鳴門 旅行記(ブログ) 一覧に戻る
エクシブ鳴門に宿泊する前後、周辺観光として「大鳴門橋遊歩道:渦の道」と「大塚国際美術館」を訪れた。前者が自然の驚異とするなら、後者は日本の技術の驚異であろう。特に大塚美術館はじっくり鑑賞するなら朝からまるまる1日は必要だと思う。<br />写真:大塚国際美術館「システィーナ礼拝堂天井画および壁画」<br /><br />私のホームページ『第二の人生を豊かに―ライター舟橋栄二のホームページ―』に旅行記多数あり。<br />http://www.e-funahashi.jp/<br />

梅雨のエクシブ鳴門③(鳴門の渦潮・大塚国際美術館編)

11いいね!

2011/06/02 - 2011/06/03

292位(同エリア738件中)

    42

    エクシブ鳴門に宿泊する前後、周辺観光として「大鳴門橋遊歩道:渦の道」と「大塚国際美術館」を訪れた。前者が自然の驚異とするなら、後者は日本の技術の驚異であろう。特に大塚美術館はじっくり鑑賞するなら朝からまるまる1日は必要だと思う。
    写真:大塚国際美術館「システィーナ礼拝堂天井画および壁画」

    私のホームページ『第二の人生を豊かに―ライター舟橋栄二のホームページ―』に旅行記多数あり。
    http://www.e-funahashi.jp/

    PR

    • エクシブ鳴門をチェックアウトして「大鳴門橋」(写真)にある遊歩道「渦の道」に行く。エクシブからは鳴門スカイライン(無料)を通ったほうが早い。

      エクシブ鳴門をチェックアウトして「大鳴門橋」(写真)にある遊歩道「渦の道」に行く。エクシブからは鳴門スカイライン(無料)を通ったほうが早い。

    • 入場料(500円)を払って橋の下に作られた遊歩道(写真)を進む。この遊歩道は先端の展望室まで450m続く。

      入場料(500円)を払って橋の下に作られた遊歩道(写真)を進む。この遊歩道は先端の展望室まで450m続く。

    • 先端の展望室は渦上45mにあり、渦潮や観光船(写真)がよく見える。

      先端の展望室は渦上45mにあり、渦潮や観光船(写真)がよく見える。

    • 大型の帆船(写真)は淡路島から渦潮観光に来ている。

      大型の帆船(写真)は淡路島から渦潮観光に来ている。

    • 畳1枚くらいの大きさのガラス床から海面を見ると、水の流れに段差(写真)ができている。これは海底の岩で出来た段差ではなく急激に満潮から干潮に変わる時に生じる自然の水の落差という。

      畳1枚くらいの大きさのガラス床から海面を見ると、水の流れに段差(写真)ができている。これは海底の岩で出来た段差ではなく急激に満潮から干潮に変わる時に生じる自然の水の落差という。

    • 渦潮観光をしてから橋のたもとにある小さなレストラン「郷土料理:潮風」(写真)に入る。全面ガラス張りの窓から大鳴門橋が良く見える。

      渦潮観光をしてから橋のたもとにある小さなレストラン「郷土料理:潮風」(写真)に入る。全面ガラス張りの窓から大鳴門橋が良く見える。

    • 妻は軽めの「鳴門わかめうどんセット」(750円)を注文。こしの強いうどんがうまい。

      妻は軽めの「鳴門わかめうどんセット」(750円)を注文。こしの強いうどんがうまい。

    • 私は「桜鯛刺身定食」(1500円)を注文。鳴門は鯛が名産であるが、この時期に捕れる鯛は産卵前で体がピンク色に染まるという。それ故、桜鯛と呼ばれる。食べてみると適度に脂がのり柔らかくて実にうまい。日頃スーパーで買う鯛とは別物である。

      私は「桜鯛刺身定食」(1500円)を注文。鳴門は鯛が名産であるが、この時期に捕れる鯛は産卵前で体がピンク色に染まるという。それ故、桜鯛と呼ばれる。食べてみると適度に脂がのり柔らかくて実にうまい。日頃スーパーで買う鯛とは別物である。

    • 産卵を終えた秋の鯛は「もみじ鯛」と言われる。恐らく、鯛の人生の旬(しゅん)を過ぎた残りのような淡泊な味になるのであろう?旬を過ぎた我々夫婦で鯛論議をする。<br />写真:郷土料理店「潮風」からの眺め

      産卵を終えた秋の鯛は「もみじ鯛」と言われる。恐らく、鯛の人生の旬(しゅん)を過ぎた残りのような淡泊な味になるのであろう?旬を過ぎた我々夫婦で鯛論議をする。
      写真:郷土料理店「潮風」からの眺め

    • エクシブ鳴門に宿泊するまえに大塚国際美術館(写真)を訪れる。入館料3150円を払って中に入る。大塚美術館は西洋名画の現物と同じ大きさの陶板名画美術館なので、ヨーロッパの美術館に行ったのと同じ感覚が味わえる。

      エクシブ鳴門に宿泊するまえに大塚国際美術館(写真)を訪れる。入館料3150円を払って中に入る。大塚美術館は西洋名画の現物と同じ大きさの陶板名画美術館なので、ヨーロッパの美術館に行ったのと同じ感覚が味わえる。

    • 最初に訪れて驚嘆するのが地下3階にある『システィーナ礼拝堂天井画および壁画』(写真)である。ローマ市内にある独立国「ヴァティカン」にあるシスティーナ礼拝堂を忠実に復元されている。

      最初に訪れて驚嘆するのが地下3階にある『システィーナ礼拝堂天井画および壁画』(写真)である。ローマ市内にある独立国「ヴァティカン」にあるシスティーナ礼拝堂を忠実に復元されている。

    • システィーナ礼拝堂の天井画(写真)は教皇ユリウス2世の命によりミケランジェロがほとんど助手も使わずに1人で完成させたという。絵の内容は「天地創造」「人類の誕生」「人類の堕落と刑罰」等。(1508-12年制作)ベンチに寝転がって天井画を鑑賞する。

      システィーナ礼拝堂の天井画(写真)は教皇ユリウス2世の命によりミケランジェロがほとんど助手も使わずに1人で完成させたという。絵の内容は「天地創造」「人類の誕生」「人類の堕落と刑罰」等。(1508-12年制作)ベンチに寝転がって天井画を鑑賞する。

    • システィーナ礼拝堂の天井画完成からおよそ四半世紀後、ミケランジェロは同じ礼拝堂の奥壁に『最後の審判』(写真)を描いた。(1536-41年制作)<br />本物の礼拝堂は超満員であるがここではゆっくり鑑賞できる。

      システィーナ礼拝堂の天井画完成からおよそ四半世紀後、ミケランジェロは同じ礼拝堂の奥壁に『最後の審判』(写真)を描いた。(1536-41年制作)
      本物の礼拝堂は超満員であるがここではゆっくり鑑賞できる。

    • 北イタリアのパドヴァ市にある『スクロヴェーニ礼拝堂壁画』(写真)「聖母マリアの生涯」「キリストの生涯」などジェッドによる壁画で埋め尽くされている。ブルーの天井が印象的である。

      北イタリアのパドヴァ市にある『スクロヴェーニ礼拝堂壁画』(写真)「聖母マリアの生涯」「キリストの生涯」などジェッドによる壁画で埋め尽くされている。ブルーの天井が印象的である。

    • オランダのハーグのマウリッツハイス美術館にあるフェルメールの『真珠の耳飾りの少女(青いターバンの少女)』(写真)。「北のモナ・リザ」「オランダのモナ・リザ」と言われることもある。1665年頃制作<br /><br />

      オランダのハーグのマウリッツハイス美術館にあるフェルメールの『真珠の耳飾りの少女(青いターバンの少女)』(写真)。「北のモナ・リザ」「オランダのモナ・リザ」と言われることもある。1665年頃制作

    • 現存しない幻の祭壇画、エル・グレコの『大祭壇衝立(ついたて)画』(写真)。かって、スペインのドーニャ・マリア・デ・アラゴン学院にあったが19世紀初頭のナポレオン戦争で破壊、散逸し幻の祭壇画となった。その復元である。1600年前後の制作

      現存しない幻の祭壇画、エル・グレコの『大祭壇衝立(ついたて)画』(写真)。かって、スペインのドーニャ・マリア・デ・アラゴン学院にあったが19世紀初頭のナポレオン戦争で破壊、散逸し幻の祭壇画となった。その復元である。1600年前後の制作

    • 美術鑑賞とお勉強は疲れる。地下3階のシスティーナ礼拝堂の前にカフェ「テ・ペル・テ」(写真)がある。早くもコーヒータイム。営業時間10:00〜16:45

      美術鑑賞とお勉強は疲れる。地下3階のシスティーナ礼拝堂の前にカフェ「テ・ペル・テ」(写真)がある。早くもコーヒータイム。営業時間10:00〜16:45

    • 地下2階に上がる。ここはルネッサンス期の名画の宝庫だ。レオナルド・ダ・ヴィンチ作『モナリザ』(写真)。パリ、ルーヴル美術館所蔵。1503-06年制作。モナリザの現物の写真は私の旅行記「パリ滞在記⑥(ルーヴル美術館)」参照<br />http://4travel.jp/traveler/funasan/album/10364662/

      地下2階に上がる。ここはルネッサンス期の名画の宝庫だ。レオナルド・ダ・ヴィンチ作『モナリザ』(写真)。パリ、ルーヴル美術館所蔵。1503-06年制作。モナリザの現物の写真は私の旅行記「パリ滞在記⑥(ルーヴル美術館)」参照
      http://4travel.jp/traveler/funasan/album/10364662/

    • レオナルド・ダ・ヴィンチ作『最後の晩餐』(写真)これは修復前の『最後の晩餐』で現存しない幻の作品である。1495-1498年制作。

      レオナルド・ダ・ヴィンチ作『最後の晩餐』(写真)これは修復前の『最後の晩餐』で現存しない幻の作品である。1495-1498年制作。

    • 修復後の『最後の晩餐』(写真)。本物はイタリア、ミラノの「サンタ・マリーア・デッレ・グラーツィェ修道院」にあり、見学は完全予約制でなかなか鑑賞できない。

      修復後の『最後の晩餐』(写真)。本物はイタリア、ミラノの「サンタ・マリーア・デッレ・グラーツィェ修道院」にあり、見学は完全予約制でなかなか鑑賞できない。

    1件目~20件目を表示(全42件中)

    この旅行記のタグ

      11いいね!

      利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

      ピックアップ特集

      フォートラベル公式LINE@

      おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
      QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

      \その他の公式SNSはこちら/

      鳴門(徳島) で人気のタグ


      PAGE TOP

      ピックアップ特集