コインブラ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
スイス航空を利用して、チュ-リッヒ経由にてリスボンへ。<br /><br />一日目は、リスボン ジェロニモス修道院<br />二日目は、シントラ ロカ岬<br />三日目は、エヴォラ<br />四日目は、トマール修道院城 バターリャ修道院 <br />サンタ・マリア修道院(アルコバサ)<br />五日目は、コインブラ アヴェイロ<br />六日目は、ポルト<br />七日目は、ギマランエス<br />八日目は、リスボン 中心<br />九日目は、チュ-リッヒ<br /><br />と巡ってきました。冬は雨が多いと聞いていましたが、天気に恵まれ八日目のみ小雨の天気となりました。しかしその日にはリスボン ロシオ地区で、スリに遭遇翌朝空港へ向かうバスでもスリに遭遇。幸い被害はありませんでしたが、ロシオ地区は今後行かれる方には要注意です。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />

2011 02 ポルトガル 9世界遺産8泊の旅⑤ コインブラ アヴェイロ ポルト初日

291いいね!

2011/02/01 - 2011/02/10

1位(同エリア293件中)

だり

だりさん

スイス航空を利用して、チュ-リッヒ経由にてリスボンへ。

一日目は、リスボン ジェロニモス修道院
二日目は、シントラ ロカ岬
三日目は、エヴォラ
四日目は、トマール修道院城 バターリャ修道院 
サンタ・マリア修道院(アルコバサ)
五日目は、コインブラ アヴェイロ
六日目は、ポルト
七日目は、ギマランエス
八日目は、リスボン 中心
九日目は、チュ-リッヒ

と巡ってきました。冬は雨が多いと聞いていましたが、天気に恵まれ八日目のみ小雨の天気となりました。しかしその日にはリスボン ロシオ地区で、スリに遭遇翌朝空港へ向かうバスでもスリに遭遇。幸い被害はありませんでしたが、ロシオ地区は今後行かれる方には要注意です。







旅行の満足度
4.0
観光
4.0
ホテル
4.0
グルメ
4.0
ショッピング
3.5
交通
4.0
同行者
カップル・夫婦(シニア)
一人あたり費用
20万円 - 25万円
交通手段
鉄道
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 5日目です。ホテル近くのバス停から、103番のバスで世界遺産のコインブラ大学へ。丘の上にありますから大変楽です。帰りは歩いて下ります。泊まったホテルは、ホテル アストリア<br />

    5日目です。ホテル近くのバス停から、103番のバスで世界遺産のコインブラ大学へ。丘の上にありますから大変楽です。帰りは歩いて下ります。泊まったホテルは、ホテル アストリア

    ホテル アストリア ホテル

    ロケーションは抜群!!コインブラ by だりさん
  • 老人ボケと時差ボケで、今日も早くおめざめ..朝早いので、だーーれも乗っていません。

    老人ボケと時差ボケで、今日も早くおめざめ..朝早いので、だーーれも乗っていません。

  • 大学の適当なところで下車します。この大学をコインブラに定置させたディニス1世像がお迎えです。ごくろう!!

    大学の適当なところで下車します。この大学をコインブラに定置させたディニス1世像がお迎えです。ごくろう!!

    コインブラ大学 建造物

  • 送水路。

    送水路。

  • 598年に建設が始まり、100年以上を費やして完成した教会です。内部は大理石で、ドーム型の礼拝堂となっている、新カテドラル があり、

    598年に建設が始まり、100年以上を費やして完成した教会です。内部は大理石で、ドーム型の礼拝堂となっている、新カテドラル があり、

  • マシャード・デ・カストロ美術館があり、<br />

    マシャード・デ・カストロ美術館があり、

    国立マシャード デ カストロ美術館 博物館・美術館・ギャラリー

  • 礼拝堂の右側には時計塔があります。18世紀のものです。<br /><br /><br /><br /><br />

    礼拝堂の右側には時計塔があります。18世紀のものです。




    コインブラ大学 建造物

  • 入口の「鉄の門」といわれている門をくぐって、その構内に入っていきます。その門の前には大きなモザイク・タイル画が!!<br /><br /><br /><br /><br /><br />

    入口の「鉄の門」といわれている門をくぐって、その構内に入っていきます。その門の前には大きなモザイク・タイル画が!!





  • 鉄の門<br />サンタ・マリア大聖堂を含む、大学関連の建造物群と、下町にのびるソフィア通り周辺が世界遺産となります。

    鉄の門
    サンタ・マリア大聖堂を含む、大学関連の建造物群と、下町にのびるソフィア通り周辺が世界遺産となります。

  • 13世紀に設立された世界最古の大学です。イベリア半島で初めてとなる、大学機関が1290年に設立されました。

    13世紀に設立された世界最古の大学です。イベリア半島で初めてとなる、大学機関が1290年に設立されました。

  • 講義室。<br />こんなレトロな教室で授業を受けれて、いいですね。

    講義室。
    こんなレトロな教室で授業を受けれて、いいですね。

  • アズレージョ(装飾タイル)が側壁の階段。おしゃれですね!

    アズレージョ(装飾タイル)が側壁の階段。おしゃれですね!

  • コインブラ大学

    コインブラ大学

  • 金泥や金箔で飾られた棚に、古い本が整然と並べられているジョアニア図書館。鮮やかなアズレージョで彩られた可憐な礼拝堂室。室内撮影禁止。

    金泥や金箔で飾られた棚に、古い本が整然と並べられているジョアニア図書館。鮮やかなアズレージョで彩られた可憐な礼拝堂室。室内撮影禁止。

  • サン・ミゲル礼拝堂

    サン・ミゲル礼拝堂

  • コインブラ大学

    コインブラ大学

  • 大学は一通り、見終わったので、街へ戻ります。

    大学は一通り、見終わったので、街へ戻ります。

  • 裏側から降りていきます。

    裏側から降りていきます。

  • サンタ・マリア大聖堂(旧カテドラル)1139年、ポルトゥカーレ伯アフォンソ・エンリケスが初代ポルトガル王アフォンソ1世として即位し、首都と定めたコインブラに建設された大聖堂でした。

    サンタ・マリア大聖堂(旧カテドラル)1139年、ポルトゥカーレ伯アフォンソ・エンリケスが初代ポルトガル王アフォンソ1世として即位し、首都と定めたコインブラに建設された大聖堂でした。

  • 旧市街を降りて行きます。

    旧市街を降りて行きます。

  • 旧市街を降りて行きます。

    旧市街を降りて行きます。

  • 旧市街を降りて行きます。

    旧市街を降りて行きます。

  • アルメディーナ門<br />街は昔、現在アルメディーナ門として残る城壁で囲まれていました。

    アルメディーナ門
    街は昔、現在アルメディーナ門として残る城壁で囲まれていました。

    アルメディーナ門 観光名所

  • 街に戻ってきました。

    街に戻ってきました。

  • 街に戻ってきました。

    街に戻ってきました。

  • 街に戻ってきました。

    街に戻ってきました。

  • バートロモン教会。

    バートロモン教会。

  • チャゴ教会。

    チャゴ教会。

  • コインブラ駅前までたどり着きました。

    コインブラ駅前までたどり着きました。

    コインブラ駅

  • コインブラ駅前

    コインブラ駅前

  • コインブラA駅からアヴェイロ駅へ。40分位。ここには、コインブラA駅とB駅がありますから、要注意です。<br />

    コインブラA駅からアヴェイロ駅へ。40分位。ここには、コインブラA駅とB駅がありますから、要注意です。

  • アズレージョで有名な、旧アヴェイロ駅に到着。アズレージョとは、14世紀頃イスラム教徒がスペインに持ち込み、アンダルシア地方で大量生産されて、ポルトガルに輸入されるようになった。白地に青色で描かれたものが多く、17世紀末頃から流行するようになったタイルなのです。

    アズレージョで有名な、旧アヴェイロ駅に到着。アズレージョとは、14世紀頃イスラム教徒がスペインに持ち込み、アンダルシア地方で大量生産されて、ポルトガルに輸入されるようになった。白地に青色で描かれたものが多く、17世紀末頃から流行するようになったタイルなのです。

    アヴェイロ駅

  • アヴェイロ駅

    アヴェイロ駅

  • アヴェイロ駅

    アヴェイロ駅

  • 駅から運河へ向かう途中。

    駅から運河へ向かう途中。

  • 途中で、気軽なレストランを発見!今日はここで昼食に。

    途中で、気軽なレストランを発見!今日はここで昼食に。

  • 昼食セットは飲み物付きで1人5ユーロ。チープなランチです!!

    昼食セットは飲み物付きで1人5ユーロ。チープなランチです!!

  • これや..

    これや..

  • あれや..

    あれや..

  • 運河に向かいます。駅から徒歩約..10分。バスに乗りたいけれど、走っていません。

    運河に向かいます。駅から徒歩約..10分。バスに乗りたいけれど、走っていません。

  • 運河

    運河

  • モリセイロとよばれる色鮮やかなカヌー群!

    モリセイロとよばれる色鮮やかなカヌー群!

  • 肥料用の海草(モリーソ)を収穫しその運送に使われていた舟で、このモリーソが語源のモリセイロ。

    肥料用の海草(モリーソ)を収穫しその運送に使われていた舟で、このモリーソが語源のモリセイロ。

  • 水郷の風情

    水郷の風情

  • カメリタス教会。

    カメリタス教会。

  • 楽しい看板です!

    楽しい看板です!

  • 16世紀にバロック様式で建てられたこの教会は、ポルトガルの国定記念物として登録されています。アヴェイロ聖堂

    16世紀にバロック様式で建てられたこの教会は、ポルトガルの国定記念物として登録されています。アヴェイロ聖堂

    アヴェイロ大聖堂 (カテドラル) 寺院・教会

  • 石畳にモザイク模様が!!

    石畳にモザイク模様が!!

  • アヴェイロ駅からポルトのサン・ベント駅へ向かいます。1時間位。

    アヴェイロ駅からポルトのサン・ベント駅へ向かいます。1時間位。

  • サン・ベント駅の見事なアズレージョ がお出迎え!!

    サン・ベント駅の見事なアズレージョ がお出迎え!!

    サン ベント駅 建造物

  • 見事なアズレージョ!!ジョアン1世のポルト入城やセウタ攻略など、歴史的な出来事が描かれています

    見事なアズレージョ!!ジョアン1世のポルト入城やセウタ攻略など、歴史的な出来事が描かれています

  • ポルトガルの語源となる、ポルトの街へ到着。コングレガレス教会 老齢バッグパッカーですので、まずは身軽になるため、駅から5分のホテルにチェックイン。何時もネットで事前予約しますが、駅近くのロケーションが我々の第一優先順位です。

    ポルトガルの語源となる、ポルトの街へ到着。コングレガレス教会 老齢バッグパッカーですので、まずは身軽になるため、駅から5分のホテルにチェックイン。何時もネットで事前予約しますが、駅近くのロケーションが我々の第一優先順位です。

  • ポルト観光です。

    ポルト観光です。

  • ポルトガル一高い(76m)塔のある、バロック様式の教会クレリゴス教会。

    ポルトガル一高い(76m)塔のある、バロック様式の教会クレリゴス教会。

    クレリゴスの塔 寺院・教会

  • 細い木製の階段で、塔の上まで登ります。ドウロ川に面してオレンジ屋根の建物が一面に広がる景観。

    細い木製の階段で、塔の上まで登ります。ドウロ川に面してオレンジ屋根の建物が一面に広がる景観。

  • へとへとになりますが..素晴らしい景観です。

    へとへとになりますが..素晴らしい景観です。

  • 1750年に完成した教会

    1750年に完成した教会

  • 内部。

    内部。

  • 近くの 世界遺産の一部でもある本屋Libraria Lello &amp; Irmao(レロ・イルマオン)へ。

    近くの 世界遺産の一部でもある本屋Libraria Lello & Irmao(レロ・イルマオン)へ。

    レロ・イ・イルマオン 専門店

  • こーーれは!たしかにすごい造りです。無料で見学させてもらえるなんて、有難う!※2015年7月から書店への入店に入場料が必要となっています。

    こーーれは!たしかにすごい造りです。無料で見学させてもらえるなんて、有難う!※2015年7月から書店への入店に入場料が必要となっています。

  • 1869年創業

    1869年創業

  • 天井には8×3.5メートルに及ぶステンド・グラスが施され、

    天井には8×3.5メートルに及ぶステンド・グラスが施され、

  • 店内中央には「天国への階段」と呼ばれる、真紅の螺旋階段があります。 <br />

    店内中央には「天国への階段」と呼ばれる、真紅の螺旋階段があります。

  • 近くのカルモ教会へ移動。1756 ~1768年に建てられました。

    近くのカルモ教会へ移動。1756 ~1768年に建てられました。

    カルモ教会 寺院・教会

  • みごとなアズレージョ!パレスチナのカルメル山を発祥の地とする、キリスト教修道会カルメル会の「カルメル山」が描かれています。

    みごとなアズレージョ!パレスチナのカルメル山を発祥の地とする、キリスト教修道会カルメル会の「カルメル山」が描かれています。

  • カルモ教会

    カルモ教会

  • 市電のレトロな雰囲気が、街にとてもお似合いです。ポルトは基本歩いて回れて、見所満載です。ただ坂道が多いので、登りは市電、3系統(1番,18番,22番)の利用がお勧めです。対岸への移動は、地下鉄|ライトレール(ポルトメトロ、Metro do Porto)もあります。

    市電のレトロな雰囲気が、街にとてもお似合いです。ポルトは基本歩いて回れて、見所満載です。ただ坂道が多いので、登りは市電、3系統(1番,18番,22番)の利用がお勧めです。対岸への移動は、地下鉄|ライトレール(ポルトメトロ、Metro do Porto)もあります。

  • 18世紀に建設が始められた、アルマス礼拝堂。ここも...みごとなアズレージョ!約360平方メートルの壁を覆っている15947枚のタイル。

    18世紀に建設が始められた、アルマス礼拝堂。ここも...みごとなアズレージョ!約360平方メートルの壁を覆っている15947枚のタイル。

    アルマス礼拝堂 寺院・教会

  • 「裸のキリストに裸でしたがう」ことを求め、清貧、 悔悛と「神の国」を説いた修道士、アッシジ(イタリア共和国ウンブリア州ペルージャ県にある都市)の聖フランチェスコ。

    「裸のキリストに裸でしたがう」ことを求め、清貧、 悔悛と「神の国」を説いた修道士、アッシジ(イタリア共和国ウンブリア州ペルージャ県にある都市)の聖フランチェスコ。

  • アルマス礼拝堂

    アルマス礼拝堂

  • レトロな街並み

    レトロな街並み

  • レトロな街並み

    レトロな街並み

  • 街並み

    街並み

  • 街並み

    街並み

  • 暗くなったので今日の観光はお終い。食事してホテルへ帰ろうと思いました。今日は土曜日なのですが、世界遺産の観光地なのにレストランは殆ど休みです。かなり探して歩き回りましたが、全く..見つかりません。

    暗くなったので今日の観光はお終い。食事してホテルへ帰ろうと思いました。今日は土曜日なのですが、世界遺産の観光地なのにレストランは殆ど休みです。かなり探して歩き回りましたが、全く..見つかりません。

  • 仕方無く閉まりかけのカフェで、パンとコーヒーで夕食です。海外でポルトガル料理を楽しみにしていたのに、とてもとても悲しい惨めな夕食です。トホホ..明日は日曜日、明日も休みが多いのか?それとも今日は何か特別な日だったのか?情報不足で不明です...さてどうなるのでしょうか?⑥ポルトに続きます!!乞うご期待!!<br />

    仕方無く閉まりかけのカフェで、パンとコーヒーで夕食です。海外でポルトガル料理を楽しみにしていたのに、とてもとても悲しい惨めな夕食です。トホホ..明日は日曜日、明日も休みが多いのか?それとも今日は何か特別な日だったのか?情報不足で不明です...さてどうなるのでしょうか?⑥ポルトに続きます!!乞うご期待!!

291いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

コメントを投稿する前に

十分に確認の上、ご投稿ください。 コメントの内容は攻撃的ではなく、相手の気持ちに寄り添ったものになっていますか?

サイト共通ガイドライン(利用上のお願い)

報道機関・マスメディアの方へ 画像提供などに関するお問い合わせは、専用のお問い合わせフォームからお願いいたします。

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

ポルトガルで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ポルトガル最安 400円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ポルトガルの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

タグから海外旅行記(ブログ)を探す

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP