重慶 旅行記(ブログ) 一覧に戻る

<br />2011年3月11日(金)<br /><br />ぐっすり寝て、目が覚めたのはモーニングコール5分前の5時25分だった。<br /><br />窓からの景色が楽しみで、カーテンを開けてみたのだが、まだ重慶の朝は明け切れていなかった。<br /><br />本日は重慶の港から「長江一号」に乗り、9泊10日で上海への川下りの旅が始まる。<br /><br /><br />港までバス。<br /><br />車窓から見ると、坂やカーブの多い街だ。<br /><br />この街の都市公共鉄道は三線出来ているが、その内二線がカーブと坂に強いゴムタイヤ・モノレールである。<br /><br />日本のODAで、私の友人たちが設計した。<br /><br /><br />港を見下ろす展望台で、バスを降りる。<br /><br />「あぁ、これが音に聞く長江なのだ!」<br /><br />自ずから胸のときめきを感じる。<br /><br /><br />階段をずっと下って行き、河岸から浮橋を辿りながら浮き桟橋に係留されている船に至る。<br /><br />そのかなりの道のりを、親切な中国の男が腕を組んでくれる。<br /><br />スタートはやや無理強いのように感じたが、私の歩調を速めるために必要と考えなおし、腕を預ける。<br /><br /><br />最初のうちは抵抗を感じたが、歩くにしたがって呼吸が合い、次第にチームワークが生まれる。<br /><br />途中土産物売りがたくさんいるが、一番面白そうなのが、連凧だった。<br /><br />二十〜三十つないだのが、楽しそうに空を舞っている。<br /><br />売り子のおばさんに10元わたしたら、三袋くれた。<br /><br />一袋に、ひし形で、一辺が約十センチ角の凧が三つ入っている。<br /><br /><br />「長江壱号」が繋がれているポンツーンでは、赤金二匹の獅子が、銅鑼と太鼓で踊っている。<br /><br />船の出発祝いだろうか。<br /><br />それを聞きながら、ウキウキした気持になり、ポンツーンに足を掛けたところで、腕を組んでくれていた男はそっと放してくれる。<br /><br /><br />私は心から謝辞を述べて、とは言っても「シェー、シェー」しか知らないが、10元を渡すと、男は嬉しそうに拝みながら受け取った。<br /><br />ここまで、中国との出会いは、期待を大きく超える、素晴らしいものだった。<br /><br /><br />写真は「ソフィさんの旅行記」http://4travel.jp/traveler/katase/をご覧ください。<br /><br />「片瀬貴文の記録」http://blog.alc.co.jp/d/2001114もご訪問下さい。<br /><br /><br />(2011.3.30 片瀬貴文)<br />

長江春酣【011】長江下りの船「長江壱号」に乗船する

3いいね!

2011/03/11 - 2011/03/11

105位(同エリア185件中)

    12


    2011年3月11日(金)

    ぐっすり寝て、目が覚めたのはモーニングコール5分前の5時25分だった。

    窓からの景色が楽しみで、カーテンを開けてみたのだが、まだ重慶の朝は明け切れていなかった。

    本日は重慶の港から「長江一号」に乗り、9泊10日で上海への川下りの旅が始まる。


    港までバス。

    車窓から見ると、坂やカーブの多い街だ。

    この街の都市公共鉄道は三線出来ているが、その内二線がカーブと坂に強いゴムタイヤ・モノレールである。

    日本のODAで、私の友人たちが設計した。


    港を見下ろす展望台で、バスを降りる。

    「あぁ、これが音に聞く長江なのだ!」

    自ずから胸のときめきを感じる。


    階段をずっと下って行き、河岸から浮橋を辿りながら浮き桟橋に係留されている船に至る。

    そのかなりの道のりを、親切な中国の男が腕を組んでくれる。

    スタートはやや無理強いのように感じたが、私の歩調を速めるために必要と考えなおし、腕を預ける。


    最初のうちは抵抗を感じたが、歩くにしたがって呼吸が合い、次第にチームワークが生まれる。

    途中土産物売りがたくさんいるが、一番面白そうなのが、連凧だった。

    二十〜三十つないだのが、楽しそうに空を舞っている。

    売り子のおばさんに10元わたしたら、三袋くれた。

    一袋に、ひし形で、一辺が約十センチ角の凧が三つ入っている。


    「長江壱号」が繋がれているポンツーンでは、赤金二匹の獅子が、銅鑼と太鼓で踊っている。

    船の出発祝いだろうか。

    それを聞きながら、ウキウキした気持になり、ポンツーンに足を掛けたところで、腕を組んでくれていた男はそっと放してくれる。


    私は心から謝辞を述べて、とは言っても「シェー、シェー」しか知らないが、10元を渡すと、男は嬉しそうに拝みながら受け取った。

    ここまで、中国との出会いは、期待を大きく超える、素晴らしいものだった。


    写真は「ソフィさんの旅行記」http://4travel.jp/traveler/katase/をご覧ください。

    「片瀬貴文の記録」http://blog.alc.co.jp/d/2001114もご訪問下さい。


    (2011.3.30 片瀬貴文)

    旅行の満足度
    4.0
    観光
    4.0
    ホテル
    4.0

    PR

    • ホテルん朝食は<br />通常のパン系のもの以外に<br />粥や麺など<br />変化に富んでいる

      ホテルん朝食は
      通常のパン系のもの以外に
      粥や麺など
      変化に富んでいる

    • ホテルの朝食で注文した<br />ラーメン

      ホテルの朝食で注文した
      ラーメン

    • ホテル23階の自室から眺めた<br />重慶の街

      ホテル23階の自室から眺めた
      重慶の街

    • ホテルは快適

      ホテルは快適

    • ホテル一階ロビーを飾る<br />白ユリの花

      ホテル一階ロビーを飾る
      白ユリの花

    • 長江川岸のヘアピン道の先に<br />「長江壱号」が見えて来る

      長江川岸のヘアピン道の先に
      「長江壱号」が見えて来る

    • 「長江壱号」<br />遠望

      「長江壱号」
      遠望

    • 乗船の道にいる<br />地元の人たち

      乗船の道にいる
      地元の人たち

    • 観光客に地図を売る<br />おじさん

      観光客に地図を売る
      おじさん

    • 船までの不安定な道を<br />私の腕をとって案内してくれた<br />おじさん

      船までの不安定な道を
      私の腕をとって案内してくれた
      おじさん

    • 連凧売りの<br />おばさん

      連凧売りの
      おばさん

    • 船の浮き桟橋では<br />獅子舞で送ってくれる<br />重慶市からは<br />身長20センチ余りの<br />パンダの縫いぐるみが<br />観光客を歓迎して全員に贈られた<br />四川省はパンダの故郷だったことを思い出す

      船の浮き桟橋では
      獅子舞で送ってくれる
      重慶市からは
      身長20センチ余りの
      パンダの縫いぐるみが
      観光客を歓迎して全員に贈られた
      四川省はパンダの故郷だったことを思い出す

    1件目~12件目を表示(全12件中)

    この旅行記のタグ

      3いいね!

      利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

      この旅行記へのコメント

      ピックアップ特集

      重慶(中国) で人気のタグ


      PAGE TOP

      ピックアップ特集