蘇州旅行記(ブログ) 一覧に戻る
錦渓は、2500年以上の歴史を持つ、小さな水郷の町です。 蓮池禅院の前で遊覧船に乗り、上塘街から下塘街へと20分の遊覧を楽しみました。女の船頭さんが、「蘇州夜曲」や「北国の春」など5曲ほど歌ってくれる中、明清時代の民家のたたずまいを楽しみ、いくつもの橋をくぐり、柳の並木を通り、静かな水郷めぐりを堪能しました。 下塘街で船を下り、散策開始です。錦渓の古鎮には、まだまだ庶民の生活が息づいていました。赤カブや小魚を干していたり、生きた上海蟹や運河で取れた貝類、ガチョウの卵も売っていました。<br /><br />蘇州は、太湖の畔に開けた、人口630万人の水郷都市です。春秋時代の紀元前514年に、呉国王の闔閭が城を築いたのが町の始まりです。唐の時代に入ると、町は養蚕業により発展を遂げ、明・清の時代には国内有数の大都市へと発展しています。<br /><br />蘇州の留園は、清時代の建築様式を今に伝える名園で、中国四大名園のひとつに数えられており、世界遺産に登録されています。創建は、明時代の嘉靖年間(1522〜1566年)まで遡ります。清時代の18世紀末には、劉怒により改修され劉園となり、さらに19世紀後半に大規模な改修が行なわれ、留園と呼ばれるようになりました。中国三大太湖石のひとつである「冠雲峰」や廊壁には歴代の名書家の墨跡「留園法帖」、透かし彫りが施された漏窓など、見どころも沢山あります。<br /><br />蘇州の寒山寺は、南北朝梁時代の天監年間(502〜519年)に創建され、1400年余の歴史を持っています。唐時代の詩人張継が詠んだ「楓橋夜話」で、その名を広く知られるようになります。創建当初は、妙利普明塔院と呼ばれていましたが、唐時代に寒山と拾得が天台山から移り住んでから、寒山寺と呼ばれるようになりました。また、1979年から毎年除夜に、寒山寺の鐘の音を聞き、新年を迎える行事が営まれ、日本からも沢山の観光客が訪れます。

中国江南の旅(1)・・錦渓と蘇州(留園、山塘街、寒山寺)を訪ねて

12いいね!

2011/11/15 - 2011/11/16

202位(同エリア878件中)

旅行記グループ 中国江南の旅

0

82

YAMAJI

YAMAJIさん

錦渓は、2500年以上の歴史を持つ、小さな水郷の町です。 蓮池禅院の前で遊覧船に乗り、上塘街から下塘街へと20分の遊覧を楽しみました。女の船頭さんが、「蘇州夜曲」や「北国の春」など5曲ほど歌ってくれる中、明清時代の民家のたたずまいを楽しみ、いくつもの橋をくぐり、柳の並木を通り、静かな水郷めぐりを堪能しました。 下塘街で船を下り、散策開始です。錦渓の古鎮には、まだまだ庶民の生活が息づいていました。赤カブや小魚を干していたり、生きた上海蟹や運河で取れた貝類、ガチョウの卵も売っていました。

蘇州は、太湖の畔に開けた、人口630万人の水郷都市です。春秋時代の紀元前514年に、呉国王の闔閭が城を築いたのが町の始まりです。唐の時代に入ると、町は養蚕業により発展を遂げ、明・清の時代には国内有数の大都市へと発展しています。

蘇州の留園は、清時代の建築様式を今に伝える名園で、中国四大名園のひとつに数えられており、世界遺産に登録されています。創建は、明時代の嘉靖年間(1522〜1566年)まで遡ります。清時代の18世紀末には、劉怒により改修され劉園となり、さらに19世紀後半に大規模な改修が行なわれ、留園と呼ばれるようになりました。中国三大太湖石のひとつである「冠雲峰」や廊壁には歴代の名書家の墨跡「留園法帖」、透かし彫りが施された漏窓など、見どころも沢山あります。

蘇州の寒山寺は、南北朝梁時代の天監年間(502〜519年)に創建され、1400年余の歴史を持っています。唐時代の詩人張継が詠んだ「楓橋夜話」で、その名を広く知られるようになります。創建当初は、妙利普明塔院と呼ばれていましたが、唐時代に寒山と拾得が天台山から移り住んでから、寒山寺と呼ばれるようになりました。また、1979年から毎年除夜に、寒山寺の鐘の音を聞き、新年を迎える行事が営まれ、日本からも沢山の観光客が訪れます。

旅行の満足度
4.0
観光
4.0
ホテル
4.0
グルメ
4.0
ショッピング
3.5
交通
3.5

PR

  • 錦渓の入口。<br />錦渓は、皇帝の妃を魅了した五保湖の畔に広がる、小さな水郷古鎮です。

    錦渓の入口。
    錦渓は、皇帝の妃を魅了した五保湖の畔に広がる、小さな水郷古鎮です。

  • 「古蓮池と三亭橋」。橋の向こうは五保湖です。

    「古蓮池と三亭橋」。橋の向こうは五保湖です。

  • 1163年創建の「蓮池禅院」です。南宋時代の皇帝考宗が、この地をこよなく愛した妃、「陳妃」の鎮魂を願って建てたお寺です。

    1163年創建の「蓮池禅院」です。南宋時代の皇帝考宗が、この地をこよなく愛した妃、「陳妃」の鎮魂を願って建てたお寺です。

  • 菱塘湾と遊覧船です。

    菱塘湾と遊覧船です。

  • 錦渓の運河遊覧開始です。我が船の女船頭さんです。

    錦渓の運河遊覧開始です。我が船の女船頭さんです。

  • 「蘇州夜曲」や「北国の春」など、五曲ほどを歌ってくれました。

    「蘇州夜曲」や「北国の春」など、五曲ほどを歌ってくれました。

  • 船はのんびり上塘街を進みます。

    船はのんびり上塘街を進みます。

  • 運河で洗い物をする女性を見かけました。

    運河で洗い物をする女性を見かけました。

  • 「衆安橋」。錦渓には古い石橋が36基も残っています。

    「衆安橋」。錦渓には古い石橋が36基も残っています。

  • 運河沿いの柳も美しい。

    運河沿いの柳も美しい。

  • 下塘街で遊覧船を降りました。

    イチオシ

    下塘街で遊覧船を降りました。

  • 錦渓の街の散策開始です。明・清時代の建物が多く見られます。

    錦渓の街の散策開始です。明・清時代の建物が多く見られます。

  • 「溥済橋」。立派な石造りのアーチ橋です。

    「溥済橋」。立派な石造りのアーチ橋です。

  • 溥済橋の石階段です。

    溥済橋の石階段です。

  • 屋根のついた廊下式の橋、廊橋です。

    屋根のついた廊下式の橋、廊橋です。

  • 屋根付きの街路、廊棚です。

    屋根付きの街路、廊棚です。

  • 赤カブを干しています。

    赤カブを干しています。

  • 上海蟹を売っています。

    上海蟹を売っています。

  • 運河で採れた貝類も売っています。

    運河で採れた貝類も売っています。

  • 小魚を干しています。

    小魚を干しています。

  • 運河と廊橋、廊棚、白壁、瓦屋根。古鎮を代表する風景です。

    イチオシ

    運河と廊橋、廊棚、白壁、瓦屋根。古鎮を代表する風景です。

  • 錦渓の古鎮の通路はとても狭い。

    錦渓の古鎮の通路はとても狭い。

  • 最後にもう一度、錦渓の運河の風景です。

    最後にもう一度、錦渓の運河の風景です。

  • 蘇州の「留園」の入口。<br />留園は、清時代の建築造園様式を今に伝える名園で、中国四大名園のひとつです。

    蘇州の「留園」の入口。
    留園は、清時代の建築造園様式を今に伝える名園で、中国四大名園のひとつです。

  • 留園の案内図です。

    留園の案内図です。

  • 入口を入ると、「呉下名園」の文字と、留園の全体図が描かれています。

    入口を入ると、「呉下名園」の文字と、留園の全体図が描かれています。

  • 空窓と漏窓が続く回廊です。

    イチオシ

    空窓と漏窓が続く回廊です。

  • 透かし彫りの「漏窓」です。

    透かし彫りの「漏窓」です。

  • 透かし彫りの漏窓。デザインは一つとして同じものは無いという。

    透かし彫りの漏窓。デザインは一つとして同じものは無いという。

  • 「留園法帖」。歴代の書道家の書が彫られています。

    「留園法帖」。歴代の書道家の書が彫られています。

  • 「五峰仙館」。留園で最も広い広間です。

    「五峰仙館」。留園で最も広い広間です。

  • 五峰仙館の庭園への扉です。

    五峰仙館の庭園への扉です。

  • 五峰仙館の前庭。貴重な「太湖石」を大量に使っています。<br />太湖石とは、蘇州の西に位置する太湖で採れた白い石のことで、浸食により無数の穴が開いた太湖石が珍重され、非常に高価なものだった。皇帝や富豪たちは、富の象徴としてこの太湖石を庭園に配したという。

    五峰仙館の前庭。貴重な「太湖石」を大量に使っています。
    太湖石とは、蘇州の西に位置する太湖で採れた白い石のことで、浸食により無数の穴が開いた太湖石が珍重され、非常に高価なものだった。皇帝や富豪たちは、富の象徴としてこの太湖石を庭園に配したという。

  • 大理石の切り口に風景が浮き上がります。

    大理石の切り口に風景が浮き上がります。

  • 両面刺繍の花鳥図です。

    両面刺繍の花鳥図です。

  • お目当ての太湖石、「冠雲峰」が見えてきました。

    イチオシ

    お目当ての太湖石、「冠雲峰」が見えてきました。

  • 「冠雲峰」。中国三大太湖石のひとつで、江南三大銘石のひとつです。

    「冠雲峰」。中国三大太湖石のひとつで、江南三大銘石のひとつです。

  • 「瑞雲峰」。留園の姉妹三峰である、「冠雲峰」「瑞雲峰」「岫雲峰」のひとつです。

    「瑞雲峰」。留園の姉妹三峰である、「冠雲峰」「瑞雲峰」「岫雲峰」のひとつです。

  • 回廊と植栽。何気ない植栽も見どころです。

    回廊と植栽。何気ない植栽も見どころです。

  • 円形の「くり抜き門」です。

    円形の「くり抜き門」です。

  • 庭園の北部エリアは、「盆栽園」になっています。

    庭園の北部エリアは、「盆栽園」になっています。

  • 大型の盆栽も多くありました。

    大型の盆栽も多くありました。

  • 庭園中央に位置している池です。

    庭園中央に位置している池です。

  • 池の傍に建つ「可亭」です。

    池の傍に建つ「可亭」です。

  • 漏窓の向こうに盆栽が・・。

    漏窓の向こうに盆栽が・・。

  • 蘇州の山塘街の散策開始です。<br />山塘街は、唐時代の詩人白居易(はくきょい)が蘇州の長官を務めたときに築いた、蘇州城と虎丘山を繋ぐ全長4kmの運河沿いの街です。

    蘇州の山塘街の散策開始です。
    山塘街は、唐時代の詩人白居易(はくきょい)が蘇州の長官を務めたときに築いた、蘇州城と虎丘山を繋ぐ全長4kmの運河沿いの街です。

  • 「中国南社記念館」。封建主義に反対する革命文学団体、「南社」の記念館です。

    「中国南社記念館」。封建主義に反対する革命文学団体、「南社」の記念館です。

  • 「普福禅寺」。宋時代に創建され、1958年の大躍進の時に破壊され、2009年に再建されました。

    「普福禅寺」。宋時代に創建され、1958年の大躍進の時に破壊され、2009年に再建されました。

  • 虎丘寄りの山塘街には観光客はほとんどいません。

    虎丘寄りの山塘街には観光客はほとんどいません。

  • 運河の清掃船です。どの水郷古鎮も良く清掃が行き届いていました。

    運河の清掃船です。どの水郷古鎮も良く清掃が行き届いていました。

  • 「五人の墓」。明末期のストライキの首謀者5人が葬られています。

    「五人の墓」。明末期のストライキの首謀者5人が葬られています。

  • 「五人の墓」です。

    「五人の墓」です。

  • 「普済橋」。山塘街に架かるん橋としては、一番大きな橋です。

    「普済橋」。山塘街に架かるん橋としては、一番大きな橋です。

  • 創建から400年経つ、山塘街を代表する太湖橋です。

    創建から400年経つ、山塘街を代表する太湖橋です。

  • 上塘河(運河)です。

    上塘河(運河)です。

  • 蘇州は東洋のベニスと呼ばれています。

    蘇州は東洋のベニスと呼ばれています。

  • 虎丘が見えてきた。

    虎丘が見えてきた。

  • 虎丘の961年創建の「雲厳寺塔」です。

    イチオシ

    虎丘の961年創建の「雲厳寺塔」です。

  • 東洋のピサの斜塔と呼ばれ、3.5度傾いています。

    東洋のピサの斜塔と呼ばれ、3.5度傾いています。

  • 公園では焼き栗を売っていました。小さい栗の方が甘みがあり、結構おいしかったです。

    公園では焼き栗を売っていました。小さい栗の方が甘みがあり、結構おいしかったです。

  • 蘇州の「寒山寺」の正面入口。<br />寒山寺は、1400年余の歴史を持つお寺で、唐時代の詩人張継(ちょうけい)が詠んだ「楓橋夜泊」でその名が広まりました。日本では、NHKで中継された「除夜の鐘」でも有名です。

    蘇州の「寒山寺」の正面入口。
    寒山寺は、1400年余の歴史を持つお寺で、唐時代の詩人張継(ちょうけい)が詠んだ「楓橋夜泊」でその名が広まりました。日本では、NHKで中継された「除夜の鐘」でも有名です。

  • 「普明宝塔」。寒山寺の五重塔です。

    「普明宝塔」。寒山寺の五重塔です。

  • 寒山寺の参道です。

    寒山寺の参道です。

  • 境内の運河と「江村橋」です。

    境内の運河と「江村橋」です。

  • 寒山寺の山門です。

    寒山寺の山門です。

  • 山門の四天王です。

    山門の四天王です。

  • 本堂前の香炉です。

    本堂前の香炉です。

  • 「大雄宝殿」。寒山寺の本堂です。

    イチオシ

    「大雄宝殿」。寒山寺の本堂です。

  • 本堂の内部です。

    本堂の内部です。

  • 本堂の「釈迦如来像」。寒山寺の本尊です。

    本堂の「釈迦如来像」。寒山寺の本尊です。

  • 寒山(かんざん)と拾得(じっとく)の図です。

    寒山(かんざん)と拾得(じっとく)の図です。

  • 「鐘坊」。寒山寺の歴代の鐘が飾られています。

    「鐘坊」。寒山寺の歴代の鐘が飾られています。

  • 鐘の展示です。

    鐘の展示です。

  • 「碑廊」。著名な文人の詩碑が収められており、多くの拓本が採られています。<br />

    「碑廊」。著名な文人の詩碑が収められており、多くの拓本が採られています。

  • 「月落ち鳥啼いて霜天に満つ、江楓漁火愁眠に対す、姑蘇城外の寒山寺、夜半の鐘声客船に到る」の張継の有名な詩、「楓橋夜泊」が刻まれています。

    「月落ち鳥啼いて霜天に満つ、江楓漁火愁眠に対す、姑蘇城外の寒山寺、夜半の鐘声客船に到る」の張継の有名な詩、「楓橋夜泊」が刻まれています。

  • 書を水の筆で練習する石盤です。

    書を水の筆で練習する石盤です。

  • 「弘法堂」。玄奘三蔵と鑑真和尚、弘法大師の像が祭られています。<br />寒山寺は、玄奘三蔵と鑑真和尚、弘法大師の3人が修行した寺でもあります。<br />

    「弘法堂」。玄奘三蔵と鑑真和尚、弘法大師の像が祭られています。
    寒山寺は、玄奘三蔵と鑑真和尚、弘法大師の3人が修行した寺でもあります。

  • 玄奘三蔵の像です。

    玄奘三蔵の像です。

  • 鑑真和尚の像です。

    鑑真和尚の像です。

  • 弘法大師の像です。

    弘法大師の像です。

  • 寒山寺の「鐘楼」。除夜の鐘ツアーで多くの日本人が訪れることで有名です。

    イチオシ

    寒山寺の「鐘楼」。除夜の鐘ツアーで多くの日本人が訪れることで有名です。

  • 鐘楼に入るには別途5元を払います。鐘は1人3回まで撞くことができます。

    鐘楼に入るには別途5元を払います。鐘は1人3回まで撞くことができます。

この旅行記のタグ

12いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

中国で使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
中国最安 320円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

中国の料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集