の地図

      拡大する


      PAGE TOP

      ピックアップ特集