京田辺 旅行記(ブログ) 一覧に戻る

竹取物語に関係した大和と山城の古跡見学 1.日本古文化研など3団体が博物館を訪問 竹取翁博物館 2014.10.5<br />    【YouTube】 http://youtu.be/amQo2pVdhzM<br />日文研の先生や日本古代文化研究会 阪南史談会 泉南歴研の古代史研究の方々が竹取物語に関係したツアーを組まれ大和から山城に関係した古代の遺跡や寺院見学の関係で竹取翁博物館を訪問されました。

竹取物語に関係した大和と山城の古跡見学 .日本古文化研など3団体が博物館を訪問

14いいね!

2014/10/05 - 2014/10/05

73位(同エリア166件中)

    5

    竹取物語に関係した大和と山城の古跡見学 1.日本古文化研など3団体が博物館を訪問 竹取翁博物館 2014.10.5
    【YouTube】 http://youtu.be/amQo2pVdhzM
    日文研の先生や日本古代文化研究会 阪南史談会 泉南歴研の古代史研究の方々が竹取物語に関係したツアーを組まれ大和から山城に関係した古代の遺跡や寺院見学の関係で竹取翁博物館を訪問されました。

    同行者
    社員・団体旅行
    一人あたり費用
    1万円未満
    交通手段
    観光バス 徒歩
    利用旅行会社
    団体旅行
    旅行の満足度
    4.0
    観光
    5.0
    ホテル
    3.5
    グルメ
    5.0
    ショッピング
    2.5
    交通
    5.0

    PR

    • あいにくの台風が近づいて小雨だったのと時間がおしていた関係で飯岡古墳群頂上の薬師山での昼食予定が竹取翁博物館別館で食事を取って頂くことになりました。その為に別館で食事を取りながら「竹取物語」の全体説明をすることになりました。<br />午前中は、小型観光バスで『古事記』に記されている大和の垂仁天皇陵を御覧になった後で山城に移動し普賢寺の十一面観音像(国宝)を御覧になられ、竹取翁博物館に見えられました。

      あいにくの台風が近づいて小雨だったのと時間がおしていた関係で飯岡古墳群頂上の薬師山での昼食予定が竹取翁博物館別館で食事を取って頂くことになりました。その為に別館で食事を取りながら「竹取物語」の全体説明をすることになりました。
      午前中は、小型観光バスで『古事記』に記されている大和の垂仁天皇陵を御覧になった後で山城に移動し普賢寺の十一面観音像(国宝)を御覧になられ、竹取翁博物館に見えられました。

    • また、館長は世界50カ国を民俗調査で訪問されていて、イスラエルのキリストが生まれたベツレヘムへも行き、日本の神道がイスラエルのエルサレムから来ていて10支族とレビ族がシルクロードを通じて「かなり古い時代にやって来ていた」こと、それに世界四大文明のシュメールから紀元前に奄美(シュメール語で「海洋民)」が来ていたことなどをお話しされた。

      また、館長は世界50カ国を民俗調査で訪問されていて、イスラエルのキリストが生まれたベツレヘムへも行き、日本の神道がイスラエルのエルサレムから来ていて10支族とレビ族がシルクロードを通じて「かなり古い時代にやって来ていた」こと、それに世界四大文明のシュメールから紀元前に奄美(シュメール語で「海洋民)」が来ていたことなどをお話しされた。

    • 私たちが歴史で学んだ古代史とは全く違っていたので「エー…」という驚きの声が上がり目を白黒させて聞いておられました。(詳細は、YouTubeを御覧になって下さい)<br />他に、大阪市内にお住まい方達だったので邪馬台国は「大和説」と「九州説」の二方に別れたが、『魏志倭人伝』を詳細に読むと奈良の大和では無いこと、また九州では40%あっていることを説明された。<br />その時である。数週間前に博物館の下見でこられた時に「邪馬台国は奄美諸島の徳之島説」を小泉館長から聞かれた「渤海湾の研究者」である石井先生から「徳之島です!!」という大変重大な発言があったのです(2014.10.5)

      私たちが歴史で学んだ古代史とは全く違っていたので「エー…」という驚きの声が上がり目を白黒させて聞いておられました。(詳細は、YouTubeを御覧になって下さい)
      他に、大阪市内にお住まい方達だったので邪馬台国は「大和説」と「九州説」の二方に別れたが、『魏志倭人伝』を詳細に読むと奈良の大和では無いこと、また九州では40%あっていることを説明された。
      その時である。数週間前に博物館の下見でこられた時に「邪馬台国は奄美諸島の徳之島説」を小泉館長から聞かれた「渤海湾の研究者」である石井先生から「徳之島です!!」という大変重大な発言があったのです(2014.10.5)

    • 館長からは、竹取物語の子安貝(中国の貨幣)との関係で中国と奄美諸島との交流があり徐福が奄美に不老長寿の薬があることを知っていて来た。そして400年後「奄美諸島の徳之島」に邪馬台国が出来たことを中国人が書いた地図で「邪馬台国が確定した」と述べられのです。

      館長からは、竹取物語の子安貝(中国の貨幣)との関係で中国と奄美諸島との交流があり徐福が奄美に不老長寿の薬があることを知っていて来た。そして400年後「奄美諸島の徳之島」に邪馬台国が出来たことを中国人が書いた地図で「邪馬台国が確定した」と述べられのです。

    • 石井先生は秦の始皇帝の命令を受けて徐福(中国名で「ジョフツ」)が奄美諸島に紀元前230年頃に来ていて倭人との混血を繰り返し、その400年後の紀元230年頃に卑弥呼の邪馬台国が「奄美諸島の徳之島に出来た」という小泉館長説に同意されたのである。しかし、周囲の会員の皆さんは、半信半疑で「石井先生が」冗談を言っておられめと受け取られていたのである…。<br />小泉館長からは、中国人が書いた「倭国」地名を記した地図を皆さんに回されたのであるが、説明時間が少なかったので詳細を述べられなかったことから理解度が少なく「えーっ」「時代が離れている!?」等が飛び交い皆さんに疑問を持たれた様子でした。

      石井先生は秦の始皇帝の命令を受けて徐福(中国名で「ジョフツ」)が奄美諸島に紀元前230年頃に来ていて倭人との混血を繰り返し、その400年後の紀元230年頃に卑弥呼の邪馬台国が「奄美諸島の徳之島に出来た」という小泉館長説に同意されたのである。しかし、周囲の会員の皆さんは、半信半疑で「石井先生が」冗談を言っておられめと受け取られていたのである…。
      小泉館長からは、中国人が書いた「倭国」地名を記した地図を皆さんに回されたのであるが、説明時間が少なかったので詳細を述べられなかったことから理解度が少なく「えーっ」「時代が離れている!?」等が飛び交い皆さんに疑問を持たれた様子でした。

    1件目~5件目を表示(全5件中)

    この旅行記のタグ

      14いいね!

      利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

      この旅行記へのコメント

      ピックアップ特集

      京田辺(京都) で人気のタグ


      PAGE TOP

      ピックアップ特集